<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

2015年 「第38回 百道文化祭」

 
● 2014.11月2日 (日) ●
『第38回 百道文化祭』


会場  百道小学校 体育館・中庭 

 福岡市早良区百道3丁目1−1(地下鉄「藤崎駅」から徒歩7分)
・時間  AM9:30~15:00
・内容  作品展示、演技発表、バザー



 ============

b0005281_2028382.jpg


11月アタマの日曜に、ももち地域の文化祭に出演いたします

兵法二天一流(山東派)剣術を中心に、武術演武をします

「二天一流」とは何か?というと、いわゆる古流剣術(古武術)です
型(勢法といいます)として二刀が残っているのが特色ですが、
一刀大太刀、小太刀なども扱います

出演は、13時半ごろからの予定です
午後の部が始まって少し経ったぐらいです
道場の方々と一緒に出ますよ


イマハシは、抜刀術と、一刀・柔術の受けなど、
いろいろします


 ~ ~ ~ ~ ~ ~


文化祭では、ほかの団体さんも出て、いろいろな演目が繰り広げられます

■ 管弦楽
■ クラシックバレエ
■ 手品
■ 整体実演
など、、、

演芸プログラム会場の体育館では、茶道部のお茶会もあります
略式でOKとのことです

ダイナミックな書道やクラフトの作品展示も、体育館の中でなされます


「バザー・コーナー」では、
・温かいうどん
・ぜんざい
・おでん
の販売もあるそうです


入場は無料です

文化の秋、ぜひ楽しい1日をお過ごしください◎


b0005281_19453685.png



b0005281_1946873.png


 
  
 
 
  
  
   
[PR]

by dolmens | 2015-10-27 21:16 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

国東半島をめぐる 2(両子寺/行入ダム/宇佐神宮)

 
前回 のつづき◆


~ 2日目 ~

10:00


b0005281_20222175.jpg

両子寺(ふたごじ)へ来ました

国東半島の中央にして最高峰である、両子山に位置するお寺です
六郷満山(※)の総本山、
国東半島の象徴たるかの地に、ついに訪れることができました


苔むす匂いと、山の冷たい空気とが、
とても心地よく、気持ちがシャンとします



※六郷満山・・・ 
 山岳信仰が盛んであった、このあたりの寺院群の総称












b0005281_20223486.jpg






b0005281_20224310.jpg
力強くく立つ仁王像

これより長い石段を上っていって、本堂へ
















b0005281_20225654.jpg
つきました

冬の青空が広がっていますが、
雪がそこかしこに残っています


あわただしい年末の中にあって、
この地では、あくまでゆっくりと時間が流れているような気がします

それは、太古の昔から紡がれてきた時間の続きのようにも思えてきます












 ~  ~  ~  ~  ~ 







両子寺を後にして






b0005281_20231120.jpg

道中

行入ダム(ぎょうにゅうダム)の天端


それにしても、
背後の山々が放つ、圧倒的な存在感よ!










b0005281_20234144.jpg
ずいぶん長い間、使われているダムのようです

一種の貫禄があります












b0005281_20235153.jpg
たくさんの水をたたえています
水面に山々の姿が映って、えも言われぬ風情を醸し出しています

風のそよぐ音が、とても静かだ













b0005281_2024385.jpg
!?
グラサンの輩が、外来魚をダムに放流しているぞ!?
悪いやつめ!!


とかなんとか言いながら、次の目的地へ向かって移動します――














===============

そろそろ12時
お昼タイムであります




b0005281_20241489.jpg
道の駅くにみ

国見は、国東半島の、ほぼ真北部
海沿いに位置します








b0005281_20242449.jpg
ここでは、タコさんがお出迎えしてくれます

年末の今日、お昼を出してくれるところが
いろいろ当たった結果、ここしかなかったという、、、

まあ無理もない













b0005281_20435329.jpg
で、はも重!!
これはいいぞ!
はもは国東の特産でもあるそうです
いただきます、モグ――


、、、!! うまい!?
ハモの柔らかく淡泊な味わいに、
シンプルながらも奥深い国東の風土も感じられて、なんということだ!?
豊かな味と、いにしえのロマンが広がっていくぞ!!

モグモグはもはも















b0005281_20245286.jpg
お腹も満たされて、外をぶらぶらしてみます

道の駅のすぐ近くに、
海に向かって延びる、遊歩道があります

行ってみよう!











b0005281_2025437.jpg

周防灘が、おだやかに広がります
冬の海がとてもきれい

それにしても静かだなあ













===============

14:30
名残惜しくも国東半島を後にし、帰途へ着きます

その道中





b0005281_20251731.jpg
宇佐神宮 参道

一足早い門松が、背も高くそびえ立ちます

まだ人はまばらだけど、もう少ししたら、
初詣で人があふれんばかりになるのだろう









b0005281_20252861.jpg
参道とちゅう、道のわきにあったSLの静態保存

聞けば、「宇佐参宮線」なる大正~昭和中後期にあった路線で活躍していた機関車だそう
はるばるドイツからやってきた、クラウス社製SLとのことです

コンパクトでかわいらしい形をしていますよ












b0005281_20253839.jpg
本殿

二拝四拍手一拝
出雲大社とおなじ方式で、こちらでも四回柏手を打つようです

朱塗りの社が、目に鮮やかに映ります


そういや 宇佐駅って何回も列車で通ってるのに、
こうやって実際に神宮に来たのは初めてだ













b0005281_20255215.jpg
すこし日が陰って、いよいよ年の瀬を感じます

これから正月を迎えようとする宇佐神宮を、後にします




さて、駆け足で廻った国東半島

まだまだ六郷満山のおよそ表面にしか触れていないのかもしれませんが、
それでも、おごかな気持ちになることができました


国東半島
何もない、、、、 がゆえに、静かで凛としていて良かった

心が穏やかになりました


また必ず来よう!



さあ、いよいよ新しい年だ















(了)








===============

b0005281_20261094.jpg
両子寺 山門

必ずまた来るよ!
  
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-10-25 20:18 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

国東半島をめぐる 1(ハーモニーランド)

 
◆2013年 12月末のある日◆


13:00


b0005281_20222683.jpg
道の駅「豊前おこしかけ」にて

だんご汁&豆腐づくし定食をいただきます
モグ――まろやかでウマイ!


というわけで、
北九州から東九州に沿って、ずっと南下しています

今回、国東半島へ向かいます!
ゆっくりと訪れるのは初めてで、とても楽しみにしています









===============


15:30
まず、やってきたのは、、、




b0005281_20223763.jpg
ハーモニーランド!!
(国東半島というより、これは南に抜けた日出のほう)

キティちゃん、足ほそいな!!!

サンリオの王国たるハーモニーランドにおいては、
八頭身モデルばりにスタイルが変化するというのか、ミス・キティ!!
かの地の磁場によるものか










b0005281_20224835.jpg
園内中央、ステージの向こうにそびえ立つのは、
キティキャッスル











b0005281_20225882.jpg
中におじゃまします

キティ神の像が、神々しく鎮座しています










b0005281_2023795.jpg
キティちゃんの部屋におじゃまします

ピンクですな! オシャレツ!










b0005281_20232198.jpg
キティちゃん、金魚も飼ってる!

エサが、水槽の前にボンと置かれている












b0005281_20233123.jpg
飾られてあった、キティちゃんの頭部レントゲン
骨格、、、


それにしても、なぜにコレを飾るか?















===============


おとなりへ移動




b0005281_20234210.jpg
キティちゃんのライバル、マイメロディの部屋!

こちらも負けじと、可愛さドスコイ!だな
とにかくマイメロディだらけ!









b0005281_20235237.jpg
それにつけても本人、どれほどご自分が大好きなのか

果たして人は、
ここまで自分グッズで身の回りを埋め尽くそうと思うものか?













===============

アトラクション・コーナー



b0005281_2024610.jpg
いろんなゲームを進めていき、ゲットしたアイテムで、
オリジナルの着せ替えキティちゃんをつくろう、というもの

時間制限シビアで、難しすぎ
結果、長ランとか金棒とか、変なアイテムばっかり入手させられて、
ヒゲ番長みたいなキティちゃんになった












b0005281_20241666.jpg
キティ大学から出てきた、ター坊
キティちゃんに比べて、ター坊は扱いが雑

キティちゃんは、UFO化するほど崇められてるというのに










b0005281_20242682.jpg
なんだかよく分からないキャラクター
こっちも扱いが雑、というか
メイド服みてハァハァ言ってる

道すがら気づいたことは――
ここハーモニーランド、唯一絶対神たるキティちゃんを頂点とした、
明確なサンリオ式カーストがあるという事実だ


具体的に、

1.キティ、マイメロディ ・・・神格化

 ↓↓↓

2.キキララ、シナモロール、黄色いプリン犬みたいなやつ ・・・高貴な存在

 ↓↓↓

3.バツ丸、けろっぴ、タキシードサムあたりの中堅

 ↓↓↓

4.ター坊、はんぎょどん、その他うぞうむぞう



まあ、キティちゃんは世界レベルで名前が知れてる反面、
ハンギョドンあたりは、残念だが斜陽気味だもんなあ

それにしても、4の階層にいたっては、
チョイ役を配されていたり、園内の橋の下に追いやられていたり、
とにかく1の階層と扱いの差がはげしく、
さすがに憐憫の情を禁じ得ない、、、

















===============

17:40



b0005281_20243874.jpg
日が暮れてきた、エントランス近くの広場
風が出て来たな、けっこう肌寒い

これから、パレードがあるそうで、、、











b0005281_20244968.jpg
!!?

喜び組が踊るステージの中央から、荘厳な音楽とともに
せり上がりで絶対神・キティちゃんが出てきた!?












b0005281_20245934.jpg
七福神が乗る宝舟で、ダニエル(キティちゃんのカレシ)が登場!!!?

なんだこれ!?












b0005281_20251090.jpg
船、ゾロゾロとたくさん出てきた

これ、惑星をかたどったものらしい
ピンクの星からバツ丸が出てきた










b0005281_20252487.jpg
ド派手な音楽と、レーザービームで、
会場のボルテージは最高潮に!!











b0005281_20253487.jpg
しまいには、自転車も空を飛ぶ始末!

うーーむ、ファンタスティック!
盛り上がったな!!













 ~  ~  ~  ~  ~ 











b0005281_20254468.jpg
ふたたび、キティキャッスル前!

キティちゃんのライブステージ!
安室なみえやモーニング娘といった90年代チョイス(なぜ?)のダンスナンバーで、
踊り狂うミス・キティ!!


客席おいてけぼりの、テンションMAX!!
てか、ライトが激しく光り過ぎで、よく見えん!!
















b0005281_20255427.jpg
ファンシーどすこい☆パワーに勢い押されて、もはやフラフラだ

園内レストランにて
このまま負けてなるものかと、和の心「しらす丼」をチョイス
いただきます、、、モグ

うん、うまいぞこれは!
皿こそピンクのサンリオ仕様だが、味はしらす丼そのものだ!




――とまあ、初日から濃かったが、
明日が国東半島巡礼の本番!
今宵は前夜祭らしく、血沸き肉おどる激しい祝祭でありました


それにしてもハーモニーランド、ここまでぶっ飛んでいるとは、、、
驚愕のアミューズメントぷりに度肝を抜かれた思いです

















(つづきます)










===============

b0005281_2026944.jpg
キティキャッスル
夕方まで、ぜんぜん人いなかったのに、パレードの時間あたりから激増

みんな、どこにいたんだろう?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-10-20 21:10 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真冬の出雲 (出雲大社/日御碕)

 
◆2013年 12月下旬のある日◆


13:00


b0005281_20383147.jpg

道の駅たたらば壱番地

雪深き、奥出雲に来ています
風がつめたい!










b0005281_20384094.jpg

あたたかい出雲そば
いただきます

ズズズズ、とすすれば、
吹雪で冷えた身体が、やさしく温まります

蕎麦ガラごと挽く出雲そばは、歯ごたえがあってオイチイ













b0005281_20384896.jpg

ふたたび移動

それにしても、すごい雪だ














===============

16:00


b0005281_20385846.jpg

出雲大社!!

60年ぶりの大遷宮を経て、
御本殿も立派に生まれ変わりました

相変わらず、神楽殿のしめ縄がでかい!









b0005281_2039851.jpg

真冬の澄んだ空気と、神々しい空だ













===============

あくる日


b0005281_20391922.jpg

日御碕(ひのみさき)

冬の日本海と、頬をさすような冷たい風だ












b0005281_20392896.jpg

日御碕灯台














b0005281_20393759.jpg

灯台のちかく、食堂&干物屋さん











b0005281_20394817.jpg















b0005281_2040431.jpg

おじゃまして、
ふたたび、出雲そばをいただきます
今度は、由緒正しき、割子スタイル

ひとつの椀をある程度食べたら、
残りの種や汁を次の椀に移します
で、そうした上で続きをいただく

のこさずキレイに食べられるように、という
古来からの出雲の知恵です


で、こちらもおいしい!











b0005281_20401586.jpg

ぜんざい

あたたまるなあ
ほんのり甘くて、おいしいです













b0005281_20412695.jpg

夕方、帰途
あいかわらずの大雪だ



さて、今年もいよいよ終わるね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-10-18 20:34 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

潮の香り、紅葉、巨木の静かな声 (岐志カキ小屋/雷山千如寺大悲王院)

 
◆2013年 11月下旬のある日◆


b0005281_20394853.jpg


糸島の志摩地域にある、岐志(きし)漁港に来ています
海が近いだけあって、風が冷たい!

さて、このビニールハウスの群れは、
いったい何でしょう?










b0005281_20395937.jpg
そう! カキ小屋であります!!

店内には風が入って来ず、じつに快適!
灰よけのヤッケも貸し出してくれます

ちなみに、ヤッケは店ごとに色がちがってて、
ここ「恵比寿丸」の店内では、ビリジアン・カラー一色
まるで何かのスポーツチームみたいだ










b0005281_20401170.jpg
で、いざ焼きます!

うおーーーーージュウジュウ!!
立ち込める潮の匂いが、じつに香ばしい!

カキだけでなく、魚やイカなんかも焼けます










b0005281_2040209.jpg
焼けた焼けた

持ち込んだレモンのくし切りをジュッと絞って、
いただきます!
モグ、、、


――う、うまい!?
弾力、豊潤さ、味、すべてにおいてグッド!
なぜ人は、これほどカキに魅了されるのか?
食べれば答えは、おのずから見えてこようというもの! だってうまいもの

ハフハフモグモグ
こりゃ止まらん! モグ













===============

移動




b0005281_20403265.jpg
雷山 千如寺大悲王院
開創は178年とのことです

1800年以上もの歴史を持つお寺さんです










b0005281_2040417.jpg
境内、とてつもなく大きな楓の木

楓って、こんなに育つものなのか!
聞けば、なんと樹齢400年ということだから、驚きだ!









b0005281_2040528.jpg
紅葉の見ごろはやや過ぎているようだけど、
この圧倒的な存在感に触れられただけでも嬉しいものです

木は偉大ですよね











b0005281_2041333.jpg
庭園

風雅さと、いにしえの力強さをひしひしと感じます
紅にそまった葉っぱは、心が奪われるようにきれいです


風が葉っぱをサーーーっと揺らす音に、
しばし時が経つのを忘れます










 ~  ~  ~  ~ 







さらに雷山のふところへと向かって移動









b0005281_20412018.jpg
雷神社(いかづちじんじゃ)

あたりはシンとしており、
秋の冷んやりした空気と相まって、引きしまった雰囲気が漂っています











b0005281_20413134.jpg
――――!

境内には、これまた巨大な杉とクスノキが鎮座しています
静かに力強く!

葉っぱの擦れるかすかな音の中で、
偉大な声がひそやかに語りかけるのが聞こえてくるようです


しばし、境内をぶらぶら
いい空気をたくさん身体の中に吸い込んで、
特別な力(あるいはそのようなもの)をもらえたような気がしています
じっさい、元気が出てきたよ


人は、街や建物の中だけじゃ本来、生きていけないということなのだろう




秋もだんだんと深まって、灰色の空と紅葉、ヒンヤリとした空気に
季節のうつろいを知る、11月のひとときです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
[PR]

by dolmens | 2015-10-15 05:51 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

風とカルスト高原をわたる (平尾台)


◆2013年 10月下旬のある日◆


b0005281_20234084.jpg

北九州は小倉の南、平尾台に来ています

高原の風はすがすがしくて、秋の空気がとてもうまいです










b0005281_2023506.jpg
「平尾台 自然の郷」にやってきました

自然公園の広い敷地を、ぶらぶらします
空が青いなー












b0005281_2024196.jpg
道端には、キャラクターをかたどったオブジェが並んでいます











b0005281_20241538.jpg
、、、、、、

?? これ、もしかしてピカチ(以下略













b0005281_20243290.jpg
広場の木陰にて、ひと休み
10月とはいえ、日差しはつよいです

で、広場駅とな?
キタポッポ乗場とな?












b0005281_20244354.jpg
来たーーー!?
これぞ、きたぽっぽ!!?

するどい目つきをしているな!
さすがは北九(以下略


おじゃまして乗ってみます
しゅっぱーーーつ! ポッポーーー!











b0005281_2024558.jpg

乗り心地は、どうしてなかなか!

徒歩より少し速いぐらいのスピードで、ゆっくり園内を周遊します
トロッコ客車になっているので、すずしい風に吹かれて心地よいです

















===============

日付は変わって、おなじく平尾台





b0005281_2025536.jpg
そば処「えん」










b0005281_2025151.jpg
お店の前の畑には、
白い花を咲かせた蕎麦がいっぱい











b0005281_20252415.jpg
そんな自家製の蕎麦で打ったという、盛り蕎麦をいただきます!
モグ――


、、、うまい!?
もっちりコシがあって、匂いも香ばしく、こりゃうまいです
ズズズズ













b0005281_20253395.jpg

その後は、足を延ばして山焼きがされているあたりへ

寂寞とした風景が広がっています




秋も極まって、また季節が移り変わろうとしているね

すこしヒンヤリとする高原の風に晩秋を感じた、10月のひとときです

















===============

b0005281_20255185.jpg
自然の郷の道端キャラオブジェ

ちっちゃいゴジラ 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-10-12 19:20 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

かいもん 再び (夜行列車 急行かいもん)

 
◆2013年 10月下旬のある日◆


カラリと晴れ上がった秋空の下、
貝塚の交通公園に来ています




b0005281_20355588.jpg

SLの静態保存、96!

いろんなとこに置かれてる型だけど、やはりそこはSL、
いいもんはいい!

で、その反対がわにあるのは、、、












b0005281_2036646.jpg
夜行寝台急行列車かいもん

いわずもがな、ブルートレイン急行です
青空の下、青いボディが輝いています

本来なら、夜にこそ馴染む車体の青色ではあるんだけど、
これはこれで味わい深いものがあります








b0005281_20362061.jpg
今はむかしの国鉄時代、ブルートレイン全盛期のころ
西鹿児島駅(今の鹿児島中央駅)から門司港駅(北九州)までを、
縦横無尽に駆けまわったという夜行列車

今でも走れば、それなりに利用者で賑わいそうな路線だと思うのですが、、、













b0005281_20363230.jpg
さて、
本日、内部公開がされているということで、
さっそくオジャマして見学します

いつもは閉鎖されてるのに今回特別公開されるのは、
おそらくこれ、10月の「鉄道の日」関連の企画なのだろう
ともかく、以前来たときには見られなかったからなあ!











 ~  ~  ~  ~  ~  ~ 










b0005281_20364640.jpg
で、さっそくオジャマ!

おおーーーーこれぞ本物!!
せまい!!

なにせ、寝台・座席兼用式だからなあ















b0005281_2037106.jpg
座って良いらしいので、もちろん座ってみます

――この少し硬いシートの感触、
ちょっとだけほこりっぽい匂い、
昭和の空気をいっぱいに吸い込んだ車体の質感、
感激だな、すばらしいや


ところで、
シーツや浴衣、ハンガーが設置されているあたり、芸が細かいな













b0005281_20375543.jpg
通路

このかんじ、寝台特急はやぶさの旅を思い出すなあ
なつかしいな


ところで、下・中・上とパネルがありますが――















b0005281_20381097.jpg







b0005281_20381985.jpg
このかいもん、三段式寝台なのです

上の段、超せまいな!

かつてきたぐにに乗った時も、
三段式寝台における上段のなんたる狭さよ!と思ったものだが、
かいもんの上段寝台は、天井の曲面がつよい分、さらに狭いように感じられます


それでも、実際にこれが寝台として使われてた、
というのは分かるものの、一体どうやって寝るんだろう?

うーむ、アクロバティック、、、














b0005281_2038339.jpg
中段は、まだ常識的なつくり

まあ、正座はできない高さにはなるよね












b0005281_20385918.jpg
車両先頭

乗務員室入口のへりには、大きな窓があります

かつて、いろんな人がここに立って、
走る列車の中から夜の鉄路を眺めたことでしょう
いろんなことを思いながら



かいもん見学、思ってた以上に素敵なひとときでした

たくさんのブルートレインが走っていた頃の、
良き時代の夢を一瞬垣間見られたような、そんな気持ちがしています



















b0005281_20392088.jpg





(了)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-10-07 19:33 | ◇ブルートレイン | Comments(0)  

コスモスコスモス咲いた咲いた (海の中道海浜公園)

 
◆2013年 10月下旬のある日◆


b0005281_20573033.jpg
福岡市の東、海の中道海浜公園にやってきました

うすく雲はかかっているけど、秋晴れが垣間見えて、
お外は気持ちいいな

本日、「うみなか はなまつり」が開催されているということで、
園内は無料開放されています












b0005281_2111710.jpg
こちらでも、コスモスがまっ盛り

きれいだなー












b0005281_2058843.jpg
園内、いたるところに花が咲いていて、心が和みます

そよそよと風に吹かれて、ほんのりいい匂いもしています









b0005281_20581890.jpg
秋バラやコキアなどが咲き誇る、バラ園エリア
ギリシャ遺跡のようなロケーションとあいまって、いい雰囲気です

なぜだか、コスプレイヤーたちがやたら多い、、、











b0005281_20582851.jpg
園内の池のほとりに、フラミンゴの集団が!

それにつけても、園内とてもひろいなあ










 ~  ~  ~  ~  ~ 








中央の広場に来てみると――
!??









b0005281_20584035.jpg
なななんと、土木の日ファミリーフェスタ だと!?
こんなことがあっていいのか!?

しかも、もはや「はなまつり」なんてどうでもよい!と言わんばかり、
土木フェスタの看板で上からドーーーンと覆ってるところが、
その意気やよし!!












b0005281_20585374.jpg
ミニ・ショベルの試乗体験コーナー!!

ヘルメットをきちんと着用してあるあたり
土木の合言葉「ご安全に!」を体現していて、
これまた興味深い

しかし、むちゃくちゃ並んでるな!



ほかにも土木関連の資料展示などもたくさん!
いったい誰ターゲット?




秋のさわやかな花たちを愛でながら、
ふいうちのように現れた土木フェスタに思わず度肝を抜かれた、
10月のひとときです















===============

b0005281_20592813.jpg
おまつりエリアの一角
重機がズラーーリで、もはや現場
 
 
 
 
 

 
[PR]

by dolmens | 2015-10-04 19:52 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)