<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

2013 夏の話3題 (マリンワールド・平尾台・海響館)

 
◆2013年 7月中旬のある日◆


b0005281_2113165.jpg
マリンワールド 海の中道(福岡市)に来ています

その名も、特別企画「夜の水族館」
イルカさんプールのうしろには、真夏の夜の博多湾が広がっています










b0005281_2113376.jpg
館内は、あえて暗くされています

くらい水槽のなかに、ぼんやりと浮かび上がるクラゲの群れ
音もなくゆらゆらと漂うさまは、幻想的でうつくしいです









b0005281_21135284.jpg
さて、階下中央の大水槽の前では、
真夏の夜のコンサートが催されています

メロウなピアノに併せた歌、なかなか雰囲気よいです

背後におよぐ小魚の群れは、ひかりを浴びてキラキラしています


キラキラしてはいますが――
ときどき、群れが不自然に急旋回するのはなぜだ










b0005281_21141298.jpg
どうも、サメが同居しているらしく、、、

サメが突っ込んでいって小魚の群れがひるがえるたんびに、
ギャラリーの間から「ザワッ」とどよめきが上がる

しかも、よくよく観察してみると(もう演奏を聴くどころではない)、
小魚、サメが突っ込むたびに減ってるな


「ざわざわ、、、」
それでも演奏はノンストップ、、、














===============

◆7月下旬のある日◆


ふたたび北九州



b0005281_21142776.jpg
平尾台自然観察センターに来ています










b0005281_21143870.jpg
日本三大カルストのひとつ、平尾台

カルストと言えば「秋吉台」が有名ですが、
平尾台もそれに劣らずよいものです
自然がいっぱいで、鳥や小動物がいっぱい住んでるそうなのです


館内では、平尾台に住む動物たち(野ウサギやリス☆など)の紹介や、
ジオラマの展示などがされています












b0005281_21152475.jpg
――で、今度は本物の平尾台の高台にのぼっています
カルスト!

季節はすっかり夏、
でも平尾台には風が爽やかに吹いて、けっこう涼しいです










b0005281_21153776.jpg
それにしても、ここ平尾台
三大カルスト台地にも関わらず、野菜つくってるな


高原野菜とまではいかないかもしれないが、
山をわたる風をいっぱいに浴びて、さわやかな野菜が育ちそうだ











===============

◆8月上旬のある日◆


下関の、海響館にきています
またまた水族館

水族館っていいよね







b0005281_21155384.jpg





b0005281_21161715.jpg





b0005281_2116583.jpg

まるでトランスしてしまいそうな、
小魚の群れが舞う景色

しばし、ときが経つのを忘れてしまいます



さて

海響館といえば「ふぐ!」の印象がつよいですが(実際いっぱいいる)、
じつは、もっとすごいのがあります











b0005281_21163513.jpg
ペンギンさーーーん!!!

超特大の水槽!
その名も、ペンギン村(ちがう)


水槽の下のほうにむかって通路が続いていて、そちらからは、
「よちよち歩きのイメージ」しかないペンギンさんが、
ダイナミックに泳いでる姿が見れます

びっくりしたのですが、水の中を泳ぐ速度が、
どいつもこいつも異常に速い
まるで、空を縦横無尽に滑空するツバメのように!
とにかくハイスピード

そうか、ペンギンさんて鳥の仲間だものな、ということを改めて思い知らされる
いやすごいものだ












b0005281_21164764.jpg
しかし、気になったんだが、、、

このペンギンさんは、なんでずっとうつぶせで寝てるんだ?
眠いのか、やる気がないのか、泳げないのか、、、






7月、そして8月

涼を求め、山と海(水族館だけど)を存分に満喫した、
真夏のひとときであります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-31 23:10 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

初夏の北九州 2(小倉北区・太陽の橋)

 
◆2013年 6月下旬のある日◆


北九州市の中枢、小倉北区にきています




b0005281_19591694.jpg

その街なかを流れる紫川に沿って、遊歩道をテクテク歩いています
じんわりと暑いなかにあって、川のせせらぐ音が心地よいです

目の前には、太陽の橋が見えます

紫川には、この「太陽の橋」を含めて、
江戸時代風の「木の橋」や、ハープをかたどった「音の橋」など、
10ものオシャレツな橋が架かっています


話が逸れた
太陽の橋、わたってみよう!!













b0005281_19592979.jpg
床面には、太陽が燃えるさまをあしらった模様がダイナミックに描かれています


――というか、
なんだオマエラは!!?










b0005281_19594146.jpg
マカロニか? マカロニさんなのか?

太陽の橋だから、「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事と掛けてる悪ノリなのか!?
ウワア










b0005281_19595453.jpg
遠くから見ても、マカロニ軍団の意味が全然わからない


いったいなんなのか、、、









照りつける陽の光がだんだんと強くなって
軽くぼやけてくる頭の中に、さらなる謎を詰めこんでくれた太陽の橋


なんとなくそわそわしている街の喧騒と、紫川のせせらぎに、
夏のもうそこまで近づいていることを知る、6月のひとときです














===============

b0005281_2001679.jpg
道ゆく地元の方々は、マカロニはまったくもって気にしていないご様子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-30 05:26 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)  

初夏の北九州 1(白島国家石油備蓄基地・白島展示館)

 
◆2013年 6月下旬のある日◆


北九州市内の北部、若松区のさらに北限に位置する響灘地区

先日もお話ししたとおり、エネルギー関連施設が一堂に会するエリアです








b0005281_19235482.jpg
そんな中、やってきたのは、白島展示館(しらしまてんじかん)

これから、見学します!
おじゃまします










b0005281_1924121.jpg
360°回遊ができる館内からは、
響灘の雄大な眺めが見わたせます

で、ここいったい、何の施設なのかというと、、、
おお! 遠くに見えるのは――!











b0005281_19243323.jpg
白島国家石油備蓄基地!!

かすんでボヤけているが、確かにあれだ! まちがいない!











b0005281_1924472.jpg
映像ホールにて、白島備蓄基地のようすを紹介いただく

で、これは一体なにか?と言うと、
「560万キロリットルの原油を保管するための洋上備蓄基地」なのです
この量は、国内石油消費量のじつに9日分に相当します


いやもう、こんなレアな施設があるなんて、
まったくもって知りませんでした












b0005281_19254312.jpg
展示室の、ジオラマ
白島国家石油備蓄基地の縮小モデルです

タンカーがこうやって備蓄基地に接岸して、原油を供給するわけです


ちなみにジオラマは、
ボタンを押すと、動いたり光ったり音が出たりします









b0005281_19255967.jpg
一隻あたり70万キロリットルもの原油備蓄能力を有する、
「貯蔵船」とよばれる船が、8隻ほど島の泊地内に係留されています

その周りを、防油堤とよばれるバリヤーに囲まれて、
波から守られているわけです










b0005281_19261318.jpg
ほか、展示室には、
火災対策や環境保全のとりくみ、石油に関するアレコレなどが分かるよう、
いろんな資料・展示物があふれています

とりあえず割愛


、、、それにしても館内、人っ気がないことよ










 ~ ~ ~ ~ ~ ~






外に出てみると、、、






b0005281_19262652.jpg





b0005281_19263828.jpg





b0005281_1926499.jpg
展示館ヨコの敷地にあったのは、
先ほども触れた、原寸大の防油堤 (貯蔵船を荒波から守るための)
貯蔵船体の、二重殻構造のカットモデル (ブ厚い、、、そしてド渋い)
さらには、消波ブロックがデーーンと置かれています










b0005281_1927369.jpg
消波ブロックなんかはテトラポットの化け物みたいにでかくて、
こうやって見てると、茂みから登場した巨大生命体にも見えるぞ

防油堤の原寸大カットは、太陽反射の加減で光りかがやくモノリスのようです

そんじょそこらの現代造形美術に勝るとも劣らない存在感を放っているぞ!








ここ、いささか建物は古いし全体的にはカタい施設だけど、
なにより情報量おおくてオモシロイです◎


「国家石油備蓄基地」という、
この上なくイブシ銀な施設を内包する若松区・北九州のポテンシャルに感銘を受けながら、
響灘からやってくる潮風に、夏の到来が近いことを知る
6月のひとときです














===============

b0005281_19302499.jpg
館内2階のホール通路からは、響灘地区のシンボル、
風力発電の風車も見わたせます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-28 05:22 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)  

初夏の三瀬をゆく (佐賀)

 
◆2013年 6月下旬のある日◆


b0005281_2028118.jpg

てるてるぼうずーーてるぼうずーーー





 



b0005281_20282223.jpg
というわけで(どういうわけだか)
梅雨の小雨ふる合間をぬって、佐賀県は三瀬(みつせ)にやってきました
福岡からずずずいっと南下、三瀬峠を越えたらすぐの場所

で、お蕎麦屋「木漏れ陽」
おじゃましますーーガラガラ
いやもう腹ペコで、、、



 ~  ~ ~


「どうぞー」
おーー きました!





b0005281_20284725.jpg




b0005281_2030340.jpg




b0005281_20303974.jpg




b0005281_2030526.jpg

三瀬名物、手打ち蕎麦、さすがにうまい!!
透明感のあるしなやかで強い麺!
それでいて、素直な味! んまいんまいズズズズ

ほかに、
蕎麦ジュース(じゃりじゃりしてオイチイ)
蕎麦の芽サラダ(カイワレほど辛みがなく、食べやすい)
蕎麦粉ガレットなんかは斬新で、上品な味わいでこれまたンマイ

いやあー蕎麦は大好物なので、
とても満足しました








 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 






お腹いっぱいになったところで、移動











b0005281_2031985.jpg
21世紀県民の森に来ました

ダム湖のまわりを囲うようにして、バーベキューサイトやアスレチック、展望台などが集まる
総合公園です

それにしても、湖がひろいなーー!
山の空気がさわやかで、おいしい















b0005281_20312657.jpg
自転車を借りて、サイクリング

やや晴れ間が出てきて、すこし汗ばむほどになってきました










b0005281_20313723.jpg
スーーーっと、初夏の緑の道を、
自転車で駆け抜けていきます

空気はおいしいし、風がきもちいいな



たっぷり山の空気を堪能したところで、
ふたたび移動します









 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 









b0005281_20315194.jpg
三瀬ルベール牧場 どんぐり村

こちらは、
うさぎやモルモットがすんでる、小動物館










b0005281_2032661.jpg
ここの牧場も、これまた広いです
しずかで、素朴なふんいき


――と、遠くのほうに何かが見えるが、
あれは?











b0005281_20323515.jpg

おお! 牛さんの群れ!?
いっぱいだ!?いっぱいいるぞーー!?

ううむ、なんたる素朴さ





梅雨とはいえ、初夏のみずみずしい山の空気を体いっぱいに浴びて、
三瀬の素朴な雰囲気を大いに味わった、六月のひとときです
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-25 19:09 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

春の北九州 3(門司区・風師山)

 
◆2013年 5月下旬のある日◆

 
北九州と本州とをむすぶ要害の地、門司区

関門海峡を望む門司港に鎮座まします、
その名も風師山(かざしやま)のふもとに来ています
春と言えど、5月も下旬になるとさすがに日差しが強い!


と、おお!!?









b0005281_18392513.jpg
砂防堰堤(えんてい)が!!?

とつぜんだな
駐車場のわきに、ぽつんとあった

それにしてもだ
フォルムといいデザインといい、これは見事!
規模は小さいものの、これぞまさに砂防ダム!と、存在感をこれでもかと醸し出しています










b0005281_18393559.jpg
上流側から

いやじつにキレイなものだ

とおくには、うっすらと関門海峡が見えます
(黄砂とかPMとかの類いのおかげで見づらい)



さて、風師山にのぼってみよう!!










 ~ ~ ~ ~ ~ 








b0005281_18394710.jpg
木々が生い茂るゆるやかなアップダウンの道を
徒歩30分ほど歩いて、山頂にとうちゃく!!
364.3メートル!

空と海とが青くって、気持ちよいなー!
風がほどよく涼しい!











b0005281_18395749.jpg
関門海峡が眼下にひろがります

おおきな船がゆっくりと行き交っています
風がそよそよとして、とてもしずかだ











b0005281_1840975.jpg
山頂の一段たかい岩場のうえにある石碑

「山よ 友よ」


まさにそうさ!
山があって、友がいる
気分はじつにサイコウってわけか、わかるぜ!









5月のさわやかな風がさやさやと頬をなで、
おおきな周防灘と響灘の両海と空とを眺めつつ
ゆっくりとした時の流れを感じた、5月のひとときです









===============

b0005281_18402268.jpg
風師山から別の山へと、縦走もできそうです
 

 
 
 
  
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-23 13:38 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)  

春の北九州 2(若松・響灘地区)

 
◆2013年 4月下旬のある日◆

 
「おれたちは、環境未来都市だ!」
と高らかに謳う、北九州市

市内の北部に所在する若松区
その中で、とりわけエネルギー施設が一堂に会する地区である、
響灘(ひびきなだ)沿いの「次世代エネルギーパーク」エリアに来ています


日差しは、春のそれをようやく感じさせるものになってきました









b0005281_2034183.jpg
北九州市エコタウンセンター

見学ができるようなので、さっそくおじゃまします










b0005281_20351015.jpg




b0005281_20345814.jpg




b0005281_20352875.jpg




b0005281_20353931.jpg

自然エネルギーの(かなり詳しく分かりやすい)解説や、
資源循環・自然共生などに取り組んでる企業の活動紹介など、
いろんな展示資料があふれています











b0005281_20355751.jpg




b0005281_2036143.jpg
じっくり見たうえでの感想としては、
北九州市、、、やつらは本気だ

とにかく資料が詳しすぎるほど詳しくて、
熱意がじわじわ伝わってくるようです












b0005281_2037243.jpg
屋外に出てみると、花壇のへりに小道がつづいています

春の陽気をかんじながらひとやすみ、、、といきたいところだが、
この地区は響灘が間近に横たわるだけあって、がとてつもなく強い!

ビューーービューー音を立てて吹いています








 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~




移動












b0005281_20373533.jpg
響灘地区のシンボルになっている、風力発電エリア

10基もの風車が、グオングオンうなりながらグルグル回っています
迫力だな!!

もっとも、風向きの関係で、まったく回ってないやつも中にはいます


それにしても、でかい!!









b0005281_203753100.jpg
はるか見上げるほどの大きな風車が、
なめらかにグオングオン回ってるのを間近に見ていると、
ちょっとした恐怖を覚えます

真下にいると、正直、気分もちょっと悪くなった

仕方がない







――効率がそれほど高くないとか、
電力の安定供給用途には不向きだとか、
低周波や騒音を生み出す原因になるとか、
とにかくいろんなこと言われがちな風力発電

しかし、やりようによっては良いものだと現段階で考えています

ランニングコストに優れてるし、
設置場所しだいでは大きな発電量を生み出しうる
なんせここの10基分だけでの発電電力は、なんと15000kW
(※ただし理論最大値)




なにより、
「おれたちは環境未来都市だ、ゆえにやる」
との気概を――決してパフォーマンスではない――つよく感じた
なにより大切なのは、意志だ

風力発電設備やバイオマス発電所、コジェネ研究施設など、
最先端の自然エネルギー関連施設が立ち並んでいながらも、
すこし西に離れた若松北海岸は、国定公園になってるほどの景勝地

けして彼らがビッグマウスではないことを、かように物語っている



風車には驚いたものの、
つよく吹く風に、「いまはなんと言われようと、必ずやるぞ」と北九州の強き意志を感じ取れた、
春のひとときです








===============

b0005281_20381811.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-20 20:31 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)  

春の北九州 1(八幡・東田地区)

 
◆2013年 4月上旬のある日◆

 
ものづくりの街、北九州市

市内、八幡東区にある文教・文化地区、
「東田」エリアに来ています





b0005281_20274754.jpg
北九州市環境ミュージアム

「世界の環境首都を目指す」
と野望を掲げる北九州市による、環境学習施設です

建物の中へ、おじゃまします◎









b0005281_20283595.jpg
およそ100年前の「八幡製鐵所」の時代から、
石炭とともに産業近代化の歩みを始めた北九州

めざましい発展の裏にあったのは、深刻な公害問題でありました
それを象徴するのが、海水が超赤い、往時の洞海湾のパネル

そんな公害問題をいかに解決し、
「ものづくりのまち」・「環境モデルタウン」へと変貌を遂げたのか
その様子を、たくさんの展示物と年表パネルで知ることができるようになっています







b0005281_20285072.jpg
各種、化け学グッズ

その気になれば、公害問題に対する高度な知識を得ることもできます










b0005281_202939.jpg
しかし、「むずかしいのはヤだ」というアナタには、
あそびながら学べる、こちらのゾーンがオススメ

別に、イマハシは当館のまわしものではない









===============

移動




b0005281_20292580.jpg
館外には、芝生が広がります

その向こうに見えるのは、
八幡製鐵所跡と、北九州イノベーションギャラリー(KIGS)
いまから行きます


ふと、あたりを見渡すと――








b0005281_20293530.jpg

「地球46億年の旅を体感できる」という、地球の道
芝生のまわりを迂回するように、道ができています

おもしろそうなので、こっから行ってみよう!











b0005281_20294675.jpg
海が蒸発しきったと言ってる石版










b0005281_20295760.jpg
でっかい隕石がぶつかったと言ってる石版










b0005281_2030923.jpg
いちおう言っておくが、
基本、あるのは石と道と石版だけ

そのため、想像力というものが大事になってくるわけです
ひとりごと上等!ってやつだ!

「ウワーーー!? ジュワワワーー!!!」(海洋蒸発)

「ウヘーー!!? ドゴーーーン!!」(隕石衝突で吹っ飛ぶ)


一人アクションも伴えば、カンペキ










b0005281_2030345.jpg
それにしても、
だいぶ歩いてきたのに、まだ現代にたどりつかん

やっと脊椎動物が誕生
でもまた、プランクトンみたいな形したやつ








b0005281_2031151.jpg
やっと2億年前!
恐竜だガオオーーパオーーーンだ

まだ人類でてこないの








b0005281_20311439.jpg
そうとう歩いて、やっと終点、
サルからヒトになった
歩きつかれた

進化もタイヘンだってことか










===============

そんなこんなで、
北九州イノベーションギャラリー
通称、KIGSにとうちゃく



b0005281_20312674.jpg
近代産業史における色んな出来事・発見・発明を、壁や床面にちりばめたゾーン

館内をいろいろ廻って見ていると、、、

「イラシャイマセー」










b0005281_2031423.jpg
おーー呼んでいたのはロボットさん
「コニチハ」
どうも

会話ができるロボット、wakamaruくん

ここでは、企画展「ヒトと共にあるロボット展」なるイベントを催しているもよう
行ってみよう!








b0005281_20395765.jpg
暗渠や災害地などでの探索・調査用ロボ、moogle(モーグル)
おおーいきなり本格派!

これは、ビデオカメラ装備の遠隔操作ロボットで、
モニターで動画を見ながら走行ができるというもの

段差や勾配があったりしても、
「なんだ坂こんな坂」といいながら(※実際は言わない)走行します

パワフル&精密動作が、すごいぞ!









b0005281_20401451.jpg
パワーアシストロボット
その名も、「マッスルスーツ」

もちろん、着てみる


――これは、たしかにすごい!
重量物も、軽々もちあげれた

惜しむらくは、着用してると、なぜだかどうにも落ち着かない
絵面のもんだいか??









b0005281_20402886.jpg
配線むきだしの、二足歩行恐竜ロボ

係員のおねいさん曰く、
「やーーこのあたりのサーボ機構が萌えますよねーー」

ううむ、
さすがは、ものづくりの街・北九州!
その意気や、よし!!


なんてことを言いつつ、、、








 ~ ~ ~ ~ ~ ~





移動






b0005281_20404327.jpg
イノベーションギャラリーのすぐちかく、
道路を挟んだ向かいにあるのは、東田第一高炉跡

今はなき官営八幡製鐵所の、夢の跡だ









b0005281_20405719.jpg
中に入っていって、見学もできます
でかいなー

かつてここで、真っ赤な鉄の炎がゴウゴウと燃え盛っていたことを考えると、
なんとも感慨深いものがあります

いまは周りに芝生の公園なんかあって、じつに静かなものだけど





はるか古代の道を経て、
その先にいたのは、近未来(またはレトロフューチャー)を感じさせるロボットたち

さらには近代産業遺産に思いをはせた、
春といえどもまだ肌寒い、4月の八幡のひとときです










===============

b0005281_2041875.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-17 21:07 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)  

大東流、小野派一刀流(惣角伝) 平成二七年七月稽古

 
b0005281_20391469.jpg



■柔術

<三ヶ条>

・居捕
 「拳返」(こぶしがえし)

今まで全くできなかったのですが、
知らないうちに(ささやかながら)技が掛かりだしてきた

これはうれしい

力むと掛からない、のは問題外として、
直線で押したり、かといって回ったりするとまったく掛からないことが、
実感として少し分かった

三ヶ条の「巻き込み崩し」たるや、おそろしい、、、
「拳返」かけられたときのアノ痛さは、なんともたとえようがないです
ウアーーというヤーな感じ、とでもいうのか、、、
これじゃわかんないな、、



■小野派一刀流

数年前、まだ小童神社の中で剣術の稽古してたころ、
一刀流はずいぶん熱心に稽古していました

いやそれはもう、何度も夢に見て、うなされて夜中起きあがるぐらいに、、、
(実話です)

ひさしぶりに一刀流の稽古をつけていただきましたが、
ううむ、、だいぶ忘れてしまっている、、

その後、何度か動きを探っているうちに、
なんとか最初の3~4本はまず思い出すことができました

で、一刀流の刀さばきといえば、
 「一ツ勝」
 「下段の付け」
そうだそうだ

このあたり、大東流の三ヶ条をすすめていくうちで、
楷書→行書の稽古になったあたりで活きてきそうな気がすごくしています


ともかく、
苦労して覚えた技は、身体の奥底がおぼろげながらも
覚えてるものなんだなあ
せっかくなので、さび付かぬよう、しっかり思い出してみよう


、、、払捨刀どんなんだったっけ、、、?
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-04 20:44 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)