人気ブログランキング |

四国の鉄道 6


◆前回まで (1) (2) (3) (4) (5) の続き◆


AM7時すぎ


四国の鉄道 6_b0005281_23243842.jpg

【大歩危】(おおぼけ)駅に到着

列車行き違いのために、10分ほど停車









四国の鉄道 6_b0005281_2327595.jpg

雨は パラパラ程度
傘なしで、余裕で外に出られるほどだ









四国の鉄道 6_b0005281_23281211.jpg


霧が深いなあ









四国の鉄道 6_b0005281_23302375.jpg

駅舎の前にチョコンと座ってる、謎の木彫り犬

「ど根性もみじ」ってなんだ?









四国の鉄道 6_b0005281_23324236.jpg

駅舎を外から

看板娘がいらっしゃるようだ










四国の鉄道 6_b0005281_2333156.jpg

ふたたびホーム

遊歩道があるようなので、ちょこっと行ってみることにした









四国の鉄道 6_b0005281_23345991.jpg

岩壁と濃い緑にはさまれて、川が勢いよく流れてる

しかし、「大歩危」というのは なんとも変わった地名だ
となりには 「小歩危(こぼけ)」もある

大股で歩いても小股で歩いても危ないほどの絶壁
というのが由来だという




そうこうするうちに ふたたび発車
7:24 出発
ガタ







 ~




四国の鉄道 6_b0005281_2340543.jpg

7:51 【阿波池田】駅に到着
ここで列車を乗り換え

7:57 出発
そして!
次は いよいよ本日のメインイベントにして
今回の四国旅における、最大級の目玉!!

期待で胸の鼓動が早くなる!
ガタンドキン













 ============


8時すぎ



四国の鉄道 6_b0005281_23432855.jpg

つ ついに着いた、、、











四国の鉄道 6_b0005281_2346080.jpg

【坪尻】(つぼじり)駅
年期の入った、木造駅舎

そう!
四国が世界に向けてほこる、超Aクラスの秘境駅だ

周りは 山!山!山!!
セミの声の大合唱
ムッとたちこめる水蒸気











四国の鉄道 6_b0005281_23472337.jpg

ホーム後方!!










四国の鉄道 6_b0005281_23482911.jpg

ホーム進行方向!!
山しかない!










四国の鉄道 6_b0005281_23491466.jpg

駅を出た、真正面!

道らしきものが あるにはあるが
どう見ても、けもの道!!










四国の鉄道 6_b0005281_23495518.jpg

しかも、「マムシ注意」!!












四国の鉄道 6_b0005281_23504560.jpg

「おつかれさまでした」と言われても、
この駅から 外に通じる道が 見当たらないんだが、、、










四国の鉄道 6_b0005281_0553937.jpg

駅舎前にいた、よく分からない人形

不気味だ










四国の鉄道 6_b0005281_2353548.jpg

いやあ 感激した
四国に来たかいがあった
うわさに聞いていた坪尻駅、ここまでのポテンシャルを持っていたとは、、、

あえて言おう!!!
誰が使うんだ? この駅、、、



感涙した



ちなみに 行き違いのため、
ホームはスイッチバック構造になっている










四国の鉄道 6_b0005281_23555470.jpg

もうしばらく、この駅にたたずんでいたい!との衝動にかられるが
かねてからの 「九州が豪雨でやばい」 との噂
今日中に帰り着かなければならないため、
後ろ髪をひかれつつも、帰還優先ダイヤで予定を進めることにした

8:30 しゅっぱつ
坪尻駅、また来るぜ!!
今回の四国旅、これにて全目的をコンプリート!!!
ガタン












 ============


四国の鉄道 6_b0005281_005426.jpg

土讃線の終わり近く、山の中をガタンゴトンと走る

雨は パラパラ程度で 降ったり止んだり









四国の鉄道 6_b0005281_022354.jpg

9時
こんぴらさんで有名な 【琴平】駅

駅舎は洋風だなあ


数分で乗り換え!
もうここからは、ダッシュの嵐だ
走れ!走れーーー!!

四国の玄関口、坂出駅いきの列車に乗り込む
ガタン 出発









 ~




四国の鉄道 6_b0005281_061440.jpg

すっかりあたりは町の中だ
土讃線も、これにて完乗!!
四国の3分の2ほどを、ぐるりと回ってきたわけだ






 ~



四国の鉄道 6_b0005281_08379.jpg

9時半
坂出駅 到着!!

4分で乗り換え またまたダッシュ!!
瀬戸内マリンライナーだ
すばやく乗り込んだ!!

さらば四国!!
ガタン!









四国の鉄道 6_b0005281_0101643.jpg

瀬戸大橋の上を、ビュンビュン走る!!
マリンライナー速すぎ!

四国がどんどん遠ざかっていく
目から、熱いものがこぼれた












 ============



四国の鉄道 6_b0005281_012376.jpg

岡山で列車を乗り換え、山陽本線
あとはひたすら西に向かうだけだ

11時過ぎ
岡山・広島の県境をこえたあたり

ガタンガタン





 ~



四国の鉄道 6_b0005281_01548.jpg

11時半すぎ
尾道のあたり

雲行きがあやしくなってきた
ガタンゴトン







四国の鉄道 6_b0005281_016191.jpg

11:52
乗り換えの 【糸崎】駅

どうやら 次に乗る予定の列車が遅れているらしく、
まだホームに到着していない

ついに 影響が出たか、、、


言っても始まらないので
この間に駅を出て 近くのスーパーに行き
昼の弁当を買う



30分ほど遅れて、列車がとうちゃく
乗り込んで出発!
ガタン







 ~



四国の鉄道 6_b0005281_0251890.jpg

広島をすぎて、山口へ突入
岩国駅で、ふたたび30分ほど列車遅れが出たものの、
四国を早めに出たおかげで、なんとか夜には九州にたどり着けそうだ

雨もほとんど降ってない
降ったとしても、通り雨程度だ



15時ごろ
とつぜん鳴り出す車内アナウンス



「たびかさなる大雨の影響で、ダイヤに相当の乱れが出ています
 線路上の安全確認をしながら 徐行運転しますので
 ここからは、時速30キロ で運行します
 すまん」





なんとーーーーーーーー!!!!





 


 ~



四国の鉄道 6_b0005281_0293835.jpg

17時半
山口県の大半を、30キロでのろのろ走る
お 遅い、、、!





 ~


中間点、新山口駅に着いたのは 18時すぎ
この先、厚狭駅までの線路が、冠水してるか何かで
列車が走れないようだ

止まったか、、、、







四国の鉄道 6_b0005281_0344919.jpg

いや
代替手段で、JRが準備した臨時バスが 駅前から出るようだ

18きっぷで行けるので、これでふたたび西を目指す









 ~




四国の鉄道 6_b0005281_036150.jpg

19時半
バスでうとうとしてたら、厚狭駅に到着

バスはここまで 
ここからは再び列車だ

すっかり夕暮れた









四国の鉄道 6_b0005281_0373794.jpg

とは言うものの
列車 こない、、、、、

駅員さんに聞いたら
「1時間は こないと思います」

もうこうなったら、腹をくくるしかない
駅を出て、少し歩いてホカ弁を買いに行く


駅に戻り、列車が一本も停まっていないホームで 
買った弁当を食べる






 ~


20時半
まだ列車こない、、、
もうやばいか? と思っていたら






四国の鉄道 6_b0005281_0415045.jpg

列車きたーーーーー!!
ヘッドライトが、希望の光のようだ!

さあ、もうじき下関だ!!




 ~


21時前、下関駅に到着
数分で乗り換え



 ~

21時すぎ、小倉駅に到着!!

快速に乗るつもりだったが、
鹿児島本線、どうやら大雨の影響を直に食らっているようで
ホームに停まっているのは 普通列車が一両コッキリ

選択の余地はない
乗り込んだ!
21時20分、出発!



 ~


21時40分、黒崎駅!!
ガタン
停まった!?

車内アナウンス
「大雨の影響で、ダイヤめちゃくちゃです すまん
 この先、すべての駅ごとに列車が停まって つかえてる状態です
 どうしようもないです」


もう動じない
無心で待つ



1時間まって、ようやく発車
22:39出発



 ~


なんとか深夜0時前に 博多へ着いたのであった
パタリ








 ============


ということで
四国激旅 コンプリートしました
このシリーズ 最後まで読んでくださった方、ありがとうございます

生還できたことを、うれしく思います
おかげさまで、最初から最後まで あまり雨には降られず
その辺は幸運でありました



だが最終日、
始発から最後まで 19時間列車 てのは
さすがに発狂しかけた



収穫は 大きかった

四国そのものは もう最高だったんだけど、
山陽本線~鹿児島本線のグジャグジャダイヤも
まんざら捨てたものではなく


・45Lザック背負いながら
 幾度もの階段上り降りダッシュ・ホームダッシュによる 脚力増強

・ダイヤ乱れに対する
 緊急で乗り継ぎダイヤ作成をするための計算能力・判断力・直観力 養成

・いつ次の列車が来るか分からない状態で
 待ち時間で耐える 忍耐力

・「ダイヤ復旧のメドが立っていません!!」の構内アナウンスが流れても
 動じず最善をつくす思考力養成と 平常心

・最後は 無の境地




代償も大きい

翌日は 一日 アンデッド化していた
腰が そうとう痛かった



しかし、断言する
四国は最高だ
おれは、また四国に行く

それまで いざさらば




(でも 今度は晴れてネ)







四国の鉄道 6_b0005281_0595063.jpg






「四国の鉄道 1」へジャンプ

by dolmens | 2009-12-24 01:18 | ◇四国の鉄道  

<< 山口の鉄道は山陰本線だけにあらず 1 四国の鉄道 5 >>