<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

大東流合気柔術 平成二八年七月稽古

  
b0005281_21111890.jpg


■演武

7月23日(土)、
糸島二丈の白山神社「夏越祭」に行ってきました◎
 
演武をぶじに奉納できて、茅の輪くぐりもしてきました
ありがとうございました
(自己の演武については後程、、、)

夕方になっても、暑さは収まらず
演武後に振る舞われた真っ赤なスイカが、とてもみずみずしくて身体に染み渡りました
ありがたかったですよ


それから、印象的だったのが、神事~雅楽~演武と進行していき、
ギター弾き語り(この辺りから地元の方々の宴会が始まる)の時間になって、
最後「カラオケ大会」タイムでは、すっかりドンチャンさわぎになっていたことだ

神事の間は、さすがに境内は凛とした「場」でしたが
だんだんと賑やかしくなっていったのが興味深かった


まあ、考えてみると、天岩戸の前で神様たちが飲めや歌えやするほどなので、
神社で賑やかに過ごすことは、日常の穢れ(もしくは身体~頭から離れぬもの)を払うという意味で
ある種の必要な事なのかも知れない

ちなみに、乱れてる方は――やはりいなかったです



 ~  ~  ~  ~  ~ 


自己の演武について、
今回、対「剣」での棒術演武を数本奉納させていただきました
(冒頭の写真)

こういう場では、ついつい浮き足立って蹴って動こうとしてしまいがちなので、
「棒を先」・「身体が後」・「足は最後」、、、ということを、とにかく心がけました

それでも若干「遅れた」かもしれないです
ここが、普段の稽古での、研鑽のしどころだということなのだろう
そういった意味で、強烈な気づき・自覚ができて、たいへん良い機会だったと受け止めていますよ


ほか、棒の通り道を邪魔しないような身体のさばき方(ねじらない・詰まりをなくす、等)
さらに気を付けていこうと感じました


棒術は、

・突いてよし
・打ってよし
・払ってよし
・近間での棒の使い方――留め等
・棒捕り

など、バラエティに富んでいて、興味もつきないところです
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2016-07-13 05:55 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)