<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

真夏の中国地方ローカル線4 (因美線・知和駅)

 
◆前回まで (1) (2) (3) の続き◆

岡山県の奥座敷・津山に、みたび戻ってきました

津山といえば、「美人の多い町」と言われています
色白く、目元が涼しい、しっかりした顔立ちで、
「作州美人」と言われます


――む!? 気配!
もしや作州美人か!?





b0005281_22361417.jpg

と思ったら、列車でした
目元が涼しく、しっかりした顔立ちしてるので間違えた

津山駅のホーム
後ろ髪を引かれる思いで、名残惜しく出発します
(別に浮いた話があったわけでもないんだが)

、、、もとい!
これから臨むのは、因美線!!
名ローカル線との呼び声高き、魅惑の路線です

11:35 さっそうと列車に乗り込んだ
北(鳥取方面)へ向かって、いってきます! ガタン








 ~










b0005281_2229293.jpg

田んぼが連なる丘を越えて、
列車はガタンゴトン走っていきます














b0005281_22291155.jpg

因美線の風景は、わりとひらけており、
民家も点在しています

しばらく川に沿って走ります――



















 ============


b0005281_22292093.jpg

12:10
早くも、最初の目的地にとうちゃくしたもよう
ここは、どこか?

駅舎   「チワ 」

イマハシ 「あっこんにちは」

駅舎   「いえ!!」

おっ!?










b0005281_22292981.jpg

知和駅(ちわえき)!!!
チワ駅!!!

山々を背にたたずむさまが、じつにオシャレツな木造駅舎だ













b0005281_22293766.jpg

雰囲気がじつに良いなあ

しばらく駅舎をたんのうしよう













b0005281_22294537.jpg

手入れがよく行き届いていて、
居心地がよいです













b0005281_22295416.jpg

駅ノートの箱
フタを開けると、そこにはたくさんのノートが

「また来ます!」
「すてきな駅舎ですね」
思いのこもったメッセージの数々に、こちらも嬉しくなってくるなあ













b0005281_2230781.jpg

柱に取り付けられている建物財産標によると、昭和6年とあります
80年以上も昔から、鎮座まします駅だというのは、
いやはや恐れいります












b0005281_22302165.jpg

ホーム

ミーンミンミンミンミンとセミの声が鳴り渡ります
空が曇っているので、そこまで暑くはありません











b0005281_22303167.jpg

ホーム待合室

ひとっ気はなし


駅のまわりも周ってみよう








 ~







駅を出て、まっすぐあるいていくと、
左右に横切る大きな道路にあたります





b0005281_22314765.jpg

目の前には、でっかい山がドーン











b0005281_22315846.jpg

車がほとんど通らない道路にそって、しばしトコトコ

道沿いに、ひまわりの花が咲き誇ります
8月、夏まっさかりだなア
ミーンミンミンミン












b0005281_22321078.jpg

鉄道橋りょう、その名も太郎渕橋梁
他人とは思えませんな

川の水が澄んでてきれい
下まで降りれんかな












b0005281_22322132.jpg

降りれた降りれた

川に手を浸してみる
ヒンヤリしていて、きもちE











b0005281_22324284.jpg

ふたたび放浪

それにしても、山だなあ











b0005281_22332278.jpg

真夏の山里の中を、テコテコ歩きます
じつに落ち着くなあ

山だ山だ、と言ってますが、まわりに何もないわけでもない
もっとも、ちょっとした工場がひとつ山ぎわにあったものの、
ほかは数件の民家がチラホラ、といったところ


とかなんとか言ってるうちに、気づけば1時間ほどブラブラしてた
そろそろ駅にもどります









 ~







b0005281_22343864.jpg

おおーー知和駅!

これだけでも、もう映画になりそうなりそうなロケーション!
この名駅っぷり!!














b0005281_22344893.jpg

それにしても、この列車本数の少なさよ、、、

1日5~6本というのもアレだが、
北方面へ向かう便の始発が、昼の12時10分とは、なんたる、、、

















b0005281_22345822.jpg

ホームでぼーーっと列車を待っていると、、、
お 来ました

津山方面へもどる列車です
本数の少なさを逆手にとって、「行きつ戻りつ」作戦にて、
因美線の名駅をもうひとつ訪れようとおもいます

13:26 乗り込んだ!
プシューガタン
















b0005281_22351096.jpg

ガタン、、、ガタン、、ガタタタン

知和駅よ、ありがとう!!
また訪れるその日まで、元気でたのむぜ














b0005281_22352342.jpg

あっちゅう間に山ん中

ガタタタン ガタン













b0005281_2235355.jpg

木々の中を、ガタンゴトン列車は走ります

さて、次なる駅とは、いったいぜんたい何なのか
それは!!!!!















(つづきます) 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-26 22:52 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の中国地方ローカル線3 (姫新線/津山線)

 
前々回前回 の続き◆

~2日目~


b0005281_2115829.jpg

am4時半 モハヨウございます
ふたたび、津山駅にもどってきました

改札で、18きっぷに本日分のスタンプを押してもらい、入構











b0005281_212885.jpg

本日は、姫新線の昨日の続き、すなわち残りの東半分に挑みます

am4:54
静まり返ったホームからおごそかに、いざしゅっぱつ!
ゴトン










 ~








b0005281_2121722.jpg

ガタン ゴトン
am5時をまわると、だいぶ空が明るくなってきました

















b0005281_2122686.jpg

am5:41 ここで列車のりつぎ

時間があるので、外にいったん出てみます












b0005281_2123837.jpg

上月駅!!

となりに物産館が併設されていますが、
早朝のためか、まだ開いていません















b0005281_2124724.jpg

駅前
中国山地のなかにあっても、駅の周りはそんなに山深いわけでもありません

このあたり、蛍の里だということです













b0005281_2125696.jpg

ふたたび上月駅ホーム
ちょっと上等な列車ですな














b0005281_213517.jpg

自然豊かな様をあらわしているのだと思しきトンボの絵と、
「KISHIN」=姫新のロゴが、オシャレツさを慎ましやかにかもし出しています

am5:58 乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
















b0005281_2131475.jpg

ガタン ガタン
播磨の里を、さっそうと列車は駆け抜けていきます――


















 ============

am7:05


b0005281_2132428.jpg

姫路駅とうちゃく!
これにて、姫新線、完乗!!
思わず、目から熱いものがこみ上げてくるのを感じました
やりました、、、!

ハンケチで涙をぬぐいつつ、
しばし時間があるので、売店に朝食を調達しに行ってきます















b0005281_213353.jpg

――さて、山陽本線ホーム
岡山駅経由・新見ゆき列車に乗って、
こんどは一路、西を目指します!

7:32 しゅっぱつ!!
プシューー ガタン













 ~










b0005281_2134534.jpg

途中の上郡駅を、車窓から

この駅って、北へと延びる「智頭急行」が出てるんですよね
なつかしいなあ













b0005281_2135373.jpg

これだ、コレコレ

かつて、上郡から智頭急行を経由して、餘部に向かって旅をしたのが、
昨日のことのように思い出されます

あれは2008年のことだった













b0005281_214480.jpg

カタタタン カタン

懐かしき餘部に思いを馳せているうちに、
上郡を通り過ぎて、列車は三石、吉永と、西へ向けて走っていきます














b0005281_2141316.jpg

中国地方の大動脈たる山陽本線とは言え、このあたりはわりと静かな区間です
列車本数もやや少なめ

カタン カタン――

















 ============


9:08 岡山駅とうちゃく!!
ここで、列車をのりかえます




b0005281_2142319.jpg

お次は、岡山から北へと延びる、津山線に挑みます
9:11 すぐさましゅっぱつ!!
ガタ!
















b0005281_2143387.jpg

カタン カタタン

この津山線、群雄割拠する中国地方ローカル線の中にあって、
個人的に、やや控えめな印象を受けます











b0005281_2144447.jpg

とはいえ、あくまで相対的な期待値の話であり(つまり他の路線がすごすぎる)、
津山線に特別な不満があるわけではありません
景色なんかノンビリしてて、いいもんです


――ところで、津山線といえば、
ついこの間まで「急行つやま」が走っていたことは記憶に新しい

同区間を走る快速列車と比べても、ほとんど同じスピード・所要時間なのに、
急行つやまの運用列車は普通列車とおなじキハ48系、
なのに急行料金とられるという、、、















b0005281_2145556.jpg

ともかく

なかなか穏やかな風景で、心和みます
カタン カタン――




















 ============

10:24








b0005281_215870.jpg


!! ウワアーー!!?
なななななななんだなんだ!!!??













b0005281_2152448.jpg

駅舎から、得体の知れない怪物の首がとびだしてるぞ!?
思わず列車を降りてしまった
なんなんだ、これは!

「たまごかけごはん」の旗のほうも若干意味不明
いかん! 混乱している














b0005281_2153517.jpg

その名も、亀甲駅(かめのこうえき)!!

屋根がよくみたら、亀甲模様になっています
怪物じゃなくて、カメだったのか















b0005281_2154567.jpg

観れば観るほど、珍駅だこりゃ

こんな伏兵が潜んでいたとは、、、
津山線、おそるべし













b0005281_215554.jpg

駅入り口の前
親亀の上に子亀を乗せてーーのオブジェ












b0005281_216412.jpg

駅舎内にあったショーケース内には、
さまざまな亀グッズの数々が













b0005281_2161478.jpg

なんと、本物の亀も飼ってます
徹底してますなー おそれいった

亀づくしの亀甲駅、駅前の観光案内板によると、
近くに亀の甲羅のような岩(亀甲岩)があることに由来をしているらしいです



 ~

すっかり亀甲駅を堪能したあとは、ふたたび北へ!
津山に向けてしゅっぱつ
10:46 ガタン!



















b0005281_2162430.jpg

ガタタタン ガタン
山の中をひた走ります














b0005281_2163593.jpg

山を抜けきって降りてきたら、やがて津山の町です
なつかしい津山扇形機関車庫のへりを通ります――

















 ============

10:56

b0005281_2165077.jpg

終点、津山駅とうちゃく!!
これにて、津山駅、完乗!!
おつかれさまでした

一周して津山駅にもどってきた形ですね

それにしても、いやー亀甲駅がキョウレツだったなーー
津山線、あなどりがたし




しかし!
本日は、ある意味これからが本番!!
どこへ向かうのか? それはーーーーー!!!!














(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-22 21:39 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の中国地方ローカル線2 (姫新線/旧津山扇形機関車庫)

   
前回 の続き◆


b0005281_17524234.jpg

16時、中国地方のド真ん中、新見駅です

次の列車がくるまで1時間弱あるので、
飲み物を調達がてら、あたりをブラブラしてみます











b0005281_1752545.jpg

駅を出て直進、大きな川を渡ります













b0005281_1753347.jpg

!! 道路沿いに、踏み切りの跡らしきものが!?

何かの路線跡なんだろうか? それともコレクターか何かかな?












 ~






b0005281_17531156.jpg

スーパーでぶじ飲み物を調達し、ふたたび新見駅

山に囲まれているからか、
まだ5時前なのに、日が陰るのがやや早いような気がします














b0005281_17531815.jpg

さて! これから 姫新線(きしんせん)に臨みます

が、このダイヤ本数の少なさは、一体どうしたことか、、、














b0005281_17532934.jpg

てなことを言ってると、お
3~4時間に1本という、貴重な列車がホームに到着しました

美祢線でもおなじみの120系列車ですね
座席が横一列ロングシートの

もとい、16:51! 乗り込んで、いざ姫新線をしゅっぱつ!!
プシューーガタン!














 ============


b0005281_17533799.jpg

ガタンガタン

山の中を、しばし走ります













b0005281_17534742.jpg

ちょっとひらけてきました

おだやかな景色の中を、ガタタタン ガタン












 ~







b0005281_17535741.jpg

17:15 刑部駅とうちゃく
列車いきちがいのため、数分ほど停車

刑部といっても、読み方「デカ」駅ではなくて、「おさかべ」駅と読みます
あ デカは警部の字か













b0005281_1754823.jpg

17:19 ふたたびしゅっぱつ!
ガタ














 ~







b0005281_1754161.jpg

ガタタタン ゴトン

山と!














b0005281_17542341.jpg

平野部の景色とが、目まぐるしく入れ替わります

ガタンガタン













b0005281_17543112.jpg

木々のあいだをすり抜けるように、単線がひかれています
急峻と、おだやかな風景を交錯する、姫新線です

ガタン ゴトン――
















 ~









b0005281_17544023.jpg

18:05 美作落合駅 とうちゃく!

これは、ハイカラな駅だな! オシャレツ
駅名のごとく、美駅ですな


なんとなく、南阿蘇鉄道の高森駅に雰囲気が似てる











b0005281_17545167.jpg

駅舎の中も、手入れが行き届いています










b0005281_1755096.jpg

ホームも、雰囲気がよいです

ダイヤ本数が少ないながらも、
山をボーーっと眺めていながら列車を待つ、なんてのも良さそうだなあ














b0005281_17555354.jpg

列車いきちがいのため数分停車してましたが、よいひとときを過ごせました

18:10 ふたたびしゅっぱつ!
ガタン
















b0005281_1756441.jpg

ガタタタン タタン

わが一両列車120系は、中国山地の平野部を軽やかに走っていきます















b0005281_17561738.jpg

ガタタタン ガタン――

















 ============


b0005281_17562915.jpg

18:40 着きました、、、、













b0005281_17563799.jpg

津山駅!!
2時間弱の旅を終え、これにて 姫新線・完乗!
やりました、、、


ところで、津山駅の近くには、
貴重な 鉄道文化遺産があると聞いています
行ってみよう











 ~






歩くこと十数分、見えてきました、、、!




b0005281_17565134.jpg

旧津山扇形機関車庫!!
夕暮れにたたずむその様は、なんとも言えない風情があります












b0005281_1757658.jpg

なつかしの列車たちが、そろいぶみ!!

機関車庫と言えば、個人的には豊後森機関庫が思い起こされますが、
この津山機関庫はまた一味違いますね

津山機関車庫が擁する、キラ星のごとき列車の顔ぶれたるや、オオウ!













b0005281_17571449.jpg

いつまでも眺めていたい気分に駆られていますが、いいかげん暗くなってきており、
明日も早起きなので、そろそろ投宿しないといけない

後ろ髪を引かれつつも、津山機関車庫をサラバイするのであった

















b0005281_17572455.jpg

テクテク――宿へと急ぐ道すがら、カッパに遭遇!
津山は、どうも河童の町らしいです



さて19時半すぎ、ぶじ宿(ネットカフェだが)へと到着
つかの間の時間、あらたなる明日の旅へと備え、グウグウ眠りに着くのであった、、、














(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-14 18:51 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

真夏の中国地方ローカル線1 (山陰本線/伯備線)

 
◆2011年 8月後半のある日◆

am7時前 モハヨウございます!
夏と言えば、やはり18きっぷです
今回は、少々ストイックな旅をしようと計画してきました



b0005281_2138741.jpg

まだまだ夏まっさかり、長門市駅(山口県)に来ています

今回は、
前々から憧れていた「中国地方ローカル線」群に、片っぱしから乗りにいきます
「憧れ」なのになぜ「ストイック」なのか? 答えはいずれ明かされよう













b0005281_21381844.jpg

朝焼けに煌々と照らされたオレンジ色列車にのって、
まずは山陰本線で東へ、いざ行ってきます!!!

am7:02 プシューーガタン しゅっぱつ!!

















 ============


b0005281_2139341.jpg

ガタタタン タタン

山陰本線は、じつは何を隠そう先月も乗ったんですが、
何度乗っても、よいものです

海の真横を走る爽快感が、味わい深い












 ~








am8:55 島根県の西部、益田駅にとうちゃく!



b0005281_21394579.jpg

ここで列車のりかえ

30分の停車時間で、弁当を調達して、
シルバー・ボディの快速列車「アクアライナー」にこれから3時間半お世話になります

9:27、しゅっぱつ! ガタ













 ~







b0005281_21395416.jpg

しばし日本海に寄り添いながら、
ガタンゴトン














b0005281_2140295.jpg

はや12時を廻り、出雲~松江のあたり

宍道湖をながめつつ、ガタンガタン、、、



















 ============


12:57、米子駅(鳥取県)とうちゃく!! 速い! 順調にきています

さて引き続き東へ!
次に乗る列車も山陰本線、13:09発「とっとりライナー」だが――来てないね


駅アナウンス 「えーー とっとりライナーは、しばらく来ませんよ」

構内     「!? ざわざわ」

駅アナウンス 「人身事故で、、、」


!!! なんとーーーー!?


おれ  「駅員さん、状況はどうなんです
     山陰本線が動かないと、東へ行けないんですが」

駅員さん 「そりゃスマンですが、まあ1時間はむりでしょうね」


うーむ ただでさえ本数すくない山陰本線、
待つか、どうするか、、、













b0005281_21401578.jpg

よっしゃ、予定変更
伯備線にのります
南下します

事前に組んだ緻密スケジュールがご破算になっちまったが、仕方なし 
行き当たりばったりになるが、これも18きっぷの醍醐味!!
13:40に出発の列車があったので、のりこんだ!!
プシュー ガタン!













 ~











b0005281_21404750.jpg

カタンカタン
やむなき変更とはいえ、伯備線は初めて乗る路線でありドキワクです


さてこの伯備線、
山陽本線以外の中国地方路線にしては珍しく電車です(電化されてる)
しかも割りかし本数もおおい
30分に1本は列車があります


山陰と山陽とを結ぶ、もっとも機能的な路線であり、
特急も行き交います















b0005281_21405797.jpg

田園地帯を、カタタタン カタン

持参した地図帳を紐解くと、
米子を出発して、しばらくすると左手に名峰・大山が見えてくるらしいですが、
どれかな?













b0005281_2141667.jpg

はるか遠くに見える、あれか?
伯耆富士という別称のとおり、富士山型のフォルムに見えるは見えるが

うーむよくわからんが、あれが大山だということにしちょこう
















b0005281_21411526.jpg

大山(と、おぼしき山)が視界から見えなくなって、
車窓からみる景色は、ちょっとずつ山深くなってきています

夏の山景色を楽しみつつも、
時刻表をにらみながら変更ダイヤスケジュールの骨組みをつくる
カタタタン タタン――













 ============



b0005281_21412497.jpg

14:50 生山駅とうちゃく!
山小屋風の駅舎が、オシャレツ

列車いきちがいのため、数分ほど停車するもよう













b0005281_21413340.jpg

山小屋風の駅舎だけあって、さすが周囲も山・山・山!!
日差しは熱く、セミの声がミーーーンミンミンミンミーーーンとけたたましい!

14:56しゅっぱつ!! ガタン














 ~










b0005281_21414267.jpg

ちょこっと走って、またまた停車
この駅でも数分ほど停車するようです


「アロハーー」

「アロハーーーー」

む、、、乗客たちが、なにやら南国ムードになってきたぞ
ここはどこですか?

「アロハーー ここは日南ですロハー」

日南!! 宮崎県にワープしたか!!?















b0005281_21415430.jpg

と、いぶかしんでたら、上石見駅!!
バリバリの鳥取県じゃないか!

日南といっても宮崎ではなく、このあたりの町の名前のようです
びっくりしたなモー


それにしても、鳥取~岡山の県境であるこのへんって、井上靖ゆかりの地なのか
しろばんば、、、

15:15しゅっぱつ ガタン












 ~








b0005281_2142417.jpg

カタン カタン
夏の山景色の中を、列車は走っていきます
















b0005281_21421231.jpg

中国山地ならではの風景、
山と川に沿ってカタタン カタン















b0005281_21422114.jpg

川の水がきれいだな
カタンコトン――

















 ============


b0005281_21423368.jpg

15:49 ジャンクション駅、新見駅(岡山県)とうちゃく!!

あっという間の2時間、中国山地の風景を楽しむことができました
ここで、列車のりかえです



さて、お次に向かう先は――!!














(つづきます)
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-10 22:14 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

風鈴火山 (萩・笠山/風穴)

 
◆2011年 8月中旬のある日◆

お盆につき、帰省中です
いまが夏のさかり、ムシムシムシと暑い日々がつづいています

そんな中、 にやってきました
山口県の山陰部



b0005281_17242489.jpg

まずは「道の駅しーまーと」で腹ごしらえ
海鮮丼を、いただきます
モグ、、、

うめえ!!
日本海の海の幸に、舌鼓をうちます


 ~

ごちそうさまでした
と、満足したところで、移動












b0005281_17243387.jpg

笠山へ、やってきました
標高112mの山頂展望台から、海に浮かぶ島々を眺めます
ビュオーーと、風が強いな

笠山は、萩の北西部に位置し、海に出っ張った形で所在しています
「東洋一ちいさい火山」と言われています











b0005281_17244576.jpg

で、この笠山
なんと、火口まで降りていくことができます!

行ってみよう












b0005281_17245328.jpg

階段をおりていきます、、!
ドキドキ












b0005281_1725113.jpg

おおおおーー これか!!
なんというか、、しぶい!!!

噴火で発生した溶岩跡であろう 赤茶けた岩肌が、
往時を忍ばせます


往時といっても、噴火したのは数千年前らしいが、、














b0005281_17251246.jpg

今では周りに、草木が生えてきています
おもしろいもの見れたなあ

とつぜんドドドドドと噴火し始めてもイヤなので、
早々に退却












 ~









b0005281_1725229.jpg

笠山のふもと、「風穴」と呼ばれるスポット

天然のクーラーが楽しめますとのことで、
これまた一体なんだろ?

行ってみよう












b0005281_17253240.jpg

入ってみると、、、、おお!
急にヒンヤリした空気の層に変わった!!
すずしい!!

仕組みどうなっているのか? と言うと、

「笠山のこのあたりは、多孔質岩(穴ポコが多い)が多く、
岩に海水が染み入り、その水分が蒸発する際に周りの熱もうばうため、
気温がすずしくなる」
ということらしいです











b0005281_17254031.jpg

岩のスキマから、冷たい風が吹き込んできます
これはホントに涼しい!



火山にて涼を楽しむ不思議な取りあわせ、
八月のひとときであります
 









(了)
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-03 21:21 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

2012! 賀正!!

 
b0005281_20364399.jpgあけまして
 オメデトウございます!!

2012年です!

みなさまがたに、幸多からんことを

そして本年も、ドルメンズを
よろしくお願いいたします◎


 ============

思えば、自身は昨年の中ごろから、
いろいろ勉強中(ほんとに様々なことを)
であり、ドルメンズの活動がややノンビリに
なっています


が、何年もやってきてわかりましたが、
こういうのって「緩急」の時期があるものだと
知ったので、もはやマイペースでいこうと考えています


マイペースというのは、

 「拍子をくずさず」
 「天地の間に、己一人生きてあると思ふべし」

に通ずるところもあると、捉えているがゆえ



手負いの狼がごとく、今にも飛びかからんと、息を潜めています
今年は「動」の年になりそうです










ps.
おまけ


イマハシは、
「意味不明に大風呂敷ひろげた化粧品の広告
を渉猟するのが趣味なのですが、
また、新しいタイプのを見つけました

 ↓↓↓









b0005281_203725100.jpg

、、、、、、


って、、、

もうちょっとちがう表現はなかったのか いやあーびびった

もはや、縁起物です
どうぞお納めください



「メイクは、アタシたちの鎧」!!
口に出してみると、ちょっと心が強くなれる気がしますよ
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-01 13:12 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)