<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

大東流、兵法二天一流 平成二六年一一月第四週稽古

 
b0005281_195421.jpg

■兵法二天一流

前半は、普段どおりの基礎稽古
 棒術 → 剣術(木刀すぶり → 移動稽古 → 木刀での組打ち)

稽古後半が、二天一流になります
 抜刀術(いあい)→ 一刀および二刀の型(調息法 → 構え・基本技の確認 → 組打ち)


古流の武術は、型稽古が中心になります

「型」とは、いったい何か?
平成二六年一一月現在での自分の認識では、
「型」は、単なる実戦の雛形ではなく、一番は「動き方を整える」ためのものであると、
そう理解しています


くわえて最近では、型稽古には「間」(ま)のとり方を学ぶ目的もある、
ということも分かりました

「間」とは、
・いわゆる間合い・・・相手との距離(斬られない距離、近場で斬るための入り身)
・タイミング

空間概念と時間概念の二つがあります
そして、この「間」を意識して型稽古にのぞむと、とても疲れます
なぜなら、集中力をむちゃくちゃ使うため

しかし、とても重要なことだと考えています



■大東流 

少年部の時間の、途中から参加

カナダの姉妹道場で、若者のガン患者を励ますチャリティーイベントが来週に行われます
これは10万回剣の素振りをし、ガンを断ち切るという趣旨のもので、
こちらの道場でも協力をするため、全員で何回か素振りを行いました

もちろん、刀は振ればいいというものではなくて、適当に振ったら下手になるのは明白なので、
ちゃんと稽古になる素振りで刀を振ります

丁寧に丁寧にと、楷書の素振りをしたら、楷書が過ぎて、
あとで映像視たら、からくり人形みたいな動きになってた
これには気を付けよう



 ~ ~ ~ ~ ~

柔術は、大東流の三ヶ条・後捕を全5本、あたらしく伝授いただく
抜き足の重要性を知る
足をフッと抜いて、転身する動き

踏ん張ると、逆に動けない
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-11-29 19:14 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二六年一一月第三週稽古

 
b0005281_21542671.jpg

■大東流 今週の稽古

こないだの日曜日、
昇段審査後に、さっそく三ヶ条の全30本のうち、
居捕(いどり)技10本を伝授いただく

火曜の稽古で、立合技を9本伝授いただく

金曜の稽古で、立合の残り一本と、後捕(うしろどり)技を5本


これで早くも、三ヶ条の残りは、半座半立の5本だけになった
これは、、、あまりにも早いような、、、?


白帯だった時代には、一ヶ条30本をひとつずつ、2年半かけて学んだ
それに比べると、今回の三ヶ条はペースがものすごく速いです


一見、無茶におもえるほど、ここまでペースが速い「理由」は、
様々あるんだろうけれど、こう認識しています

 1.まず、目標とすべきひとまずのゴールを先に見ておくこと

 2.平時ではじっくり稽古する時間が取れるが
   ――そして、じっくり動きを整えることは理想ではあるけど――
   往々にして、「時間」は待ってくれないという事実を身をもって知る
 

これを意識して稽古に臨むと、効率のいい吸収ができるように感じます
そもそも、時間は限られてる
あせりはいけないが、ダラダラもいけない


難しいことではあります

しかし、簡単なことしかやらないのでは、上へは行けない




 ~ ~ ~ 



大東流や兵法二天一流の稽古のことを、
日記や銀テツに書くことを、これまで遠慮してきました

しかし、初段認許のときに許しは頂いていたので、
今後は、差し仕えなさそうなところは、己のためにも記していくことにした

箇条書きレベルになるかもしれないし、毎回は書けないかもしれないけど、
その時々の段階で得た気づき・感動を、あとで知ることができるよう残しておくことは、
自分にとって、とても良いことのように思えたので


というか、これまでは、学ぶことに精いっぱいで、
とてもアウトプットできる状態ではなかった
(毎回の稽古で学んだ「型の手順」や「動きの注意点」などは、
 入門当初から今までも欠かさず、稽古後にまとめて記録はしてる)



もうひとつ、「秘すれば花」の部分、
つまりどこまでクローズでどこまでオープンにして良いものやら
そのサジ加減が分かりかねていたこともあります

流派が守ってきた秘伝と思える箇所、他言できない技の掛け方もいくつか伝授いただいてるし、
個別の型の技法でも、どこまでオープンOKかいまだ判断できかねる部分が多いので、
注意しながらにします

結果、奥歯に物がはさまったような言い方になるかもしれないが、
しばらく慣れるまでは仕方なし、と割り切るしかない



(写真は合気拳法の後ろ蹴)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-11-23 22:16 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

平成二六年一一月 大東流合気柔術 審査

 
b0005281_1919461.jpg

大東流(古武術)の稽古を始めて、4年目に入りました

このたび審査を受け、二段を認許いただきました

「まだ早いのでは」と思ってはいたものの、
 ”位が上がって、初めて見えてくるものもある”
 ”位が、動きを引っ張っていく、ということがある”
という言葉を以前に聞いていたもので、
次の段階へ向け、自分なりに動きは整えてきたつもりでした


「柔」「合気」を学ぶ道程で、
新たな身体感覚の発見に感動したり、
思うように身体が動かず凹んだり、
そんな一喜一憂をしながらも、ここまで来ることができました

これからの修行は、より厳しくなっていきますが(けっこう痛い技が多そう)、
困難も、修行の友として、楽しもうという気概でいます

二段から稽古する技(三か条と言います)からが、
本当の大東流だと、故・武田時宗宗家も言われていたと聞きました


これからがいよいよ稽古の佳境入りだと、そう認識しています


とにかく、こうやって稽古を続けられていられることは、
ありがたくもあり嬉しいことです
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-11-17 19:23 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)