<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

真夏の北陸ローカル線 完結編(大阪駅/桜島線/名門大洋フェリー)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 、 8:ひだ高山天照寺YH/高山本線 、 9:城端線/氷見線
  10:七尾線/のと鉄道 、 11:のと鉄道 、 12:敦賀駅/湖西線/ほか の続き◆



b0005281_2184712.jpg

17:00 生き馬の目を抜く、大阪駅であります

長きにわたった北陸旅も、いよいよ終盤となってしまいました











b0005281_2183843.jpg

ところで
大阪駅は、その上層階がすごい とよく聞く

ぜひ体感しに、
エレベーターと屋外の階段を駆使し、上へ上へと行ってみます
せっかく来たのだからね! フウフウ










b0005281_2184890.jpg

それにしても、ビルの10階よりも上に来たので、
風が、ビョォォオオーーとつよい!

もうちょっとで屋上、、、













b0005281_2185846.jpg

ビョォオオーーー!
やっと最上階についた!――む?
屋上なのに、畑が!?

どうやら、「天空の農園」というそうな
近未来な感じで、おもしろい試みだな


しばらくブラブラして、また中に戻ります













b0005281_21971.jpg

駅ホームの上にあるのは、その名も 時空の広場(ときのひろば)

これは、すごいな
神秘的で、まるで神殿のようなスペースだ
金色の時計と、向こうの端にある銀時計とが印象的です


――そうだ、時計といえば、、、













b0005281_2191111.jpg

17:30 次なる列車にのる時間だ!
ここで!
もう1本、路線のりつぶし にアタックする!

その名は、桜島線 だ!! はやる気持ちをおさえつつ、
終点行きの列車にのりこんで、いざしゅっぱつ
プシューーガタン!











 ~  ~  ~ 









b0005281_21101217.jpg

ガタンガタン、ゴォオオオーーーと川をわたる!
いいぞ!

で、この桜島線
大阪駅から、分岐駅である西九条駅を経由して、大阪の街なかを走る
わずか4kmあまりのミジカイ路線

だが、桜島線のアイデンティティを強くあらしめるものが、
じつは途中にありましてね
――おお、あれだ!!! 見えてきた!!?














b0005281_21102260.jpg

そう! ユニバーサルシティ駅!!
これが、かの有名なUSJってなわけだ!

もっとも、降りんので、
ホームを車内から眺めるだけだが、、、
(なんせ、桜島線のりつぶしが目的なので)

でも車内から、USJ見えるかも!?














b0005281_2194636.jpg

カタンカタン、おおーー! あれか! あれだろう

アトラクションぽいのがチラリと見えるけど、
駅ホームの が、超ジャマ














b0005281_21101970.jpg

そんなこんな言ってたら、
あっちゅうまに終点、桜島駅 とうちゃく!!
これにて、桜島線、完乗!! 早かったが、たしかに完乗だ

期せずして目から何か熱いものがこぼれ落ちたが、
それはけっして夏の汗ではあるまい














b0005281_21111520.jpg

桜島駅から、ユニバーサルスタジオジャパンのほうを見やる
うーーーむ、観覧車は見えるが、よくわからん
こっからだと、ふつうの遊園地にしか見えない

ちなみに、イマハシはUSJ行ったことない


そろそろ、夕暮れはじめてきた頃かな
18:00 さっき乗ってきた列車にのりこみ、
しゅっぱつ! ガタン













 ~  ~  ~ 








桜島線を折りかえし、大阪環状線へ

JRの弁天町駅から、通路をあるいていって、
地下鉄中央線の弁天駅で列車のりかえ






b0005281_21112885.jpg

18:25 弁天駅をしゅっぱつ! ガタ
これより、帰途だ











b0005281_21104990.jpg

地下鉄といっても、しばらくは地上を走ります

大阪の空の上を、列車は駆け抜けていきます
カタン カタン













b0005281_21111393.jpg

終点、コスモスクエア駅とうちゃく!

こっからバタバタ、
ニュートラムこと、南港ポートタウン線にのりかえ
うーーむ、 またあの 運転手がいない列車

だがよい!
18:40、のりこんでしゅっぱつ
今回の旅でさいごの列車だ! 泣いても笑っても、ガタン!













b0005281_21112313.jpg

大阪シティの果て、夕暮れた人工アイランドの上空を、
列車は駆け抜けていきます

カタタタン カタン














b0005281_21113060.jpg

いろんな記憶、思い、ニュートラム車窓風景とが交じり合い、
幻とも現実ともつかなくなってきた

もうすぐ、この旅の終着駅
のはずなんだけど

ほんとはどこへ、どこへ向かうんだろう


カタタン カタン――













b0005281_21113613.jpg

18:50 フェリーターミナル駅とうちゃくし、下車

この未来感ただよう通路は、旅の初日に歩いてきた連絡通路です
戻ってきたよ


旅の終わりから、旅の始点へとつながるループみたいだ



















===============


b0005281_21114470.jpg

大阪南港フェリーターミナル
3日ぶりにもどってきた


? 「フッ オセンチか 君らしくもないね」

む、そういうオマエは誰なのか!?

振り向くと、、、!?











b0005281_21115469.jpg

名門大洋フェリーの虎の子、フェリーふくおか2!!
おまえか!! おまえだったのか!

ふくおか2 「さあ、行こうぜ」


、、、おうよ! 行かいでか!

乗船手続きを早々に済ませ、さっそく乗船だ
ドキドキ!










b0005281_2112223.jpg

展望ストリート
おおーーーきれいだな、この船!

このフェリーふくおか2、
名門大洋フェリーが1日に合計2便を運航してるうちの、2便目にあたる

初日に来たとき乗った1便目とは、あれはあれで良かったけど、
キレイさがずいぶん違うなあ











b0005281_21121220.jpg

展望ストリートのくつろぎ椅子に座り、ふーーーやっと一息ついた
さっき買ってきた弁当と缶チューハイで、ゴハン晩酌タイムにします

船はいつの間にか、出港したもよう
ちょこっと揺れるが、それも心地よいな










b0005281_2112227.jpg

ひと心地ついたので、探検します

エントランスと売店
売店には、大阪と博多のおみやげも置いてる
酒やお菓子、おつまみも置いてて、しかも良心的な値段で販売してる
やるなあー












b0005281_2113397.jpg

レストラン
まるで豪華ホテルのように、ピカピカしてるぞ
おまけに広い!

船内は賑わっており、けっこう人が乗ってるみたいだ












b0005281_21134743.jpg

レストランの横スペースでは、なんと!
船内ライブをしています

これはほんとに、豪華ホテルそのものだ
すごいなフェリーって












b0005281_21125915.jpg

さて、寝台へもどろう

「行き」と違って、今回は雑魚寝じゃないよ
フフフ、、、!?












b0005281_2113152.jpg

なんと、特別二等洋室(グリーンA)!
個室だ!

カプセルホテルみたく、カーテンと簡単な内カギ付き
枕も毛布もハンガーもあって、
寝るには必要十分、どころかそれ以上!


さて、時刻はもう21時ちかく
荷物おいて、静かにテンションあがっていると、


 船内放送 「上がってこいよ、船の外に」


なんだなんだ?


 船内放送 「いまから明石大橋、通過すっから、、、」


おお!?














b0005281_21134174.jpg

すばやく、甲板へ!
ザンザンザンザン、と機関の音
ぬるい潮風が吹いてくるけど、海のいい匂いだ

で、見えてきた見えてきた! おおーー近いぞ!
街明かりと相まって、キレイだなあ










b0005281_21135042.jpg

おーーー通過する!!










b0005281_21141915.jpg

通過したーーー!
明石大橋!

いやあ、こんなアトラクションまであるんだなあ、フェリーって
よいなあ


夜の空気をたっぷり吸い込んだら、船内へ

大浴場に入って、寝台へ戻ったら、
すぐさま泥のようにオヤスイミン――

















===============

~ 夜が明けて、あくる日のam6:40 ~


b0005281_211425100.jpg

モハよう
展望風呂でシャキっと目覚めたあと、外に出て、朝日をながめる
きれいだなあ、、、

機関と波の音、そしてときおり跳ねてくる、細やかな波しぶき
しずかで、なんだかとても、おごそかだ












b0005281_21144786.jpg

ぼんやり海をながめてたら、
やがて青空が広がってきました

まだ朝焼けの色が混じってて、神秘的な美しさだ


さて










b0005281_2114458.jpg

7:30 レストランが空いてきた頃合いを見計らい、朝ごはんタイム

名門大洋フェリーの朝食は、バイキング形式だ
ありがたい! いただきます、モグ、、、


――うまい!
お米! あたたかい味噌汁! 冷奴に納豆、ポテトサラダ!(等々)
これぞ朝食! 心に染みいる美味しさよ!!
モグモグ












b0005281_21145943.jpg

テーブル横の窓からは、青い海と空がパァーーーンと広がります

船はのんびり走っているし、おだやかで、とても満ち足りた時間だ
食後の珈琲(本格的でうまい)の かほりを楽しみつつ、
旅の最後のひとときを、ゆっくりと味わいます


朝日で輝ける大海原、かるく目がくらむ
光から少し目をそらし、ふとまぶたを閉じれば浮かんでくるのは――


 のどかさ、そして雅(みやび)さすら感じさせる風景が興味深い、関西本線

 荒々しい山と、急峻な飛騨川とが織りなす、ドキドキなアミューズメント路線、高山本線

 極上のとろみ湯が肌にやわらかく、ひとときの癒しを得た奥飛騨温泉

 標高2200メートルの雲のうえ、絶景の新穂高ロープウェイ

 心のふるさと、おだやかな時間がながれる原風景、白川郷

 ハットリくん列車でワクワクしながら田園風景のなかを走る、城端線
 夏の青い海すれすれを走る、開け放った窓から入りこむ潮風が心地よい、氷見線

 UFOコンセプトに度肝を抜かれた、しかし車窓の景色は風光明媚な、七尾線
 萌え列車とノスタルジーな風景、のと鉄道


どれもこれも、しっかりと、たしかに憶えている











b0005281_211685.jpg

食事を終えて、荷物をまとめ、ふたたび船の外へ

おおー、終着の地・門司が見えてきた!!


鉄道からバトンタッチして、この旅の最後を締めくくったのは、
どこまで広がる深い青、
海と空とが織りなす航路、フェリー旅



さて、
8月も終わってしまい、やがて晩夏へ初秋へと季節は移り変わります
それに加えて、旅の最後はいつも、オセンチになってしまう
満ち足りた、ゆったりとした時間の中から、現実世界へ戻ってくるのだからね

でも、これだけは変わらない
変わらないことだって、いくつかはある


言っておこう



この旅はもうすぐ終わるけれど、旅はまだまだつづきます





波と潮風の音、太陽の光の中を走っていく船
目から流れ落ちる熱いものを感じつつ、しばらくの間、
イマハシは甲板にたたずむのであった――――

















(了)









===============

b0005281_21155991.jpg


「真夏の北陸ローカル線1」へジャンプ 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-08-27 18:41 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

真夏の北陸ローカル線12(敦賀駅/湖西線/ほか)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 、 8:ひだ高山天照寺YH/高山本線 、 9:城端線/氷見線
  10:七尾線/のと鉄道 、 11:のと鉄道 の続き◆


~ 旅の4日目 ~

am6:50 モハようございます
石川県は、和倉温泉駅ホームに来ています



b0005281_1805030.jpg

のと鉄道 のスタンダード型列車が、
にぎやかなお囃子 入線メロディの中、やってきました
そうか、これが能登なのか!

18きっぷを片手に、さっそく乗り込んだ
夏の列車旅は、本日が最終日!
気合とともに、いざしゅっぱつ!!











b0005281_1811396.jpg

4~5分で、となりの七尾駅にとうちゃく
ここで乗り換え
さらば、のと鉄道、また来るよ!

それにしても
今日も暑くなりそうな、そんな空気だ









b0005281_182920.jpg

ふたたびホーム
おーーー、レトロでよい雰囲気の列車きたきた!

さあ! ここから、七尾線を南下します
am7:15 しゅっぱつ! 移動だ!!!
ガタン












b0005281_181595.jpg

ガタンガタン

能登半島のなだらかな山々の風景のなか、
すこしずつ建物の数も増えてきました――














b0005281_182178.jpg

金沢駅ホームとうちゃく
北陸本線のホーム、ここでは2分で乗り換えです
で、さすがは加賀百万石、きらびやかな雅楽 の入線メロディが流れる中、
やってきたのは上等な列車! ピカピカだなあ

8:40 しゅっぱつ! ガタン












b0005281_183543.jpg

もうすっかり明るくなった夏空の下、
のどかな加賀の風景を車窓に、列車はガタゴトンと走っていきます












b0005281_183127.jpg

まるでフワフワじゅうたんのような田んぼの中を、
ガタタタン ガタン――――














b0005281_183963.jpg

10:15 福井駅、とうちゃく!!
でっかい駅だなあ!

そう!
石川県→福井県へと移動してきたわけです











b0005281_1835399.jpg

小一時間ほど乗り継ぎ時間があったので、
駅内外をブラブラしてたら、お つぎの列車来た

11:10、のりこんでしゅっぱつ!
ガタン!











b0005281_18446100.jpg

さっき調達した駅弁、その名も「越前かにちらし」!!
お昼タイムです

越前といえば、カニ!!
この駅弁、カニ身はあいにく国外産であるようですが、
まあまあともかく










b0005281_1835334.jpg

ご開帳!
おおーーーこりゃゴーヂャス!
さっそくいただきます! モグ、、、


――うまい!!
カニのサパーリとした味わいに、酢メシのコクが利いている!!
ナイス!ナイスコンビだぜ、おまえら!!
モグモグ











 ~  ~  ~ 










b0005281_1843327.jpg

12:00 ゴハン食べて、ウトウトしてたら、
あっという間に乗りかえ駅、敦賀駅 とうちゃく!!!
ここって、降りたの初めてだ


、、、なんだか駅内がザワザワしてるなあ


アナウンス 「えーーーと、次の列車は来ませんよ」

はい?

アナウンス 「人身事故の影響で、大阪近辺全域の列車ダイヤがぐちゃぐちゃです
         すまん」


なんとーーー!!













b0005281_185259.jpg

やむなし

いつになったら列車くるのか、かいもく検討つかないので、観光します
バスのりば

てか、またもやメーテル!!?
旅初日のデジャブ!! よもやここで!?










b0005281_1851447.jpg

ぬうう、メーテルバス!!

鉄道旅ってのは、ほんと、
リンクしないようできちんとリンクしてる、運命の輪のようだよなあ

それにしても、日差しがジリジリ暑い
目的地まですこし距離があるので、このバス乗ってブロロロと移動します









 ~ ~~






b0005281_1845958.jpg

敦賀駅から15分ほどで着きました

灼熱の日差しが、松の木陰でやわらぎます
ミーーーンミンミンミンミーーーと、セミの声

ここは、、、











b0005281_1851293.jpg

名勝、気比の松原!!(けひのまつばら)

おおーー海だ海だ!!
、、、ザザーーーン 、、、ザーーーン、、、
潮の匂いがしてきたよ









b0005281_1851568.jpg

砂浜もキレイだな
いてもたってもいられぬ!

背負ってるザックをズザーーっと降ろし、
ズボンの裾をまくって!
いざ、入水します












b0005281_1853865.jpg

チャポン!!
うわーー ほどよくヒンヤリして、気持ちいいな!

日本海といえども、波がしずかで、おだやかな浜辺だ
遠浅の海で、底までも透きとおって見えるよ
ザブザブ



さて 時刻は14:00前
そろそろ戻ってみようか、敦賀駅へ









 ~  ~  ~ 







テクテクテク む?








b0005281_1854642.jpg

はっぴが、、、











b0005281_1855694.jpg

こちらの方たちも、はっぴを、、、

なんだか、
町中が、祭りでもやってるような雰囲気だな










b0005281_1861593.jpg

!? 
と思ったら、ほんとにまつりだ!?

お祭り軍団が、金みこしを担いで「ワッショイ!ワッショイ!」










b0005281_1872876.jpg

あっちにも! ワッショイ!ワッショイ!

なんと、ちょうどドンピシャで「敦賀まつり」をやってるようです
なんたる偶然か!
列車が遅れた、ケガの功名というべきか

ところで、
みこし軍団と、車の交通が、うまく折り合ってないようだが
まあいいや










b0005281_1872476.jpg

そのままの流れで、
みこしの終着点、氣比神宮まで来てみた

セミの声すごいな! ミーーーンミンミンミンミン
日差しも強い!









b0005281_187574.jpg

立派な神社だなあ
旅の無事を祈念

ときおり吹いてくる風が、そよそよとして、
汗だくの肌に気持ちいいな


さあ、戻ろう












b0005281_1882381.jpg

道中、
おっ! ここにもメーテルが!!!
ほんと、ふしぎなデジャブだなあ

















===============

14:20

b0005281_1881150.jpg

ガタタタン ガタン

ようやく、敦賀駅から列車はしゅっぱつして、
北陸本線~湖西線ルートで、南下をしています


む、待てよ?
ということは!








b0005281_1884337.jpg

でた、でたーーーー!
敦賀ループ!!
線路を交差して、列車がを走っている!!!
グレート!!

ちゃんと見たのって、そういや初めてだな、敦賀ループ(鳩原ループ )











b0005281_1895538.jpg

しばらくすると、景色は落ち着いて、
田園風景のなか、カタタタンカタンと列車は走っていきます













b0005281_18101020.jpg

おー、琵琶湖が見えてきた!
澄んでいるなあ!










b0005281_1894129.jpg

まるで海みたいだなあ、琵琶湖って
カタンカタン












b0005281_1894281.jpg

ちょっとずつ、建物が増えてきた

福井~滋賀、ときて、もう京都も近いな
カタタタン カタン















b0005281_18105240.jpg

ゴォォオオオーーー、と都会の川を渡ります

京都を抜け、大阪へ入りました
そして、、!








b0005281_18117100.jpg

16:30 大阪駅ホーム、とうちゃく!!!
速い! おつかれさまでした

さあ、いよいよこの旅のフィナーレ!
ラストスパートだ
む!? 聞こえてきた?
聞こえてきたぞ、サライが!
サライがーーーー!!!!



ラストスパーーーー!!!














(つづきます 次回このシリーズの最終回)

 





 
[PR]

by dolmens | 2014-08-24 18:35 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の北陸ローカル線11(のと鉄道)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 、 8:ひだ高山天照寺YH/高山本線 、 9:城端線/氷見線
  10:七尾線/のと鉄道 の続き◆



b0005281_21332954.jpg

17:10 のと鉄道の終着駅、穴水駅
夕方の青空、とても澄みわたった夏空だ

では、もと来た列車にのって、折り返します
しゅっぱーーつ! ガタン











b0005281_21342232.jpg

空の青と、夕日の赤とが入りまじる風景の中を、
ガタゴト列車は走っていきます










b0005281_213445.jpg

17:50 例の萌え列車で、目的の駅にとうちゃく


前回の補足、というか誤解なきよう言っておきますが、
「萌え列車」自体に文句あるわけじゃないです

しかし、萌え列車に乗っているとだな
純粋に列車に乗ること自体を楽しんでいるのにも関わらず、
ヒソヒソ「あの人、萌え列車に乗ってニヤニヤしてる やーーねえ」
などと思われてしまうことが心外この上ない!!


誰も気にしてないってか!ギャヒン!











b0005281_21342264.jpg

てなわけで、笠師保駅(かさしほえき)とうちゃく!!

「のと鉄道 つこうてくだしフリーきっぷ」を持っており、
乗り降り自由なので、気になった駅にいくつか降りてみますよ










b0005281_21342785.jpg

駅舎の中

きれいに手入れが行きとどいてて、気持ちがよいです












b0005281_21344886.jpg

駅から出て、2~3分も歩くと、、、
だ!!













b0005281_21345583.jpg

このあたり、小さな漁村のようです

夕空と、海の青色が、やわらかくて素敵だな
潮風がそよそよと、汗ばんだ肌に気持ちよいです










b0005281_2135446.jpg

しばらく海辺でたたずんでいると、
だんだんと茜色の空になってきました

そうか、夏の終わりだなあ


そういえば、この旅ももうすぐ終わってしまう
せつなくなってきちゃったな








b0005281_21361786.jpg

ひこうき雲とも、上っていく「たましい」ともつかない、
なにかが空にすいこまれていく

なんだか静かで、ふしぎな空だ












 ~  ~  ~ 










b0005281_21354053.jpg

ふたたび、笠師保駅ホーム

!! すごい列車がきた
「NO TO GO」――能登号か!!












b0005281_21363378.jpg

キューティーハニー、デビルマン、マジンガーZ!!
永井豪トレインだ!!
これはよいね

18:15 のりこんで、しゅっぱつ!
1駅もどります ガタン









b0005281_21355413.jpg

ガタンゴトン

なんだか、気合が入る列車だなあ











b0005281_2137336.jpg

で、2~3分ですぐ着いた

ここは、、、











b0005281_21362178.jpg

能登中島駅!!
有人駅のようです











b0005281_2137774.jpg

ここもキレイな駅舎だなあ

ここで降りたのには、目的 があります
そう!









b0005281_21373921.jpg

奥のホームに鎮座まします、郵便列車!!
これは貴重!! 全国に2両しかないうちの、1両だそうだ

なんでも、郵便物と郵便局員さんが一緒にのりこみ、
仕分けと消印の作業をしながら走ったというもんだから、
文字通り「走る郵便局」ってわけです

車両の名は「オユ10」というそうな











b0005281_21374576.jpg

ホームの裏手に小さな階段があり、
公園まで行けるようです

カナカナカナカナ、とヒグラシの声が鳴りひびく
散歩がてら、ちょっと行ってみようか








b0005281_21371139.jpg

、、、船か? 船だよな
よく分からん

そろそろ列車くるのでホームへ戻る

18:30 乗り込んで、しゅっぱつ!
ガタ












b0005281_21381218.jpg

ガタンガタン

すっかり夕焼けが、濃い色になってきた












 ~  ~  ~ 









b0005281_21382252.jpg

18:45 のと鉄道とJRの乗り入れ駅、
和倉温泉駅 とうちゃく!!
おつかれさまでした

今日の列車旅は、ここまで!

いやあ、能登半島をたんのうしたなあー
萌え列車、、もとい「花咲くいろは」ラッピングトレインや、
永井豪トレイン、UFO列車にも乗れたしね










b0005281_21374916.jpg

本日の宿に荷物を置いたら、
せっかくなので、自転車を借りて温泉へゴー

和倉温泉で列車旅のつかれを癒して、
自転車で、近くの夜の海をみたり

さあ明日は、この列車旅の最終日だ!!
はやる気持ちを抑えつつ、つかの間の休息だ
明日も始発で列車に乗るからね!

能登の静かな夜に包まれて、オヤスイミン――――
















(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2014-08-21 06:03 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の北陸ローカル線10(七尾線/のと鉄道)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 、 8:ひだ高山天照寺YH/高山本線 、 9:城端線/氷見線 の続き◆


14:00
高岡駅から、北陸本線を経由し、西へ!



b0005281_21353872.jpg

津幡駅(つばたえき)ホーム!
ミーンミンミンミーーーンと鳴くセミの声の中、列車きたきた

さあ! これから、七尾線(ななおせん)の旅に臨みます
14:40 能登半島! いざしゅっぱつ!
ガタン











b0005281_21355460.jpg

ガタンゴトン
夏の能登半島を、列車は走っていきます
そういや、石川県の風景を見るのって、初めてだなあ

駅舎も、どんななんだろ












b0005281_21361251.jpg

15:30 列車いきちがいのため、しばし停車
羽咋駅 とうちゃく!
難読駅名、「はくいえき」です

黄色い駅舎が青い夏空によく映えるなあ
ファンキーだな











b0005281_21362125.jpg

駅の反対側
素朴な駅舎だなあ

と思いきや、、、
!?












b0005281_21364344.jpg

!? 「ジャーン」?
、、、なんだこれ?

そういや、乗ってきた列車も、、、












b0005281_21365213.jpg

!? 「UFOのまち 羽咋号」とは!

車体には、なんと緑色のグレイが、、、!
こわい!!











b0005281_21375479.jpg

しかし、それでも勇気を奮い起こして、行かねばならぬ!
15:50、乗り込んでしゅっぱつ!!

と、、、車内にもグレイやUFOが

そういや、羽咋って、
「UFO目撃率が国内トップクラスの町」と聞いたことある
なんてこった、、、さっそくお目にかかるとは











b0005281_2138340.jpg

気を取り直して
ガタタタン ガタン

車窓に、黄金色にかがやく稲穂の海をながめながら
列車は走っていきます――














===============

16:15


b0005281_21373464.jpg

七尾駅にとうちゃく!!

おつかれさまでした
七尾線は、あと一駅先「和倉温泉駅」まで伸びてはいるが、、、











b0005281_21373775.jpg

ここから、のと鉄道に乗り換えます

のと鉄道は、
そのままJR和倉温泉駅にも止まり、ひきつづき能登半島を北上する路線だ!!

時間がないから、とりあえず改札とおって列車のるぞ
16:20、すぐさましゅっぱつ!
ガタン











b0005281_213820100.jpg

ガタンガタン

夏空の下、田園の向こうに、海が見えてきた!
七尾湾だ











b0005281_21383182.jpg

ガタタタン ガタン!
山の中を、グングン列車は走っていきます











b0005281_21384027.jpg

景色がひらけてきた
やあ、すっかり晴れたなあ!

カタタタン カタン












b0005281_21384929.jpg

む? 
なんだか、ものすごくメルヘンな駅舎が
ピンクだな、、、










b0005281_2139030.jpg

そういえば、
さっきから気になっていたが、
車内いたるところに、アニメのカットが、、、?











b0005281_21384134.jpg

疑問を呈しつつも、列車はガタンゴトン走っていきます

海の上に、漁のしかけと思しき「櫓」のようなものが、
ポッカリ浮かんでいます

なんだか、おもしろいな
ガタタタン ガタン――――











 ~ ~ ~ 









b0005281_21385643.jpg

17:00 穴水駅、とうちゃく!!
これにて、七尾線、のと鉄道、ダブル完乗!!
おつかれさまでした

おもわず目から熱いものが、、、


!? いや待て!!?
なんだこの乗ってきた列車!











b0005281_21393231.jpg

ぬおう! 萌え列車かッ!!

よもや、萌え鉄道とは、、、
うかつだった



だが!!
まだアレがあるじゃないか!! のと鉄道には!!! へこむな!!
(注: 別に、この列車やコンセプトに文句つけてるわけではない)


アレとは?
アレとはーーーー!!!!???













(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2014-08-18 21:57 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の北陸ローカル線9(城端線/氷見線)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 、 8:ひだ高山天照寺YH/高山本線 の続き◆


13:34 高岡駅ホーム

b0005281_1362153.jpg

ぬをを!? ハットリくん!?

「氷見線 全線開通100周年記念ヘッドマーク」付きのレア列車だ
が、それなのに何故かこの列車、逆方向の内陸側へむかいます
そう!! 城端線(じょうはなせん)に臨みます!

矛盾列車にいざ乗り込んで、しゅっぱつ!!
ガタン











b0005281_1364679.jpg

ガタタタン ガタン
車窓いっぱいに、田んぼの風景が広がります

城端線は、全長30km足らずの、いわゆる「盲腸線」です
しばし終着駅まで、ひさびさにユックリ列車の旅にひたることとします


ちなみに「盲腸線」とは、終着駅からその先につながる線路がない路線 のことです
九州の南阿蘇鉄道(旧・高森線)や、中国地方の可部線なども盲腸線
主にローカル線を指すことが多いです










b0005281_1365778.jpg

さて! さっき高岡駅構内でバタバタ調達した駅弁
かの有名な、ますのすし!

お昼には少し早いが、はらへつたので、、、









b0005281_137167.jpg

箱を開けてみると、、、おお豪華!!

竹の留め具をはずして、ふたを開けてみると、、、、









b0005281_1372952.jpg

笹だ!? 笹だ-ーー!!? 

まだか中身は!?
ふるえる手で笹をひらいてみると、、、!












b0005281_1374177.jpg

うをおおーーきたきたきた!!
ますのピンク色が、鮮やか!!
早速いただきます モグ、、、



――!? うまい!!!?
ますのジューシーさと、笹の香り、酢めしのすっぱさが、
絶妙なハーモニーを奏でている

うまいなあ モグモグ









 ~  ~  ~ 









b0005281_1375410.jpg

ますのすし食べ終わって、車窓を眺めていたら、
あっというまに終着駅にとうちゃく
おつかれさまでした

ここは、、、










b0005281_138672.jpg

城端駅!
で、城端線、完乗!! やりました、、、

感動の余韻にひたる間もなく、おなじ列車にのって再び戻ります
11時半、しゅっぱつ!
ゴト










b0005281_1381986.jpg

ゴトンゴトン
やあ 晴れ間が出てきたなあ












b0005281_1382954.jpg

!? 油田駅とな!?
こんなところに、油田が!?
城端線で富山を旅していたと思いきや、ここは中近東なのか!!?
ワーープしたのか!!?


ということもなく、、、











b0005281_1384437.jpg

夏の青空の下、畑と田んぼが広がるのどかな風景を車窓に、
列車は、城端線をガタゴトン走っていきます――――













 ~  ~  ~ 








b0005281_1385724.jpg

城端線を往復し、
12:20 ふたたび高岡駅とうちゃく!
モダンな駅舎だ

それにしても、すっかり晴れたなあ!!
夏の日差しが強烈で、目がくらむ
肌がジリジリ焼けそうだ


照りかえしが結構まぶしくて、タマランので、
ふたたびホームへ











b0005281_1391170.jpg

!? こ、このド派手な列車は!!
またもやハットリくん!!?
というわけで、これから氷見線に臨みます!

氷見線は、藤子・F・不二雄の出身地である高岡と、
藤子不二雄Aの出身地・氷見とをむすぶ路線(なのでハットリくん)、
20km足らずの盲腸線です

こんどは城端線とは逆方向、
能登半島の付け根、日本海側へ抜けます
いざ乗りこもう!









b0005281_139242.jpg

車内!
みんな飛んでるなーー

列車の内装自体はレトロ

12:50 しゅっぱつ!! ガタン!








 ~  ~  ~ 







b0005281_1393858.jpg

しばらくすると、車窓に海がパアーーーーンとひらけてきました
きれいだなーー!

ガタンガタン










b0005281_1395189.jpg

ガタタタンガタン
けっこう海すれすれを走ってるぞ













b0005281_131052.jpg

雨晴駅(あまはらしえき)
ここで降りたら、ちかくの海水浴場まで行けるみたいです

今回は車窓から眺めるだけだけどね












b0005281_13101989.jpg

13:20
終点、氷見駅とうちゃく!!
夏の青空と、真っ白な駅舎のコントラストが、じつにイイ

そして、これにて 氷見線、完乗!!
本日2回目の乗りつぶし という快挙! やりました、、、


感涙、目からこぼれ落ちる熱いものぬぐう間もなく、
おなじ列車にのって再び戻ります
11:24、しゅっぱつ! ゴト













b0005281_13103353.jpg

ふたたび雨晴のちかく
車窓を開け放ち、波の音とレールの音を聞きながら、列車は走ります
夏だからね!

ちなみに、この「雨晴」という地名、
義経一行が奥州平泉に向かうとちゅう、このあたりで にわか雨が降り出し、
弁慶が岩を持ち上げて、その陰で雨宿りをしたという伝説があって、
それに由来するのだそう










b0005281_13104524.jpg

潮風が気持ちいいな

ガタタタン ガタン――――














b0005281_1311178.jpg

13:50 高岡駅ホームとうちゃく!!
おつかれさまでした

氷見線を往復し、
本日は2本の盲腸線を、たっぷり堪能!
つくづくローカル線は良いものだなあ


しかし!!
ある意味ここからが本番!

これから向かう先は!!


それは――――!!!!!














(つづきます)

 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-08-03 08:00 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)