<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

真夏の中国地方ローカル線6 (境線)

 
◆前回まで の続き◆


~3日目~


am6時
ふたたび米子駅です



b0005281_2032170.jpg

「おはよう」

おっ おはよございます
米子の観光大使・ネギ兄妹こと、ヨネギーズ



18きっぷの日付スタンプを押してもらい、駅へ入る
さて、本日の出発ホームは、0番ホーム
境線に、挑みます


だが、
なんだかホームの方は、不穏な雰囲気が、、、











b0005281_2043960.jpg

!!?
妖怪、一反もめんが!?










b0005281_2045517.jpg

ねずみ男が!?
またもや妖怪!!? 怖い!!!

しかも、ここ米子駅と思っていたのに、「ねずみ男駅」とは!?


どうやら、異空間に迷い込んでしまったようだ











b0005281_20592.jpg

ガタタタン、プシューーー

おまけに、
列車まで妖怪、目玉おやじ号ときた










b0005281_2052254.jpg

接続車両も妖怪列車だ、鬼太郎トレイン


のるかそるか? ええい、ままよ!!
ダッ! いざ妖怪列車へと乗り込んだ!













b0005281_205507.jpg

目玉おやじ車両のなか

目玉だらけだ












b0005281_206060.jpg

鬼太郎車両
鬼太郎だらけ

スマヌが目玉だらけの方は、落ち着かなそうなので、
鬼太郎のほうに座ろう











b0005281_2063482.jpg

天井には、牛鬼とたたかう鬼太郎が
がんばれーー!


そうこうしているうちに、am7:01
しゅっぱつ!!! ガタン!









 ~ ~ ~ ~ ~






b0005281_2064716.jpg

ガタタタン ガタン

沿線の風景は、ベッドタウン~畑
おだやかな景色だ












b0005281_2065528.jpg

しかし、沿線の駅は、
「つちころび駅」と言ったふうに、
妖怪たちに乗っ取られてしまっているようです













 ============


am7:50


b0005281_207386.jpg

着きました、終点










b0005281_2071178.jpg

境港駅!! こと、鬼太郎駅

港町らしく、灯台をかたどった駅舎が印象的です
ともかく、これにて境線、完乗!!










b0005281_2071874.jpg

駅舎のまん前には、水木しげる先生と、執筆を見守る鬼太郎たち
良いねえ


というわけで、観光します!!







 ~




b0005281_2072984.jpg

駅前から伸びる、その名も「水木しげるロード」
境港は、水木先生の生誕の地です

道路の脇には、妖怪たちがズラリ並んでいます
こちらは、つくも神・傘化けさん











b0005281_2073940.jpg

公園

目玉のおやじの街頭が、ちと怖い












b0005281_2074876.jpg

妖怪神社











b0005281_2075855.jpg

プカプカ浮いてる目玉のおやじが、ちと怖い














b0005281_2081289.jpg

タクシーも、妖怪仕様

ブラブラしてる目玉のおやじが、ちと怖い
て、目玉のおやじだらけだな


どさくさにまぎれて、「目玉料金」って書いてあるところが、
いやはやなんとも、したたか












b0005281_2082589.jpg

ぬりかべー!
ちっちゃい


妖怪たちに見守られつつ、水木ロードをトコトコ
のんびりしてて、良い雰囲気です











b0005281_2083658.jpg

ねずみ男

「握手しよう」
あっ はい
ガシッ


いやあ光栄!











b0005281_2084736.jpg

「シャーーーー!!!」
うわあーーーねこ娘!?

こわい!
にげろーーーーー!?
















b0005281_2085920.jpg

無我夢中で走っていったら、波止場まで来てしまいました
駅の裏手です

まだ朝だし、
港の潮風が、気持ちよいな



さて、そろそろ駅へ戻ってみよう
時刻は、9時をまわったところ










 ~ ~ ~ ~ ~




b0005281_2091549.jpg

境港駅のホーム内から、水木ロードをのぞむ

ちょっとの間だけだったけど、境港、おもしろいところだったな
またぜひ来よう










b0005281_2092624.jpg

プシューーっと、列車がとうちゃく

ねずみ男トレイン











b0005281_2094111.jpg

反対側は、ねこ娘トレイン











b0005281_2095293.jpg

か、かわゆい、、、
どう考えても、乗るならコッチの車両だな












b0005281_2010413.jpg

ねこ娘トレインの中は、天井までピンク












b0005281_20103351.jpg

背もたれまで、ねこ娘だらけ


さて、
9:30、境港駅をしゅっぱつ!!
ガタン!














 ============




b0005281_20104423.jpg

おだやかな沿線風景の中を、ガタン ガタン――
む!?









b0005281_20105926.jpg

おーー対向から来たのは、鬼太郎トレイン!!
かっこいい!



さあ、もうすぐ米子駅(ねずみ男駅)だ












 ~ ~ ~ ~ ~


am10:20



b0005281_20111873.jpg

40分ほどで、着きました
ふたたび米子駅の0番ホーム

異次元から、ぶじに現世へ帰ってくることができ、何よりです
長いようで、あっという間のひとときでした

それにしても境港!
いろんな妖怪たちと仲良くでき、愉しかったなあ
また会いに来るよ!


ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲーー
例のテーマソングを背に、0番ホームを後にするのであった



 ~


さあ!
妖怪パワーも貰い受けて、3日間の旅のラストスパートだ
有終の美を飾るために、気合を入れなおせ! フンヌーー!!

お次はどこへ向かうのか?
それはーーー!














(つづきます)





 ============


b0005281_20143034.jpg

海坊主!!
ちっちゃい
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-07-30 20:37 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

九州の鉄道と、豪雨被害

 
お久しぶりです


更新再開にあたって、
本来、まずは前回の「中国地方ローカル線」記事の続きを書くべきではあるんですが、
今回は、緊急の記事を書きます

このたびの九州豪雨の影響による、鉄道路線の被害関連の話です


災害で被害をこうむったのは、けして九州だけではないのだが、
九州に住むものとして、九州の鉄道被害状況については、
まずは言及を避けるわけにいかないのです




 ~ ~ ~ ~ ~


2012年7月23日現在の状況ですが、


九州管内の鉄道路線「不通区間」と「被害状況」

◆ JR豊肥本線 : 肥後大津駅~緒方駅
 ・いこいの村駅~宮地駅間「泉川橋りょう」損傷
 ・朝地駅~緒方駅間「第一大野川橋りょう」の線路流出
 ・ほかの箇所についても、引き続き被害調査中
 ☆「肥後大津駅~立野駅」は7月24日に運転再開する見込みのようです

◆ JR久大本線 : うきは駅~日田駅
 ・うきは駅~筑後大石駅間の橋脚沈下
 ・筑後大石駅~夜明駅間の築堤崩壊

◆ JR日田彦山線 : 添田駅~夜明駅
 ・豊前桝田駅~彦山駅間の築堤崩壊
 
◆ 平成筑豊鉄道 田川線 : 崎山駅~田川伊田駅
 区間内の築堤崩壊・地盤陥没ならびに緩み・道床流出・土砂流入 等



※ドルメンズレコード調べ
出典:JR九州平成筑豊鉄道




 ~ ~ ~ ~ ~


調べた限りでは、
JR肥薩線や、くま川鉄道など、ほかのJR路線・3セク線などは無事のようです

しかし、さきほど挙げた4路線(JR、平成筑豊鉄道のそれぞれ一部区間)は、
いずれも復旧の見込みが立ってない状況であるようです

とりわけ、豊肥本線の被害が甚大ですb0005281_20413119.jpg
※写真出典:熊本日日新聞


豊肥本線では、
不通区間の一部で代行バスを
出しているとのことですが、
満車で乗れない事態が発生しているようです

しかも定時運行は難しく、
周辺住民の方々からは、一刻も早い復旧を願う声が上がっています




 ~ ~ ~ ~ ~


一般的にローカル線エリアは、
列車の本数が少なくて、鉄道の利用が不便なだけに、
クルマ社会になりがちです

しかし、みんながみんな車を使えるわけじゃない(学生やお年寄りなど)
そういった方々にとっては、鉄道は、生活する上での貴重な「足」なのです



そして、鉄道は「文化」でもあります

採算性からすれば、赤字路線は早々に切り捨てるべし、との話はよく聞く
乗客の利用が少ない区間を、廃止してしまうのは一瞬だ
だが、そのあとには、何も残らない


鉄道の重みは、鉄道車両が重いからだけではないのです
何十年もの間、その路線の列車に乗ってきた人たちがいて、
その人たちが抱いてきた色んな「思いの蓄積」があるからこそ、重いのです

レールがきしむ音は、思い出が走っているから奏でられる音なのです



それを、ノスタルジーと呼ぶ人もいるだろう
「ノスタルジーと、笑わば笑え」だ

なぜなら、それ無くして、われわれが生きることはできないのだから





◆ドルメンズ『銀河鉄道キハ2000』これまでの記事の中から、
今回の九州被災路線に関わりがあるもの

 豊肥本線
 日田彦山線
 久大本線
 平成筑豊鉄道


一日も早い復旧への願いを込めて
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-07-23 21:02 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)