<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ざらめの咲о 『式日』

 
ざらめの咲о 1stミニアルバム、『式日』b0005281_19492731.jpg

聴きました

とってもうつくしいな、と
率直にそう思いました


そこにある唄たちは、
まさに彼女の名前の文字通り、
ざらざらしてて、途方もない痛みに溢れてて、
でも、とても甘くて、きらきらしています


「不協和音と呪怨と要らぬ愛情が籠った」ということですが、
そのどれもが、むしろ汚れなく純粋ですらあると、感じました



 ~ ~ ~ ~ ~

CD収録曲について

歌とギターによる弾き語りに、ときおり口琴や鈴などの音色があります
この音数が少ない構成は、とてもよい感じです

なにしろ彼女は、詩の言葉づかいと、それを伝える「声」がとてもすてきなので
言葉を、ダイレクトに感じられます

8曲入りミニアルバム、
「ミニ」とはいえ密度は濃いです



◇1曲目「魔法の飴玉」

傷ついてボロボロで、苦しくて苦しくてどこにもいけない、
そんな感情がフワリと浄化されるような優しい唄

でも単なる癒しの唄というわけでもない

この曲だけでももちろんすばらしくて、名曲と言い切ることができます
しかし、ほかの収録曲たち――
噛み付いてきそうな曲、棘だらけで触れると皮膚を切り裂いてしまいそうな曲たちと
一緒に並んでいて、互いにしっくりと調和しているというのは、すごいことです

ふつうは相反して共存するところが、そうではなく調和しているんだからね

その中にあって、この唄『魔法の飴玉』の本当のよさが、
また浮かび上がって来るんだと感じます


「死にたければ 勝手に死ねばいい
 でも生きようとするなら力になるわ
 背中を押すわ 光になるわ 手を引くわ

 魔法の飴玉あげる」

本当に傷ついたことがある人なら、この詩が歌っている本当の強さ、救いが、
心の奥深い部分にやんわりと触れてくることと思います



◇7曲目「二重想」

シンプルなコードで奏でられる一曲

明るい雰囲気だし、
関西弁で歌うのがカワユイので、いっけんスーーっと聴きやすくもありますが、
けっこうすごいことを歌っています

心と心のキョリとか、ATフィールド、はりねずみのジレンマ、
いろんなワードが浮かびますが、それを言ったからといって解決しない、
終わることがない絶望感を目の前に提示されているようです



◇8曲目「無題」

アルバムの最後を飾るのは、己の声だけを使ったポエトリーリーディング
歌詞カードには詞は載せていない
b0005281_20224377.jpg
しかし、そのひとつひとつの言葉が、はっきりと聴こえる
衝撃をもって強く伝わってくる、剥きだしの言葉
突き刺すような、痛みをともなった言葉
鳴り止まない悲鳴
でもそれが不快にならないのは、
身を切り裂きながらも言葉を紡ぎ続ける、
その行為が、とても清らかであるから

この世界が犯してきた罪
もはや、修復不能でどうしようもできないところまで至った傷
その傷や痛みを見つめることもない、この世界
『式日』で紡ぎだされている唄は、
そんな世界すべてを呪い、否定し、
否定しつくすことで初めて執り行える贖罪の儀式であり、
救いそのものなんだろう
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-02-25 18:48 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

芝居に出ます ’14.2.11『野良』/2.12「CAVERN BEAT」


● 2014.2.11 (火・建国記念日)● 
『野良(のら)
 飼い馴らされない表現のフェスティバル』




◇12:00開始 21:00終了予定(3部構成)

◇冷泉荘ギャラリー(リノベーションミュージアム冷泉荘)
 
福岡県福岡市博多区上川端町9番35号

◇料金 お代は見てのお帰りで(おひねり・なげせん歓迎)


b0005281_23243953.jpg


◇出演者紹介
  ※五十音順

大澤 寅雄|文化生態観察者。(株)ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室准主任研究員。共著=『これからのアートマネジメント"ソーシャル・シェア"への道』『文化からの復興 市民と震災といわきアリオスと』。

かもめマシーン|2007年設立。主な作品にAAF戯曲賞を受賞した『パブリックイメージリミテッド』、STスポット提携公演『スタイルカウンシル』、イタリア・ローマ市演劇記念館で紹介された『福島でゴドーを待ちながら』など。

河合 拓始|ピアニスト、作曲家。東京で20数年活動後、二年前から福岡県糸島市在住。各地でピアノコンサート、作曲、即興、トイピアノや鍵盤ハーモニカ、他ジャンルとの共演、ことば表現など幅広く活動。

ソ・ヨンラン|ソウルの梨花女子大学校、韓国芸術総合学校で舞踊を学び、2008年より個人での創作活動を始める。2013年に『地の神は不完全に現わる』で韓国のフェスティバル・ボム、フェスティバル/トーキョー公募プログラムに参加。

手塚 夏子|ダンサー・振付家。既成のテクニックではないスタイルの執行錯誤をテーマに舞台活動を続ける。2001年「体を観察する」というテーマに辿り着き、自身の体を素材とし実験する作品「私的解剖実験」シリーズが誕生。

栩秋 太洋|ダンサー・振付家。1973生まれ。舞踏カンパニー「山海塾」で舞踏手として10年活躍した後、個人として、音楽家との即興企画や、岡田利規、神村恵などの作品に出演する他、舞踏を基礎に原初的表現と知覚システムをテーマに創作を行なう。

外山 恒一|革命家。1970年生まれ。福岡市在住。革命家。07年の東京都知事選に立候補して、選挙制度を否定し「政府転覆」を呼びかける過激な政見放送がYouTube等に流出してある種のネットアイドルに。左右混淆反体制マガジン『デルクイ』主幹。

はぐれ雲一座|時々現れては消えてゆく"はぐれ雲"。おとぎの国の住人です。情けないほどにくだらないものの中にこそ、ほんとうに大切なものがあるのかもしれません。ないかもしれません。

羽鳥 嘉郎|演出家。1989年生まれ。「演出」の一般化を目指す。「けのび」代表。広義の演出といえる「教え」や「心がけ」をパフォーマンスワークを通して作るワークショップなど。京都国際舞台芸術祭「使えるプログラム」企画者。

武藤 大祐|ダンス批評家、振付家、群馬県立女子大学文学部准教授(美学、ダンス史・理論)。現在の研究課題は、近現代アジアにおけるダンスのグローバル・ヒストリー、およびポストコロニアル・コレオグラフィーの理論。

山中 カメラ|現代音頭作曲家・特殊写真家・パフォーマー。自作の写真、映像、歌が融合した独特の「カメラショー」をライブ形式で展開。近年「現代音頭作曲家」として、国内外で様々な人々を巻き込んだオリジナルの盆踊り大会を開催する活動を勢力的に行っている。

b0005281_232788.jpg



  ====================


『野良』というイベントに出ます!

これは、「ダンス、音楽、演劇」といった
多様なジャンルの表現者たちが一同に会し、
その線引きを超えて共演・融合するという、
まったく新しいフェスティバルです

出演者は、
 山海塾出身の舞踏家・元都知事選候補・現代音頭作曲家、などなど、
とても豪華けんらんな面子であります


イマハシは、「はぐれ雲一座」に参加し、
芝居に出ます

芝居のテーマは、ズバリ!
「桃太郎とかぐや姫」「スペースファンタジー」です
涙あり、笑いあり、歌あり、アクションありの大ステージになります

イマハシは、鬼っ子ジンジローとして出ます★


新聞でも紹介されています
●西日本新聞 14.2.9朝刊記事●
『「飼い馴らされない表現」
 フェス ダンス、音楽、演劇…11組が出演』






======================

次の日、2月12日水曜日
キャバンビートにも出ます
はぐれ雲一座2DAYSです

コチラのほうでは、
 ●芝居「桃太郎」
 ●古武術 演武
 ●ほか

いろいろやります


こちらもよろしくお願いします◎
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-02-10 23:53 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の北陸ローカル線4(高山本線)

 
前回前々回前々々回 の続き◆


b0005281_19391130.jpg
12:00 
先ほどの名古屋駅から、30分ほど列車に揺られて北上し
次なる駅へと着きました

ここは、、、








b0005281_19392321.jpg
岐阜駅!

降りるのは初めてです
ムーンライトながらで通り過ぎたことはあるが、
外の様子を知らないので、ホームから出てみました









b0005281_19393170.jpg
駅前ひろばには、金ピカの織田信長像
さすが、尾張名古屋の文化圏
ド派手だね

少年少女たちの心を、わしづかみにしています


ところで、腹へったな










b0005281_19394075.jpg
駅ナカの定食屋さんで、昼ごはんタイム

昨晩と今朝は、フェリーの中でカンタンな物しか食べてないので、
ここらでひとつ、ガッツリいただきます
海鮮定食です

奥にあるのは味噌カツ
芳醇なソースの匂い
もぐもぐ、、、




――うまい!! さすがは本場!
ジューシーでボリューミーで、感涙の味だ










b0005281_1940541.jpg
13:10 ふたたびホーム
次なる列車が、やってきました

さあ! 
これより、高山本線 に挑みます
(※正確には、さっきの名古屋駅からが高山本線の始まり)

念願も念願、どうしても乗りたかった路線です!
初の高山本線、緊張するが、
いざ乗り込んで、さあしゅっぱつ!
ガタン!








 ~ ~ ~ ~ ~ ~








b0005281_19401418.jpg
ガタン ガタン

小一時間もすると、沿線に飛騨川が見えてきました











b0005281_1940232.jpg
ガタタタン ガタン
だんだん山深くなってきました
よい感じだなあ

川と山とが織りなすこの景色、
われらが肥薩線の川線に似たものを感じます










b0005281_19403238.jpg
さらに高山本線を走ると、川が、急流の様相を呈してきました
ううむ、これが飛騨高山の風情というわけか!

このへんになると、肥薩線川線よりもだいぶ急峻です
ガタン ガタタタン――












 ============

15:15


b0005281_19404285.jpg
どうやらここで、一時停車するもよう
ここは、、、









b0005281_19405146.jpg
下呂駅です
言わずと知れた、名湯の里

まだ夏で汗ばむ気候だとは言え、
温泉に入ったら、サパーリするだろうな
ちょと入りたいが、、、

お!









b0005281_1941031.jpg
良いものがあった!
温泉が出てるじゃないか!
しかも、タダ!

まあ、手しか入れん

チャポンと手をつけてみると、、、
おおーー列車の冷房で冷えきったこの身体に、心地よき温かさ!
いやされるなあ


どっかの湯で全身も入りたいものですが、そろそろ出発時刻です
うしろ髪を引かれつつもホームに戻り、
ふたたびび列車に乗り込みます








 ~ ~ ~ ~ ~ ~






b0005281_1941968.jpg
ガタンガタン

飛騨の夏、山のなか、
田園風景をながめながら列車は走ります












b0005281_19412018.jpg
ゴォォオオオーーと川を渡ります

雲ゆきはあやしいが、日はジリジリと照りつけます










 ~ ~ ~ ~ ~ ~




15:40 ふたたび一時停車



b0005281_19413052.jpg
飛騨萩原駅
両脇の木がみずみずしくて、夏にうってつけの駅だ

ミーーーンミンミンミーーと、セミの声も活気に満ちてます


数分して、ふたたびしゅっぱつ!
先を目指します











b0005281_19414323.jpg
ガタンゴトン
列車は川をゴォオオオオーーと渡ります

山の景色とあいまって、よいものだなあ
高山本線!










b0005281_19415266.jpg
ガタンガタン
列車はスピードを上げて走ります

しばらく、川に沿って走ります











b0005281_1942181.jpg
ガタタタン ガタン
レールが描く、大きなカーブの向こうに、
町が見えてきた


そろそろ夕方、次なる目的地が近づいてきたようです
いよいよ来ました
念願の地! それは――――!!















(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-02-05 20:15 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)