<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

瀬高ブラブラ

 
◆2011年 11月下旬のある日◆


b0005281_13173511.jpg

am9:50 モハようございまーす

一ヶ月ぶりに、JRウォーキングへやって来ました
(JR主催の自由参加型ウォーキング)









b0005281_13183298.jpg

ここは、久留米の南、JR瀬高駅(せたかえき)です
きょうは青空で、じつに天気がよいなあ!

今回のウォーキング・テーマは、
「いやしと安らぎをもとめ、紅葉に染まる清水山を散策しよう!」
だということです


10kmのコースです
行ってきまーす!










 ~ ~ ~




b0005281_13204130.jpg

まだ少しヒンヤリとする空気の中、
30分ほど歩いて、たどり着いたのは「車塚」

これは何かというと、、、










b0005281_13205294.jpg

前方後円墳 です

田んぼと半分は同化しているようですが













b0005281_1321180.jpg

筑後の青空の下を、てくてく歩きます

天気が良いせいもあってか、ちょっと汗ばむぐらい暑くなってきました










b0005281_13211033.jpg

水路には、コイが大勢およいでいます












b0005281_13211829.jpg

出発から1時間を経過、清水公民館
ここではお茶の接待が受けられるようで、おじゃまします

ホクホクのふかし芋や、シャキシャキの漬け物のサービスを、
うまいうまい言いつついただきます


エネルギー充電、完了!
一息ついたところで、ふたたび出発です












 ~ ~ ~





b0005281_13212662.jpg

諏訪神社

このあたりから、ウォーキングコースは山の風景へと移り変わっていきます












b0005281_13213375.jpg

清水山の入り口です
山の空気がウマイ

眼鏡橋が、よい風情です













b0005281_13214178.jpg

竹林の坂道を、のぼっていきます
フウフウ











b0005281_13214815.jpg

坂を上りきった先は、清水寺本坊

すてきな庭園があるそうで、
見学させてもらいにオジャマします











b0005281_13215572.jpg

おおーーー!
山の力強さと、紅葉の優雅さとがマッチした、
すばらしき庭園です

休息もかねて、しばし観覧











 ~ ~ ~





b0005281_1322113.jpg

仁王門

ふたたび山道を、登っていきます










b0005281_1322890.jpg

急な石段を、フウフウ言いつつ上がります












b0005281_13221525.jpg

そして、そのさらに先
たどり着いたところは――












b0005281_13222450.jpg

清水寺三重塔!
ドーーン!











b0005281_13223153.jpg

朱塗りの塔が、おごそかにそびえ立ちます

紅葉の真紅ともあいまって、
おもわず時が経つのを忘れさせてくれます












b0005281_13223919.jpg

もう少し上がって、清水山展望所まで来ました

しかし改めてこうやって見てみると、ずいぶん登ったなあ!
瀬高の風景が、眼下に広く見渡せます











b0005281_13224831.jpg

あたりには、目にも鮮やかな紅葉が溢れています










b0005281_13225683.jpg














 ~ ~ ~




13:00
折り返し、復路です




b0005281_1323589.jpg

川沿いの道に鎮座まします、五百羅漢

案内板によると、
その一体一体が異なる表情で、知った顔に出会えるかもしれませんとのこと









b0005281_13231342.jpg

この方は、
石版と一体化している、めずらしいタイプですな

















b0005281_13232123.jpg

山を降りてみると、ふもとではバザーをやっているようです

休憩スペースではお弁当を売っているので、
ここで昼ごはんタイムといきます











b0005281_13232895.jpg

とん汁も一緒に、いただきまーす
モグ、ズズズ、、、

――うまい!
山で食べるゴハンの、なんてうまいことか


サービスの八女茶もふるまっていただく
ズズ、、、うむ
こちらも上品で深い味わい



補給完了!
さあ、ゴールまでもう一息だ













b0005281_13233825.jpg

道中、綿栽培の畑 のよこを通りがかります
綿の花って、おもしろいよなあ

と思いながら見ていると、
畑のなかからおっちゃんが出てきて「あげよう」












b0005281_13234523.jpg

くれました

ひとつは「つぼみ」で、一週間ぐらいしたらパカッと割れて綿の花が出てくるそうです
ワーイ













b0005281_13235390.jpg

で、15:00
ゴール地点、瀬高駅へとうちゃく!!
おつかれさまでした

意外と、6時間も経ってたんだな
ゆっくりと時間が流れていたんでしょう
楽しかった



木々が赤く色づいて、空気が凛とひきしまる11月
青空の下をそぞろ歩いた、晩秋のひとときであります











b0005281_1324119.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-29 08:16 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

大相撲、九州場所!!

 
◆2011年 11月上旬のある日◆


b0005281_22253214.jpg

am11:00 コンニチハ

おすもうさん の後ろを付いていって、福岡国際センターまでやって来ました
おすもうさんはデカイなあ!


ここで行われているのは、、、







b0005281_22262750.jpg

大相撲十一月場所、いわゆる九州場所 です
相撲には前々から興味を持っていたところ、縁あって、ついに来ました

ほんものの大相撲は初めて観ます
さっそく入ってみますよ










b0005281_22263554.jpg

おおーーこれが本物か!!
感激だな

立会い、はっけよいのこった!で、バチーンとぶつかる音!!
さすが迫力があります










b0005281_22352032.jpg

、、、しかし、ガラガラだなあ
これからどんどん席が埋まっていくのだろうけども

まだ幕下「三段目」の取り組みであり、全体の取り組み進行のうち、3分の1にも達していません
力士の数はかなり多く、どんどん取り組みが進んでいきます
入れ替わり立ち替わりで、めまぐるしいほどです

入り口でもらった取組表を見ると、
どうも「幕内力士」の割合というのは、全体のうちで、わずか2割弱 ぐらいです
なんて厳しい世界か










 ~ ~ ~


ちょっと失礼して、席を立ちます




b0005281_22353138.jpg

通路では、取り組みを待つ力士たちが順番を待っています
勝負の前の、心の静けさ
じゃまをせぬよう、こちらも静かに横を通り抜けていきます

それにしても、みんな身体がデカイです











b0005281_22353996.jpg

売店で、お弁当を買ってきました

昼どきで腹へったのでね
幕の内弁当です
いただきます モグ、、、

――うまい!!
これはしっかりした弁当だなあ

こういう場所で食べるというのがまた、いいものだなあ












b0005281_22354836.jpg

取り組みも、順調に進んできています

午前から、夕方の結びの一番まで、
一日じゅうたっぷり相撲が観れるというのは、ぜいたくで良いものだなあ











b0005281_22355640.jpg

大露羅(オーロラ)関
こりゃまた、とんでもない巨漢だ!
角界一の体重を誇るそうで、250kg以上あるそうだ


刹那!――行事 「はっけよい、のこった!」






b0005281_2236176.jpg

バチーン! 大露羅! オーロラーーーー!!
けっして「機敏な動き」だとは言いがたいが、押されてもビクともしないぞ
がんばれ! がんばれーーー!?


行事 「よりきりーー!」

おおーーー勝った!
これは迫力だ!
















b0005281_2237916.jpg

15時をまわっており、十両の取り組みも順調に進んでいます
力士の体つきも、だんだんと「らしく」なっていきます


お相撲さんって、じつは体脂肪率は相当ひくいらしいんですが、
それよりも刮目すべきは、
足腰の強靭さ、身体の柔らかさ、土俵から落下しても難なく受身を取る身軽さ

日々のきびしい稽古の賜物なのでしょう
頭が下がります



気がつけば、観客もずいぶん増えてきました









 ~ ~ ~


ふたたび通路へ



b0005281_2237225.jpg

おーー! 先場所で引退をされた、魁皇関!
おつとめ中です

パイプでお顔がよく見えないが、
うしろ姿がりりしいです









b0005281_22373057.jpg

今から、幕内土俵入りです
通路が、がぜん賑わってきました!

幕内力士たちを間近に見ます
力人(りきびと)が力人たるゆえん、この体つきは、さすがの一言に尽きます











b0005281_22374012.jpg

そのあと、横綱土俵入り
白鵬関! ォォオオオオオ!


遠くてあまりよく見えないが、あれは確かに白鵬関だ


人が、とてつもなく多くなってきたな











b0005281_22374830.jpg

とにかく幕内同士の取り組みは、すさまじい迫力だ

のこったーー! のこったのこったーー!!
バチーーーンン!!
遠くにいても、かちあいの音が響いてくる!


いやあ、今日は来て良かったよ
またとない経験をした



興奮と熱狂、初相撲観戦に奮い立った、
すこし肌寒い秋のひとときであります










b0005281_2237566.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-26 18:40 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

秋月にて

 
◆2011年 11月中旬のある日◆

秋も深まる11月の筑後、
小京都「秋月」は、たくさんの観光客で大いに賑わっていました



b0005281_20461554.jpg
そんな中、行楽日和の秋月ろまんの道
大勢のお客さんの前で、演武+小芝居を披露してまいりました
老若男女とわず、とても喜んでいただけたようで、出て良かったなあーと思いました◎

 






b0005281_20393230.jpg
イマハシは、演武では抜刀術(いあい)・柔術でちょこっと出ました
人さまの前で演武を披露するのは、実は初めてです
大昔に空手をしてたときも、演武はしたことがなかった








b0005281_2041778.jpg
先生と先輩の剣術を目の当たりにしながら、つくづく思いました

まったくもってイマハシは修行が足りてない、、、
特に抜刀術、自分の普段の稽古が活きてなく、納得できる動きにはものすごく遠かった
己のうつった写真みて、思わずどこか遠くへ行ってしまいたいとおもいました

しかし逆に言えば、やはりそこが稽古のしどころでもあって、
課題点がふんだんに見つかって、目標ができていい経験になったとも思いました
もし来年もお声が掛かったら、ぜひ出たいです










b0005281_20435381.jpg
で、演武のあとに早着替えをして、小芝居『赤ずきんちゃん』

とにかく、お客さんが多かったことしか覚えてません
あろうことか、イマハシは「赤ずきん役」です
観た方にしか分からないと思いますが、あれでも必死だったんですよー
こちらもある意味?いい勉強になりました
演武とはまた種類の異なる緊張感がありました

芝居(劇)というのは、演ってて面白いですね





 ~


当日の共演者では、Lou's Partyがつよく印象に残っています
手錬れの女性ミュージシャン2人によるユニットは、凛とした力強さにあふれるステージでした

と思って観ていたら、実は2人とも知ってる人だと後に気づく
ずいぶん前のgigiライブ以来、久しぶりに再会したLOUさん
去年、木馬ライブでマドリガルコメディ以来のアヤさん
(冒頭の写真、アフリカンドラムでフィーバーしてるレディー)
びっくりしましたねー


LOUさんはギター弾くのかっこよいなあ!




 ~

当日の演目がすべて終了して、17時過ぎ
秋月の城下町通りを散策してみよう――と思ったら、日暮れ時で、店もう閉まってた
山は陽が落ちるのが早い!!


でもまた秋月は来ようとおもいます◎
これから紅葉の季節です









b0005281_20561523.jpg

 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-23 18:07 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

9月21日

 
本日9月21日、
ドルメンズ主宰イマハシリョヲタロウのバースデイ
です
オメデとうございます
ありがとうございます


まずは、
1年間、ケガせずに ぶじ過ごせたことを、嬉しく思います

思えば足を大ケガしてからというものの、下り階段(原因)には特に注意を払っています
そして、ケガをしてから分かった、自由に歩けることのありがたさ




 ~


向こう1年のテーマについて

今年の大テーマは、「中庸(ちゅうよう)」です

ドルメンズレコード日報
にも以前書いたかもしれないが、
「中庸」とは、単なる日和見主義、どっちつかず、
ではありません

むしろ、
「文武両道」や、「大胆かつ細心」、「ナワールとトナール」などのように、
両方の性質を兼ね備えつつ、しかもけして偏りがない状態

理想ですが、口で言うは易し、行なうは難し
より意識していこうと考えています




もうひとつ、テーマというか心に留めておきたいことが、
宮本武蔵先生の『兵法行道九ヶ条』
b0005281_210898.jpg
自分たち兵法二天一流を学ぶものが、
行わねばならない法則ということです
すなわち、

第一に、邪(よこしま)なきことを思うこと
第二に、「道」という目的意識を持って鍛錬をすること
第三に、数多くの芸術に触れること
第四に、数多くの職業、職種の内容を知ること
第五に、物ごとの利害損得をわきまえること
第六に、あらゆるものに対し鑑識眼をやしなうこと
第七に、目に見えぬ本質を悟って知ること
第八に、些細なことにも注意を怠らぬこと
第九に、役に立たぬ事を行わぬこと


己のために、ここに記し、ふたたび肝に銘じておこうという次第です

ということで、みなさんまた1年間よろしくお願いします



枯木鳴鵙図と百舌の季節に寄せて






■ ライブ予定 ■

2012年 11月18日(日)
秋月フリーライブ


場所 : ろまんの道 (秋月城址近く)

・時間 : 11時~16時ごろ
・入場料: 無料
・歌あり、ダンスあり、演奏あり、武道技披露ありの、何でも有りのライブです

※ イマハシリョヲタロウが出演参加します
演武、音楽、劇など
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-21 18:38 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

ふたたび気球にのって (佐賀バルーンフェスタ)

 
◆2011年 11月上旬のある日◆

am7:20 モハヨウございます


b0005281_1947842.jpg

佐賀バルーンフェスタ に来ています
去年にひきつづき、2回目です
今回も、とても楽しみにしてやってきました


ちなみに、このたびもオトクきっぷ「佐賀バルーンフリーきっぷ」を使って、
博多から佐賀までやってきました
普通列車ではなくて、特急、白い「かもめ」でね
気分はセレブですな










b0005281_19471751.jpg

この時期だけ使われる臨時駅、バルーンさが駅 です
去年はじっくり見られなかったので、今回は駅舎も堪能します

もっとも、駅舎といっても、
鉄骨組みのような簡易的なものではあります












b0005281_19472634.jpg

鉄橋の上を、列車がガタンゴトン走っているのを見届けたのち、さっそくメイン会場へ移動

今回は、am7:00~9:00に行われる バルーン競技 を観覧せんがため、
早起きしてやってきました

朝の空気がンマイ












b0005281_19473356.jpg

コスモスが咲く河川敷の道を、歩きます

あいにくの曇り空ですが、
去年みたいに晴れわたって暑すぎ、ということはないので良しとします












b0005281_19474359.jpg

バルーン競技に参加する、世界各国の旗がズラーリ













b0005281_19475188.jpg

空には、たくさんのバルーンがふわふわ浮かんでいます












b0005281_1948233.jpg

「バルーン競技」は、一体なにを競っているのか? 説明しましょう

まずバルーンは、
一定距離以上はなれた場所から、会場に設けられたゴールを目指して飛んできます
ゴールにたどりついたバルーンは、地上の「的」にむかって、上空からマーカー(砂袋)を落とします

で、的に対して、より近くにマーカーを落としたバルーンが勝ちとなります
かすかに見える赤いバッテンが「的」です













b0005281_19481116.jpg

たくさんのバルーンたちが、
山の向こうからゴールめざして飛んできています

バルーン自体が行える運動は、基本的には「上昇」か「下降」の2つ
地上からの高さによって、風の吹く強さや方向が違っているんだそうで、
行きたい方向に吹く風を探し、その風の「層」に飛ぶ高さを合わせて、移動をします


まあ競技とはいえど、がつがつしておらず、ノンビリと繰り広げられてます
バルーンはゆっくりと動くし、音もしずかだしね


ゆったりした時間が流れていて、空はひろくて、あたりは開放的で、
とてもよい心地です
















 ============

さて

バルーンフェスタといえば、同時開催されている、あれ を忘れてはいけない
去年、なにも知らずに観覧してぶちのめされた、あのイベント


去年が第1回目、今年もやってるかな?
というか、ぶじに今年も開催されてるか?









b0005281_19482486.jpg

おおーーーーやってる!
嘉瀬川河川敷ひろば、「第2回 嘉瀬かかしまつり」!!

てか、
右の外人かかし、去年も見たぞ!
今年は必勝ハチマキ付けてないな












b0005281_19485268.jpg

と思いながら目を移すと――――ずらり並んだバケモノかかし軍団!
なんだこれは!!

こわすぎ
かかしまつり、今年もとばしてますな











b0005281_19502357.jpg

一体なんなんだ













b0005281_19503959.jpg

民生委員のお二人

「あなたの身近な相談相手でーす」と言っているが、
レイバンのサングラスとアゴ髭はやした男装の麗人風の委員さんが、
ものすごく気になるんだが、、、












b0005281_19505129.jpg

あっ なでしこジャパンの人だ
これは上手い

、、、うしろのサザエさんは、去年も見たぞ、、、




で、極めつけのカカシが、













b0005281_1951166.jpg
、、、、、、


どじょうすくいカカシの真ん中が、、、
ひょっとして、アノ人では、、、、、、

てか、実名バリバリのたすき掛けてる


なんというか、大丈夫なんですかね?




 ~


いやあー今年も堪能したなあ かかしまつり
バルーンフェスタに劣らない、裏フェスタとして、来年もぜひ開催してほしいです


















 ============

am10:30


b0005281_1952467.jpg

さて、お腹がすいてきたので、うまかもん市場へ移動

山から海までの、佐賀市のうまかもんが勢ぞろいするコーナーです












b0005281_19534246.jpg

農家レストランコーナーの、とん汁・漬物・佐賀米のセット
いただきまーす モグ

――うまい!!
素朴で、なんともいえない深い味わいです












b0005281_19535271.jpg

お腹も満たされたところで、ふたたび会場へ

バルーンファンタジアが始まっています
近くまで寄れる、バルーンふれあいタイムです













b0005281_1954326.jpg

おおーー でっかい「さがえびす」さんだ










b0005281_19541245.jpg

む?













b0005281_19542191.jpg

あらーー!? 

さがえびすさんが! さがえびすさんがーーーー!!












b0005281_19543144.jpg

さがえびすさんが、ペシャンコになっていくーー! ウワー!


などと叫んでいたら、そろそろ帰りの時間
バルーンさが駅へ戻ります













b0005281_19544195.jpg

駅員さんがズラーリ並ぶ、バルーンさが駅ホーム
列車も来ました

am11:40
乗り込んで、これにて今年のバルーンフェスタよ いざサラバ
4時間以上も滞在していた計算になるが、感覚としてはあっという間だったな

ここは、時間が流れるスピードがゆっくりしているんでしょう


バルーンフェスタ、決して派手ではないですが、
ファンタスティックで、のんびりしていて、とてもよいひとときを過ごせました
バルーンって良いねえ

また来よう











b0005281_19545262.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-18 18:38 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

気球にのって (佐賀バルーンフェスタ)

 
◆2010年 11月上旬のある日◆


b0005281_21125275.jpg

am9:30 モハヨウございます
佐賀駅のホームです

今日はこれから、バルーンフェスタ に行ってきます
今回が初めてであり、とても楽しみにしています


博多からのオトクきっぷ「佐賀バルーンフリーきっぷ」を片手に、
ここ佐賀からは普通列車に乗りかえて、さらに西へと向かいます











b0005281_2114463.jpg

10分もすると、、、おおーーー見えてきた見えてきた!












b0005281_2114246.jpg

着きました、バルーンさが駅!!
秋の広々とした青空の下、バルーンがいっぱいだ!











b0005281_2115813.jpg

ここバルーンさが駅は、
バルーンフェスタ開催期間中の数日間しか営業されない、臨時駅であります

そんなレア駅で下車できたことも喜びのひとつです
が、今回はバルーンフェスタそのものが主目的
さっそく会場に行ってみよう










b0005281_21151796.jpg

バルーン広場
屋台がたくさん出ています

それにしても天気よすぎて、11月だというのに汗ばむほど暑い!











b0005281_21152633.jpg

抽選会場

「佐賀バルーンフリーきっぷ」には、オマケで抽選引換券が1回分ついています

いざスピードくじに挑戦!
当たったのは、、、「佐賀ガス」のタオル
青い恐竜が、ほほえみながら炎をはいているという、よく分からないデザイン



気を取り直して












b0005281_21153682.jpg

河川敷のほうへやってきました
おーー飛んでる飛んでる!











b0005281_21154556.jpg

バルーン、でかいなあ!
感動だなあ










b0005281_2115542.jpg

巨大タコ のバルーン
なんでだ?


バルーンの近くまで寄れるみたいなので、行ってみよう











b0005281_2116257.jpg

色とりどりのバルーンたち

バルーンが浮かび上がったり降りてきたりする、「バルーンファンタジア」タイムです
ときどき、バーナーのゴォオーーという噴射音が聞こえます











b0005281_21161040.jpg

フワーーと、静かに浮かび上がっていくバルーンたち

のどかな河川敷ともあいまって、ゆったりとしていて、良いなあ












b0005281_2117423.jpg

河川敷の階段に腰かけて、のんびりとバルーンを観覧
時刻は10:30をまわったところ

どうやら、いったんバルーンをたたむようです









b0005281_21175186.jpg

ああーー ドラえもんが!









b0005281_21175942.jpg

ドラえもんが、ペシャンコになっていくーー! ウワー!


などと叫んでいたら、腹が空いてきたので、
ちょっと早いですが昼ごはんにします











 ~ ~ ~






b0005281_21181863.jpg

憩いの広場エリアの、うまかもん市場
佐賀市のうまかもんが勢ぞろい

みかんや生姜湯、お茶や漬物など、試食・試飲もたくさんあり、
「どうぞー」と勧められるままにいただきながら、うろうろ











b0005281_21182630.jpg

炊き立ての佐賀米と佐賀牛、佐賀の野菜を使ったカレーがうまそうだったので、
これを買って、いただきます
モグ、、、

――んまい! なにより米がうまい!
佐賀カレー、あなどりがたし













 ============

お腹いっぱいになったところで、12時すぎ



b0005281_21184213.jpg

バルーンフェスタ会場のすぐ脇、嘉瀬川河川敷ひろばにて、
「第1回 嘉瀬かかしまつり」なるものが同時開催されているようです

「かかしまつり」記念すべき第1回目ということで、せっかくなのでこちらも観覧してみよう
おじゃまします












b0005281_21184995.jpg

おおーかかしさんだ かかしさん

、、、?










b0005281_21185629.jpg

、、なんか、、、様子がおかしいぞ











b0005281_2119377.jpg

「必勝ハチマキ」つけてるこの外人かかし軍団は、いったいなんなんだ?










b0005281_2119938.jpg

これに至っては、、、いろいろと大丈夫なのか?











b0005281_21192498.jpg

作業服を着たパンダ、、、











b0005281_21194754.jpg

これは、、、
手前の2体はいい 手前の2体は

奥のルフィ(ワンピース)は、なにゆえ顔があんなに黄色いのか?
肝臓がわるいのか? ガンマGTPが高いのか?










b0005281_2120148.jpg

サザエさんの3連体
クローン人間みたいで、ちょっとこわい












b0005281_21204236.jpg

そういえば、「どうぞゆっくり、見ていってくださいー!」と、
受付のおっちゃんから渡されていたのは、かかしの人気投票アンケート

これは、ひょっとしたらバルーンフェスタ以上にとんでもない祭りかもしれない
かなりすごいぞ
今一度、気を引き締めて観覧します










b0005281_21213130.jpg

と決意を新たにしていたら、しょっぱなに来たのは魚人
名前は、なぜか「しげこ」

こわい、、、










b0005281_2122778.jpg

消防団のハッピ着させられた、ダースベーダーかなんだか良く分からないカカシ












b0005281_21221921.jpg

人気投票と言われたって、どうすればいいのか?












b0005281_21222611.jpg

ふにゃふにゃのドラえもん











b0005281_21223845.jpg

ダダイズムあふれる表情のねこ娘と、何頭身あるのか不明な目玉のおやじ



ここまでで、イマハシがかかし達から食らったダメージは、
すでに計り知れないほど大きい

しかし、まだまだ序の口だった
というのも、最奥に控えていたカカシ


イマハシ 「!! こ、これは、、、」














b0005281_2123252.jpg

な、なんだこの服装、、、

















b0005281_21234228.jpg

、、、、、、

いくらなんでも、、、これは、、、



 ~

フラフラになりつつ、最後の力をふりしぼってゴール

完全グロッキー状態で、受付に渡す人気投票アンケートを記入
「あずき色のジャージを着させられたドラえもん」(正式名称は「かせエモン」)にマルをつけて、
なんとか提出












b0005281_212417.jpg

タイムアウトだ
白い「特急かもめ」にのって、帰ります

いやあ、すごかったな かかしまつり
これなら、害鳥の被害は心配無用
むしろ、人間からしてもこわいぐらいだ
アヴァンギャルドだったなあ

まつり1回目にしてこの冒険心
見習わなければいけないな



そんなことを思いつつも、
天高く馬肥ゆる秋空、ひろい空に浮かぶバルーンたちに、
ファンタジーを感じた11月のある一日なのでありました










b0005281_2125993.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-15 10:10 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

須恵ブラブラ

 
◆2011年 10月下旬のある日◆

am11時 もはようございます

こないだに引き続き、
JRウォーキング(JR主催の自由参加型ウォーキング)へ来ています



b0005281_20175362.jpg

ここは福岡市の東、JR須恵中央駅(すえちゅうおうえき/宇美線)です

ウォーキングのテーマはズバリ、
「海軍炭鉱発祥の地を巡り、須恵軽トラ市を楽しもう!」
8.5kmのコースです

そして、今回のウォーキングは、
炭鉱関係のほかにも、非常にすばらしい「遺産」をめぐる旅であります


あいにくの雨もようですが、元気を出して、行ってきます!!








 ~ ~ ~





b0005281_20193853.jpg

駅を出た直後にあらわれた、巨大はにわ
なんだこれは!

いきなり不意打ちを食らったが、ここでくじけてはいけない
ウォーキングは始まったばかりなのだから












b0005281_20194944.jpg

今回は、基本的に街中ウォーキングです

ということで、しばらく道路沿いをトコトコ













b0005281_20195925.jpg

「志免町総合施設シーメイト」なるものの敷地内遊歩道を、トコトコ

雨足はだいぶん弱まってきた
よかったなあ









b0005281_2020751.jpg

道沿いに咲く、瑠璃色のアサガオがきれいです

















b0005281_20201418.jpg

で、しばらく歩いていくと、、、見えてきました!












b0005281_20202196.jpg

志免鉱業所竪坑櫓!!
でかい!

これは何かというと、ひとことで言うと巨大なエレベーターの仕組みを持つタワーです
エレベーターといっても、採掘した石炭の搬出や、炭鉱夫の移動に使われていたものであり、
地上48m、地下430mにも及ぶ超大型昇降機です

稼動は昭和18~39年
いまは志免の町をおだやかに見守っています



しばし目を奪われ、ふたたびウォーキング再開です














 ============


ふたたび歩いていると、、、
来ました!
本日、もうひとつの重要遺産!!!!!




b0005281_20203715.jpg

鉄道記念公園と、旧国鉄 勝田線!!
レールが残っています

そしてここは、かつての志免駅ホーム跡
勝田線にリアルタイムで乗ったことはないのですが、
これから往時に思いを馳せつつ、勝田線をなぞるようにして作られた遊歩道を、歩きます











b0005281_20204594.jpg

かつて、ここに線路が引かれていて、
列車が走っていたんだなあと思うと、感慨もひとしおです












b0005281_20205490.jpg

ガタンゴトンとつぶきつつ、勝田線跡をてくてく















b0005281_2021327.jpg

お、町境だ

これより、志免町から宇美町へと入ります











b0005281_2021996.jpg

、、、宇美町に入ったとたん、急に遊歩道がキレイになった











b0005281_20211694.jpg

町の予算の差か何か知らないが、えらい差だ

そんなことを言いながら、トコトコ歩いていくと――
!?











b0005281_20212395.jpg

おおーーー!? 古墳!!
これは、まさか勝田線のために造られた古墳なのか!?

と思ったら、そうではなかった(当然だが)

古墳の言われが説明版に書いてあったが、どんなだったか忘れてしまった














b0005281_20212976.jpg

そんなこんなで、ウォーキングもそろそろ終盤
ため池のほとりをトコトコ












b0005281_20213583.jpg

海軍炭鉱創業記念碑

このあたりで産出していたのは「無煙炭」であり、
海軍艦船の燃料として使われていたものです

さっきの勝田線は、もともと石炭を輸送するために設けられた路線だったのだそうです
美祢線と似ているね










 ~ ~ ~


さて、最後の一大イベント、軽トラ市!!

13時過ぎ、会場ついた!と思ったら、撤収作業がほぼ終わっている状態
間に合わなんだか
残念、、








b0005281_20214781.jpg

やむなく、そのままゴールの須恵中央駅に戻ってきました
おつかれさまでした!

軽トラ市は惜しかったが、
霧雨が煙るなか、雄大な竪坑櫓を目の当たりにできたことと、
旧勝田線跡を存分に歩いて堪能できたことは、至上の喜びです



ウォーキングといえば「自然」がテーマになりがちですが、
街中遺産めぐりウォーキングも、なかなか渋くて良いもんだなあと感じた、秋の一日であります











b0005281_20215557.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-13 18:38 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

詩とキノコの会

 
◆2011年10月22日(土)◆

秋のアジアンラティーノ(福岡市東区箱崎)にて、
急きょ行なわれた重要イベント『詩とキノコの会』、

当日の様子をご報告いたしましょう



 ============

■総合司会:イマハシリョヲタロウ(ドルメンズ)


■出演(敬称略)
※ 各人とも最低一篇は「『秋』か『キノコ』がテーマの詩」を朗読することになっています

~ 1番目 寺本としみ
b0005281_20343161.jpg詩人・寺本としみの、
面目躍如たる舞台!
秋のセピア色した詩の朗読、
聴く人の心をうっとりとさせているようでした

驚くべきことには、なんと、
前代未聞の「詩のアンコール」が起きました
そして怒濤の即興詩連発!!
会場からお題を募り、
即座に詩に仕立て上げるパフォーマンス
さすがでした



~2番目 真山義一郎
b0005281_20373935.jpgセンチメンタルで繊細なガラスのような詩と、
豪快というか豪放というか、
正真正銘スッ裸の詩をあやつる、
詩人・真山義一郎!

ワイルドな風貌に、
緻密な言葉選びというギャップは、
朗読詩人として実に絵になります
会場は大いに盛り上がりました



~飛び入り タケダ
福島から疎開してきたという男性
原発への憤りをしたためたという詩は、
「詩の朗読は初めて」とは思えないほどクオリティが高かったです
感情の叫び、魂の発する音を、われわれは確かに聴いた!



~3番目 夏野雨
b0005281_20375942.jpgまるで空気の中からキラキラした糸を
取り出して紡ぐように、その場の風景・
音を「詩の言葉」に仕立てて、
即興朗読をしたのが圧巻でした

言葉はあざやかで、
生き生きと踊っているようでした

「秋・キノコをテーマに詩を考えるのが、
楽しくて仕方なかった」と仰ってましたが、
会場にも「楽しみ」がいっぱいに伝わってきているようでした



~飛び入り さちん
「料理を運んだり、注文とってたりしたお嬢ちゃんが、なんと飛び入りで朗読するとは!?」
会場は、ざわ…ざわ…ざわ… と戸惑いに満ち溢れました
秋刀魚をテーマにしたその詩は、キュートな言葉でキレイに彩られた、強力な毒
度肝をぬかれました




~4番目 イマハシリョヲタロウ(ドルメンズ)

詩の朗読
 1. 秋の寓話(1) どこまでも大きく開いた穴の話
 2. 秋の寓話(2) 海に浮かぶイワシ雲と夢見
 3. 秋の寓話(3) キノコの家と、電気の持つ感情
 4. 秋の寓話(4) 楽団は小さい秋を歌い、人々は大きい秋の後ろを通りすぎる
 5. 秋の寓話(5) 大団円


熱燗ですっかり出来上がっちゃってる本人は、
「いたって冷静沈着」を上言のように繰り返すのみで、まったく困ったもんだ状態で詩を朗読、
手ごたえがどうであったのかは本人の預かり知れるところではありません
楽しくてお酒が過ぎてしまったんでしょうねー 大目に見てあげましょう

すべて秋がテーマ、そして重要な示唆を含んだ詩(とは本人の弁)でしたが、
いかがだったでしょうか?




■キノコ料理は、
バータイムのマスター、カズさん手製のもの
b0005281_20432077.jpg
「自家製ナメタケとアボガドの和え物」
「きのこのあんかけパスタ」
「きのこビスケット」
と、料理メニューはきのこづくしで、
しかもどれもが超々々旨かったです
b0005281_20433385.jpg
特に、
自家製ナメタケとアボガドの和え物は、
もう奇跡としか言いようがない
夢のコラボであり、妙味でした



今回のイベントは中々に好評だったようで、
『詩と○○の会』はシリーズ化されるようです

冬には『詩と鍋の会』が催されるとか


続報を待ちましょう
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-10 20:39 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

秋の大合宿 (宗像グローバルアリーナ)

 
◆2011年 10月のある日◆


b0005281_22122986.jpg

宗像市の、グローバルアリーナ にやってきました

博多からだと、所要時間は車なら1時間ぐらい
静かな山あいにある総合スポーツ・文化施設です










b0005281_22124478.jpg

クラブハウスの入り口
スイートホテルのエントランスのように、瀟洒です










b0005281_22125494.jpg

武道場!!(松本安市記念道場)

本日から2日間、お世話になります
ここへやってきた目的は、道場(大東流合気柔術)の合宿です
決して、ただ遊びに来たというわけではないよ











b0005281_2213412.jpg

入ってみると、、、めちゃくちゃ広い!! 天井も高い!

秋は、身体がよく動く季節です
みっちり稽古します!


それにしても広いなあ










 ~



昼すぎから夕暮れまで数時間、柔術と剣術を中心に稽古

その後は、食堂でバイキング形式の晩ご飯を食べて、大浴場にてリフレッシュ

就寝は道場生のみんなで、2段ベッドのロッジにて
これぞまさに合宿!
というわけで、オヤスイミン ぐうぐう、、、










◆ 翌日 am6時 ◆



b0005281_22131383.jpg

おはようございます
ロッジハウスを出てみると、敷地内からも朝日が良く見えます











b0005281_22132120.jpg

朝焼けを見ながら、早朝散歩
天然芝フィールドの周りを一周します

まわりは自然いっぱいで、空気がうまいなあ





 ~


散歩から戻り、荷物を整えたら、朝ごはんの時間

食後しばらくしてから、2日目の稽古開始です
はじめに、杖術、柔術を稽古

そのあと、少しきつめの稽古
前回り受身100回、木刀の1000回素振りをはじめ、
数の稽古をいろいろと進めていきます



ところで、
数の稽古といえば、「そんなことより質の稽古を」と言う方もおられるかもしれません

もちろん、稽古は数だけこなせば良いというものではなく、質の稽古が大事なのですが、
数の稽古も大切だとイマハシは思っています

木刀1000回素振りは、たしかにハンパなく厳しいんですが、
武術は本来、「1人対、大勢」を想定しているもの(1対1ではなく)だと聞いています
であるならば、
例えば1000人と物理的に戦うためには、最低でも1000回は刀で斬らねばならない
すべて一太刀で勝負を決したとしても

そのためにも、刀は、腕の力で振るのではすぐに疲れるので、
効果的に「身体」を使って振れるようになると良いと思うのですが、
まだうまくいきません



午前中で、すでに道着が汗だく










b0005281_22133177.jpg

食堂にて、お昼ごはん

濃厚で、フレッシュで、すばらしく旨いカレーライスを中心としたメニュー
ゴハンの盛り具合は自由裁量制であり、
午後の稽古に支障をきたさない程度に、大盛りでいただきました

グローバルアリーナは、環境もさることながら、とにかくメシが旨いです
ゴハンを食べに来る目的だけで、はるばる来てもいいんじゃないか、ってぐらい


すてきな自家製パン屋さんも、敷地内にあるみたいです




 ~


しばらく時間が経って、お腹がこなれてきたら、午後の稽古開始

質の稽古、数の稽古をともに行う
午後も木刀1000回素振り、ありました
ちなみに、もちろん素振り以外の剣術稽古もしてるので、
きょう1日で、おそらく3000回は木刀ふってる


そして抜刀術の稽古を行い、夕方
心を静めつつ、2日間の稽古を終えるのでした
おつかれさまでした



グローバルアリーナ合宿は2010年に引き続いて2度目であり、
そのときと同様、今回も充実した時間を過ごすことができました

また次回も、よろしくお願いします





ps.
翌日、腕や足がパンパンに膨れ上がる
腕に至っては、あまりに張って痛すぎて、ヒジが曲がらず
これが1週間ほど続く










b0005281_22134717.jpg

グローバルアリーナのゲストハウス
(2010年の合宿時のもの)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-08 11:10 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

九州随一のカルスト台地 (平尾台、千仏鍾乳洞)

 
◆2011年 10月中旬のある日◆


b0005281_121579.jpg

日本三大カルストのひとつ、平尾台(北九州)にやって来ました

ここは、初めて来ました
秋吉台のようなカルスト台地だね
丘へ、あがってみます








b0005281_122523.jpg

フウフウ
ちょっとした登山、ハイキングです










b0005281_1221146.jpg

後ろを振り向けば、
おーーけっこう高く登ったなあ!

風が爽やかです










 ~ ~ ~




b0005281_1222062.jpg

近くの、平尾台自然の郷 へ移動

レストランや広場、キャンプ場や果樹園がある自然公園です









b0005281_1222769.jpg

レストランは、バイキング形式
好きな料理を弁当箱に詰めて、屋外で食べます

モグ、、、うまい!













 ============


b0005281_1223481.jpg

千仏鍾乳洞

洞窟の入り口は、
かなり長い坂道のはるか下にあるようです










b0005281_1224291.jpg

フウフウ、着きました
帰りが今度は登り坂道でタイヘンだな

ともかく、
入り口で「ゴム草履に履き替えてください」とのことで、
履き替えて、いざ入洞!!










b0005281_1225024.jpg

ひんやり涼しい洞窟の中を、どんどん進んでいきます











b0005281_1225894.jpg

しばらく進むと、足元に水が流れる道になってきました
これは、秋芳洞とは大きく違うところです

ゴム草履に履き替えた意味は、まさにこのためか
ヒザの下まで水かさがあり、ヒンヤリします
すべらないよう、両側の壁に手をつきつつ慎重に進む










b0005281_1235100.jpg

ちょっと広いところに出てきました

足元の水が、ヒンヤリというか、けっこう冷たい











b0005281_1231453.jpg

入り口より1200m、最奥までやってきました

これ以上は天井が低く、進めないので引き返します
いやあ堪能した堪能した



数千万年という時間によって作られた鍾乳洞の神秘に心うばわれ、
さわやかな風が吹くカルスト台地に秋を感じた、10月のひとときです








b0005281_1232263.jpg


 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-05 19:59 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)