真夏の北日本海鉄道 7 (奥羽本線~青森駅/男鹿線)

 
1:ひかりレールスター・太多線2:中央本線(中津川 ほか)3:筒石駅 ほか
 4:信越本線(鯨波駅~青海川駅)・越後線 ほか5:新日本海フェリー ほか
 6:五能線 、 の続き◆

 
 
「五能線、完乗!」の快挙にむせび泣くひまもなく、
12:10 川辺駅でふたたび列車にのりこんだイマハシ

果たして、どこに向かうのか――




 ~ ~ ~ ~ ~



b0005281_20455040.jpg

12:20 どうやら列車は終点へついたもよう

ここは、、、










b0005281_20461541.jpg

弘前駅!
近代的で、なんと立派な駅なのか!











b0005281_20462650.jpg

さすがは弘前
駅の中には、巨大なリンゴのオブジェが奉られています










b0005281_20463336.jpg

さらには、
リンゴと並ぶ、青森のもうひとつのアイデンティティ、ねぶたが!!!

小型サイズねぶたとはいえ、実物を初めて見たよ
豪快さのみならず、緻密さ・上品さを兼ね備えている
感激だな!


そう、はるばる青森までやってきたのだよ










b0005281_204642100.jpg

さて、ここから奥羽本線の列車に乗って、
さらに北上します

12:55 弘前駅を、いざしゅっぱつ!
プシューーー ゴトゴトン














 ~  ~  ~  ~  ~ 












b0005281_2047551.jpg

ひさびさのカブリつきで、カタタタン カタン

青森の平野を、ぐんぐん走っていきます












b0005281_20471079.jpg

あとすぐで目的地だ

ガタンガタン――



















===============


13:49


b0005281_20472198.jpg

青森駅にとうちゃく!!
初めて来ました
だいぶ肌寒い!!

それにしても、まさか本当に来たとは

――これまで福岡を拠点にいろんなところへ出かけて行って
いろんなものを見たり聞いたり、考えたりをしてきたけど、
はるばる青森までやってくる日が来ようとは、かつては思いもよらなかったな


青森到達、
これは、ひとつの集大成であるかもしれないな










b0005281_20472981.jpg

駅前の少し先には、船が泊まっています

かつて、青函連絡船が接続したという青森駅
本州の北の果てだ
感慨深くなってしまうな



せっかくの初・青森
感動をかみしめてゆっくりとしたいところ、ではあるんだけど、、、

ダイヤの都合と、
台風5号(すぐそこまで来ている)がこれからどうなるか、ちゃんと列車走るのか読めないので、
ここを折り返し地点とします

このところ台風でロクな目にあってないので、、、










b0005281_20473930.jpg

そういうわけで、ふたたび青森駅ホーム
これより、一気に南下する!!

わずか10分ちょっとの滞在だったけど、かならずまた来るよ青森!

14:05 奥羽本線だ
青森駅に別れを告げて、いざしゅっぱつ!!! ガタン!













 ~  ~  ~  ~  ~  ~ 













b0005281_20474965.jpg

田園風景の中を、列車はガタンゴトンと走ります

だいぶ雲が出てきたな














b0005281_2048074.jpg

14:45 ふたたび弘前駅ホーム
ここで列車をのりかえ

数分で、すぐさましゅっぱつ ガタン!














b0005281_20481080.jpg

景色はのんびり&しみじみとしています

「津軽富士」こと、雄大なる岩木山を車窓に眺めながら
ガタンガタン














b0005281_20482048.jpg

東北の路線特有の、ながいながーい直線を列車は走ります















b0005281_20483312.jpg

16時をまわった頃合いで、かなり雲行きあやしくなってきた

これまでさんざん台風5号から逃げてきた手前、
折り返し帰路のとちゅうで「直接対決」は避けられまい、、と覚悟はしてたけど


猛スピードで南下している列車が、
北上してくる台風へと文字どおり突っ込んでいく形です












b0005281_20484758.jpg

ついに、降ってきた

車体にサァアアアーーと雨の当たる音

















b0005281_20485842.jpg

と思ったら、
ありゃ? すぐ止んだ

雲は広がっているものの、うっすら陽の光すら感じられます
カタタタン カタン――














===============


17:10 どうやら列車は、目的地へついたもよう



b0005281_2049971.jpg

追分駅(おいわけえき)とうちゃく!
意外に天気は崩れなかった
よかった!

で、またまた秋田県です
なぜここで降りたのかというと、、、












b0005281_20492291.jpg

ちょっと寄り道して、これより!!
男鹿線(おがせん)に臨みます!!

雨も上がってるし、まだまだ日も沈まない
今しかない!!

18:00 息巻いて、いざしゅっぱつ! プシューーーガタン










 ~ ~ ~ ~ ~ 







b0005281_20493570.jpg

男鹿半島の南湾と、八郎潟とを結ぶ大きな川の上を、
ゴォォオオオオーと走ります














b0005281_20494595.jpg

ガタンゴトン

しだいに日が陰ってきた












b0005281_20495712.jpg

ガタタタン ガタン


















===============


b0005281_20501956.jpg

18:40 つきました、、、










b0005281_20502839.jpg

男鹿駅(おがえき)!!

そしてこれにて、男鹿線、完乗!!
やりました!
思わず目から熱いものがこみあげてきた












b0005281_20503750.jpg

駅舎の中

広くてキレイにされています










b0005281_20504693.jpg

ほどよく薄いダイヤです
1時間に1本あるかないか、といったところ

「ゴソゴソ」

ん? なんだ


――――!!?














b0005281_20505417.jpg

「泣ぐ子は、いねがーーーー!!」
!? うわあ!?
あぶないあぶない!!!!  出刃は待て出刃は!!


いやあびっくりした!

ここ男鹿半島は、「なまはげ伝説」発祥の地と言われています
















b0005281_2051875.jpg

そんなこんなで、もう真っ暗なので、
男鹿駅ホームに戻ってきました

さっき乗ってきたのとおんなじ列車で、
男鹿線を折り返します












b0005281_20511966.jpg

お ココにもなまはげが!

19:10 のりこんで、しゅっぱつ!
プシューーーー ガタタン














 ~ ~ ~ ~ ~ ~









20:10


b0005281_20513110.jpg

秋田駅とうちゃく!!
やっと秋田駅の外に出ることができました
いやーーおつかれさまでした

なかなかに立派な駅だな!











b0005281_20514731.jpg

時間も遅いし、いいかげんフラフラしてきたが、
20:45 もう一駅だけ南下します
しゅっぱつガタン








 ~ ~ ~ ~ ~ 








b0005281_20515964.jpg

20:55 つきました、羽後牛島駅
これにて本日の列車は終了
つかれた、、、

いまから15分ほど歩いて、本日の宿へ












b0005281_20521573.jpg

小雨が降ってきた中、やってきたのは「こまち天然温泉」
健康ランド+宿泊施設です
さっそく投宿

さすがに3日間ほとんど列車のりっぱなしで、しだいに溜まってきた疲れを
秋田温泉でよく癒します
たすかった

泉質はグーだグー


 ~ ~ ~ 

それにしても、巨大台風との対決はどうなるのか?
ぶじ、東北の地から九州へ戻れるのか、、、?

すべては明日だ
もうろうとしつつ、寝床へ入るや否や、バタンキュウ
いま、ひとときの休息のときであります


ムニャムニャ――――















(つづきます)
 

 
 
 
 
 

 
 
[PR]

# by dolmens | 2017-09-19 21:33 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)