<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

大東流、兵法二天一流 平成二七年九月稽古

 
b0005281_2165867.jpg

 
■演武

暑い夏も通りすぎて、だんだん稽古しやすい気候になってきました

兄弟弟子が学校の文化祭で演武をするということで、
七月~九月頭まで、演目の準備手伝いをしました

文化祭は、結果、予想以上の大盛況だったようで、
ずっと稽古に付き合ってきた自分としては嬉しい限りです


 ~ ~ ~

で、準備のお手伝いをしながら思ったこととして、
演武は、実際に動くことそれ自体もさることながら、
その構成構築に考えをめぐらす準備も、たいへんな勉強になると実感しました

兵法における戦術・戦略を練ることへ通ずるものがあります


自分も近い未来に、演武を自己プロデュースして臨みたい!と、
よい刺激を受けました

というわけで、今後の参考のために
以下、自分メモ


坐礼
・抜刀五本(横・斜・縦・切上・突)+居合一本(趺踞)
・兵法二天一流 抜刀術 三本(抜打先之先、横抜打袈裟切、右受流左押込)
・兵法二天一流 二刀合口 二本(切差打留、切差払斬)
・棒術(自在素振り)
・大東流 立合(一本捕、車倒、肩落)
 途中、小手返+逆腕捕+袖搦の連続技が入る
坐礼

時間 15-20分ほど






■合宿

毎年恒例、
初秋の宗像グローバルアリーナの合宿に参加しました

去年はカナダの兄弟道場から何名か見えての合同合宿でしたが、
今回は例年通り逍遥館のみの合宿です

日帰り稽古で、初日の夕方の部に参加

・棒術 楷書の稽古 
・合気柔術 一ヶ条
・合気柔術 三ヶ条


棒術楷書の稽古が特に身になりました
いかにねじれを無くすか、いかに蹴らずに動くか、いかに回らず動くか

精度を上げるための稽古です

一度ならず何度も通ってきた道なれど、
目下、稽古中(苦戦中)の三ヶ条をより磨き上げるためには、
とてつもなく大事な要素だと、あらためて感じ入りました

動き方は、型が教えてくれる
型より学べ
まさに、そういうことなんだなと、改めて知りました


 ~  ~  ~ 

それにしても、あっという間の稽古時間だったな

また来年もぜひ参加したいと思っております
グローバルアリーナは環境があいかわらず良いです


緑が多いので空気はうまいし、
自家製パン工房やバル、図書館まであるスポーツ施設とは

まったくもって凄い
ふつう、自家製のパン工房まであるものなのでしょーか?
(しかもンマイ)

 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-30 21:06 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

咲いたコスモスコスモス咲いた (リフレッシュパーク豊浦コスモスまつり)

 
◆2013年 10月中旬のある日◆

15:00


b0005281_2057587.jpg

下関市の、リフレッシュパーク豊浦に来ています










b0005281_20571913.jpg

目の前いっぱいに広がる、コスモス!
今日は、コスモスまつりが開催されているのです

とてもひろい敷地の中、
聞けば、花の数はなんと300万本もあるそう









b0005281_20572978.jpg

カラリ秋晴れの10月、
青空の下に咲く色とりどりのコスモスが、とてもきれいです

日差しは強いけど、
風は涼しくて、さわやか!











b0005281_20573827.jpg

園内、コスモス以外にもいろんな花が咲いてあります

しかも、ここのコスモス畑には毎年、
渡り鳥ならぬ「渡り蝶」、アサギマダラが数匹、
はるばる飛んでくるそうです


どれかな?








b0005281_20575172.jpg

おーーーちっちゃいけど、いた!
優雅に羽を閉じたり開いたりしているな


※一応言っておくが写ってるのは、よその子です









b0005281_2058044.jpg

こっちにもいた
なんつーか、落ち着きのある蝶だな

園内も、しずかで感じ良いです



じんわり汗ばむ陽気の中、
コスモスの優美な色と、ときおりやってくる秋の涼やかな風に吹かれて
安らいだ気持ちになった、10月のひとときです













===============

b0005281_20584346.jpg

 
 
 
 
 

 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-28 21:05 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

初秋の桜旅 (新幹線さくら/福山城)

 
◆2013年 9月下旬のある日◆


am9:30 博多駅 新幹線ホーム



b0005281_20315527.jpg

新幹線、さくら
JR九州の秘蔵っ子、ヘッドライナー的新幹線だ
で、果たしてイマハシは、こんなところで何してるのか?

自身、新幹線に対してよい感想を抱いておらず
長距離移動においてブルトレorフェリー愛好者であることは、
銀テツの中で何度も述べてまいりました


が、一応あれだ、一応だな、今回乗っておきます
なんだそりゃ?ってか ごもっとも
18きっぷファンであるイマハシでも、年に1回ぐらいは新幹線に乗ることだってあるのだよ
(今年は2回目だけど)

おもに、在来線で移動ってわけにいかない、やむを得ないケースなんかで


言いわけ終わり
とにかく乗り込んで、しゅぱつ!!
プシューーーーーー














b0005281_203297.jpg
カタタタン カタタタン

さすがは新型車両、シートが豪華ではある








b0005281_20324348.jpg
通路
使われてる木材も、いいものを選んではいる

(在来線が主戦場の18きっぷファンとしては、
 どうも素直に褒めることができない)










b0005281_20325414.jpg
社内探索でウロウロしてから席に戻ると、
出発から30分そこいらしか経ってないのに、外は小倉
早くね!?


工場の景色だ













b0005281_2033466.jpg
飛ぶようにして新幹線さくらは走り、
山口県の山あいを行きます
こりゃーあっという間に、目的地につくな、、、

カタタタン カタン――
















===============

b0005281_20331663.jpg
11:20 着きました、福山駅!
広島の東部

むかし、「寝台特急なはつき」で訪れて以来だな















b0005281_20332649.jpg
駅から道路一本はさんだ向かい側は、福山城です
でかいです












b0005281_20333966.jpg
せっかくなので、登城します













b0005281_20334828.jpg
敷地内をズイズイと進んでいくと、本丸へとうちゃく!

が、あいにくの休館?日
中には入れず、、、










b0005281_2034172.jpg
仕方がないので、本丸や福山の街を眺めながら、
お昼の弁当を食す

高台だからか、風がよく通ってすずしいな
ツクツクボウシの鳴く声も減ってきて、なんだか夏が終わるみたいな雰囲気だ

いや、もうとっくに秋なのかも












b0005281_20341357.jpg
お昼も食べ終わり、下城

城の周りには、バラの花が植えられています
福山は、じつはバラの町なのです














===============

17:00


b0005281_20344321.jpg
ふたたび、福山駅の新幹線ホーム
用事を終えて、今度は「のぞみ」に乗って帰ります

行きと同じカタチの新幹線 (少なくとも、そう見える)

こういうの、N700系?って言うらしいけど、
「さくら」と「のぞみ」って、どこがどう違うのか?
新幹線ってイマイチよくわからん


とにかく、乗り込んでしゅっぱつ!
プシューーー











b0005281_20345380.jpg
川の上を、コォオオオオーーーと走っていきます
あいかわらず速い













b0005281_2035614.jpg
カタタタン カタタン
18時をまわって、やあ夕焼け空になってきた

もうすっかり、秋の夕焼け空だな












b0005281_20351796.jpg










b0005281_2035287.jpg














 ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~ 









b0005281_20354177.jpg
18:40 博多駅とうちゃく!
おつかれさまでした

新幹線、さすがに速し
こないだ乗ったときにも思ったことだけど、新幹線やっぱりいくらなんでも速すぎるよな
なはつきのユックリとした時間の流れ方のほうが、個人的には良かったな

列車に乗っている時間を、旅の一部とみるか、やむなき移動手段とみるか、
大いなる違いがそこにはある


ワアワア言ってはいるけど、新型新幹線は乗りごこち自体は良いものではありました
新幹線もよし、在来線なおよし、と
相対的に、各停列車の良さをかみしめることはできた

景色もノンビリ見れるし、鉄路の音なんかも在来線のはじつに良いものだ



なんてことを言いつつ、初・さくら乗車を遂行できた喜びをひそかにかみしめてはいます



福山城の涼しき風、
そして「さくら」で秋の訪れを知ったという、いとおかしき9月のひとときです














(了)





===============

b0005281_20355744.jpg
福山駅ホームより

福山城は、ホームからでもよく見えます
肉薄してるねー
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-23 20:30 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

大分バースデイツアー (佐賀関/草間彌生展/ほか)

 
◆2013年 9月21日◆

この日は、イマハシの誕生日です
オメデトウ!
ありがとう!

せっかくの誕生日だったので
おでかけ行ってきましたヨ

それをいくつか、書こうと思いますよ







===============

早朝、博多をしゅっぱつ!
列車ではなく、今回は車





b0005281_20432964.jpg
am9:30 オハイヨございます

高速大分道の、山田SA
さいきん新しくなったそう

1000KWクラスのソーラーパネルがたくさん斜面に敷き詰められていまして、
これで施設の電力を、幾らかまかなっている、ということなんでしょう

ほかにも、風力発電や壁面緑化など、エコ取りくみが売り
キレイで、おもしろい


陽が高くて、9月下旬といえども暑いなー!












b0005281_20434137.jpg
由布PA
高原にあるパーキングエリア

お店なんかはなくて、コジンマリとした施設ですが、
由布岳が目の前にドーンとそびえたちます
青空もきれいだなー

そんなわけで、今回、バースデイ祝福・大分ツアーなのです
これからいろいろ廻るよ!













===============

13:00 別府~大分を通り過ぎて、佐賀関へ!


b0005281_20435357.jpg
「関の亭」にて、名物・関さば定食!!
おおーー、念願の、、、、

こないだは食べなかったからなあ
とにかくいただきます モグ


――う、うまい!!??
あえて肉厚に切ったサバの歯ごたえがしっかりしていて、
引き締まった味で、さすがは佐賀関の海の幸よ!!
うまうまモグモグ









 ~  ~  ~ 





移動








b0005281_2044382.jpg
14:00 おなじく佐賀関の「関崎海星館」
ここは、天文台です
すぐ後ろは、断崖ゼッペキの海

おじゃまします!











b0005281_20442087.jpg
天文台は、屋根がゴゴゴゴゴとひらく、本格的なものです
はじめてで、感激だな!

でっかい天体観測鏡で、太陽を観測
やや曇りで、どうかな?と思っていたが、一瞬だけ晴れ間が出た
そのスキに、太陽を観測!!

黒点がハッキリ見えた
いやーうれしいなー!
太陽や、ほかに火星を見せてもらう


昼間でも見えるのがすごいよなあ










b0005281_20443090.jpg
関崎海星館1階フロアの、おみやげコーナー

宇宙食を売ってるので、どれどれ、、、と見てみると、
「宇宙ようかん」とか菓子類が多いな

で、宇宙空間「ようかん」 が飛んでいる、、、、

















===============

佐賀関から移動して、大分市内へ



b0005281_20444450.jpg
16:30 大分市美術館

あっ! あの水玉模様は!!










b0005281_20445567.jpg
そう!
お察しのとおり、草間彌生

特別展 草間彌生「永遠の永遠の永遠」が開催されています
観ます!

















b0005281_20451266.jpg
観た
――これは、すごかった

最初のシルクスクリーン(版画の一種)のセクションは、
レプリカだったからか「ほうほう」ぐらいの感想だったんだけど、
次のセクション、原画がめいっぱい展示されてる部屋が、強烈だった

草間彌生の内面に渦巻いている<自殺願望>から<人間賛歌>にいたるまで、
ことごとく原色の絵の具を使って表しているんだけども、
何十枚もの原画に囲まれていたら、
とにかくこちらの内面に、入り込んでくる入り込んでくる

強烈過ぎて、フラリと来ました
あまりにエネルギーが強すぎて



 ~ ~ ~

ところで、水玉模様は、はたして何のメタファーなのでしょうか?
人も物も万物すべて素粒子から成る、という素粒子群か
宇宙のはじまり、インフレーション前夜の凝縮世界か
禅の円相にも通じる、完全なる調和か
  
それとも、
そんな意味なんて何もないよ、とせせら笑うがごときナンセンスアートなのか?

ううむ分からないが、
とにもかくにも、心を打たれるものがあった
 











===============

夕方~夜


別府 鉄輪温泉(かんなわおんせん)へ

おんせん
それ以上でもそれ以下でもなく、温泉だ

どころか、さすがは別府
よい湯でありました 温まった
山は富士 海は瀬戸内 湯は別府

特筆すべきこととして、めずらしい「箱風呂」てのがあった
一人用の、いわゆる蒸気風呂 むし風呂です

箱に入って、顔だけ出して蒸されているのを、外から見ると、
ガンタンクみたいな絵になるのがナントモ恥ずかしいやら誇らしいやら
だが、なかなか貴重な風呂ではある

よい体験だったな








b0005281_2045267.jpg



b0005281_20453462.jpg



b0005281_20454666.jpg



b0005281_20455516.jpg

温泉のすぐ隣には休憩所と食事所があります
とり天地獄蒸しをいただきます

「地獄蒸し!?ギャアアアアアア!!!!」ってな感じのを想像してたら、
温泉の蒸気で蒸した卵や野菜などが出てきた

これも、おいしかったヨ
なんとかのたまて箱、って温泉施設です







 ~  ~  ~ 





高速大分道 別府湾SA

暗くてよく見えなかったが、そうとう広いなここは!
散歩コースもあるようだし、オシャレツな食べ物屋さんも軒を連ねてるみたいだし
別府の夜景も一望できて、ここはこれで一大観光地のようです

夜なので人もあまりおらず、
空気も澄んでて、よいひとときを過ごせた








 ~  ~  ~ 



で、帰途へ

日帰りでたくさんまわりました
充実してたなあ
たのしかった


天文台はまた行きたいな
あれはほんとう、純粋な気持ちになれるからね
宇宙てのは、ただただ良いものだ
なんでも吸い込んでしまいそう
   

アイソン彗星を天文台から見てみたいな
















(了)








===============

b0005281_2046914.jpg

関崎海星館のうしろは、佐賀関の海が広がっています
 
 
  
  
  
  
  
  
  
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-16 05:40 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

9月の花嫁と花婿 (奈良/平城京跡/近鉄奈良線)

 
◆2013年 9月中旬のある日◆


am8:00、オハイヨございます


b0005281_20572146.jpg
イマハシはいま洋上
名門大洋フェリーの甲板にて、潮風を浴びているところです

九州から、はるばる関西へと向かっております
プカプカと船でな
ノンビーリ

盟友にして敬愛するギタリスト、のぶくんのケコーン式に招待され、
馳せ参じているところなのです
ケコーンとはめでたい! これは、行かねばなるまい!!
そんなわけで


そろそろ港へ着くころだ!











b0005281_20575272.jpg

上陸後、フェリーターミナル駅(ニュートラム・・・運転手がいないで走る列車) ~ 
住之江公園駅(大阪市営四つ橋線)と、
乗りかえ乗りかえでガシガシ移動!

am9:20 近鉄大阪難波駅へやってきました

これより、近鉄こと近畿日本鉄道に乗り込み、東へ!!
奈良へと向かいます









b0005281_210698.jpg
そうやって乗りこんだ「近鉄奈良線」の快速急行列車は、
カタタタン カタンと大阪~奈良の県境を走っていきます

難波から2~30分もすると、車窓の景色が
落ち着いたベッドタウンになってきました












b0005281_2103379.jpg
9:55 ここで下車

気が付いたら奈良だ!!
で、ここは、、、








b0005281_2105063.jpg
近鉄西大寺駅!!
と同時に、イマハシ初の奈良県下車です

そして、ここで、
ともに参列する盟友・山口土下座氏と合流

「元気か!」
「元気か!!」

九州と東京と距離はあれど、長年の付き合いゆえ
久しぶりという感覚はみじんもしない
(ちなみに土下座氏は夜行バスにて奈良に到着)


ケコーン式まで少し時間があるので、
いまから観光します











===============

西大寺駅から、歩くこと30分




b0005281_2115100.jpg
平城京跡!!

1300年前の、かつての都です
ひろいなー!

ふわふわとした霧雨と、草むらの上をわたる風がさやさやと心地よいです
緑のよい匂いもします








b0005281_211288.jpg
振り返ると、はるか向こうに見えるは朱雀門

――と、耳を澄ましながら、よく見てみると、、?
、、、カタタタン、カタン、、、

イマハシ 「、、、あれ、朱雀門の手前を列車が走ってないか?

土下座  「うむ、、、ほんとうだ、、、、、、、」

イマハシ 「、、、!、、」

土下座  「なにか、深い事情が、、、、あるのだろうな、、、、」


世界遺産なのに、、、
敷地内に線路が引かれている、、、














b0005281_2114598.jpg

しかし、凹んでばかりもいられない

大極殿
気を取りなおして、見学します









b0005281_212060.jpg
内部

素朴な色あいの朱ぬりと、独特な造りが印象的です













b0005281_2121387.jpg
大極殿からの眺め

見晴らしがよいなー
空気もよい

それにしても、つくづく広い!
1300年もの昔に、ここで号令やまつりごとなど行われていたと考えると、
なんとも感慨深くなってきます


さて
名残りおしいが、そろそろ時間
11:00 バスに乗って平城京を後にします













===============

13:00前 ケコーン式会場にとうちゃく
間にあって良かった





b0005281_2122636.jpg
奈良ホテル

ここ、めちゃくちゃすごいな!
どっしりとした造りで、由緒正しき雰囲気がドガーーンと迫ってくるぞ

あいにくどしゃ降りになってはきたが、
雨にぬれた木の風合いや質感も、風情があってまた一興






 ~ ~ ~ ~ ~ 




さて、式はじまりました!






b0005281_2124111.jpg






b0005281_2125344.jpg






b0005281_213589.jpg






b0005281_21202650.jpg

新郎、テンション高いな!!

終始なごやかで、心温まる式でありました
二次会・三次会も楽しかったな

のぶくんのキレのあるギターも久しぶりに聴けたし、
なつかしい面々にも会えたこともうれしい


とにかく、おめでとう!













===============

<翌日>

昨日の興奮さめやらぬが、夜は明けました





b0005281_2133813.jpg
近鉄奈良駅


あっという間に時間は過ぎる
みじかい奈良滞在だったけども、これより帰途につきます












b0005281_2135247.jpg
近鉄奈良線の快速電車!
am9:30 乗り込んで、しゅっぱつ! さらば奈良、またいつか!
プシューーー ガタン












b0005281_214833.jpg
カタタタン カタン
――!! 

あれは昨日いぶかしがった、平城京の朱雀門じゃないか!!

歴史ある世界遺産の敷地内を列車で走ってるというのは、
いくら列車好きでもやっぱり違和感があるぞ
大体、モラル的観点から許されることなのかこれは?

なんとかならんか、、、








 ~  ~  ~  ~  ~ 






b0005281_2142293.jpg
40分ほどで、大阪難波駅とうちゃく!!
そして同時に、近鉄奈良線、完乗!!

完乗難易度はさほど高くないかもしれないけど、
これはこれで、うれしいものです











b0005281_2143318.jpg
通路をあるいて、大阪市営御堂筋線のりば

なんば駅ホームから、列車に乗り込んで新大阪へと向かいます
10:40 プシューーーーガタタン
















b0005281_2144596.jpg
新大阪駅ホーム
今回は新幹線で、一気に帰ります

ちなみに一応ことわっておくが、これ、こだまです
つまり、各駅停車しながら帰ることになります

それでも、18きっぷで関西から九州へ走るよりかは早いぞ!
11:30 乗り込んで、しゅっぱつ!!
プシューーーーー、、、


















b0005281_2145949.jpg
カタタタン カタタタン

こだまとは言え、さすがは新幹線
飛ぶように景色が過ぎ去っていきます











b0005281_2151329.jpg
川の上を、ゴォォオオオオーーーと走ります

そういえば台風が直撃してて、東方面の移動手段は軒並みストップらしい、、、
こちらは青空だけど、ケコーン式帰りの関東組は大丈夫だろうか?












b0005281_2152965.jpg
初秋の青空と、田んぼの風景がきれいだな

カタタタン カタタタン












b0005281_2154278.jpg
それにしても、こだま、スピード遅いな
(さっきは早いと言ってたけど)

今ようやく東広島
時刻は14:20 つまり、乗り込んでから3時間ちかく経過したということです











b0005281_2163216.jpg
15:30 ぐむう、山口県を通過中、、、
ねむたくなってきた

18きっぷのノンビリ列車とちがって、
新幹線は車窓の景色が目まぐるしく移り変わるから、落ち着かなくて楽しさ半減
だいたい山陽新幹線って、トンネル多いし

カタタタン カタン













 ~ ~ ~ ~ ~ 













b0005281_2164220.jpg
16:00 小倉駅とうちゃく!!
おつかれさまでした

新幹線とはいえ、4時間半も乗りっぱなしは応えたな
とちゅうまでは、新鮮で楽しかったけど (あんまり新幹線に乗らん派なので)

ぶじに九州に帰ってこれたのは良かった




――まあでも、
思えば、すてきな初秋のリトルジャーニーだったな

初の奈良は、かつての都・平城京にも訪れることができたし、
盟友の幸せなケコーン式にも馳せ参じることができて、
実りおおき行程でした

「奈良は、京都とちがって商売下手」と
新郎が言っていたが――平城京の入場料なんか取ったりしない――、
言い方を変えれば、素朴で素敵なところだと、イマハシはそう思いました
空気がほのぼのとしてた

古都の雰囲気も色濃く残っているんだけど、京都とも違う風情なんだよね
「まほろば」って言葉は、京都ではなく、奈良にこそ似合う
(もっとも京都は京都で、ちがった雰囲気で素敵だけど)


奈良、また来るよ!!












(了)







===============

b0005281_2165844.jpg

※ 平城京

 近鉄列車内より
 うむう、、、、
 
 
 
 
 

 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-10 20:26 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年八月稽古

 
b0005281_2044130.jpg

■二天一流

<二刀の切り上げ>

呼吸法の中にも、型の随所にも、
よく出てくる動きです

どのような動きなのかをザックリ説明すると、
 「下方から真上に向かって刀を振り上げるように、
  刃を上にして切り上げて、下ろす刀で真っ向切りをする」
というものです

実際の型では、切り上げ~切り付けをしながら
相手を追っていきます


 ~ ~ ~ 

それで、この「切り上げ」
毎回、「手」だけで刀を振り回してるような感覚がどうにも抜けなくて
悩んでおりました
手だけで刀を扱うと、斬撃力が落ちる上に、
かならず動きが遅れるので

で、指導していただきました
指導内容と、試行錯誤して考えた解決方法としては、

・一番基本の素振り(一刀の、輪の太刀の素振り)と同じようにして切り上げる
・胸をつかう





■柔術(三ヶ条)

<居捕、立合>
 「外小手(そとごて)」

剣術の話の続きにもなりますが、
「胸の使いよう」について

胸を折る、胸をつかう、
これはもはや剣術・柔術における、必須科目のようなものです

何年か稽古してきた中で、
ある程度できるようになったと自負していましたが、
まだ不十分――良く言えば「まだ伸びしろがある」――でありました


「外小手」の掛け方
 ・相手の胸捕り手を、(自分の胸を立てながら)ヌタっと掴んだ後、胸を折る

これで、いまひとつ後半うまくいかないのは、
胸のつかいようが利いていないからだと理解しました

特効薬は、剣術で胸の折り方をよくよく意識しながら稽古することだと、
目標を定めました

三ヶ条を稽古していくにあたって、動きの精密性は、
これからの剣術の稽古いかんでずいぶん変わってくるのだと考えています


そろそろだんだんと涼しくなって、稽古しやすい季節がやってきます
なにしろ8月は暑かった
窓を閉め切った武道場で、道着に袴、大音声の稽古
よくぞ乗り切ったと我ながら思います
そういえば稽古中、1回妖精を見た記憶があるな

あれは変な汗がダラダラ流れて、朦朧としているときだった
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-07 20:17 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

船のなるほど展 (北九州イノベーションギャラリー)

 
◆2013年 9月中旬のある日◆


八幡の北九州イノベーションギャラリー(KIGS)に来ています




b0005281_1537589.jpg
特別企画、「船のなるほど展」

七つの海をかけるロマン、それが船!
さっそく、行ってみよう!










b0005281_15383724.jpg




b0005281_15384696.jpg
現在活躍中の船から太古の船、次世代船まで、
いろいろな船の模型や資料などを展示しています

航海計器の実物展示もたくさん!









b0005281_1539071.jpg
NYKスーパーエコシップ2030!

小型模型ですが、これはよく出来てる
太陽光パネルと風力推進翼を装備し、動力に自然エネルギーを取り入れてるスグレモノ
デザインもよいな

なんとなく、アノマロカリス(カンブリア紀の古代生物※)をほうふつとさせるデザインで、
カッコいいぞ!






 ※これ ↓↓↓
b0005281_15392070.jpg












===============

b0005281_15394947.jpg
操船シミュレータのコーナー

これやりたい!









b0005281_1540149.jpg
操舵パネル!

これは燃えるね!
やってみよう









b0005281_15411128.jpg
さあ、しゅっぱつだ!汽笛を鳴らせ!
ボーーーー


説明→
これは、関門海峡を貨物船で航行しよう!というシミュレータ

制限時間内にほかの船と衝突することなく航行し、
関門大橋の下にあるゴールを目指そう!というものです

ちなみに関門海峡、
海流がとてつもなく速いうえ、流れの変化があり(壇ノ浦の合戦でもおなじみ)、
行きかう船の交通量が多いという、難所
武者ぶるいするな!









b0005281_15412328.jpg
おれーーーとーーアーーニキーのーよーーーー と、
ichiro toba『兄弟船』を口ずさみながら、スイスイ操船

、、、と思いきや、これは操縦がむずかしい!!
舵を切ってからその方向に転首するまで、
おもったより相当な時間がかかる


なので、最初はおそるおそる航行

そのうちに慣れてきた
このままいけば、順調にゴールにたどり付けそうだ!

て、楽勝に思っていたら――










b0005281_15415274.jpg
!? なんだオマエは!? 急に割りこんで来やがって!!

とつぜん、大型船がものすごいスピードで目の前に飛び出してきた!!
近くね!!?


急旋回で舵をめいっぱい切り、すんでのところでかわす!!
ふーーー危機一髪


そんなこんなでゴール
なかなかの臨場感だったな!











===============

b0005281_15422247.jpg
潜水調査船 、しんかい6500 コーナー

その名が示すとおり、深海6500mもの深さまで潜ることができる、
スーパー潜水艇です









b0005281_15423641.jpg
しんかい6500の模型

それにしても、6500mとはすごいな!
こう見えて、船体強度は相当のものなんだろう

深海6500mとは、どんな世界なのか?











b0005281_15424514.jpg
となりに置いてあったのは、
水圧で、物体は、果たしてどれほど影響を受けるのか説明した資料

つーか、これって、、、








b0005281_1543367.jpg
なぜにブタメン?

水圧の力で、どんどん縮んでいく様子は分かりやすいが、、、










b0005281_15431386.jpg
数千メートルをこえると、嗚呼! ブタメンがペチャンコだーーー!?



見てて思ったんだけど、
海底でブタメン発見したら怖いよね
(どうでもいいことだけど)








 ~ ~ ~


そんなわけで、
出口にて、さよなら船長さーーん







b0005281_15432424.jpg
タメ語かよ!!

ダチかアンタは!?

「船ってすげえだろ!!」
ええはい、たしかにすごい
ブタメンとか特に


いやーーーたんのうした
まあ実際、内容の濃い企画でした
とりわけ、スーパーエコシップの資料はほんとに良かったな
ああいうの見てると面白いし、夢が広がるよね


先日のロボット展といい、KIGSの企画展は興味をそそられるな
よく練られてるし

また来よう!




あと、ブタメン無性に食べたくなったな
ウム









===============

b0005281_15434149.jpg

 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-09-02 19:34 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)