<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

真夏の北日本海鉄道 完結編 (北陸3セク3鉄道/北陸本線/阪九フェリー/ほか)

 
1:ひかりレールスター・太多線2:中央本線(中津川 ほか)3:筒石駅 ほか
 4:信越本線(鯨波駅~青海川駅)・越後線 ほか5:新日本海フェリー ほか
 6:五能線7:奥羽本線(青森駅)・男鹿線8:羽越本線(前半)
 9:羽越本線(後半) 、 の続き◆



<旅の5日目>



b0005281_21150531.jpg

am5:30 モハようございます
朝の糸魚川駅です

はるばる青森・秋田から、ふたたび九州へ向けて
ふたたび大移動!します










b0005281_21414188.jpg

えちごトキめき鉄道
略してトキてつの列車
ボディが朝日に照らされて輝いています

まずは、北陸!
日本海沿い3セク路線を乗り継いで、西へ!
5:35 のりこんで、いざしゅっぱつ! ガタン













b0005281_21445327.jpg

ガタタタン ガタン
日本海が見えてきました

今日は天気いいなー












b0005281_21452853.jpg

ガタンガタンと、しばらく日本海を車窓に眺めながら列車は走ります
とちゅうで、トキてつから、あいの風とやま鉄道に変わりました

そういえば冒頭でもチラと触れたんですが
いま走ってる路線、もと北陸本線であるわけです
が、今やその大部分がトキてつ・あいてつ(略し方知らん)・IRいしかわ鉄道の3セクに
移管されたので、JRではありません

これはつまり、基本的に18きっぷ使えない、ということです(一部例外あります)
個別に運賃が必要になるので、コストがかさむ! 
しかし最短距離で帰途につくために、やむをえない、、、










b0005281_21454202.jpg

そんな不平不満をぶつぶつ言いながら、とちゅう泊駅で列車を乗り換え
ふたたび西へ ガタン ガタン















b0005281_21460230.jpg

だんだんと町が見えてきました















b0005281_21463480.jpg

高岡駅ホーム

8:00 ここでも列車をのりかえて、しゅっぱつ!
ガタ











b0005281_21470048.jpg

ゴォォォオオオオーと川を渡ります













b0005281_21471555.jpg

ガタタタン ガタン

8:30をまわって、
金沢を過ぎ、ようやくJRの管区になりました













b0005281_21473899.jpg

9:10 粟津駅
列車いきちがいのため、数分停車します

で、ふたたびしゅっぱつ! ガタン
















b0005281_21475176.jpg

9:30 大聖寺駅!

ここでも数分停車














b0005281_21481097.jpg

ふたたび列車にのって、ガタンゴトン走ります

さて、もうすぐ最初の目的地だ――
















===============


b0005281_21482647.jpg

10:00 福井駅とうちゃく!!
ひさしぶりだなー
駅がきれいになってる

早朝の糸魚川から、新潟→富山→石川→福井と、
一気に大移動してきました

お腹すいたので、お昼ご飯にします
時刻はすこし(かなり?)早いが、、、










b0005281_21484008.jpg

駅構内の「今庄そば」にて
駅ソバ食べます
いただきます ズズズ、、、


――う うまい!?
シンプルで無駄のない味わい!
列車旅でいい加減つかれてきた身体に、優しくていい塩梅だ!
梅肉トッピングの酸味も効いてるぞ
ズズズーうめめうめ
















b0005281_21485465.jpg

時間まだ少しあるので観光したいけど、駅から離れられるほどの余裕はない

駅を出ると、なんかでかい建物あったので、
ここに行ってみることにします
なになに? セーレンだと









b0005281_21491594.jpg

5~6階ほどあがった最上階には、
プラネタリムらしき施設があるようです

外の通路にキレイなベンチがあったので、ザックを降ろしてしばしひと休み










b0005281_21500084.jpg

大きな窓からは、福井の街並みが見渡せる、、、
と思いきや、視界の大半は駅が占めています

うーむ












 ~  ~  ~  ~ 









b0005281_21502014.jpg

ふたたび福井駅ホーム

11:10 関西~周辺部ではおなじみのタイプの車両にのり、
いざしゅっぱつ! プシューーーガタン











b0005281_21503418.jpg

越前の田園風景の中を、列車はガタンガタンと走ります












b0005281_21505042.jpg

12:00 交通の要所、敦賀駅とうちゃく!!

おおーーここもきれいになってる!
前きたときは、もっとコジンマリとしてる印象だったのに










b0005281_21510514.jpg

ふたたびホームへ

新快速きました
18きっぷでのれる列車に関わらず、
そこらの特急・新幹線よりよっぽど速いという、関西JRの秘密兵器!!

これのって、一気に南下します!

とかなんとか言ってたら、なにやら背後のベンチから気配が、、、
ふりむくと――!?









b0005281_21512380.jpg

なんかでっかい人すわってるなーと思ったら、
なななんと恐竜がベンチにすわっとる!!?
意表を突かれて素でびっくりしたな!!

しかし、、、なぜに白衣??

疑問に首をかしげながらも、
12:20 列車に乗りこんで、しゅっぱつ!!











b0005281_21513747.jpg

ガタンゴトン、と北陸本線上りといえば、
敦賀ループ(鳩原ループ )!!

線路が複雑に絡み合い、列車の空中浮遊を体験できる貴重なゾーン!










b0005281_22084049.jpg

しばらく走って山あいをぬけると、
景色もひらけて遠くに琵琶湖が見えてきた











b0005281_21515800.jpg

13:00 近江今津駅
ここで、列車の連結がおこなわれます











b0005281_21521712.jpg

すこし駅の外に出てみます

はじめてここ近江今津駅を降りたのが、9年前
そのときは、琵琶湖の水がしょっぱいかどうか確かめに来たのでありましたよ

はじめて京都に来たときだ


さておき










b0005281_06142153.jpg

13:10 ふたたび列車に乗りこんで移動!

琵琶湖を左手に、カタタタンカタン


















b0005281_21532137.jpg

だいぶ進んできたなー
滋賀→京都→大阪と、新快速はグングン進みます

淀川の上を、ゴォオオオオーーーーと列車は走ります












 ~  ~  ~  ~  ~ 









b0005281_21534125.jpg

15:00 神戸駅とうちゃく!!
ひさしぶりだなーーー

それにしても、暑い!!
日差しがすさまじい!










b0005281_21553577.jpg

ちょっと列車に乗り飽きたので(18きっぷ旅なのに身も蓋もないけど)、
ここらで観光します!

神戸港をブラブラ
日差しは強いけど、潮風が気持ちいいな












b0005281_21545152.jpg

海も青々として、さわやかだな

背中のザックはずっしり重たい、、、











b0005281_21555558.jpg

フウフウ言いつつ汗だくで歩くこと10数分、
神戸のチャイナタウンこと、南京町にとうちゃく!











b0005281_21561324.jpg

中国料理や飲茶などのお店が、
軒をつらねるようにズラーーと立ち並んでいます










b0005281_21563527.jpg

昼ごはんが早かったし、小腹すいたので、
露店のひとつでハンディタイプの「エビニラまん」を1本購入

いただきます モグ、、、


――う、うまい!?
肉汁! 油!! ジューシーー!!!
チャイナタウンの熱気をコンパクトに凝縮したかのような、パワフルな味わい!!
列車大移動と重たいザック背負った徒歩で披露しきった身体に、
スタミナをファイト一発注入してくれるがごとき見事なうまさ!
うめうめモグモグ












b0005281_21565541.jpg

スタミナを取り戻したところで、元町駅
本日最後の列車にのります

16:00 しゅっぱつ!!












b0005281_21571259.jpg

空を走るかのように、高架線路の上をカタタタン カタン――













b0005281_21572874.jpg

16:20 つきました
住吉駅!!

ここで、今回の18きっぷも使い納めです
ありがとー!









b0005281_21581431.jpg

近くの住吉神社
旅の期間を無傷で過ごせたことへのお礼をします

さて









b0005281_21594067.jpg

ちかくのバス停にて

やってきたのは、送迎バス
そう! 今から、フェリー乗り場に向かいます!















b0005281_22003207.jpg

およそ30分ほど揺られて、
17:20 阪九フェリーのりばにとうちゃく!

ひさしぶりだなー!









b0005281_22011006.jpg

今からコレのります

神戸六甲アイランドと北九州新門司とを結ぶ、旅客船やまと!













b0005281_22014048.jpg

本日の宿、2等指定B
個室です

まるで航海日誌が掛けそうな、デスクまで完備されています
よーし
「本日の公開では、荒ぶる波の中、山ほどもある大きさのクラーケンと遭遇
 巨大な触手が船体に絡みつき、格闘すること数時間
 私は乗組員たちを必死に鼓舞しつづけ――」

(その後このデスクは荷物置きと化す)










b0005281_22023467.jpg

18:30 神戸港をぶじ出航!!

空がしだいに茜色になってきました










b0005281_22030792.jpg

まどろむようなピンク色の空気の中、
すこし湿っぽい海風が吹いてきます











b0005281_22033946.jpg

19:20
入浴したり夕ご飯たべたりして、日もすっかり暮れた甲板

すると、
おおーーー明石大橋が近づいてきた!









b0005281_22041224.jpg

関西~九州航路名物、明石大橋の直下くぐり!











b0005281_22044369.jpg

今まさに! くぐり抜けた!

船は、ザンザンザンザンと波を切りながら、クールに走っていきます

さて夜も更けにけり
意識ももうろうとしてきて、そろそろオヤスイミンの時間――










 ~  ~  ~  ~  ~ 








b0005281_22051268.jpg

翌日 am6:00
真っ赤な朝日だ

長きにわたったこの旅も、そろそろ終わりを迎えようとしています











b0005281_22054267.jpg

甲板にて
潮風にしばし身をゆだね、
朝日のまぶしさに軽く目がくらみ、ふとまぶたを閉じると浮かんでくるのは――


中央本線、宿場町中山道の落ち着いた風情と木曽川の急峻な景色

炎天下の長時間徒歩移動で危機一髪だった、信越本線の鯨波駅~青海川駅間

新潟の静かな夜景をしみじみと味わった、朱鷺メッセ展望室

深夜発でとんでもない早朝着(しかも「巻き」で)の超弾丸、新幹線・飛行機も顔負けの新日本海フェリー

今回の旅における最大の目的にして、期待以上の絶景と懐の広さを堪能させてくれた、五能線

さすがの肌寒さに意表を突かれた青森駅に、台風5号の進路にドキドキした秋田駅

日本海の妙をじっくりと味わわせてくれた、羽越本線



どれもこれも、しっかりと強く記憶しています









b0005281_22061871.jpg

ひさしぶりの18きっぷ鉄道旅からバトンタッチして、
この旅の最後を締めくくったのは、
大きく広がる青色と、潮風と空と織りなす海の道を走る、フェリー旅だ


夏もピークを迎え、やがて8月は終わってしまいます
(どうやっても覆すことができない法則の一つだ)

やがて晩夏へと、初秋へと、季節は移り変わります
夏の終わりを考えると、いつも、オセンチになってしまう


でも、変わらないことだって、いくつかは存在する


言っておこう





この旅はもうすぐ終わるけれど、旅はまだまだつづきます







ふたたび列車で旅に出る、その日まで、
いざさらば――!













(完)









 ========================


b0005281_22065361.jpg


「真夏の北日本海鉄道 1」へジャンプ
 
 

[PR]

by dolmens | 2017-10-12 06:11 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

真夏の北日本海鉄道 9 (羽越本線 新発田駅・新津駅/ほか)

 
1:ひかりレールスター・太多線2:中央本線(中津川 ほか)3:筒石駅 ほか
 4:信越本線(鯨波駅~青海川駅)・越後線 ほか5:新日本海フェリー ほか
 6:五能線7:奥羽本線(青森駅)・男鹿線8:羽越本線(前半) 、 の続き◆



b0005281_6132948.jpg

13:00 
ふたたび村上駅まで戻ってきました

台風5号は、もはや見る影もありません
空気はすこし湿っぽい









b0005281_6133820.jpg

さて! 羽越本線攻めの後半へ挑みます

13:20 列車にのりこんで、いざしゅっぱつ!
プシューーーガタン












b0005281_6134592.jpg

それにしても、なんとキレイなシートなのか
しかも車内は空いてて、ナイスな感じです

昨日の青森駅から、かなりの区間ずっとロングシート or 立席状態だったので、
ひさびさにゆったり座っての移動ができます

タモさんは「列車は座るものじゃなくて立って乗るものだ」と言われてましたが、、














b0005281_6135584.jpg

ガタンゴトンと、田園風景の中を走っていきます
















b0005281_614594.jpg

14:10 佐々木駅(新潟県)とうちゃく!!

――というか、ボーーっとしてて間違えた!

乗ってた列車、羽越本線のラストまで行くものと思ってたら、
新発田駅(2つ前の駅)から白新線へ乗り入れてしまった













b0005281_6141581.jpg

猛スピードで時刻表のページを繰りつつ、ダイヤを軌道修正!!!
14:17 佐々木駅発の列車にのって、もと来た線を戻ります

で、、、

















b0005281_6142425.jpg

傷は浅く、14:25 新発田駅とうちゃく!!

てか、おお!! 駅、きれいになったなあ!!
上品なつくり・外観になってる!

さて、次の列車がくるのは1時間半あと
時間があるので、観光します












b0005281_6143161.jpg

城下町の風情ある通りをテクテク
堀にはコイも泳いでいます













b0005281_6144039.jpg

お休み処 寺町たまり駅













b0005281_6145080.jpg

ちょっとした観光ステーション 兼 お土産屋さん です

「どうぞーーー」と麦茶をいただく
ありがたいことです◎














b0005281_6151027.jpg

諏訪神社

地元では「おすわさま」の呼び名で親しまれているそう
青い木々と、ミーーンミンミンミーーーンと蝉の声

さて、そろそろ駅へと戻ることにします



















===============

ふたたび新発田駅ホーム



b0005281_6153461.jpg

おおーー! これはノスタルジックな、たらこ色の車両!!
しかも「普通列車」扱いとはニクい!!

でも今から乗るのはこの列車ではない













b0005281_6155183.jpg

抹茶菓子の箱みたいな色の列車
こちらに乗ります!!

個人的には飯山線かどっかで同タイプの列車に乗った記憶がありますが、さておき

15:55 のりこんで、しゅっぱつ!
羽越本線だ!! ガタン!!















b0005281_616027.jpg

延々と田んぼがつづく風景の中を、ガタンゴトン走ります















b0005281_6161159.jpg

ガタタタン ガタン
稲穂が風にそよいで、きれいだな

ようやく晴れ間も見えてきました――



















===============


b0005281_6162466.jpg

16:23 新津駅とうちゃく!
そしてこれにて、羽越本線、完乗!!
はるばる秋田から270キロ、やりました、、、

さらに、これで「本州の日本海沿い鉄道路線をすべてコンプリート!」という
大いなる達成をなしとげることができました
まさか本当にこんな日が来るとは、、、、

目から次々とこぼれ落ちんとする熱いものを止めることはもはやできない















b0005281_6163651.jpg

感動にむせび泣きながらも、またもや列車の待ち時間ができたので、
駅周りを散策

すると、駅の入口右手に「ていしゃば」なる鉄道資料室が

行ってみよう!










b0005281_617236.jpg

おじゃましてみると、
キハ40系のパネル展示特集や、新津駅ゆかりのSLや各列車の資料などがテンコ盛り

こじんまりとしつつも好感が持てる内容です

「どうぞーー」とお土産にいただいた手製の駅周辺マップが、
温かみあふれてて良いあんばい














b0005281_6173486.jpg

さて、ふたたび新津駅ホーム

17:20 信越本線の快速列車にのりこんで、しゅっぱつ!
プシューーガタタン
 












b0005281_6174574.jpg

ぶあつい雲の真下をくぐり抜けるように、晴れ間を追い求めるように、
列車はガタンゴトンと走ります















b0005281_6175987.jpg

ガタンガタン

だいぶ日が傾き始めてきました















b0005281_618866.jpg

18時半をすぎて、車窓に日本海が現れてきた

夕日が今まさに沈もうとしています















b0005281_6182815.jpg

ガタタタン ガタン――


















===============


b0005281_6184061.jpg

19:30
どうやら列車は、ぶじに本日の最終駅にとうちゃくしたもよう

ここは、、、、













b0005281_6184970.jpg

糸魚川駅!!
でかい!
久しぶりに来ましたが、見ちがえたな
これが北陸新幹線効果か!!

それにつけても大ごとであった火事の惨禍は、
駅前にいる限りではさほど感じられない
がんばって復旧を果たしたなあ!という印象です














b0005281_6354549.jpg

駅すぐ前の、居酒屋「源兵衛」

おなか空いたので、晩ごはんタイムです
以前、糸魚川にきたときも来たお店ですが、、、











b0005281_6193584.jpg

そのときも食べた、南蛮えび天丼!!
いただきます、モグ、、、


――う、うまい!!!??
小ぶりながらもプリップリで、
しかし出汁がほどよく染みこんでいてしっとり加減があるという、この二律背反!!!
プリップリのしっとりのプリップリ!!!(自分で言ってても、もはや意味がわからない)

南蛮えびの天ぷらは尻尾まで香ばしく、箸を止めることが困難!!
うめうめモグモグ


 ~ ~ ~ 

いやー期待を裏切らんなーー糸魚川!
海の幸が最高!!

糸魚川は地域をあげて、
ジオパークどんぶり略してジオ丼(硬そう)なるご当地グルメを展開しています
パンフレットを見ると、なるほど魅力あふれるラインナップ

フォッサマグナもジオ丼も日本海もあるし、
糸魚川いいところです



と、糸魚川の完全復旧を祈念すべく、ささやかながら応援宣伝であります
でもほんとに南蛮えび天丼うまかった





 ~ ~ ~ ~


本日旅の4日目は、後半は観光メインになったけど、これもまた良し

18きっぷ列車旅ならでは自由さだ

「憑りつかれたかのように、何かに追われるように走る」という、
X japan「紅」の歌詞さながらの気概で列車に乗り続けるのもそれはそれでよいけれど
(わりと旅の前半そっちだったけど)、
ゆっくりとしたひとときを行程に組み込むことは、やはり必要なんじゃないかと考えています
メリハリだね

それによって、旅がより立体的で豊かなものになっていくんだと思います


そんなわけで、そのまま糸魚川駅前で投宿
急がずたゆまず、あすも列車のるぞ!

ムニャムニャ オヤスイミン――















(つづきます 次回このシリーズの完結編!)
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2017-10-04 06:54 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)