<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

いとしの最南端鉄道 6(くま川鉄道、ブルートレインたらぎ)

 
1:肥薩おれんじ鉄道2:指宿枕崎線/山川駅、指宿駅
  3:指宿枕崎線/西大山駅、枕崎駅4:日豊本線/鹿児島中央駅~都城駅
  5:吉都線、肥薩線 の続き◆



b0005281_19361284.jpg

JR人吉駅に隣接する、
くま川鉄道のゲストハウス「くまたび」
きっぷやグッズなど販売しています

その先に、くま川鉄道の乗り場へと至る階段








b0005281_19362155.jpg

そう! これから、くま川鉄道に挑みます!
今回が、初・乗車です

ここ、人吉温泉駅から颯爽と列車へ乗り込み、
17:27 いざしゅっぱつします!!
ガタン!








 ~ ~ ~






b0005281_1936363.jpg

ガタタタン ガタン

やや夕暮れてきた空の下、
畑を車窓に眺めながら、列車は走っていきます












b0005281_19364750.jpg

ゴォォオオーーと、川を渡ります














 ============


b0005281_1937081.jpg

17:50 早くも目的地にとうちゃく!

途中下車します
ここは、、、










b0005281_19453270.jpg

おかどめ幸福駅!!
これは、なんと縁起がよい駅名か!

駅舎の造りも、しめ縄といいガランガランといい、まるで神社そのもの


駅の向こうには、山と田んぼが広がっています
のどかだ












b0005281_19474838.jpg

おかどめ幸福駅を、遠くから見てみます
雰囲気よいなあ

駅前には、「キューピットが幸福を届けます☆」というポストが


さて、ここから隣駅まで歩いてみます










b0005281_1948247.jpg

線路沿いに、のどかな風景の中をてくてく

夕暮れて、しずかだ
空気がうまいなあ


30分ほどかけて、ノンビリ歩きます









 ~ ~ ~







b0005281_1948987.jpg

しだいに町らしくなってきたかと思うと、
目の前にデーンとあらわれた、あさぎり駅!!
着いたー!

これは立派な駅舎だなあ!
展望デッキがあるみたいなので、上ってみよう










b0005281_19482031.jpg

デッキから

おおーーなかなかの町並み!
遠くに山も見えて、よい具合だね

展望デッキを降りて、
駅の隣にあるスーパーで、2L水ボトルと食料を調達











b0005281_19482952.jpg

駅ホーム

む 何やら様子が、、、











b0005281_19483851.jpg

おおーーーー!!!
タブレット交換!!

これは、貴重な瞬間に立ち会えた!!
ちなみに、「タブレット交換」とはなにか、簡単に説明しますと、

・線路が単線の場合、「上り列車」と「下り列車」がすれちがう区間では、
 特定の通行票(タブレット)を持っている列車しか、その区間を走れない取り決めになってます
・そのため、別の区間に列車が入るときには、車掌さんや駅員さんが、
 そこを走ってきた列車と、タブレットを交換します
・なんのために、こういうことをするのかと言うと、
 単線の区間内で、列車同士がぶつかる事故を防ぐ、安全措置のためです



興奮に沸き立ちつつも、列車には乗らなければならない
19:04 乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
ガタン









 ~ ~ ~







b0005281_19485157.jpg

まっすぐに伸びたレールの上を、ガタンゴトン列車は走ります











b0005281_19485967.jpg

もう夕暮れだなあ

ガタン ガタン――














 ============


b0005281_1949822.jpg

19:10
本日、最後の駅にとうちゃくしました

ここは、、、!










b0005281_19491733.jpg

多良木駅(たらぎえき)!!
雲形の屋根がメルヘンチックな、不思議な雰囲気の駅舎だ

今日もずいぶん列車に乗ったなあ
さて、今宵の宿は、、、











b0005281_19492667.jpg

!? 駅のまん前に、ブ、ブルートレインが!!!

そう!! 今宵はココに泊まります
その名も、ブルートレインたらぎ!!











b0005281_19493632.jpg

ここは、かつての寝台特急「はやぶさ」の車両を使った、
簡易宿泊施設だということです
車体は、とてもキレイに手入れされています

さっそくオジャマします










b0005281_19494550.jpg

3車両中、真ん中にある公共スペース
ここに、受付や売店なども備えられています

オーナーの人と「どちらから」「博多から」「それはそれは」などの話をしつつ、
テーブルを借りて、さきほど調達したごはんを食べる


さすがに車両は、ある程度の改装はされていますが、
極力、雰囲気は残そうという努力が、いたるところで感じられます










b0005281_19495468.jpg

寝台車両を見学

おおーー! 開放B寝台!!!
なつかしい、、、!










b0005281_1950436.jpg

思えば寝台特急はやぶさ、
2009年1月、土下座くんと乗ったなあ
開放下段、あのときと同じだ

今でも覚えている
レールのきしむ音、目覚めて車窓から眺めた朝日、車内販売のコーヒーの匂い、、、

もちろん過去の話だ
もう、寝台特急はやぶさは走らない


なんだか寂しくなってきちゃったな













b0005281_19501239.jpg

交差点の斜め向かい、多良木町ふれあい交流センター「えびすの湯」

ブルートレインたらぎで、温泉入館サービス券をもらえるので、
ここで汗を流します

ふー












b0005281_19502360.jpg

サッパリとしたところで、ふたたびブルートレインたらぎ

今回、ソロ寝台に泊まります
これは下段だが、実際に泊まるのは上の段



荷物を整理して着替えるやいなや、
旅の疲れか、早々にまぶたが重くなってきた

かつてのブルートレインへ思いを馳せながら、オヤスイミン
このブルトレはもちろん走らないけれど、はやぶさ号がガタンゴトン走る夢は見られるかな?


ガタタタン ガタン――










(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-30 08:02 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

いとしの最南端鉄道 5(吉都線、肥薩線)

 
1:肥薩おれんじ鉄道2:指宿枕崎線/山川駅、指宿駅
  3:指宿枕崎線/西大山駅、枕崎駅4:日豊本線/鹿児島中央駅~都城駅 の続き◆



b0005281_20325924.jpg

みやざきチキン南蛮カレーを堪能し、ふたたび都城駅ホーム
これより、超・重要区間に臨みます
どこなのか?

こたえよう――それは、吉都線(きっとせん)です
ここ都城駅と、鹿児島北部の吉松駅とを結ぶローカル路線であり、
そして、九州におけるJR路線中、イマハシの「最後の未乗区間」である!

ついに、、、ここまでやって来れた、、、
はやる気持ちを抑えつつも、列車に乗り込んだ!
12:06、いざしゅっぱつ!! ガタン!












b0005281_20331269.jpg

山と田んぼとが織り成す景色の中を、ガタンゴトン走っていきます













b0005281_20332995.jpg

小一時間ほどで、うっすらと霧島連山が見えてきました
ガタゴトン












b0005281_20334187.jpg

しばらくの間、列車は初夏の風景の中を走ります

のどかだなあ













b0005281_20335232.jpg

霧島連山をバックに、農風景がずっと続きます

ガタゴト――
















 ============

13:35

b0005281_2034297.jpg

ぼーーっと車窓の景色を眺めていたら、
あっという間に目的地へ着きました

ここは、、、









b0005281_20341138.jpg

吉松駅!!
吉都線の終点です

と同時に、吉都線・完乗!!!
これで、九州のJR路線をすべて乗りつぶすことができた
感無量、、、












b0005281_20341811.jpg

吉松駅の待合室

たたみ四畳半に、ちゃぶ台と座いす
なんだか所帯じみてるな

九州のJR全路線を完乗した喜びを噛みしめつつも、
現実問題、次の列車まで、2時間ちかくも待ち時間がある
しばしノンビリします











b0005281_20342545.jpg

駅のすぐそばにある広場
C55の静態保存が安置されています

駅や、外をブラブラしてたら、
なんやかんやで時間が経つのはあっという間
ホームに戻ってみよう











b0005281_20343478.jpg

おおーー特急「はやとの風」だ

ありゃ? 観光列車「指宿のたまて箱」とも書いてあるな?
どっちなんだ

この列車、あしゅら男爵みたいな外見してるから、
ますます分かりにくいな


もっとも、どちらにしてもこの列車には乗らない











b0005281_20344497.jpg

イマハシがこれから乗り込むのは、
もはやおなじみ「いさぶろう・しんぺい号」です

これより北上、肥薩線に臨みます!!
15:16 しゅっぱつ!
ガタン









 ~ ~ ~







b0005281_2034532.jpg

ガタタタン ガタン
いやーー相変わらず山深いとこ走るなあー

この「しんぺい号」も、肥薩線も、もう数回ほど乗っているので、
新鮮な感動はないにしても、そのぶん落ち着いて景色を楽しめるので、
よいです












b0005281_20351526.jpg

霧島連山を望む、絶景車窓
あいにくの曇りだけど

手前に見える、砂防堰堤が気になるな









b0005281_20352755.jpg

おおーー見事な透過型ダムだ

砂防堰堤ってのは、土砂災害などを軽減するためのバリアみたいなものなんだけど、
列車はそれよりも上を走っている、という事実が、
よくよく考えると恐ろしい

肥薩線が走るエリアが、いかに急峻な地形であるかを物語っています















b0005281_20353795.jpg

とちゅうの矢岳駅(やたけえき)

しんぺい号は観光列車であり、
見どころ駅では一定時間ほど停車してくれるので、ありがたいです













b0005281_20355161.jpg

ガタン ガタン

肥薩線名物、大畑ループ(おこばるーぷ)とスイッチバックを経て、
列車は、山をスイスイ降りて行きます――














 ============

16:35

b0005281_2036953.jpg

しんぺい号の終着駅、人吉駅にとうちゃく!!
おつかれさまでした

今朝は、鹿児島の南端部、枕崎にいたというのに、
今や熊本なんだなあ


ここで一時間ほど、ふたたび待ちます









b0005281_20362110.jpg

さすが人吉は、城下町の風情を色濃く残す町らしく、
駅舎がまるで、城そのものです

もうすぐ5時になるなあ――
ん?










b0005281_20363523.jpg

チャララララーーン
ハッッハッハッハー

おおーーー! 城から何か出てきた!!?
この城オブジェ、どうやらカラクリ時計のようです










b0005281_20364752.jpg

ストーリー展開を追ってみると、どうやら、
「殿様が家来たちの目をかいくぐって、
 きれいな町娘さんのところにソロリ忍びにいく」

という趣旨だった


うーーーむ

からくり時計の精緻さと、ストーリーの脱力具合との対比に混乱しつつ、
もうそろそろ、次なる列車に挑む時間がやってきた



さあ、お次はどこか?
どこなのか!!?











(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-28 18:32 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

いとしの最南端鉄道 4(日豊本線/鹿児島中央駅~都城駅)

 
1:肥薩おれんじ鉄道2:指宿枕崎線/山川駅、指宿駅
  3:指宿枕崎線/西大山駅、枕崎駅 の続き◆


~ 旅の2日目 ~


b0005281_1844458.jpg

am6:00 ふたたび、指宿枕崎線の枕崎駅入り口

うーむ 分かりにくい








b0005281_1845413.jpg

ホームへと至る道のわき、ちょっとした花園があります

ネコさんがいますよ
登ろうとしているな









b0005281_185266.jpg

ホーム

車両止めに、手書きで「最南端終着駅」、、、









b0005281_1851655.jpg

しばしホームでたたずんでいるうちに、発車の時刻が近づいてきました

6:10 さらば日本最南端駅、またいつか必ず来るよ!
おなじみキハ47に乗り込み、いざしゅっぱつ!!
ガタン!









 ~ ~ ~







b0005281_1852434.jpg

朝焼けがまぶしい畑地帯の中を、ガタンゴトンと列車は走ります

青空だなー











b0005281_1855533.jpg

おおーー薩摩富士こと、開聞岳が見えてきました

雄大だなー!











b0005281_1861235.jpg

7:00 きのう降りた西大山駅の手前あたり
薩摩富士がさらに肉薄してきた
迫力だな!

ガタゴトン











b0005281_1862876.jpg

am8時をまわり、早くも指宿のあたり
海だ海だ

ちょっと曇ってきたかな
ガタタタン ガタン――












 ============

am8:50 鹿児島中央駅とうちゃく!
指宿枕崎線を往復し、戻ってきました


b0005281_1864798.jpg

息もつかず、次なる路線へと臨みます
進路を、北東へ

am9:00 日豊本線の列車に乗り込み、いざしゅっぱつ!
プシューーゴトン












b0005281_1865961.jpg

カタタタン カタン

海の向こうに、桜島が見えます
でかいなー










b0005281_187929.jpg

何かの漁をしています

列車は、スピードを上げて、
カタタン カタンと走っていきます――










 ============

am9:20
列車行き違いのため、数分停車


b0005281_187223.jpg

竜ヶ水駅(りゅうがみずえき)

乗り降り自由の「九州満喫きっぷ」もあることだし、すこし降りてみよう










b0005281_1873391.jpg

外から見た駅舎

うーむ質実剛健









b0005281_1874452.jpg

ホームには、災害復旧記念碑が

ここ竜ヶ水駅は、かつて土石流災害におそわれて大被害をこうむったのだそうです
海も近いし、駅舎が堅牢な造りであるのも、うなずける話だ


数分ほどして、列車はふたたびしゅっぱつ
カタン











b0005281_1875834.jpg

海に沿って、カタタタン カタン――









 ~ ~ ~







b0005281_1881261.jpg

9:30 ふたたび列車行き違いのため停車
ここは、、、










b0005281_1882241.jpg

重富駅
和風で落ち着いた雰囲気の駅舎です

また数分で、列車しゅっぱつ
カタン













b0005281_18834100.jpg

カタタタン カタン

すっかりあたりは、山深くなってきました












b0005281_1885329.jpg

北俣駅
コジンマリとした駅舎で、あたりは山深い
ここでも数分停車します

そろそろ鹿児島と宮崎の県境だ
10:30 しゅっぱつ!! カタン












b0005281_1891180.jpg

ちょっとずつ、集落がひらけてきました

カタタタン カタン――












 ============


b0005281_1892435.jpg

10:38 着きました、、、











b0005281_1893790.jpg

都城駅!!
これにて、日豊本線、完乗!!
未乗区間である鹿児島中央~都城を、ぶじ乗りとおしました

きのうの「指宿枕崎線 完乗」に引き続き、快挙です
嬉しい限り、、、!


都城駅は、4月の宮崎旅 ぶりだなー

ところで腹へった
宮崎と言えば、あれだな、、、










b0005281_1894810.jpg

次の列車に乗るまでに1時間ちょっと時間があるので、市内をぶらぶら

「カリー専門店トプカ あいもこいもかふぇ」
うむ










b0005281_1810063.jpg

みやざきチキン南蛮カレー!!
都城ご当地グルメです

うおーーチキン南蛮!!
大好物です
さっそくいただきます モグ、、、、


――う、ううううまい!!!?
なんたるうまさ!
カレーとチキン南蛮が、お互いを高めあっている切磋琢磨フード!!


うめうめ言いつつ、都城でのひとときを堪能するのでした
だが、次の行程は、超・重要区間

一体どこか? それはーーー!!!










(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-26 18:47 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

いとしの最南端鉄道 3(指宿枕崎線/西大山駅、枕崎駅)

 
前々回前回 のつづき◆

17:40

つ、ついに、
たどりつくことが出来た、、、



b0005281_11354799.jpg

西大山駅!!
そう、正真正銘 日本最南端の駅!!

「薩摩富士」こと、開聞岳が大きく背後にそびえたっています
感激だな、、、


降りたのは、イマハシひとり









b0005281_1136335.jpg

ホームにあった看板

ここ西大山駅は、北緯31度
エジプトのアレクサンドリアや、米のエル・パソとほぼ同じ緯度だそう
そりゃ南国だな!!


、、、エルパソって、どこだ?










b0005281_11361486.jpg

ホームを見渡す

乗り場と、雨よけ+ベンチだけのコンパクトな駅ではあるけど、
まわりにはどこまでも田園が広がって、とてものどかです










b0005281_11364510.jpg

駅の前、色とりどりの花に囲まれて、
黄色いポスト が立っています

なんと現役のポストらしく、
「南の果てから、あなたの思いを配達しますよ」ということ

ふむ









b0005281_11365846.jpg

駅前の売店で、「最南端駅到着証明書」と一緒に、
絵はがき を買っっちゃった

誰に向けて出すのかって? フフフ!!

さっそうと、宛名を書く
イマハシリョヲタロウ殿」!!
フハーハーハハー!!

自分宛にメッセージもつづり、ポストへポイ
む、空しくなんか、ないんだから!










b0005281_1137624.jpg

そんなことしてても、まだ時間がちょっとあるので、
あたりの田園を散策

初夏の夕方、風がほどよく爽やかで、
とても清清しい気分です
草の匂いが、ノスタルジーをかきたてます










b0005281_11371379.jpg

一面みどり色したキャベツ畑の向こうに、
西大山駅と開門岳が見えます

時間がゆっくりと流れているよ











b0005281_11372169.jpg

ふたたび駅ホームへ

だいぶ夕暮れて来た
そろそろ列車が着く頃合い










b0005281_11373072.jpg

18:40 下り列車がやって来ました

西大山駅よ、ありがとう! また来るよ
乗り込んで、いざしゅっぱつ
ガタン!!








 ~ ~ ~








b0005281_11374442.jpg

ガタタタン ガタン

夕焼け空の下、
開聞岳が、大きく迫ってきます












b0005281_11375198.jpg

ガタン ガタン

夕日がきれいだな
もうやがて、沈もうとしています













 ============

19:40
どうやら目的地へ、着いたもよう


b0005281_113802.jpg

――や、やりました
ついに、、、!!









b0005281_1138949.jpg

枕崎駅!!!
正真正銘、日本最南端 始発・終着駅!

そして、これにて、指宿枕崎線・完乗!!!
感無量だ、、、
思わず目から熱いものがこぼれたが、やむなきことと言えよう


この日はもう遅いので、列車はオシマイ
せっかく枕崎に来たので、
明日の旅のこともあるし、のんびり夜を過ごして英気を養おう


ということで、、、










b0005281_1138183.jpg

枕崎といえば、カツオの一本釣り!!

目の前に出てきたのは、「枕崎鰹船人めし」(かつおふなどめし)!!
町を挙げて取り組んでいるという、ご当地グルメというやつだ
宿の近くにある、「居酒屋えびす」にて










b0005281_11384667.jpg

具材をトッピングして、カツオ出汁だれをかけて、
いただきまーす
モグ、、、


!!?
う、うううまい!!!!

本枯れカツオ節のだしが良く効いてて、
かつお切り身の芳醇な味わいと、ナイス・タッグを組んでいる!!









b0005281_11385692.jpg

かつおの腹皮の塩焼き
これもいただきます モグ


うまーーーーい!!
脂がよく乗っていて、パワーが付くぞこれは!




ウマイウマイと言いつつ、旅の夜は更けゆくのでした
1日目は、ぶじ終了
さて、明日は、、、











(つづきます)

 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-24 18:46 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

いとしの最南端鉄道 2(指宿枕崎線/山川駅、指宿駅)

 
前回 のつづき◆


b0005281_217073.jpg

豪華絢爛な、川内駅(せんだいえき)の駅舎

九州満喫きっぷを手に、ふたたびホームへと向かいます









b0005281_2171057.jpg

13:20
列車に乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
カタン












b0005281_2172176.jpg

鹿児島の山なかを、カタンコトン――












 ~ ~ ~





14:10 鹿児島中央駅へとうちゃく!!
おつかれさまでした、、、しかし!!

ここでは3分で乗りかえ
ノンビリしていられない









b0005281_2173498.jpg

フウフウ む
おおーーこれだこれだ

指宿枕崎線!!!の発着ホーム!
これより、いざ臨みます
ついに――ついに、たどりつくことができた

武者震いで足がふるえながらも、さっそうと乗り込んだ
しゅっぱつ!!! ガタン!














b0005281_2183090.jpg

カタタタン カタン

市街の向こうにうっすらと、でっかい桜島が見えます











b0005281_2184443.jpg

30分も過ぎると、海の景色になってきた

青いなあ!












b0005281_2185971.jpg

はや15時をすぎ、指宿のあたり

南国ムードになってきたよ
ガタンゴトン










b0005281_2191283.jpg

やがて、港町の雰囲気になってきた

ガタタタン ガタン











 ~ ~ ~








b0005281_2192634.jpg

15:36 どうやら目的の駅へと着いたもよう
ここは、、、












b0005281_2193790.jpg

山川駅!!

なんと、JR日本最南端の有人駅とな!?
いやあーー遠くまで来たものだ











b0005281_2195178.jpg

駅前には、カエルもいるヨ
ゲコゲコ











b0005281_2110422.jpg

ふたたび山川駅ホーム

今度は200系、なのはな号に乗って、
いったん指宿枕崎線をもと来た方面へチョコット戻ります

15:45 しゅっぱーつ
プシューーガタン










 ~ ~ ~









b0005281_21101991.jpg

わずか数分で、着きました
ここは、、、











b0005281_21103095.jpg

指宿駅!!(いぶすきえき)

鹿児島の西南部の拠点駅は、なんとも華やかな駅舎だなあ












b0005281_21104154.jpg

駅のまん前には、おおきな足湯

これで、旅のつかれも癒せるね












b0005281_21105256.jpg

小一時間ほど駅前をブラブラしたところで、
ふたたび指宿駅ホーム

さらに、へ向かいます!
17:10 いざしゅっぱつ!!
ガタン











b0005281_2111215.jpg

すこし夕暮れて、
田畑のおだやかな風景のなかを、のんびり列車は走っていきます

そして、次なる目的地が近づいてきたもよう
ついに来てしまった、、、


いったいどこか!?
それは――!!










(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-22 18:55 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

いとしの最南端鉄道 1(肥薩おれんじ鉄道)

 
◆2012年 5月下旬のある日◆

b0005281_18121649.jpg

am7:40 モハヨウございます

JR鹿児島本線にて博多を南下、ここは朝の大牟田駅
スカッとした青空が広がっています

本日、九州満喫きっぷを使って、へ行ってきます

※ 九州満喫きっぷとは
 九州県内の、ほぼすべての鉄道が
 普通・快速に限り、なんと「1日乗り降りし放題」というスグレモノ


ホームへ戻って列車に乗り込み、さらに南下しますよ
出発! ガタン







 ~ ~ ~




b0005281_18125392.jpg

am9:20 つきました
ここは、、、









b0005281_1813262.jpg

新八代駅(熊本県)!
なんたる巨大駅か!!
九州新幹線の停車駅、、、!

そう、向かって右の巨大ホームは、新幹線用


イマハシが乗り込むのは各駅停車なので、
左側のコジンマリしたほうに向かいます










b0005281_18131155.jpg

!!! きたきたー!!
肥薩おれんじ鉄道!!
言わずと知れた、九州南ローカル線の雄!!

八代~鹿児島を、海沿いに走る風光明媚な路線
第3セクター鉄道です
2008年以来、久しぶりにお世話になります


10:16 再会の喜びをジックリ噛みしめたいところだが、
さっそく乗り込んで、いざしゅっぱつ!! ガタン!












b0005281_18133536.jpg

うおーーガタンゴトン!

海が! 海が眼下に広がっている!











b0005281_18142443.jpg

淡くて澄んだ海、こんなに間近に走るとは、
ひさしぶりだからか、感激だなー

ガタンガタン










b0005281_18143443.jpg

それにしても海、海、海











b0005281_18144733.jpg

11時過ぎ
海の区間は終わって、山の景色へと移り変わってきました











b0005281_18145987.jpg

田園地帯を、ガタゴトン――













 ============

11:50


b0005281_18151051.jpg

出水駅!!(いずみえき)
鹿児島だ!!










b0005281_18152236.jpg

駅前には、見事な和風庭園!

そして、本物の鶴 が!!?
と思ったら、これはよくよく見ると作りモノ

出水は、「鶴の来る町」として有名です










b0005281_18153314.jpg

出水駅の、反対側出口

メルヘンなのか何なのか、不思議な駅舎だ











b0005281_18154750.jpg

駅のすぐそばにあった、C56の静態保存










b0005281_1816027.jpg

しばしノンビリしましたが、
ふたたび列車に乗り込み、さらに南下します

12:10 しゅっぱつ!!









 ~ ~ ~








b0005281_18161338.jpg

山の風景の中を、ガタンゴトンと走ります











b0005281_18162798.jpg

!!?
あ、あれは、ブルートレインの車両!!!

阿久根駅のホームから
気になって仕方ないが、組んだダイヤの都合があり、
このまま南下を続けます












b0005281_18164117.jpg

12:50
また海が見えてきたよ

ずいぶん高いところを走っているから、水平線のカーブがよく分かるなあ
ガタゴトン











b0005281_18165962.jpg

町に入りました

大きな川の上を、ゴォォオオーと渡ります――











 ============

13:06


b0005281_1817417.jpg

肥薩おれんじ鉄道の終点、川内駅にとうちゃく!!
おつかれさまでした

4年ぶりの肥薩おれんじ鉄道・完乗!に、喜びもひとしおです


年々、右肩下がりの赤字にあえぐローカル線だが、
景色は超一級品
銀テツは、肥薩おれんじ鉄道を応援しますよ



さあ、ここからさらに、列車乗り継ぎだ!
旅は始まったばかり
向かう先は、、、、!!










(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-19 18:40 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

ライブ映像 (2013.2.23 馬出フーキーウーキー)

 
最近の、ライブ映像です☆
2013.2.23 at 馬出フーキーウーキー



『ユーエフオーと二人旅』 (イマハシリョヲタロウ+高祖公三ver.)






『眠れない明け方へ』 (イマハシリョヲタロウ+高祖公三ver.)






『蛍のころ』





曲の歌詞は、
「ドルメンズWEB」の「LYRICS」にあります
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-17 21:45 | ◆ ライブの映像、作品 etc. | Comments(0)  

芝居に出ます ’13.3月16日(土) Lamdmark

 
● 2013.3月16日 (土) ●

『はぐれ雲一座』 ~春季特別公演~
Lamdmarkスペシャル・ナイト

「ピーターパンの大冒険
 ~愛しのティンカーベル 伝説の歌姫」


b0005281_1733814.jpg”「ピーターパン、私はここよ、
 はやく迎えに来て!」
 ティンカーベルを追って、
 大冒険の始まりだ!
 急げ!ピーターパンと仲間達!
 世界が君達を待っている!!!”
 

 ============

会場  五感space 「Lamdmark」
 (北九州市小倉北区下到津5-2弓矢ビル102)
・20:00 スタート (19:00開場)
・料金: なげせん  ※要1ドリンクオーダー


【出演】
~おしばい~
 はぐれ雲一座
  <キャスト>
    ○ティンカーベル:平原美歌子
    ○ピーターパン:小関茂義
    ○大王:渡辺ハンキン浩二
    ○風見鶏のワトソン:ヨシダ祥
    ○キャプテン・クッククック:イマハシリョヲタロウ
  その他、古流武術の演武+芝居をします
~音楽ライブ~
  イマハシリョヲタロウ(ドルメンズ)
  Macky Parfait (マッキーパフェ ※クラシックギター・トリオ)


● Lamdmark(ラムドマーク)
北九州市小倉北区下到津5-2 弓矢ビル102
電話:093-583-0201



 ============

お芝居に出ます

演目は、「ピーターパンの大冒険~愛しのティンカーベル」!
超小型本格アドベンチャーです

イマハシは、キャプテン・クッククック役で出ます
真っ赤なマントを翻し、華麗に謎解きをする海賊船長です

今回、ハンキンさんとも共演いたします
去年の水族館劇場「夜と骰子とドグラマグラ」出演者が2名もいるとは、なんたる奇跡


会場は、
元・暗黒女子高生にして、気さくな音楽家、歌ムラミカさんのお店「ラムドマーク」です

ぜひ来てネ!!

 

 ラムドマーク関連記事
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-09 11:24 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

映画 『ニッポンの、みせものやさん』

 
『ニッポンの、みせものやさん』
(2012年)
b0005281_1792464.jpg 
■監督: 奥谷洋一郎
■出演: 大寅興行社のみなさん 他


 ============

博多の三大祭のひとつである、箱崎宮放生会

参道には、食べ物や飲み物の露店だけではなく、
オバケ屋敷やビックリ小屋なんかも立ち並びます

その中で、ひときわ異彩を放つのが、見世物小屋

「へびくい少女」こと、小雪太夫の芸をはじめ、
かっぱのミイラや、火吹き女、札当てなど、さまざまな見世物で楽しませてくれます


最盛期には数百軒あったものの、今では一軒しかないと言われている見世物小屋
ルーツは室町時代にあり、歌舞伎や人形浄瑠璃とともに、
京都の四条河原をにぎわせたと言われています


b0005281_17142132.jpg


その、最後の見世物小屋である「大寅興行社」を追ったドキュメンタリー映画、
『ニッポンの、みせものやさん』を観てきました

戦後~昭和の雰囲気にみちみち溢れている、興行師の世界
義理・人情も感じさせ、祭りの裏の部分、いかがわしさなんかも垣間見せたりしています

しかし、映画全編を通して漂っているのは、
ノスタルジー、消えゆくものの美しさ

こういう映画って、ありそうでなかなかないです


もともと、
「小雪太夫チャンが映画スクリーンで見れるなら、見に行かねば」
というミーハーな気分で見に行ったんですが、
現・座長である、ゆうこ姐さんのキップの良さ、口上のキレの良さに、舌を巻きました


見世物小屋は、かつては、
みなし子や、生まれつき障害を持つ子供たちを引き取って、
出演者として仕事をさせ、食べていけるようにしたという救済施設の役割も持っていました

そうやって大寅興行社に貰われてきたお峰太夫さんは、
芸歴60年を越えているが、まだまだ演るという
芸人魂だけじゃないんだろう
大寅興行社への義理があってのことだと推察しました


映画としては、ハッと驚くようなスペクタクルは乏しいかもしれないが、
胸がじんわり熱くなる場面や、
見たことはないけれどもどこか懐かしい風景、ざわめき、空気、匂い、
そういうものを感じさせてくれる、映画です





 ============

<映画のあらすじ>

昔は、いろんなお祭りや縁日で見かけた「見世物小屋」。
へび女、人間ポンプ、タコ娘、ロクロ首、オートバイサーカス…。

最盛期には数百軒を数えたという見世物小屋、その最後の一軒と言われる大寅興行社。
普段は垣間見ることができない見世物小屋一座の旅から旅への生活と歴史。

日本全国、旅から旅に回っている。目的地に着けば材木をトラックから下ろし、
一座全員で仮設の小屋の設営にかかる。
犬や猿やヘビも一座の一員のようだ。

見世物小屋の名物とも言える看板がかかり、夜になると興行が始まる。
小屋に明かりが灯り、客寄せの口上が場を盛り上げる。
太夫と呼ばれる出演者たちの出番だ。
怖いもの見たさのお客が小屋に吸い込まれていく。

かつて日本中どこでも見られた見世物小屋の風景が、いま消え去ろうとしている。


また今日も、小屋をたたんで、荷物をトラックに載せて次の旅に出かける。
見世物小屋がそこにあったという人々の記憶とともに。

オフィシャルサイトより抜粋)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-07 18:20 | ◇シネマと僕ラ | Comments(0)  

ライブ映像 (2013.2.16 カンティーナ赤坂)

 
最近の、ライブ映像です☆
2013.2.16 at カンティーナ赤坂



『なみだのメロデ』






『眠れない明け方へ』





曲の歌詞は、
「ドルメンズWEB」の「LYRICS」にあります
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-02 07:25 | ◆ ライブの映像、作品 etc. | Comments(0)