人気ブログランキング |

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

flaming crazy lips


b0005281_10435274.gif『発狂する唇』

 出演: 三輪ひとみ, 阿部寛, 大杉漣, ほか
 監督: 佐々木浩久
 脚本: 高橋洋



今日は、ホラー映画が苦手なこの俺様が、ぎゃくにホラー映画を紹介すっぞオラーーー!!




脚本は、たしか『リング』の人だったと思うが忘れたぜ。
ちなみにリングはまだ観れてません。怖いもン!!







ストーリーの流れ、


 ホラー

  ↓
 
 ギャグ

  ↓

 ホラー

  ↓

 ギャグ

  ↓

 ホラー

  ↓

 ミュージカル!

  ↓

 ホラー

  ↓

 エログロ!

  ↓

 ホラー

  ↓

 カンフー!

  ↓

 ホラー

  ↓


 突然終了!





あれ?


ブルリ!? これは怖ええぜ!!!

とにかく途中から(いや最初から)滅茶苦茶!!

なんでホラー映画みてて、途中ミュージカル観んといけないのか。(しかも歌、超ヘタ)
なんでホラー映画みてて、カンフーバトルが出てくるのか。
主人公の普通の女が、とつぜん何の前触れもなく、飛び後ろ回し蹴りとか繰り出して戦い始める。
意!味!不明!!
怖えええぜ!!!!


発狂するのは、はっきりいって観てる方の側だ。
まだ夏であるがゆえに、涼をもとめるがゆえに、観ろ!! それから発狂しろ!!!!




 PS。

姉妹編に、『血を吸う宇宙』という映画もあるそうだ。こわそう!
b0005281_1117100.jpg

by dolmens | 2006-08-26 11:13 | ◇シネマと僕ラ | Comments(2)  

8/19 天神プレアデス・ライブゥウウ!!

b0005281_1655047.jpg
DOLMENS  演目


 1. 「逆行」
 2. 「僕は待ち人」 (velvets)
 3. 「へびくい少女」
 4. 「ねむけざましのうた」 (たま)
 5. 「ベイビー・ハイ 」
 6. 「軟体動物(cutie girl doesn't love folk-song)」   new!!



・ イマハシリョウタロウ … 歌、ギター、シーケンス
・ マドロス・マスト・ダイ … おはやし
・ (ダークネス欠席)



関係各位、ならびにレディースエンドヂェントルメン!!
どもども、アリがとうございました!!!
たのしかったです。
新曲、『軟体動物(cutie girl doesn't love folk-song)』 タイトルなげー!も出来たし!



キーボード等機材(総重量15kg超)かついで、徒歩→バスでハコ入りしたわけですが、到着して相当グロッキーになった。

到着して、ライブ直前までずっと息あがりっぱなし。
そのままライブ開始。
意識がモウロウとしてるまま、ぶっとばして演奏した。
格闘技用語で言う、心の旅路の状態。

ありゃあれで、珍しい感じのライブ体験できたんでよかった。



ライブ終わって、一息ついたら、体中の激痛でくずれ落ちそうになった。
がんばります。




次のライブは!

9/2!! 東京!!!! 山口土下座さん企画!!
おおっしゃーついに来たぜ東京!!!
キーボードかついで空港をうろつくか!?
冷凍都市!! 無事にライブハウスまでたどりつけるのだろうか。


とりあえず、久々にライブの反省。
体、きたえねば。機材運びのために。(そっちかよ)

待ってろTOKIO!  ←ヂャニーズじゃないよ




 ps.
そういえば、「つくね春子」っていうバンド組んだ。ベース弾く。

by dolmens | 2006-08-20 16:20 | Comments(0)  

blue cheer 'n' blue marine


 8/11
b0005281_12575624.jpg
 ・14:00

つのしま行ってきた。
泳いだ。のんびり。
あれは、山口が産んだ奇跡の島だ。


 ・18:10

カラオケ。泳ぐと、やっぱ全身運動で、体中がフニャフニャだ。
すでに眠い。


 ・20:30

養老乃滝でしこたま飲む。
たこぶつが旨い。タコは酒にあうよ!


 ・23:20ぐらい

同級生がやってる店に、飲みにいく。陣中見舞い。

ひたすら白波の黒ばっか飲んでた。大フィーバーだぜオウイェア!!!
調子のってボトル入れてしまったぜ!!

なんか大声で歌ってた気がしたが、定かではない。

途中から、超満員になった。はやってるな~いいことです。
いい塩梅になり、ほどよくグデングデン。かなり居座ってた。


 ・時間不明(丑三つ時)

焼酎飲みすぎて、頭が割れる。
頭の上や後ろを、マックスウェルズ・シルバーハンマーでがつんがつん殴られる。
本当に割れるかっつーぐらい。

だのに、なぜかファミコン大会が始まった。

ダウンタウン熱血行進曲
目がかすんで、おまけに意識もかすんで、7割がた夢の中。




 8/12

 ・午前中

アンデッド状態。酔生夢死。



 ・昼過ぎ

山口へ。

楽器屋ポップスK。
居座り、おじゃまする。
ヤンヤン喋り散らかして、仕事上がりの内山田ロビンとクールダウンのビーフィールド君を拉致し、道場門前商店街へ。



ちまきや(デパート)の屋上で、CDスペシャルバーゲンやってた。
キャプテン・トリップ・レコーズのコーナー有り。異常だ。

ダビデチオの『ホロビノ』買う。



それから、旗を持って戦国武将のように道を行くモナカ君を捕捉。
ビーフィールドくんからモナカ君に身柄を引き渡されて、DISKBOXへ。

ドルメンズのCD置いていただく。


それから実家の方面に帰る。



 ・夜b0005281_13223772.jpg

実家近くの湯本温泉へ。

露天とサウナと水風呂を、エンドレスで繰り返す。
フラフラになる。





ただの日記になってもうた。
今日、博多に帰るよ。

また、ヘブンリィ・チャイルド(一コ前の記事参照↓)に遭えることを心待ちにしてるぜ。

by dolmens | 2006-08-13 13:32 | Comments(0)  

station it's hevenly


電車。
駅にて。山口に着きました。

その前に、



 ↓ 携帯版・日記より抜粋  (春疾風その六拾五 : 5月 7日(日) )



「グッドモーニン。おれは今、電車に乗っています。 (中略)
電車に乗ってると、いつも必ず一人は、アグレッシブな方(通称・バカ)に遭遇する。

例… 車両の中で、大声で歌いながら、乗客に貝をくばって歩く紳士。
    「社会人」って文字が、デカデカとプリントされているTシャツを着た青年。
    窓のふちに高々と『名探偵コナン』を山積みにして、目をヒン剥いて読むあさってるOL。(後略)」



このとおり。
だいたい、ぜーーーったい居るんだよ。神の子が。ゴッド・チャイルドが。
アレ、なんでなんかなー?



今回も、モチロンいた。いきさつから話す。



まず俺、箱崎駅に到着。
階段上ってホームへ。

一息ついて、電車まだかなーーとボンヤリ。
そしたら、どこからかみやびな音色が聞こえてくる。




右を向いたら。






一人で横笛を演奏しながら、踊っているオッサンが居た。



※ しかも笛、超絶的に巧い。




おわしました。おられましたよバカ。



バカ失礼しました。ゴッド・チャイルドだった。

ゴッド・チャイルド、熱演が終わるや否や、俺の隣にスライド・オン。
電車が遅れることについてへの文句を、ブツブツしゃべり始めた。ものすごい博多弁。

どうしろと。



あ、この辺は何だか普通だ。


でも、こういう人は貴重なのでね。守ろうみんなで。








b0005281_22493148.jpg

by dolmens | 2006-08-10 23:01 | Comments(2)  

just like an Asian resort  (underground underground)


b0005281_18104599.jpg
われらが博多、いろんな車道沿いの夕方からの光景。

あんまり数が多かったんで、撮ってみた。



屋台。屋台よ。
ズラーーーーーって並んでるよ。
ラーメン食いたいのう。

(撮ったわりには、素通りした)

by dolmens | 2006-08-04 18:14 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

『パッチギ!』


『パッチギ!』b0005281_204329.jpg

 監督: 井筒和幸
 出演: 塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、etc.





遅ればせながら、やっと観た。

フォーク・クルセイダーズの「イムジン河」流れるとこで、思わず目から熱いものがこみ上げてくるのを感じたです。


「イムジン河」いいな~。
ということで、ところかまわず歌ってます。






ちなみに、わが敬愛するみうらじゅん氏は、この映画を観た後、



「井筒監督は、
 こんなに素晴らしい映画を撮ったんだから、もう死んだほうがいいよ



と監督本人に向かって言って、こっぴどく怒られたそうだ。
そりゃ怒るっつーの。






 ■ 追記 「イムジン河」
朝鮮半島南北分断、祖国への思いを歌った朝鮮民主主義人民共和国の歌。
フォーククルセイダーズが訳詞、カバーしてリリース。
しかし、1968年の発売日と同時に発売禁止。

by dolmens | 2006-08-01 20:25 | ◇シネマと僕ラ | Comments(2)