人気ブログランキング |

ヒサツ攻略!

 
※これ書いてるのは 10月ではありますが
 まだまだ夏だ と思えば 夏の気持ちでいけるらしいので
 その気概で読むにあたっていただければ 恐悦至極であります※




◆7/26(土)◆


(ガタ ゴト )

おはようございます!!

b0005281_22465295.jpg


いま 時刻は朝の6時を すこし回ったとこです
博多から 鳥栖へ向かう列車にのっています
一気に南下して 向かう先は、、、!!


っと 思ったら、


車掌さん 「きっぷを拝見いたす」


おれ   「ああ、ハイ どうぞ」

車掌さん 「18きっぷだな 3回目、、と (スタンプを押す)
       フム城崎温泉駅の印鑑が押してあるな  して、今回の旅はどこへ?」

おれ   「鹿児島へ  そう 友に会いにいくのさ!」

車掌さん 「南国は熱いぞ! せいぜいくたばんじゃねーぞ」

おれ   「ええ! あなたも!!」




南国 鹿児島!!!







=================


b0005281_22472448.jpg


熊本駅 9時すぎ着
ここではすぐに乗りかえ 出発






b0005281_22474098.jpg


八代駅! 10時すぎ着
ここらで急に雨が降り出す
(しかし 今回の旅で 雨が降ったのは 実にここだけだった)

30分ほどしたら出発






今回の旅の もうひとつの目的
肥薩線だ!!



b0005281_22475538.jpg


八代~人吉間
肥薩線の 通称『川線』と呼ばれる路線☆


日本三大急流のひとつ、球磨川にずーーーっと沿って
列車はガタゴト走ってゆきます

雨はいつのまにか上がって 太陽の光も差してきたのであります






=================


b0005281_224825100.jpg


人吉駅! 12時ごろ着





b0005281_22483939.jpg


構内にいた 
名前がよく分からない 生き物


 ~


待ち時間がしばらく長いので
1時間ぐらい駅まわりをブラブラ


 ~



13時すぎ出発!!



b0005281_2248551.jpg


いさぶろう号!!
これから鉄道遺産、肥薩線の『山線』にいどみます






b0005281_2249825.jpg


木の内装がすてきであります



b0005281_22492189.jpg







b0005281_224935100.jpg


ホームの立ち売りさんから買った 栗めし

「いただきまーーす」ともぐもぐ食べ始めたら
ガタンゴトン出発しました






=================


険しい山道を よいしょよいしょ と懸命に走り
まず着いたのは



b0005281_22513492.jpg


大畑(おこば)駅!
木造のちっちゃな駅だ






b0005281_2251501.jpg


SL時代のなごり 給水塔







b0005281_2252663.jpg


駅を 横から






b0005281_22534974.jpg


八代で降った雨は もうどこへやら
めっちゃくちゃ 暑い!!






b0005281_22541195.jpg


大畑で まずひとつ目のスイッチバック!!!
太陽がまぶしすぎて キラキラしてます


山道をさらに 駆け上り






b0005281_2321342.jpg


大畑ループ!
急勾配を 円をえがくようにのぼり
さっき登ってきた線路が はるか遠くに見えます
(写真では かなーーり見づらい)







b0005281_22544564.jpg



お次の駅 矢岳(やたけ)駅 へ到着!
標高なんと! 536メートル!
人吉の106メートルから、なんと430メートルも登ってきたわけだ
高さ、 阿部寛で言うと、およそ228人分!



この肥薩線
とにかく 凄まじい山中に通ってるわけなんだけど

明治42年にできた路線です
国防上の理由から こんな山の中にできたそうだ

・海岸線から遠く、艦砲射撃を受けないように
・九州が本州から孤立したときに 自給自足が可能なのは 山深い人吉盆地である

てことらしい






b0005281_225547.jpg


矢岳駅も 木造の駅舎




 ~

さて また出発し、今度は下りだ






b0005281_22552016.jpg


日本三大車窓!
霧島連山!!
おおーーーーー!!!






b0005281_22553739.jpg


眼下に見えてきた 真幸(まさき)駅!
ここらへんは 宮崎県に入ってます






b0005281_22555282.jpg


スイッチバックで おりていきます






b0005281_2314066.jpg

あらためて 真幸駅!
ホームにある しあわせの鐘

「鳴らすと しあわせになれるよ」 らしい




そうこうするうちに さあ出発







=================

『山線』の終着、吉松駅 14時半ごろ着

いさぶろう号とは ここでお別れ


b0005281_232046.jpg





b0005281_2322388.jpg





b0005281_2324549.jpg



また 一時間ぐらい 待ち時間があるので

駅横の 肥薩線資料館をブラブラしたり
SL静態保存してる広場の ベンチで昼寝したりして すごす





b0005281_233526.jpg



吉松駅の待合室は 畳だ



 ~

15時半ごろ出発





b0005281_2332355.jpg



列車は鹿児島県に入り
田園地帯をはしります 
ガタゴト








=================

b0005281_2334235.jpg


隼人駅 16時半ごろ着!
名前がかっこいいよな ハヤト駅!!



 ~

いっときして 出発

錦江湾ぞいをグルッと 桜島をながめながら 走ります



車内の女子高生どうしの会話で

「さいごうさんが、、、」
「、、さいごうさんが、、」

西郷隆盛は 鹿児島の大ヒーローとは
かねがね聞いてたが、
ふつうに女子高生の会話で登場するとは
さすがだ







b0005281_234388.jpg


鹿児島中央駅!! 17時すぎ着
ついについたーー! と思ったが
目的地は もう少し南

乗りかえ数分なので ダッシュ





b0005281_2342253.jpg


終着、宇宿駅! 17時半ごろ着


山口時代の盟友、だい と えりこ

「おおーーー!」 「わーーー!」 「よーーーーう!!!」
と さわぐ


この日はなんと、
都城から おなじく山口時代の盟友・たびら氏と
京都から まこっちゃんも 集結!!!

しょうがねえ!! 呑むか!!!!!
ってことで おおいに呑む!!

一日目はこんな感じ




=======================

◆7/26(日)◆

おはよーーーごぜます
朝からまずは 鹿児島観光☆  だい&えりこ夫妻と行動


天文館いったり
維新ふるさと館いったり
(明治維新の英雄たちがロボットになり ストーリーが進んでいく ハイテク劇があった)





b0005281_234485.jpg


桜島!!
でけーーー!



写真とってくれた おじさんから聞いた話

長渕剛が 大麻の事件で世間から大ブーイング受けてて
「死のう」 と思って鹿児島に帰ってきたとき、
桜島みて 「生きよう」 と思いなおした そうだ


真偽のほどはシラン


まあ とにかく 桜島でかかったです







b0005281_235870.jpg


鹿児島名物、白熊!!!
もうとにかく鹿児島は暑くて暑くて 白熊のヒンヤリは旨かったなーーー



時間は15時すぎ

時間のたつのは いつでもあっという間で
もう帰らなくてはならないのです


「またくるぜ!」
「またこい!」
「博多にもいくよ!」


友との しばしの別れだ  別れを惜しみつつ、帰途へ






=================

16時ごろ 鹿児島駅から 北西へむかい
川内駅


b0005281_2353027.jpg


肥薩おれんじ鉄道!
ローカル線





b0005281_2354545.jpg


駅構内にあったチラシ

近辺を走る、新幹線つばめ との戦いにやぶれつつあり
風前のともしび か

しかし 痛々しい、、、


 ~

17時半ごろ出発




b0005281_236117.jpg



海沿いを走る 風光明媚な風景
利用者は少なくても 風景は本物だ
夕焼けと海がきれいだなーー

ガタゴトと 九州の日本海沿いを走りながら


八代着
博多へむかい 帰途へと向かうのでありました






=================

◆旅後

激旅ではありましたが
待ち時間がながいんで 全体的に余裕はあった
餘部のときは とにかく走りに走ったから

それから
18きっぷは 安さも強力な武器だけど
途中下車自由!っていうのが これも大きな魅力だなーー

肥薩線は 『川線』『山線』
ともにさいこうでありました
夢のような風景を走った のです




◆ベスト駅

肥薩線『山線』の三駅、大畑・矢岳・真幸 は
さすがにすばらしかった
木造で、生命・エネルギーをもってる駅だよなー
調息できる駅だ


あと 降りれんかったけど
『川線』の、一勝地駅
「地に足をつけて まず一勝を」 という
えもいわれぬ名前の駅

受験生や高校球児たちが集結するそうな

人吉駅で一勝地駅の入場券(おまもりみたいな形してる)
売っていたので 購入
これ このあと旅に出るときは常に持ち歩いています







てなことです
ではまたね


(旅は終わったが、しかしまだまだ旅はつづきます)

by dolmens | 2008-10-05 23:02 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 重連!! 赤い虹と、空の上の列車 (餘部) >>