<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

映画 『風立ちぬ』

 
b0005281_19283468.jpg映画の感想
※ ネタばれあります


 ============

『風立ちぬ』 (2013年)

■ スタジオジブリ作品
■ 監督:宮崎 駿
■ 声の出演:庵野秀明、瀧本美織、ほか



  ~ ~ ~ ~ ~ ~

で、感想は、一言につきます
透き通っていて、うつくしかった
ストーリーも、映像も


あらすじを、超・端的に言うと、

◆ 伝説の設計技術者、堀越二郎が主人公
◆ 飛行機が好きで、美しい風のような飛行機をつくりたい
◆ 設計士としての生きざま、その話に加えて、
 「不治の病」モノがストーリーに入る
 (恋人が結核)


堀越二郎は、神話になった戦闘機「ゼロ戦」の主任設計者
ちなみに映画では、戦争および戦闘シーンは出てきません
この映画は、反戦とか戦争うんぬんを扱っている映画ではなく、
もっと純粋なものを扱っている

すなわち、技術~美へのあこがれ
これは、ユートピア思想に近いもので、ときとして狂気を併せ持つ
技術の進歩は、「希望」と「毒」の両方を持たらすからです

そのあたりのことが、全編をとおして、すごくよく描かれていた


 ~ ~ ~

さて、主人公の飛行機に対する気持ちは、無垢そのものなんだけれども、
むしろ、浮世離れした雰囲気すら感じた

さらに言えば、
副タイトルに「生きねば」と付いているものの、
そもそも主人公が、この世にしっかり生きているという風には感じなかった

夢の中で、イタリアの著名設計士・カプローニと邂逅し、
ひろい草原を飛行機でたわむれるシーンが、たびたび登場する

しまいには、夢と現実が交錯して、映画が終わっていく

こなごなになった飛行機の前に立ちすくむ主人公
もはや、現実なのか夢なのか判然としない

この世ならざる雰囲気を強く感じたのは、
これ、主役・二郎役である庵野秀明の声優ぶりが、すごくよくハマってたからだよなあ
喋り方がたんたんとしていて、それが映画全体にまで広がる浮遊感を醸しだしていました


映画を観る側の、魂が抜かれていくような、そんな具合でした



b0005281_19404637.jpg




 ~ ~ ~

余談

技術視点で
「うおお計算尺!」とか
「おお、みんな手書きで図面かいてる! CADじゃない」とか
「仕様書の単位系がkg重! SI単位化してない!」とか、
「リベットじゃなくて沈頭鋲と呼んでる!」とか、
部分部分ミーハーに見ていたんですが、
技術者は良くも悪くも「純粋」で、そのあたりのこともよく描かれてて面白かったです

流体力学は萌えるよなあ
 

  
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-07-29 19:41 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

ライブに出ます☆ ’13.7.14(日) フーキーウーキー

   
● 2013.7.14 (日)●
夏ライブ!

会場  喫茶・喫酒 フーキーウーキー
(福岡市東区馬出2-20-30 ダイアパレス県庁前1F)

・18:00スタート (17:30開場)
・料金:1800えん (1ドリンク付き★)


【出演】
● イマハシリョヲタロウ+高祖公三
● マルツカ道
● 寺本幸蔵
● 桐原正二


b0005281_20323030.jpg



 ============

ライブに出ます

場所は、馬出のフーキーウーキー
もはや、おなじみの場所です

感情を揺さぶる磁場か何かが出ているのだろうか、
ここでは、だいたい情緒不安定でライブすることが多いです
もちろん、そのほうが、なにかと良いと思います
素っ裸の「素」が出るので


さて
共演者を見てみますと、、、お!!
マルツカ道とありますね

フーキーウーキーの店長さんであります
彼の歌は、とにかくド熱く、ストレートに感情を揺さぶってきます
はっきりとした声で、「当たり前のこと」を歌います
この「当たり前のこと」を歌うというのは、じつに大事なことです
それは、「歌わなければいけない類(たぐい)のこと」、と言い換えてもいい


これは、できるようで、なかなかできないことです


なんだか武者震いをしてしまいそうな心持ちですが、楽しみです
こちらは、高祖さんと一緒に出演します

よろしく見に来てね◎


『世界は、終わらなかったけど』 (4月13日 警固BURARIにて)


 
 
 
 
   
[PR]

by dolmens | 2013-07-09 22:48 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(5)  

活元運動

 
警固神社の「福岡地区 合同活元会」に、参加してきました

整体の創始者、野口晴哉先生(下写真)の「整体協会」が各地で行っているもので、
同会のメソッドの一つである<活元運動>をみんなでやろう、という会です

イマハシは、本を読んでの知識としては知っていましたが、
体験するのも見るのも初めてでした


b0005281_2154418.jpg

<活元運動>とは、ひとことで言えば、
「もともと自分の身体に備わっているはずの<自然治癒力>を呼び起こす」運動、
といえば良いでしょうか

●悪いものを食べれば、吐く
●目にゴミが入れば、涙が出る
●腰を曲げて作業していたら、伸びをしたくなる
等々、
身体というものは、環境の変化などに対応して、勝手に動いてくれます


これを、さらに自由にのびのび動くようにして、<詰まり>や<歪み>などを解消していく、
これが<活元運動>のひとつの目的なんだそうです



 ~ ~ ~

さて、警固神社の神徳殿・大広間にて行われた活元会
年配の方がとても多かったですが、若い世代もチラホラ

<活元運動>、果たしてどんな動きなのかと言うと、
これが人によって、ほんとに千差万別
ゆーらゆーら動く人もいれば、床を叩いたり頭をブルブル震わせて激しく動く人もおり、
そうかと思えば、ほとんど動かない人もいました

動きについては、とくに決まりはないようです
ムリに動こうとしないこと、との注意がありました

大事なことは、みぞおちを緩めるということ
ほんとに緩まったらアクビが出てくるらしく、
会場中、ファーーアというアクビの声がたくさん聞こえていました


イマハシは、前述のとおり<活元運動>は知識としては知っていましたが、
じっさいに行うのは初めて
どうかなと思いながらスタート
整体協会の先生から、愉気(ゆき・後述)をしてもらい、
だんだんと身体がゆらゆらしてきて、想像以上に身体が動き、我ながらビックリしました


腰の詰まり、肩の詰まりが一気に取れたように感じます

そのあと、くしゃみが連発で出ました
汗もダラダラ


「愉気」は、見よう見まねでやってみたので、まだよく分からないのですが、
「行気」のやり方は何となくわかったので、自分なりに研究して、
普段の生活にも取り入れてみようかと考えています







 ============

以下、自分メモ
<活元運動>手順

・正座

・呼吸にて、頭頂から仙骨へと息を送る(数回)

・自分のみぞおちに指を置き、ハーーーっと声を出しつつ息を吐きながら、前屈
 息を吐ききったら、すぐ息を吸い、もとの正座に戻る
 (みぞおちの位置:胸骨のいちばん出ている骨に人差し指を置き、
  その状態での薬指の位置に該当
  確認できたら、薬指の位置に、人差し指のひらを置く
  指は立てないで、寝かせておく)

・ねじれ運動
 自分の背中を覗き込むようにして、肩がまわって寸刻静止
 そののち、一気に緩めて、もとの状態に戻る
 (左右数回)

・両手をグーにして、肘をやや張って、目の前やや上方にかざす
 自分のほうへと、ぐいっと引きつけつつ、息を吐く
 (注:3回まで)

・内腕を上向きにしつつ正座、目をつむる

・活元運動

・一時停止、中断するときは、
 目をつむったまま、息を大きく「んーーーん」と吐く
 そののち、片目ずつひらく
 (眼球運動が起こっている場合は、眼球の動きが止まるまで何回か繰り返す)

以上、自分ひとりで行う「行気法」

正座ではなく立ったまま行う場合、かかとでの呼吸法を取り入れる
カカトから頭頂へと息を吸い、頭頂からカカトへと息を吐く



・二人一組での愉気

前の人が正座
後ろの人は立って、前の人のコメカミあたりに中指を置く
(目と耳とが垂直に交わるあたり、少し凹みがあるへん)

一緒に息を吸い、ハーーーっと吐く
自然、後ろの人が、前の人の頭をすこし持ち上げ、下げる動きとなる

そのまま後ろの人が正座
前の人の背中に手のひらを置く

一緒に息を吸い、ハーーーっと吐く
それから前後の人それぞれ活元運動



・活元運動の終わり方

 一時停止、中断「んーーん」の呼気をおこなったあと、
 両手をグーにして、肘をやや張って、目の前やや上方にかざす
 自分のほうへと、ぐいっと引きつけつつ、今度は息を吸う
 (注:3回まで)



順番の前後、相違点がある可能性があるが、
以上
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-07-08 21:20 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

『フィジクスとカデンツァ α』 (ドルメンズ新作)

 
b0005281_19155994.jpgフィジクスとカデンツァ α
Physics and Cadenza α

2013年6月 発売
<内容> 書籍+CD
<定価> 500円 (tax in)



◇ 通販での購入はコチラ ◇
 ドルメンレコード (メール)



「終わらない世界で、きみは死ぬ。」
リンゴが落ちる世界、仮想現実、
時速30万キロで人々が殺し合い、自らをむしばみ、
希望を見出そうとする世界――――
自然科学、東洋哲学、アシッドフォーク、
すべてを経由し、世界の向こう側へ。


 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

【書籍】
A4版50ページ

・ドルメンズ 楽曲詩 (付属ライブCDの全9曲分)
・プラスティーリア詩篇
・銀河鉄道キハ2000 おすすめ路線 (鉄道エッセイ)


【CD】
ドルメンズ楽曲 全9曲入

2013年アコースティック・ライブより収録

 1.レディオ・エイジ
 2.世界は、終わらなかったけど
 3.パーフェクト・ディフェンス
 4.なみだのメロデ
 5.眠れない明け方へ
 6.ヘブンズパンク
 7.友引き
 8.蛍のころ
 9.ユーエフオーと二人旅


■ 購入方法☆ ■
1. ライブ会場にて、販売しています。
2. 通販での購入ができます。
 ドルメンレコード・メールに、
 お問合せください。(送料は200円)

 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-07-06 19:23 | ◆ ライブの映像、作品 etc.