<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

広島の奥座敷 (世羅)

 
◆2011年 5月のGW◆

コンニチハ
広島の奥座敷「世羅町」(せらちょう)に、父上と来ています

世羅町は、広島県のほぼ中央部にある高原です



b0005281_22365847.jpg

花夢の里(かむのさと)
標高480mの高原に、芝桜(しばざくら)がパァーンと広がります

「きれいじゃのう」「きれいじゃのう」と父子で感心












b0005281_22544620.jpg

いろんな色の芝桜のじゅうたん

じつに鮮やかです












b0005281_22392037.jpg

というだけあって、
桜の花びらの形になんとなく似ています














b0005281_22393061.jpg

芝桜による、クジラの絵!!
これはみごと!!

しかし、高原なのに、なぜに海のクジラ、、、?












b0005281_22404869.jpg

あっ アンパンの人だ













b0005281_22405894.jpg

「ガォーーーーーー!!!」
ウワァーー!?びっくりした!

なぜに、恐竜!!?
村田英雄なのか?
花と竜ですか











b0005281_22423365.jpg

あっ ポケットから色んなもの出す人だ
















 ============

移動



b0005281_22424629.jpg

世羅ゆり園に来ました

春の花、ビオラが広大な丘に咲きほこります











b0005281_22425663.jpg

かなり広い花畑のなかを、縦横無尽に散策します









 ~







b0005281_2243669.jpg

園内の食堂で、昼ゴハン
広島名物・尾道ラーメン

ズズズ、、、む!?
魚介ダシと豚骨スープの組み合わせが、じつに旨い!















b0005281_22432288.jpg

腹ごしらえしたあとは、
ビニールハウスに向かって、歩いていきます













b0005281_22432985.jpg

ビニールハウスでは、いろんな色の百合が咲いています












b0005281_22433790.jpg

ゆりの香りが、じつにエレガントです
ムフーーー











b0005281_22434435.jpg












b0005281_22435290.jpg











 ~







b0005281_2244158.jpg

わすれな草に見送られて、おわかれ
「わすれな草」とは、なんてせつねー名前なんだ!
泣けてきます


世羅町、このたび初めてきましたが、
空と丘とが織り成す風景は、じつに広くて、おだやかで、
5月の空気ともあいまって爽快です












 ============

b0005281_22442782.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-29 20:35 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

城と桜 (福岡城址)

 
◆2011年 4月上旬のある日◆


b0005281_20475081.jpg

福岡城址に、花見にきています












b0005281_2048099.jpg

桃色の、見事な桜












b0005281_204881.jpg

石垣沿いに、桜をめでつつ、散策しています












b0005281_20481592.jpg

大きな桜の木の下で、ごはんタイム

風が吹くごとに、桜の花がひらりひらりと舞う
桜の、フワリとした良い匂いがします
















 ============


福岡城址から、大濠公園へ移動


b0005281_20482447.jpg

日本庭園の入り口
初めて入ってみます

武道場に通う道すがら、毎回いつも目の前を歩いて過ぎるばかりで、
前々から気になっていたんですよ











b0005281_20483152.jpg

おおーー 中は広い










b0005281_20483743.jpg

池が広い

周りを、のんびり歩いてみます











b0005281_204844100.jpg

滝もあります

日本三大文化、「わび」・「さび」・「もえ」のうち、
2つが、ここ大濠公園日本庭園には有ります











b0005281_20485050.jpg

風情があって、まさに福岡における都会のオアシス

春の空気は、まどろみます
しかし、ほのかに狂気をはらんでいる

それにしても、暖かい










b0005281_20485886.jpg


 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-27 09:46 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

春の秋月

 
◆2011年 4月初旬のある日◆

福岡の小京都、秋月にきています


b0005281_2335231.jpg

ろまんの道での、チャリティーライブ・イベント


イマハシも、道場(古武術)の先生に誘われ、
演武の楽器方で出演することになりました










b0005281_23374051.jpg

剣術の演武


このあと一曲ひきがたりで、ドルメンズ『ざんこくについて』をうたう

その後、たてつづけに小芝居の時間!
これに急きょ参加

反応は、、、けっこう盛り上がっていましたね
うれしいことです◎








 ~





b0005281_2339412.jpg

ろまんの道の、お店の庭園











b0005281_23391917.jpg

お店の中

めずらしいアジア雑貨の数々に、おもわず目を奪われます









 ~





春の秋月、せっかく来たので、
あたりを散策してみます




b0005281_23393649.jpg

桜の馬場へ至る、橋の上にて

桜のトンネルを通って、城下町どおりに入ります










b0005281_23395082.jpg

桜の並木道の下を、歩いていきます











b0005281_2339593.jpg

うららかな桜
花はきれいであるけれど、
同時に、そこはかとない儚さのようなものが、強烈に胸を締め付けるようです



それでも、桜の季節が過ぎれば、薫風の5月は やってきます













b0005281_23401242.jpg


 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-25 22:34 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

 
◆2011年 3月末~4月初旬のある日◆


b0005281_232165.jpg

笹原駅です

博多駅から2~3駅、南に位置します










b0005281_2335012.jpg

ナナメ形状の入り口は、ボーダーの外観で、
なんともハイセンス









 ~






b0005281_2322739.jpg

西鉄・井尻駅

活気ある商店街の中に位置する駅です
笹原駅からも、近いといえば近い












 ============

日付は変わって、春日のとある小さな公園



b0005281_232419.jpg

青空の下、桜が咲き誇っています

あたりは暖か、春のさかりです











b0005281_2324929.jpg

ぼんやりと、かすんで見えるようです

とくに、今年の桜は











b0005281_233856.jpg


 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-23 22:50 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

春の雨、そして年度末の列車 2(西鉄天神大牟田線/甘木線/太宰府線)

 
前回 の続き◆

11:50


b0005281_22303238.jpg

JR大牟田駅から、隣接の西鉄・大牟田駅ホームへと移動しました










b0005281_22304512.jpg

出ました!! 西鉄電車の特急車両!!
特急ですよ

いまから、この特急電車に乗って、へ!向かいます!










b0005281_22305592.jpg

特急特急、と言ってますが、手持ちの「九州満喫きっぷ」では西鉄に限り、
特急に乗車可能なのです

で、最前列に陣取った、、、は良いが、めっちゃ雨ふってきたな
とにかく、しゅっぱつ!!!
ガタ











 ~






b0005281_2231359.jpg

カタタン カタン
雨にかすんで、向こうの方に橋が見えます













 ~









b0005281_22311287.jpg

大善寺駅(久留米市)にとうちゃく!!
ここですぐさま、甘木行きのノーマル列車に乗りかえ

支線・甘木線を攻略します

前回話していた、「本日のメイン・イベント」とは、まさにそう!!
西鉄の全線のりつぶしに挑みます












b0005281_22312029.jpg

乗り込んだ列車は、
雨の中、単線レールをカタタタンカタンと走っていきます













b0005281_22313110.jpg

空が広いなあーー
カタン カタン











b0005281_22315181.jpg

雨は降り止まないが、列車は順調に走っていきます――













 ============

13:18


b0005281_2232266.jpg

着きました、終点・西鉄甘木駅!!
おつかれさまでした









b0005281_22330100.jpg

駅舎!!

周りに建物が多いですが、
こじんまりとした駅舎は、なかなか味があって良いものです

改札で駅員さんに、「おーーこれが九州満喫きっぷですか」と言われる
甘木あたりでは、あまり使用頻度は多くないんだろうとお見受けした


ちなみに、去年、松葉杖でいどんだ甘木鉄道の甘木駅とは、けっこう離れているようです
おなじ甘木駅でも、併設されてないんですよね


それはさておき!!













b0005281_22333784.jpg

返す刀で、もときたルートを戻ります

終点駅(=始発駅!)ぽい風情だ
スタートラインに停まっているエメラルド色の列車に乗り込んで、
13:22 いざしゅっぱつ!!







 ~





b0005281_22341191.jpg

うおおーーーガタンゴトン!











b0005281_22342553.jpg

まだまだまだ(馬田)だ!!












b0005281_22344275.jpg

カタンコトン
菜の花も雨にぬれています















b0005281_22345140.jpg

14時すぎ、宮の陣駅ホーム!
ここで甘木線→天神大牟田線に乗りかえ

北上します












 ~







b0005281_2235014.jpg

14:30 西鉄二日駅ホーム!!
ここでも列車を乗りかえ

もう一つの支線・太宰府線に挑みます!
乗り込んで出発!!













b0005281_22351366.jpg

その名の通り、二日市~太宰府までを、わずか計3駅結ぶ路線です

雨は相変わらずだ
ガタン













 ============

14:45


b0005281_22352450.jpg

そんなこんなで、あっというまに太宰府駅とうちゃく!!

――ん??











b0005281_22353220.jpg

!!?
ななななんだ あの人だかりは!?












b0005281_22354267.jpg

うおーーー牛さんだ!!

なんかの祭りをやってるようですね











b0005281_22355147.jpg

曳き車には、いろんなものが乗ってますが、
どうやら、酒だるが乗っているようです、、!












b0005281_2236083.jpg

「のめーーー!!」
おおーーー!!マス酒だ!!
しかも、回し飲み!!! その意気や、よし!

こちらもご相伴にあずかります
ゴク――

んまい!!!
雨の下で飲む酒も、意外とオツなもんですな













b0005281_22361287.jpg

人ごみをかきわけ、参道を進んでいって、
こちらは御神牛

せっかくなので、太宰府天満宮の境内を散策します












b0005281_22362265.jpg

しだれ梅が咲いています











b0005281_22363576.jpg

白梅も、なかなかの咲きっぷりです

梅の花をみると、いよいよ春が身近なものに感じられてきます




――しばし境内を散策したのち、ふたたび太宰府駅へ

15:17、最終地・天神へ向かう列車に乗り込み、しゅっぱつ!!














 ============

15:50


b0005281_22364720.jpg

着きました、、、!!
西鉄福岡(天神)駅!!!

これにて、西鉄、完乗!!!!
※ 西鉄貝塚線は、かつて西鉄宮地岳線が貝塚線に改称&路線縮小した際、最終日に完乗済


いやあ感慨ぶかい――というか、天神駅は何度も何度も来てるので、
実際それほどでもない、、、いいや!!











b0005281_22365857.jpg

西鉄福岡(天神)駅の改札!!
感慨ぶかい!! やっぱり、それほどでもない――いいや!!!















 ============


そういうわけで、九州満喫きっぷのラス1枚を使って、
2010年度・最後の列車旅に挑んでまいりました


西鉄は、こういう機会でもなければ中々乗りつぶしに行かないと思うので、
そういう意味では貴重な体験になりました

西鉄って基本的にベッドタウン沿いを走るんですが、
南端の大牟田駅ちかくは、JR線と併走したりして、なかなか面白いです
単線になるしね


意外な盲点を狙ってみました、ということで、
今回はこれにて
ではまた













(了)







 ============


b0005281_22371328.jpg

3月の雨の中、咲きほこる白梅
太宰府天満宮にて



「春の雨、そして年度末の列車 1」へジャンプ
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-21 23:07 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

春の雨、そして年度末の列車 1(筑肥線/唐津線)

 
◆2011年 3月下旬のある日◆

今年度分の「九州満喫きっぷ」、最後の1回分を使い切るために、
そして、今年度の鉄道旅の総括をするため、
日帰り列車旅に出発します!


am6:50――


b0005281_2224461.jpg

地下鉄博多駅

西唐津駅(JR)行きの列車に乗りこんで、西へ!向かいます
しゅっぱつ!! プシューー









 ~




am7:40
線路は、地下鉄線の姪浜駅を境にして、JR線へと変わりました
乗ってる列車はおんなじ

b0005281_22245412.jpg

さいしょ列車に乗ってから1時間もしないうちに、外の風景が都会から田園地帯に変わってきました

ガタン ガタン










b0005281_2225590.jpg

ガタタタン ガタン

海が、眼下に広がります









 ~






b0005281_22261162.jpg

am7:56
最初の目的に、どうやら到着したもよう――









b0005281_22264240.jpg

お久しぶりの、鹿家駅

木造でこじんまりとした、オシャレツ駅舎











b0005281_22265170.jpg

駅を出て、まっすぐ2~3分も歩くと、
海に出ます

ザザ、ザァーン、、、と波の打ち寄せる音










b0005281_2227515.jpg

早朝という時間のせいか、海辺には人っ子ひとりいない

しばらくブラブラして、鹿家駅へもどる










b0005281_22271528.jpg

am8:30、赤い列車に乗り込んで、しゅっぱつ!!

さらに西へ向かいます














 ============

am8:50


b0005281_22272983.jpg

唐津駅にとうちゃく!!

唐津駅の外に出るのは、思えば初めてだ









b0005281_22273690.jpg

駅のまん前に像が立っていますが、
めっちゃガッツポーズしてんな










b0005281_22274445.jpg

鶴も羽ばたいていますよ











b0005281_22275218.jpg

鶴の足元には、おじさんの顔拓が、、!?











b0005281_22281696.jpg

さらに向こうに、怪物の頭部がデンと鎮座!!
なんとも賑やかな駅前だな!

これは唐津くんちのやつだね


では駅に戻るか













b0005281_22284484.jpg

ホームに戻る通路に、「いい日旅だちの碑」なるものが

縁起が良いな!














 ============


am8:57


b0005281_22293954.jpg

さあ!!
これより、唐津線に臨みます

おなじみ、クリーム色したキハ47列車に乗り込んで、いざや出発!!
こちらもお久しぶりで、楽しみだ!
ガタン











b0005281_22295051.jpg

川をゴォォオーーと渡ります
ドキドキ











b0005281_2230075.jpg

遠くに佐賀の山々を眺めつつ、
列車はガタゴト走ります













b0005281_223082.jpg

数駅とおりすぎたあたりで、レールが二手に分割
筑肥西線と唐津線は、しばしの別れということになります

筑肥西線よ、達者でな
また会う日まで!!










 ~





b0005281_22301962.jpg

雨が降ってきた、厳木駅(きゅうらぎえき)のホーム

SL時代の名残り、給水塔がたたずんでいます












b0005281_22302832.jpg

雨の中、川をゴオーーとわたります

もうすぐ佐賀市に入ります












 ============


am10:14


b0005281_22304169.jpg

唐津線の終点、佐賀駅にとうちゃく!!

あいにくの雨ですが、唐津線を堪能しました










b0005281_22305112.jpg

しばらくすると、
カタン カタン――と、お次の列車がホームにやってきました

いざ乗り込んで、つぎに向かう先は、!!
am10:46 鳥栖へと出発します! 
カタン










 ~




am11:16、鳥栖駅とうちゃく!!


b0005281_2231095.jpg

数分のうちに ホーム売店で駅弁を買い、すぐさま次の列車へ乗り込んだ
お次の行く先は、だ! 
まさに縦横無尽! うぉぉーーーガタン!!
















b0005281_22311067.jpg

それにしてもだ、腹が減ってきました

目の前には、
先ほど調達した、鳥栖駅名物・「焼麦弁当(しゃおまいべんとう)」!!









b0005281_22312136.jpg

「しゃおまい」とは、シュウマイのことです
かしわめしも一緒に入っており、コストパフォーマンスが高い

ということを言いつつ、カタンカタンと揺られながら、いただきます
モグ

――う うまい!!!
さすがシューマイは美味だ
酢じょうゆがベストマッチしてます













b0005281_223281.jpg

カタタン カタン
外はだんだんと、工場が立ちならぶ景色になってきた












b0005281_223218100.jpg

レールの本数が、1本、2本、、、と次第に増えてきた











b0005281_22322784.jpg

やがて、工業都市・大牟田駅にとうちゃく!!
福岡県の南端部であり、貨物列車色のつよい駅だ

時刻は、まだ11:40
これから、本日のメイン・イベントに臨みます

それは一体何か――?













(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-19 23:06 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

早春に炭鉱の里を走る2 (平成筑豊鉄道/彦山駅)

 
前回 の続き◆

am9:02


b0005281_10435744.jpg

わが炭都物語号――平成筑豊鉄道の新型列車――は、
次なる駅へ到着したもよう










b0005281_10448100.jpg

崎山駅!
由緒正しき、木造のナイスな駅舎です

しばしあたりを散策してみます














b0005281_10443651.jpg

駅を出て左手に、数百メートルほどの距離にある、八幡神社










b0005281_10444530.jpg

なんと、境内にレールが通っています












b0005281_10445441.jpg

すぐ近くには、川がながれています

醤油蔵か酒蔵とおぼしき、煙突が見えます













b0005281_1045269.jpg

ふたたび崎山駅にもどってきました
駅舎を横から見ると、ツギハギだらけだが、まだまだイケルぜ!!

線路沿いの菜の花がきれい













b0005281_10451091.jpg

ホームで列車を待っていると、、、
ブルーのちくまる号がやってきました
(「ちくまる」とは、平成筑豊鉄道のマスコットキャラクター)

楽しい感じで、じつにいいね
9:27、乗り込んでしゅっぱつ!
ゴト









 ~





b0005281_10451994.jpg

車内も、ちくまるだらけ












b0005281_10452849.jpg

先ほどの今川橋梁を、ふたたびゴォォオオーと渡ります














 ============


am9:40


b0005281_10454937.jpg

次なる駅へ、早くもとうちゃく!!

ちくまる号を、見送ります
カタタタン カタン――











b0005281_10455835.jpg

油須原駅(ゆすばるえき)!
これまた木造の、オシャレツな駅舎です












b0005281_1046694.jpg

駅舎の中は、けっこう広い











b0005281_1050232.jpg

ホーム側
昭和テイストにあふれています



さて、ふたたび散策してみます











 ~








b0005281_10504345.jpg

――カタン カタン

筑豊の山々を眺めながら歩いていると、
おおーー先ほどの、炭都物語号が!

列車のカラーが、山路に馴染むなあ











b0005281_1050526.jpg

晴れ間も広がって、早春の空気がンマイです












b0005281_10505868.jpg

平成筑豊鉄道のスタンダード列車「なのはな号」ともすれ違います

菜の花の脇を、ガタンゴトン走っていきます











b0005281_1051730.jpg

眼下に川を眺めつつ、てくてく歩きます














b0005281_10522361.jpg

am11:00 源じいの森駅にとうちゃく
すぐそばに、キャンプ場があります

やってきた列車に乗って、しゅっぱつ!
ガタン

















 ============


am11:57


b0005281_10524332.jpg

つきました、、










b0005281_1054378.jpg

平成筑豊鉄道・直方駅!
おつかれさまでした

隣りはJR直方駅です
というか、おなじ建物だけど


ちかくのスーパーで、昼ごはんの弁当を調達











b0005281_10544540.jpg

ふたたび、平成筑豊鉄道ホーム
おっ またもやブルーのちくまる号
お世話になります

12:30、しゅっぱつ! ガタン













 ============


13:02 終点・田川伊田駅にとうちゃく
これにて平成筑豊鉄道、完了!!
いやあー堪能しました


ホームを移動します






b0005281_10551347.jpg

キハ40!
今度は、日田彦山線に臨みます

13:20、のりこんでいざ、しゅっぱつ!! ゴトン









 ~






b0005281_10552619.jpg

ガタン ゴトン

日田彦山線も、なんだか久しぶりだなー













b0005281_10553529.jpg

ガタン ガタン













 ============


13:57


b0005281_10554864.jpg

どうやら、目的の駅に着いたもよう











b0005281_10555679.jpg

彦山駅(ひこさんえき)!!
降りるのは、初めてです











b0005281_10561128.jpg

霊山・彦山のふもとに鎮座まします駅です

登山客の利用も多いそうな











b0005281_10562159.jpg

駅舎内は広く、無人駅ですが手入れが行き届いています













b0005281_10563259.jpg

駅のちかくを散策
空が明るい

アーチ橋が見えるが、あれは鉄道ではなく道路


山に登る時間は、さすがに今回はないので、
早々に駅へ引き返します











b0005281_10564353.jpg

彦山駅ホームにて
黄色い車体が印象的な、キハ125形が入線!

14:29 乗り込んで、しゅっぱつ
ガタ!












b0005281_10565497.jpg

沿線の風景を楽しみつつ、ガタンゴトン――














 ============


14:57、田川後藤寺駅とうちゃく



b0005281_105775.jpg

後藤寺線にのりかえ、北上します











b0005281_10571533.jpg

ガタン ゴトン
このあたりも、山の景色が印象的です














b0005281_1057246.jpg

15:45、新飯塚駅
福北ゆたか線にのりかえ

さあ、ラストスパートだ










b0005281_10573682.jpg

カタタン カタン
青い空の下を、列車は走っていきます


今日も晴れてよかったな
筑豊の風景に思いを馳せつつ、今回の列車の旅も、フィナーレを迎えるのでありました






 ~



――思えば、炭鉱の山々を背景に、
途中下車の時間もふんだんに取り入れながら臨んだ、今回の旅
うまい空気や鉄道遺産を存分に楽しむことができました

いつもの旅では、
乗りかえなどで時間に追われながら行程を進めているので(それはそれで楽しいんだが)、
今回の旅ぐらいのゆったりペースというのは、余裕があってよかったですね
癒された感じです



まあまた次回は、過密スケジュール鉄道旅に戻るかもしれんけど、、











(了)







 ============


b0005281_10503650.jpg

「早春に炭鉱の里を走る 1」へジャンプ
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-16 23:16 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

早春に炭鉱の里を走る1 (平成筑豊鉄道)

 
◆2011年 3月上旬のある日◆

フト気づいたことには、
去年の6月、諫早ライブ(島原鉄道)ツアーの際に利用した「九州満喫きっぷ」が、
あと2回分のこっています

使用期限が今月末までなので、本日、鉄道旅に出かけることにしました
使い残したまま終わることは、信念に反する


 ※「九州満喫きっぷ」
 九州管内のほぼ総ての鉄道――JR・私鉄・3セク等――に、1日乗り放題!!
 ただし普通列車のみ(西鉄に限っては特急も利用可)。
 3回分セット販売で、バラ売りなし。1年を通していつでも使用できる。






 ============


am6:40


b0005281_23175878.jpg

ということで、やってきました平成筑豊鉄道!!

九州北部、小倉の南東に位置する、JR行橋駅、
そのホームの中に、平成筑豊鉄道の乗り場があります

2009年の年末に挑んだとき以来、久しぶりの「へいちく」です
いやあー あんときは大雪でタイヘンだった











b0005281_23102831.jpg

コレマタお久しぶりの、へいちく気動車

季節は3月、今日は雪が降ることはないだろう
九州満喫きっぷを握りしめ、いざ列車(1両編成だが)に乗り込んだ!
今日もいい旅をたのむぜ

しゅっぱつ!!








 ~






b0005281_23103966.jpg

ガタン ゴトン

山際から、立ち上ってくる朝日が見える
さわやかな一日になりそうだ!












b0005281_23105041.jpg

山々に囲まれた田園地帯の中を、ガタンゴトン走ります












b0005281_231126.jpg

窓枠上の車内広告を見上げてみると、
「お か し か」――博多弁まるだしのポスターが、、、

さすが、地域に根ざした第3セクター鉄道、、、!










 ~





b0005281_23111299.jpg

、、、と感心していたら、最初の目的地へ早くも着いたもよう
am7:18











b0005281_23112170.jpg

カタンカタン、、、、と走り去っていく気動車を、ホームから見送ります











b0005281_23113484.jpg

ここは、赤駅(あかえき)!!
筑豊の山中にある、閑静な駅です

駅の前にある2本の線は、レールです

「!? どういうことか」 答えましょう










b0005281_23114531.jpg

ずーっと延びています

これは、観光用トロッコ「赤村トロッコ油須原線」のレールです
毎月きまった日に、定期運行されているものだそうです



さて、
しばらくあたりを散策してみます














b0005281_23115638.jpg

道をしばらく歩いていくと、先ほど話したトロッコ列車の収納庫が!











b0005281_23122875.jpg

旧・国鉄油須原線のトンネル跡を利用したものと思われます
かわいらしいトロッコ列車が、ちらりと見えます



ふたたび移動!









 ~




b0005281_23135287.jpg

道中みかけた、梅の木

春も間近だなーー
テクテク











b0005281_2314142.jpg

しばらく歩くと―― おおー見えてきた











b0005281_2314122.jpg

鉄道遺産、内田三連橋梁

通称・みつあんきょう とも言うそうです
これを見たかったンですよ











b0005281_23142393.jpg

後ろから

ほとんどレンガで組み立てられていて、
強度と美しさを兼ねそなえた、見事な橋梁です












b0005281_23143515.jpg

みつあんきょを渡る、へいちく列車!!
ビューリホー



見事なアーチをバッチリ堪能したら、ふたたび移動











 ~






b0005281_23144790.jpg

炭鉱山を眺めながら、テクテク











b0005281_23145976.jpg

線路沿いに歩いていくと、何度か列車とすれ違います













 ============



b0005281_23151017.jpg

内田駅に来ました
先ほど降りた赤駅から、一駅となりです

ホームに屋根だけという、コンパクトで簡素な駅です


しばし列車を待つ、、、










b0005281_2329065.jpg

ガタンゴトン――

am8:48、来ました!
!! おおーー新型車両、炭都物語号じゃないか!
ツイテる!!

かつて石炭産業の興隆を称えたモチーフで、
車体には、炭鉱ゆかりのイラストがババーンと書かれています











b0005281_23153097.jpg

乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
ガタン

最前列、かぶりつきです














b0005281_23153883.jpg

真っ赤な橋の上を、ゴォォオオーーと渡ります














b0005281_23154697.jpg

!?
横にビヨーンと伸びたトンネルが見えてきたぞ












b0005281_23155681.jpg

九州で一番古い、石坂トンネル(いっさかとんねる)だ
なんと、1895年製!!

百年以上という歴史の重みを感じつつ、おごかな気持ちでトンネルをくぐります
ガタタタタン ガタン










b0005281_2316417.jpg

今川橋梁をゴォォオオーと渡る!!

この橋も、明治期に造られたという歴史ある鉄道遺産です
雰囲気があって、良いもんだ



 ~


さあ、橋を渡って、次なる駅へ到着したもよう
どこか!? それはーー!












(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-14 23:30 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

早春の景色 (福岡市近辺)

 
◆2011年 2月後半のある日◆

コンニチハ
北九州にきています



b0005281_1357228.jpg

水巻駅








b0005281_13571563.jpg

一直線に延びるホーム










b0005281_13572967.jpg

フェンスの外に、梅がチラホラ咲いています











b0005281_1358072.jpg

フェンスの上を見上げれば、、、
ううむ これはすごい

「○○反対!!」という、さまざまな抗議の看板に混じって、
「頑張ります」というメッセージの看板がひとつ


ちと電波、、、いやいや











 ============



b0005281_13581342.jpg

古賀駅
福岡市の北です

ここは、意外と大きい駅です
もちろん快速もとまる






 ~





b0005281_13582481.jpg

古賀すぐ近くの、福工大前駅

まだ新しい駅です










b0005281_13583252.jpg

駅の反対側出口
学校に接続しています









 ~





b0005281_13584087.jpg

福岡市内、夕暮れの宇美川をわたる
ガタンゴトン――











 ============


朝倉のさらに向こう、八女市星野村に来ています


b0005281_13584947.jpg

冬景色ともあいまって、しんとした山村
見事なだんだん畑です

いわずもがな、八女はお茶の名産地









b0005281_13585726.jpg

朝倉まで移動
小高い山の上から

白梅が咲いています



もうすぐ3月、やがて春がやってきます


 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-13 18:54 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

ゆふいんの森!後編 (湯布院)

 
前回 の続き◆


2日目 朝
おはようございます



b0005281_13263398.jpg

湯布院の朝です
宿から、由布岳の姿が見えます

晴れ間がのぞいているね


宿をチェックアウト
今日は、湯布院めぐりをします
雪なので、レンタルサイクルは利用できず、徒歩でいきます







 ~



b0005281_1328918.jpg

冬の由布岳

しかし、、、、雪が、かなり降ってきだしたぞ
はっきり言って、寒い!!!
ヒュォォオオオーーーー









b0005281_13281758.jpg

なんとか、目的地までとうちゃく

宇奈岐日女神社(うなぎひめじんじゃ)
田んぼ沿いをずっと歩いていくと現れる、古い社です

寒い!










b0005281_13282758.jpg

雪が積もった境内には、大木の伐り株がまつられています











b0005281_13283574.jpg

根元の周囲は、なんと10メートル以上とのこと!












b0005281_13284351.jpg

こちらも伐り株
屋根つきver.です



移動









 ~





b0005281_13285344.jpg

佛山寺

藁葺き屋根の門構えが、印象的です










 ============


11時すぎ
雪は、降り止んだもよう




きのうに引き続いて、ふたたび金鱗湖に戻ってきました

ゆふいん金鱗湖美術館にて、マルク・シャガールの絵画を鑑賞
湯布院は、芸術の町でもあるようです











b0005281_1329824.jpg

茶房 天井桟敷
オシャレツきわまりない外装です

江戸期の造り酒屋を移築したそう









b0005281_13291557.jpg

グレゴリオ聖歌が流れる、落ち着いた店内









b0005281_13371483.jpg

オシャレツなカウンター
店内の席が開くのを待っていると、なんとムソーが「オーウ」と登場!
たまたまの偶然、まさかこんなところで会うとは!?

同席にて、コーヒーを飲む









b0005281_1329284.jpg

オリジナルブレンド・コーヒー
さすがに旨い!








b0005281_13293575.jpg

由布岳をモチーフにしたというデザート、モン・ユフ
スイーツ!!
まさに、雪の由布岳だね

ムソーはバスの時間があるとのことで、ここで散会


こちらも店を出て、移動します











 ============


13時すぎ


b0005281_13294454.jpg

道中、旅館にあった「ご自由にどうぞ」の足湯
身体が凍えんばかりなので、ありがたく使わせていただく









b0005281_13295478.jpg

足湯といえど、温泉は温泉
あたたかい!!


程よくポカポカした後は、ふたたび移動!










b0005281_1330168.jpg

散策路をテクテク

しばらくすると、急に吹雪いてきた
さすが湯布院、だけあって、天気が変わりやすい!
ビュォォーーーさむいさむい!!!!










b0005281_133092.jpg

避難もかねて、昼食タイム
ちかくのお店に入る










b0005281_13301672.jpg

とり天定食
いただきます モグ

――うまい!!
とり天は、衣がサクサクして、ジューシーで、じつにマウイ


お腹いっぱいになったあとは、
雪がおさまった頃合いを見計らって、ふたたび移動








 ~





b0005281_13302445.jpg

湯布院美術館

昔の小学校と、古墳を足したような、コンセプチュアルな美術館
土のドームの中には、放浪の詩人画家・佐藤溪(さとうけい)の作品が展示されています









b0005281_13303135.jpg

未来の自分へ宛てる絵手紙を書く部屋
未来イマハシへ向けて、一筆したためる










b0005281_13303836.jpg

いろんな万華鏡が設置されている部屋
常設展テーマ「美の小宇宙」とは、言いえて妙!










b0005281_1330452.jpg

先ほどの、土のドームの上にのぼってみると、
昨日おとずれた公園の、D51が見える

そして、また雪が降ってきた


移動









b0005281_13305399.jpg

もう一度、D51を観て、
湯布院とはこれにてオサラバ

名残惜しいが、、、
帰途につくため、由布院駅へ向かいます











 ============


17:00



b0005281_1331032.jpg

フッフフ!!
帰りも、ゆふいんの森です

雪がふって寒いので、
早々に乗り込んで、しゅっぱつ








b0005281_1331835.jpg

ゆふいんの森は2種類あって、
これは、昨日のってきたタイプとは別のタイプです
やや新しい車両

相変わらず、フロント面にはフレームがバーンと横切っていますが、
今回は最前列の指定席ではありません


席に荷物を置いて、車内探索してみましょう








 ~




b0005281_13311638.jpg

車両の接続部分は、渡り廊下風のデッキでつながっている
オシャレツ!!









b0005281_13312397.jpg

売店カー
赤ワインを調達









b0005281_13313067.jpg

あらかじめ由布院のおみやげ通りで買っていた「昔せんべい」をつまみに、
ワイン・タイムといきます

昔せんべいは、あまり確認せずに買ったものなんですが、
「戦後の物資不足期のせんべいを再現」ということとで、調味料が極端に使われてなく、
味がうすい










b0005281_13313827.jpg

ガタン ゴトン

外は大雪だ












b0005281_13314686.jpg

雪に埋もれている、豊後森機関庫
カタタタン カタン













b0005281_13315483.jpg

ガタンガタン――
日が少しずつ陰ってきて、雪の白と、淡いブルーが幻想的












b0005281_1332332.jpg

三隈川を、ゴォォーーとわたる












b0005281_13321292.jpg

あまりに冷えるので、車内販売からコーヒーを買う
ゆふいんの森コーヒー

ズズズ、、、、うむウマイ
車内で豆を挽いて、淹れたコーヒーらしいです












b0005281_13321987.jpg

すっかり雪に覆われた、田園地帯

ゆふいんの森での旅も、もうすぐで終わりだ
ガタン ゴトン――












b0005281_13322823.jpg

乗務員さんから、ゆふいんの森特製キャンディーを「どうぞ」といただく


おれ    「飴よろしく、この旅はスウィートなものになりましたよ」

乗務員さん 「それはどうも! また乗れよ」

おれ    「かならず!」


ガタタタン ガタン、、、














 ============


19:20


b0005281_13323728.jpg

終点、博多駅とうちゃく!
おつかれさまでした



クラシカルな空間と落ち着いた風情の「ゆふいんの森」
雪の中、久大本線をガタンゴトン――と走っていく様は、
北欧の童話のような、しんとした雰囲気を感じさせてくれました

言い換えれば、
いい意味で 『シベリア超特急』を彷彿とさせました
おわかりいただけるだろうか、、?


もとい、
またいつか、ゆふいんの森に乗りたいものです


そして、
冬の久大本線もいいものでした

 列車変われば、景色変わる
 季節変われば、印象かわる
鉄道の奥深さに、ううむと唸りました
また来よう











(了)







 ============

b0005281_13324922.jpg

「ゆふいんの森!前編」へジャンプ
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-11-10 19:25 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)