<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

『NADJA 夜と骰子とドグラマグラ』前夜 (水族館劇場)

 
◆2012年 5月中旬のある日◆

野外テント劇団 「水族館劇場」 の公演、
『NADJA 夜と骰子とドグラマグラ』が、
もうすぐ博多の地で公開されます

その舞台設営のお手伝いに、縁あって行ってまいりました

公演の場所となるのは、博多ベイサイドプレイス







b0005281_17245812.jpg

「海の砦」が、姿を現しつつあります

やがてここが本番の会場となるわけですが、
それまで役者さんたちは、この「海の砦」で寝泊りし、生活をされるのです


それにつけても、
役者さん全員が鳶の服orつなぎor作業服で、
「ここは現場か」とビックリしました

しかも、見上げるほど高い足場の上で、とにかくみんな身のこなしが達者で、
「この集団は、、、ただものではない」との思いを強くしたのでした



5月とは思えないほど強烈な日差しの下、
こちらも芝居を観る者として、気が引き締まる思いです

もうすぐ、『NADJA 夜と骰子とドグラマグラ』封切りです
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-28 18:38 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

宮本武蔵顕彰祭 367年祭 (熊本/武蔵塚公園)

 
◆2012年 5月中旬のある日◆


b0005281_19445566.jpg

新緑が映える、5月の熊本へ来ています

武蔵塚公園「宮本武蔵顕彰祭」に向かっています◎

目的は、山東派兵法二天一流(剣術)の、型の奉納です
<剣術><抜刀術>の奉納演武に出ます



※余談
二天一流というのは、剣聖・宮本武蔵が遺した兵法です
いわゆる「二刀流剣術」として有名です

なんで二刀を使うのか?と言うと、

・もし戦いで右手を斬られたら、左手だけで太刀を扱えるようにするため
・挟み撃ちにされたとき、左右それぞれに刀を持って双方の敵群にかまえ、
 左右どちらでも戦えるようにするため
・馬上にあって左側の敵を斬りたいとき、左手に太刀を持って自在に振れるようにするため

など、いろいろ理由があります
これらは五輪書の最初にも書かれています

「二刀で戦ったほうが良い状況では二刀で、一刀のほうが良い場合は一刀で戦え」
ということのようで、 二刀の流派と言えど、一刀の技もあります









b0005281_1945314.jpg







b0005281_1945994.jpg







b0005281_19451596.jpg







b0005281_19452118.jpg







b0005281_19452846.jpg










 ~ ~ ~ ~ ~





演武を終え、
自分の中でいろいろと得るものがあり、いい経験を積むことができました

同時に、さらなる上を目指すための課題点も露わになり、
具体的に言うと
「モヤッとしてたが、どこをどう直してよいか分からなかった部分」
がよくわかり、克服すべき目標がハッキリみえてきました

今までは認識できなかった身体の使いようの取っかかり、
ヒントのようなものを垣間見ることができました
すなわち、

 地面を蹴らないで出るということ、入り身にはいること、
 頭蓋骨から腰までを一刀両断し得る刃の通り道、
 そのための半身の使いよう、
 胸の折り方、


どれも本当に使えるようになるのは、そう容易いことではないと判っている
そこがまさに稽古のしどころ
今回経験したこと、感じたことを、稽古に活かしていければと思います



ちなみに自身の、今回における抜刀、剣について、
内容的に良かったかどうかと言えば、これはまた別の話であります







 ~ ~ ~ ~ ~






b0005281_19453849.jpg

演武のあと、近くのカレー屋さんにて
極ウマのナンカレー

お店の名前は失念
場所は、武蔵塚公園のちかく



というわけで、刀を差して歩いてても文句を言われない日でした

むしろ洋服姿の人のほうが、目立つ1日だったな
なんせ、大多数の人が、紋付袴および胴着姿
となりで剣道の大会もやってたからね



ところで、来賓席を見渡したが、
クマモンいなかった、、、
熊本市長や副知事はいらっしゃいましたが

クマモン、、、
 
 
  
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-20 21:20 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

ライブします 2013.1月19日(土) Lamdmark

 
b0005281_2035611.jpg2013.1.19 (土)
アコースティックライブ

会場  五感space 「Lamdmark」
(北九州市小倉北区下到津5-2弓矢ビル102)

・20時スタート
・料金: なげせん + 1ドリンクオーダー方式

【出演】
●ミワサチコ
●ミルコン
●イマハシリョヲタロウ(ドルメンズ)



 ~ ~ ~


2013年、年明けライブ1発目です

会場は、「五感space Lamdmark」です
今回のライブまで、小倉です

イマハシが山口在住時代にイベント出演とかでお世話になった、
「暗黒女子高校生」こと 歌ムラミカさんが、12月に新オープンしたお店です


それで、お店は基本的にはBarなのですが、
 ◇たんぽぽコーヒー(根っこでつくったコーヒー風ドリンク。カフェインゼロ)
 ◇スペシャルブレンド・ハーブティー
 ◇手作りおにぎり
など、身体にやさしいメニューが充実しています


歌ムラさんは、もと暗黒女子高校生ではありますが、
今は気さくで面白いひとです


しかし、そこはやはり歌ムラさんのお店
どろどろした曲を演っても許されるそうなので、
この日はイマハシもどろどろ演ろうと思います

初お披露目の新曲もします

曲の題名は、

 『パーフェクト・ディフェンス』
 『世界は、終わらなかったけど』




観にきてね☆!

 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-17 20:15 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

身体調整 初夏ver.(かすやドーム/駕与丁公園)

 
◆2012年 5月上旬のある日◆


b0005281_10521537.jpg

初夏の日差しがさわやかな、おでかけ日和
かすやドーム(福岡県粕屋郡)へやってきました










b0005281_10522272.jpg

武道場をお借りして、剣術と棒術のひとり稽古に取り掛かります

目的は、「調整」です
ゆっくり太刀を振り、自分の動きをひとつひとつ再点検します







 ~




2時間ほど通して、じっくり稽古
なかなか良いひとときを過ごせました






b0005281_10523195.jpg

外に出て、クールダウン

駕与丁公園(かよいちょうこうえん)
身体をゆるめつつ、大きな池の周りを散策します


風がそよそよと気持ちよいな











b0005281_1052387.jpg

池にかかる、橋を渡ります

五月晴れで、のんびりするなー











b0005281_10524483.jpg

大きな風車がありました

風車は青空に似合うよね










b0005281_10525183.jpg

階段で風車の中腹まで登り、
かすやドームと駕与丁公園の池を眺めます
日差しが眩しいな

池、ほんとにでかい














 ============


b0005281_10525940.jpg

駕与丁公園の中にある、駕与丁バラ園にも来てみました

ちょうど花のさかりで、色とりどりのバラが咲き誇っています










b0005281_1053742.jpg

ショッキング色したバラの赤が、目に飛び込んできます

まさしく、これぞ薔薇!










b0005281_10532716.jpg

園内のバラには、名前がついているものがあります

なぜか、パーソナリティー









b0005281_10533441.jpg

ひさみ、、、












b0005281_10534185.jpg

ふたたび公園


五月晴れの青と、かすやドームの白
バラのあざやかな色に彩られた、皐月の晴れた一日であります
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-15 19:31 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

五月の山口ふたたび 4(巌流島)

 
前回 の続き◆

コンニチハ
とつぜんですが、下関のカモンワーフに来ています



b0005281_9502945.jpg

お 船がやってきました
これから、巌流島 に行ってきます!

さっそく乗船します
ドキワク









b0005281_9503868.jpg

乗り込むやいなや、ヴワーーンと出航!

最前列です












b0005281_950465.jpg

ヴワーーンと船に揺られていたら、15分ほどで桟橋に着きました

巌流島、上陸ゥウウ











b0005281_9505321.jpg

島の中ほどへ、移動

きれいに整備されています
風が、若干つよいです

なんか人多いな!











b0005281_951056.jpg

プロレスやってました

本日、「巌流島フェスティバル」が行われており、
武蔵先生vs小次郎の巌流島決闘四百周年記念ということで、
いっそうの盛り上がりを見せているようです


移動します











b0005281_951679.jpg

すこし離れた浜辺へ来てみると、、、ポツンと小舟が!

これはもしや、武蔵先生が使った舟か?











b0005281_9511198.jpg

武蔵先生と、小次郎の碑
いまにも雌雄を決せんとする、ド迫力です
背後には、はるか彼方に関門大橋も見えます

小次郎、変わった握り方してるな 剣











b0005281_9511872.jpg

しばし、島の中をブラブラ











b0005281_951257.jpg

風は強いものの、五月の空気が爽やかです

空も青いくて、気持ちいいな










b0005281_9513273.jpg

佐々木巌流の碑

小次郎は、もともと巌流と言われていたのです













b0005281_9513813.jpg

島は、歩いてもすぐ一周できるぐらいの大きさです


はるか悠久の昔、二人の武人が織りなした熱き対決を偲ぶ、
皐月のころであります








(了)
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-12 11:55 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

五月の山口ふたたび 3(美祢市歴史民俗資料館)

 
前回 の続き◆

山口県の西半分、
そのちょうど中央ぐらいの位置に、美祢市はあります


 


b0005281_21102994.jpg

そんな美祢市の「美祢市歴史民俗資料館」に、ブラリと来てみました

美祢市といえば、国内有数の化石 産地であり、
古生代~中生代~新生代にいたるまでの、各地質年代ごとの化石が多数発見されてます


この資料館に展示収蔵されている化石の数は、約10万点にも及ぶという
期待に胸が高まるな!!










b0005281_21104115.jpg

と思って入ったその目に飛び込んできたのは、
アンモナイトの石琴!!

これはオシャレツ!!
オシャレツだ!
オシャレツだけれども、、、

「新生代」の方が背後で脇役、、、?










b0005281_21105061.jpg

オオツノシカの化石

でかいなー










b0005281_21105726.jpg
「大嶺炭田」の入り口

入ってみよう
と、その刹那、びんびんに伝わってきた殺気!!?













b0005281_2111433.jpg
なにやつ!?
ガスマスクで顔面を覆った、あやしき輩!?

マスク男 「こちらへどぞー」

あ はい
ども!!









b0005281_21111167.jpg

かつて、このあたりにあった炭坑についての、いろいろな資料がズラーリ

採掘道具や、当時の貴重な写真など







 

b0005281_21111716.jpg

でかい「無煙炭」のかたまり

いまでも高効率の石炭として重宝されていますが、
戦時中は、煙を出さない石炭燃料として、軍艦によく使われていたようです













b0005281_21113786.jpg

館外

川がさらさら、
ゆっくりとした時間が流れる美祢でのひとときです


春には、川沿いにたくさんの桜が咲くといいます







(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-10 18:22 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

五月の山口ふたたび 2(青海島共和国)

 
前回 の続き◆


「長門(※生まれ故郷)に『独立国家』が誕生ッ!?」


――上記のセリフは、
イマハシが山口に帰省してきてから、開口一番、発したものです

長門市とは、日本海沿いの、まあまあ田舎です
そんな場所に新国家樹立とは、一体いかなる事態か?


長門市北部の港町、青海島(おうみじま)にその独立国家はあるという
その名も、
「青海島共和国」

共和国とは


そこには、国王がいて、憲法も国歌もあるそうな
過激団体による革命政府なのか、いったい何なのか、
すべては謎に包まれたままだ

しかもどうやら、聞いたところによると、
国王みずから「イカをさばいて塩辛をつくって、楽天でも売ってる」らしい

!!? これはなにかのメタファーか?


なぞは深まるばかり
長門から、なにかが変わりつつあるようだ


行かねばなるまい、、、


 






 ============


ウーーー ウーーーー


「シンニュウシャ! シンニュウシャ! ハッケン!」
「ツイセキセヨ!!」


ウーーー ウーー
タタタタタタタ


「フウフウ こんにちはイマハシです
 わたしは今、青海島共和国へ来ています
 ――む!」

「シンニュウシャ ハッケン!!」


ダダダダダ、、、ッ!
あぶない!!
危機一髪イマハシ!!

ぶじにイマハシは、脱出できるのかッ、、、!?







 ~ ~ ~







b0005281_17412832.jpg

つーわけで、
青海島共和国に、やってきました


島に渡る大きな橋をすぎると、
閉校になった、ノスタルジックな校舎があらわれてきます

入り口である元校門には、「青海島共和国 国会議事堂前」の看板が立っています
ここか!

国会議事堂(校舎)に近づき、おそるおそる窓の外から中の様子を伺ってみると――







b0005281_17414297.jpg

「!!!?? ガイコツ が吊られている!!!!?」

なんたることだ!
捕らえられた侵入者の、末路か!?
※ここで「シンニュウシャ!ハッケン!」シーンが脳裏に浮かぶ


しかし、よく観察すると、
どうやらこれは、理科室の骨格模型らしい

警戒心は若干ゆるんだが、油断することなく慎重に校舎に入る
ガラガラガラ、、、
こんにちは






b0005281_17414993.jpg

中は、昔ながらのレトロな校舎で、木のぬくもりが懐かしい感じだ

しばし、ノスタルジーに浸っていると、
頭にタオルを巻いて、エプロンをつけたじいちゃんが「こんにちは」と登場

イマハシ 「こんにちは おじゃまします」
じいさん 「ようこそ 私が、国王です」
なんと、、、!



エプロン付けてたのは、イカをさばいていたからだそうだ 国王

広々とした校舎に、ほかに人はいないようだが


そして、あろうことか国王みずから、各教室を案内してくださった
民俗資料室、写真展示室、迎賓館、国会議事室など、いろいろあっておもしろい
国家や憲法や国旗が、ババーーンと掲示してあった
そして、そのひとつひとつが「本気」であった




b0005281_17415854.jpg





いやあー来てよかったな

ゆっくりとした時間がながれる港町、青海島
潮風と、木々の匂いが、
日常のあわただしさから、解放してくれた感じだ

国王も、じつに親しみやすい好々爺(と言ったら王に礼を失するか)であった







<アクセス(ご興味ある方へ)>

山口県の北部、長門市内、その北部にある島だ

車なら、高速で来る場合、美祢ICを降りて、だいたい1時間~1時間半で長門市
青海島に渡る橋をわたって降りて左だ
湾沿いに進むべし

JRなら、山陰本線支線の仙崎駅(1日5~6本ぐらいじゃないか最近は)を降りて、
そこから徒歩なら30分


正直とおいが、だからこそ訪れる価値がある 桃源郷である
おすすめする
 
 
b0005281_17413592.jpg




(つづきます)
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-07 19:16 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

五月の山口ふたたび 1(長門、山口、長登)

 
◆2012年 5月GWのある日◆

帰省中です

生まれ故郷、長門市まで出てきました



b0005281_22122930.jpg

赤崎山
幼少期、ほとんど毎日のように遊びに来てた場所だ

桟敷場は、当時と変わらずきちんと整えられていて安心











b0005281_22123895.jpg

お宮の裏手、
山を登っていくと、草ぼうぼうになってた

むかしは、ここ広場みたいになってて、
奥にちっちゃなお宮があったんだが、いまや見る影もない

草木が伸び放題に伸びて、ちょっと見つけられないぞこれは


突入もままならず、引き返す













 ============

あくる日

山口市パークロードに来ています



b0005281_22125932.jpg

おおーー D50が!!

パークロードの近くに、
蒸気機関車の静態保存があるなんて知らなかった











b0005281_2213799.jpg

あいにくの曇り空ですが、
SLは、晴れていない天気の方が、よく映える


ゴゴゴゴゴゴゴゴ、、、、

む、なにやら不気味な風が吹いてきたぞ

ゴゴゴゴゴゴ、、、、、!



男    「おひさしぶりです、イマハシさん」

イマハシ 「おーー! そういう君は、監督じゃないか!」


ひさびさの再開だな! どっか行くか!ということで、
目の前にあった県立博物館「ホネホネ展」に入ろうとするも、
あいにくの休館日










b0005281_22131714.jpg

予定変更し、近くの県立美術館へ
「ヨーロッパ絵画展」やってたので、野郎2人づれで入館

いやあ、絵が輝いていました
オシャレツで、期待してたよりもガゼン良かった












 ============

あくる日
本日は晴れ

母上と2人でドライブ



b0005281_22132511.jpg

長門~萩へといたる道中、
道の駅でひとやすみ

五月晴れの空の下、あおい海がきれいだなあ











b0005281_22133353.jpg

萩~美祢をぐるーーっと走っていくと、山の中に突入
半分もう道に迷いつつ、
なんとかたどりついた 長登銅山文化交流館

このあたり「長登」は、
奈良時代から昭和の中ごろまで続いていた「日本最古の銅山跡」ということで、
それ関係の資料がたくさん展示されています


雨ふってきたな









b0005281_22134124.jpg

館外には、竪穴式住居が











b0005281_22134983.jpg

裏手の山へ足をのばすと、銅の掘り跡が見れるらしいが、
雨足があり、なんかのはずみに滑って落下するとヤなので、今回は断念

また来ますよー












(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-04 07:02 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

2013! 賀正!!

 
b0005281_20382133.jpgあけまして
 オメデトウございます!!

2013年です!

みなさまがたに、幸多からんことを

そして本年も、ドルメンズを
よろしくお願いいたします◎


さて、
まず言っておかねばならないことだが、
本年は、早い段階で 音源制作 に着手いたします

制作レポも送っていこうと考えてますので、
よろしくご期待ください




 ============

去年を振り返ってみるに、「動」の年になるかと思いきや、
一年を終わってみると、徹底的な「インプット」の年でありました

勉強しかり、武術の稽古しかり、
「学びの一年」だったと言ってもいい

となると、今年は必然的に「アウトプット」の一年ということになる

冒頭に述べた「音源制作」も、アウトプットの一環だ
それに加えて、もうひとつ

年明け早々に ライブしますよ



2013. 1. 19 (土)
なげせんライブ

会場  五感space 「lamdmark」

(北九州市小倉北区下到津5-2弓矢ビル102)

・なげせん+1ドリンクオーダー
・20時スタート

【出演】
●ミワサチコ
●ミルコン
●イマハシリョヲタロウ (ドルメンズ)



お見逃しなく!!









 ============

ps.
おまけ

イマハシは、
「意味不明に大風呂敷ひろげた化粧品の広告」
を渉猟するのが趣味なのですが、
そういえば去年の正月に報告申し上げた雑誌、
調べてみると想像をはるかに越えた、とんでもない事態になっていました


         ↓ ↓ ↓





b0005281_20374884.jpg
その名も、神盛り

この
「盛り」ってのは、てっきりマスカラのことだと思っていたんですが、
髪型にも使う語法だそうです

語法ってなによ


百聞は一見にしかず、、、










b0005281_2038024.jpg

、、、、、、

昇天ペガサスMIX盛り、、、


「高く!高く!!」って言われても
いやあーびびった

もはや、縁起物です
どうぞお納めください
門松っぽく玄関にあっても良いかもしれないです

鬼もハダシで逃げ出す悪霊退散
福を招き入れてくれそうですよね
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-01-01 13:36 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)