<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

真夏の北陸ローカル線8(ひだ高山天照寺YH/高山本線)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 の続き◆


19時過ぎ
さすがに今日は、歩き回ったせいか、くたくただ



b0005281_2111210.jpg

ひだ高山天照寺ユースホステル
本日の宿につきました  お寺です

とは言っても、お寺の構造は残しつつも、
宿泊者用に建物の中は改装されているようです
さっそくおじゃまして、部屋に荷物をおいたら
談話スペースで夕ゴハン
道中に買ってきた弁当を食べる


 ~ 

一人、もぐもぐ食べていると、
なにやら人の気配
少しうす暗い部屋の中、よく目を凝らすと、テーブルの向こうで、
西洋人の女性がニコニコしながら座っている
ちょっとビックリしたな!

「コンバンハ」「コンバンハ」とあいさつを交わす

「どこから来たんですか?」と聞けば、またもや日本語通じず
ふたたび片言の英語で話を聞くと、オーストラリアからきた英語の先生なんだそう

聞けば、日本各地の温泉地をめぐるのが好きなんだそうな


いろいろ世間話をしてると、今度は西洋人の家族連れ
日本語通じず
片言の英語で(以下略
イタリアから来たそうな

そうこうしてるうちに、また外国人のカップル
日本語通じず
片言の英(以下略
こちらは、イスラムから


日本人は、いないのか!!?


まあ別にいいかとふたたび弁当を食す
食べ終わった頃合いで、イタリア人の親父さんが、
「白川郷以外で、このあたりの名所を教えてくれ」と

イマハシもこっち方面の旅は初めてで、よく分からんので、
道中うわさに聞いてた「おわら風の盆」という大きな祭りがあるみたいなので、
それを教える
(英語で)
イタリア親父「おわら、、とはどういう意味だ?」
イマハシ  「知らない  地名?」
そんな会話してると、なんかワーーっと全員いりみだれて、
観光の話でしばし盛り上がる

30分ぐらい経ったかな
さすがに眠くなってきたので、別れを告げて部屋へ


いっときして、離れの風呂に入り(行きがけに談話室を通ると、もう誰もいなかった)
部屋にもどって布団を敷いて、横になると、すぐさま眠りがやってきた

オヤスイミン、、、











===============


~ 旅の3日目 ~


b0005281_20543789.jpg

am6:50 おはよございます

荷物をまとめて、境内を散策
きのうは暗くてよく分からなかったが、緑が多く、空気がうまいです

チェックアウトの手続きまで昨晩すませてたので、
そのままお寺をあとにする

そういや、お寺に泊まったのって初めてだ










b0005281_20544736.jpg

お寺が連なる遊歩道を、テクテク歩きながら
駅まで向かいます

朝は空気がちょっとヒンヤリしてて、涼しいな










b0005281_20545739.jpg

古い町並みを、ふたたびテクテク

すこし外れにいくと、有名な「高山の朝市」をやってるらしい
が、列車の時間に間に合わないため、今回はパス











b0005281_2055870.jpg

そのぶん、ゆっくり時間をかけてテクテク歩く

朝顔のつるが、まだ終わらない夏を感じさせてくれて、いい感じです











b0005281_20552981.jpg

この橋をわたると、もうすぐ高山駅だ――








 ~  ~  ~ 





b0005281_20554674.jpg

高山駅の、高山本線ホーム

18きっぷに新しいスタンプを押してもらい、しばらくぶりの列車旅だ!
am7:40 さっそうと乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
プシューーーガタン











b0005281_2056037.jpg

ガタンガタン
小京都、高山の町をあとにする

またいつか、今度は冬に来るよ!











b0005281_20561535.jpg

am8:00 飛驒古川駅
列車行き違いのため、数分停車

ここはもう、岐阜のかなり北のほう
もうすぐ、富山だ
ふたたび列車に乗り込み、しゅっぱつ! ゴト











b0005281_2056318.jpg

しばらく走ると、あっという間に山の中
大きな川にそって、列車はガタゴトンと走ります

高山本線の、飛騨の風情を堪能します











b0005281_20565326.jpg

鉄橋の上を、ゴォォオオオーーと列車は走ります

川の流れが激しくなってきた
これが飛騨か! 飛騨なのか!!
と、あらためて感慨深くなってきたな











 ~  ~  ~ 







b0005281_2057366.jpg

am8:40
ここで十数分の停車

だいぶ山ぶかい駅だ
ここは、、










b0005281_20571548.jpg

杉原駅!
岐阜県の最北に位置する駅だそう

もちろん無人駅









b0005281_20574452.jpg

駅舎の中も、いたってシンプル











b0005281_20575758.jpg

だいぶ晴れ間が出てきた
今日は暑くなるかもなあ

am8:50 ふたたびしゅっぱつ!
ガタン










b0005281_20581190.jpg

急峻な川のうえを、ゴォオオオオーーと列車は走ります










 ~  ~  ~ 






b0005281_20582669.jpg

am9:00
おとなりの、猪谷駅へとうちゃく!









b0005281_20585956.jpg

ここでは、バタバタと数分で列車のりかえ!
それにしても長いホームだ
かつての興隆ぶりが偲ばれます

そんな中、2両編成でポツンとたたずんでいる気動車に、
ダダっと乗り込む

すっかり晴れて、日差しが強い猪谷駅をあとにして、
9:06 高山本線ラストスパートへしゅっぱつ!!!
ガタン










b0005281_20591282.jpg

ここからは、もう富山だ

飛騨の山々を抜けきって、のどかな田んぼが広がる風景の中を
ガタゴトトンと列車は進みます











b0005281_2059249.jpg

おだやかな川のうえを、ガタガタタン――










 ~  ~  ~ 








b0005281_20593673.jpg

9:56 富山駅にとうちゃく!!
これにて、高山本線、完乗!!
やりました、、、!

目から熱いものがこみ上げてくるのを覚えつつも、
しかしここでも、乗り換え時間が数分しかない!!

感動の余韻にひたる間もなく、ホーム階段を渡ってお隣の列車へ!


北陸本線で、西へ!!
10:00 しゅっぱつ!!!











b0005281_2059512.jpg

ガタタタン ガタン
夏の日差しにジリジリ照らされてる田んぼが、目にまぶしいな

北陸本線は、2010年に寝台列車きたぐにに乗ったとき以来、2回目だ

なんだか懐かしいな












b0005281_210749.jpg

緑色が濃い畑を車窓に、ガタゴトン――













b0005281_2104123.jpg

10:30
北陸本線の重要中継地点である、高岡駅とうちゃく!!
おつかれさまでした

しかししかし!
ここでも数分で列車のりかえ!!
まるでジェットコースターのような目まぐるしさ!

しかし次なる路線は、アレだアレ!!!!
ぬおーーーー気合入ってきた!



アレとは一体なにか?
それはーーーーーーーーー!!!!














(つづきます)

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-07-31 05:54 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(3)  

真夏の北陸ローカル線7(白川郷)


1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ の続き◆

12:40


b0005281_1728541.jpg

きのうの夕方ぶりに、高山駅へ戻ってきました

ふたたび濃飛バスに乗って、
今度は逆方面、西へ向かいます
しゅっぱつブロロロロ!






 ~  ~  ~  ~  ~ 





b0005281_17291362.jpg

ブロロローー
みどりの山をバックに、道路が縦横無尽に延びています

のんびりとバスは走ります
もうすぐ目的地だ ドキドキ










b0005281_17293589.jpg

13:50 ついに着きました
念願の地に!!

ここは、、、、













b0005281_1729519.jpg

白川郷!!
ついに、ここまで来ることができた、、、!

展望台から眺める合掌造りの屋根に、日本の原風景を感じます













b0005281_1730395.jpg

思わず、売店でかった「どぶろく」を購入
ひっそりとたたずむ日本の美に、乾杯を捧げる


さっそく、どぶろくをいただきます
ズズズ、、、うまい!!

濃いが、甘い!











b0005281_17302149.jpg

しばし景色を堪能したあと、田んぼのへりを、テクテク
シャシャシャシャシャーーとセミの声が鳴り響く
夏空だ

ジリジリくる日差しで汗ばんだ肌に、時折しずかに吹いてくる風が、
また心地よい











b0005281_17303462.jpg

近くでながめる合掌造り

建物によっては、中の見学ができるようです
行ってみよう












b0005281_17304543.jpg

おおーーー囲炉裏!









b0005281_17305850.jpg

長いハシゴを上って、二階へ
ひろい!

二階は「アマ」と呼ばれる空間で、
養蚕に使われていたそうです



さて
はらへたな













b0005281_1731949.jpg

ぶらり入った食事処にて

奥飛騨の郷土料理、朴葉のみそ焼き定食!
いただきます
モグ、、、


――うまい!!
朴葉の風味と、味噌の香りが豆腐に深く染み入り、
芳醇な味わい

このあたりで作られているという「赤かぶ漬け」も、旨い!
モグモグ











b0005281_17312199.jpg

腹ごしらえが済んで、ふたたび散策

まるで時が止まったかのような静かな空間で、
落ち着いた雰囲気がとても過ごしやすい












b0005281_17313268.jpg

日差しはなかなかに強く、
またまた立ち寄った売店で、どぶろくサイダーを飲みつつ小休憩
初めてだな、これ

でも飲んでみると、シュワーーっと爽快なのどごしだ
うまいなー


、、、なんか雲が出てきたな












b0005281_17314563.jpg

ぽつぽつ、、、と雨が降ってきた

と思ったら、ザアアアアー!!
いきなり豪雨!


ど、どこかで雨宿りを! 











b0005281_17315674.jpg

ちっちゃなお堂の軒下を借りて、しばし雨宿り
ものすごく降ってきた フウフウ

先客で座っていた西洋人の女性が、「コンニチワ」
コンニチハ、どこから来られましたか?と聞くと、日本語通じず
片言の英語で、しばし世間話

聞けばスペインから一人旅で来たそうな


それにしても、この雨は止みそうにないな












b0005281_1732938.jpg

時刻も17時を過ぎたことだし、雨もひどくなる一方みたいだから、
退却を決断
スペイン人旅行者にあいさつし、小走りでバス乗降所へ

そのまま帰りのバスに乗車、しゅっぱつ!! プシューー
ありがとう白川郷! また必ず来るよ!













b0005281_17321937.jpg

ブロロロローーー
バスの車窓から少し夕暮れてきた空を眺める

雨はだんだん収まってきている
さいごバタバタしたが、白川郷よかったな

山の天気は、思ってる以上に変わりやすいよね










 ~  ~  ~ 







b0005281_1732325.jpg

18:30 高山駅前のバスターミナルとうちゃく!
おつかれさまでした

雨はなんとか上がったよう

さてさて











b0005281_17324424.jpg

高山の古い町並みを通り抜け、本日の宿へと向かう











b0005281_17325770.jpg

!? なんだこれは!??

橋をわたる途中にいた、よく分からない妖怪
鬼かなにかかな?

手が長いな!!




、、、さて、そろそろ宿につく
今回の宿は、一味もふた味もちがうよ

一体なにか? それは――!!!!


















(つづきます)
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-07-27 17:51 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)