<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

雪ふる列車 1 sanpo


◆2009年 12月中旬のある土曜日◆


b0005281_1802882.jpg

モハようございます
冬です
冬と言えば、「冬の18きっぷ」です

AM 6時半
福岡県の東部は、【行橋】駅のホームにいます
さむい

吹きぬける風が、身を刺すように痛い


しかし、内面ではフツフツと 燃えたぎるものがあった









b0005281_188153.jpg

行橋駅を 外から

たぎる血をおさえるべく、駅周辺をうろうろ







b0005281_1885895.jpg

ふたたび構内

行橋駅は、おおきな駅だ
そして ガランとしてる







b0005281_18104740.jpg

階段をあがって、ふたたびホーム

朝焼けだ







 ~





b0005281_18122319.jpg

AM7:06
きたきたーーーー!
ここ行橋駅は、平成筑豊鉄道の始点だ!!

平成ちくほう鉄道は、九州北部の少し内陸、筑豊地方を走る、
単線・非電化(電車ではなくディーゼル気動車)ローカル線だ
通称「へいちく」

いわゆる3セク線であり、JRじゃないので 18きっぷでは乗れない
へいちく1日フリーきっぷを買って出発!!
乗りつぶし 行ってきまーすは!

ガタン










 ============


b0005281_18261832.jpg

ガタンゴトンと、だんだんと景色が山深くなってくる

おーーー 積もってる積もってる









b0005281_18271928.jpg

ガタン ゴトン
朝焼けのピンク色した空と 雪で覆われた緑色の田畑のコントラストが
不思議な感じだ








b0005281_18285123.jpg

列車行き違いのための離合駅に到着した


今回、18きっぷを持ってるのに、
わざわざ3セク線の平成筑豊鉄道を選んだのには理由がある

実は、きのうの天気予報で
この日(つまり本日)、福岡県全域に大雪注意報ならびに警報が発令されていた

通常のJR線では、ダイヤが乱れるおそれがある

その点 この平成筑豊鉄道、
「雪が降ろうが台風が来ようが、
 ダイヤが乱れることはほとんどない」
 と、もっぱら言われている

ならば! 大雪注意報発令中の今日は、これしかねえ!!と、思い立ったわけだ
いざへいちく! その実力のほど、とくと拝見いたそう










 ============

AM7:26

b0005281_18382147.jpg

ひとつめの駅に到着







b0005281_1840824.jpg

【犀川】(さいがわ)駅 だ!

まるで、どこか氷の星にある基地のような
変わった形した駅舎だ







b0005281_18424359.jpg

その犀川駅の中

待合室を兼ねたコミュニティ・スペースになってる
早朝から機能してるみたいで、暖房も効いてるし たすかる

次の列車がくるまで20分弱あるので、
もう一度 外から駅を眺めてみるか――
と、外に出ると










b0005281_18453646.jpg


、、、、、、


たった数分で、なんでこんなに雪が降ってんだ、、、?











b0005281_18473542.jpg

ふたたびホーム
一気に雪が降ってきた

背中2つ、おなか1つ、と カイロ3枚 貼ってきてるので
寒いは寒いが、耐えられないほどではない


そうこうするうちに 列車きた
すばやく乗り込んで出発
ガタン













 ============


b0005281_1851226.jpg

ガタガタン
列車の中は、さすがに暖かい

雪は 和らいできたみたいだ








b0005281_1852437.jpg

ガタン ゴトン

列車から眺める 雪の風景ってのは、いいもんだなー









b0005281_18534587.jpg

ちょっとづつ勾配をあがりながら 走ってるよう
晴れ間が出てきた









b0005281_18543573.jpg

すっかり 山んなかだ
ガタン ガタン










 ~




AM 7:59

b0005281_18563139.jpg

次なる駅へ到着◎








b0005281_1905462.jpg

カタン、、、カタン、、、、、 と 走り去っていく列車

さっきあんなに降ってた雪は、すっかり止んで 青空だ









b0005281_18575771.jpg

【赤】(あか)駅
無人駅だ

足跡ひとつない雪の地面を、サクッサクッと踏みしめながら 歩いてみる

あたりは、物音ひとつない
シーンとして おそろしく静かだ

空気が澄んでる








b0005281_1925394.jpg

駅の外にも、レールらしきものがある

なんだろ







b0005281_195924.jpg

おーーあれだ

近づいてみよう







b0005281_1955136.jpg

トロッコ列車の客車だ

駅にポスターがあった
赤村トロッコというそうだ
月に何度か定期運行するらしい







b0005281_19462671.jpg

まだまだ時間があるので、あたりを散策







b0005281_19282317.jpg

駅前の坂道をあがっていくと、赤村役場があった
しばらく、あたりをブラブラ


――カーン カーン カーン ――

背後から、踏切の音が聞こえる
赤村駅の方を見下ろすと、おっ!次の列車が近づいてきてる!!

時計を見ると、出発時刻のAM8:23まで、いくばくもない!
走れーーー!と思いながら、雪道すべりそうで怖いので ピョコピョコ走る

鬼の形相で、小股走り



カーン カーン ――
フンヌーーー!! ピョコピョコ

間に合うのかーーーー!?









(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2010-01-28 19:50 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

紅葉と歩く


◆2009年 11月末のある日◆


b0005281_11321979.jpg

モハようございます
朝です

鹿児島本線沿い、【基山】(きやま)駅の上から 基山の町を眺めてます
前回に続いて、今日もJR九州主催のJRウォーキングに来てます


基山駅から、町なかや自然歩道をぐるっと回って
ふたたび戻ってくる、約13kmのコース

行ってきます











 ============


b0005281_11382196.jpg

町なか、歩道をてくてく

街路樹の色が、紅葉してる










b0005281_1139418.jpg

いっとき歩くと、いつの間にか すっかり山

土の道は 踏み心地がよいなー









b0005281_11413699.jpg

道脇の広場にて
窯でパンを焼いている

残念ながら、販売分は朝イチで売切れてしまったとのこと










b0005281_11423215.jpg

ふたたび 山道をてくてく

いやあー空気がうまい








b0005281_1143417.jpg

川べりを歩く










 ============


b0005281_11443626.jpg

大興善寺

ツツジとモミジの見どころとしても名高い 古刹
階段の数がすごいが、行ってみよう









b0005281_11465368.jpg

階段をフウフウ言いながら上りきり、門をくぐると、、、










b0005281_1148798.jpg

もみじだ
すっかり紅葉してるなあ

寺の横に庭園があるとのことで 入場








 ~





b0005281_11501770.jpg

紅葉を眺めながら、山道を上がる








b0005281_11551855.jpg

「見上げる紅葉」ではなく、「高いところから見下ろす紅葉」というのが
大興善寺庭園の特徴








b0005281_1243461.jpg

真っ赤だなー








b0005281_1253341.jpg

赤やら黄色やらオレンジ色やらで 色とりどり








b0005281_127898.jpg

山腹の広場でベンチに腰かけて 一休み








b0005281_1294896.jpg













b0005281_12102121.jpg

折り返して、ふもとに下りる

日本庭園風の広場
いい紅葉狩りだったなあ



さて ウォーキング再開
ふたたび歩く








 ~



b0005281_12122510.jpg

基山名物、二連水車

到着したときには 動いていなかった










b0005281_12131811.jpg

道中、広場に設けられた 特設会場
釜炊きの白ごはんと、とん汁で 昼食
ひとやすみだ

おみやげで みかんを買う



さあ ゴールまでもうちょい
テクテク









 ~





b0005281_12153598.jpg

「さあーー飲んでください!」
おっ

基山の地酒、基峰鶴酒造
酒蔵だ

もはやウォーキングのお約束とでも言うべき、地酒の試飲
こうなると、飲まねば失礼にあたる

いただきまーーす どうぞ飲め飲めーーと言いつ言われつ、
数杯ほどいただく

んまい!!




で、ウォーキング再開
いささか良い塩梅になりつつも、ラストスパート
てくてく











 ============

15時過ぎ、ぶじにゴールを果たす
おつかれさまでした


いやー歩いた歩いた
ウォーキングは 良いものだなあ
何も考えずに、ただひたすら歩く、というのは楽しいものです

いろんなとこに立ち寄ったり、休みながら時間をかけて歩く ということで
無理がない感じも良いね
また来よう









b0005281_1225143.jpg


[PR]

by dolmens | 2010-01-25 12:39 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

山苞の道で (九千坊軍団との死闘)


◆2009年 11月下旬のある日◆


b0005281_15461086.jpg

河童 「モハようございます」
おれ 「おはようございます」
朝です

久大本線ぞい、【田主丸】駅にきてます
前回に引き続き、JRウォーキングだ








b0005281_15501850.jpg

河童 「モハようございまーす」
おれ 「おはようごぜます というか、河童だらけですね」
河童 「ええ」
おれ 「なぜ?」
河童 「ここ田主丸は、『九千坊の河童軍団』にゆかり深い土地なのです」
おれ 「九千坊の河童軍団」
河童 「10000匹の河童がいます」

そんなにいんのか 河童
まあ 行ってきます









 ~




b0005281_15551660.jpg

耳納連山が 遠くに見える











b0005281_1557127.jpg

「山苞(やまづと)の道」と呼ばれる、山あいの道をてくてく歩く








b0005281_15555086.jpg

道ぞいの花がきれいだなーー











b0005281_1559453.jpg

「紅乙女酒造」・「巨峰ワイン」
ワイナリーに着いた

見学だ








b0005281_161452.jpg

山を登っていく

祭りがあってるみたいだ









b0005281_1614361.jpg

ワインの貯蔵庫
山の表面をずっと掘り進み、石レンガで固められて 作られている

入ってみよう







b0005281_1622976.jpg

暗くて澄んだ空気を、ランプのかすかな明かりが コウコウと照らす

右手にはワインボトルの棚が、
左手のトンネル部スペースには、さらに古いと思われるワインが ずらり並んでいる







b0005281_1691081.jpg

ワイン樽も 寝かせられてる









b0005281_1694274.jpg

薄暗くて、不思議な空間だ

歌を歌ったら、心地よく響きそうだ





ずっと 歩き進んでいくと









b0005281_161053100.jpg

階段を上がって、直売ショップに出た

樽の上にズラリと並んでいるのは、、、、ワインのボトルだ!!

「試飲し放題」だそうだ
ガボガボ飲む

ブルーベリーワインが超絶に旨かった
おもわず購入








b0005281_1614284.jpg

アコーディオン少女

ワインも進むぜ、お嬢ちゃん


ショップの入り口で、くじをやってた
ガラガラ回すやつ
「一丁やったるか!」
高級ワインのボトル当てるぜイエーーイ
ガラガラ

残念賞のラムネが当たった
3本

重い








b0005281_1620653.jpg

柿の試食コーナー

大量に準備されてる
モグモグ
これはうまい!!

タラフク食べる









 ~



b0005281_1621223.jpg

ふたたびウォーキング







b0005281_16215099.jpg

柿の農園
また ここで一休み

ここでも「どうぞ」と柿を振舞われ、あったかいお茶もいただく
んまい!
柿は良いね

「柿が熟して赤くなると、医者が青くなる」
の言われがあるように、
そうとうに栄養価が高いそうだよ



ひと心地ついたら、ふたたびテクテク









 ~



「もしもーし」

むっ 誰か呼んでるな

「もしもし もしもーーし」

誰だ! お前は誰なのだ!?

声の方を振り向いた
するとーーーー!!








b0005281_16234958.jpg

おお!?

窓から、魔女の宅急便が こちらを見てる!!
さすがは河童の里
何が起きても変じゃないな



ふたたび とことこ







b0005281_16273867.jpg

中央公園

お前が、九千坊軍団のカッパの親分か!?

河童 「いえっ 違う」

おれ 「なんだとーー!!」

河童 「だが、最後に会えるでしょう フハーハーハハーー」


言うや否や、ドロンと 煙とともに消えうせた
どうなってんだ、、、、



どうやら このウォーキング
雲行きが怪しくなってきたようだぜ









 ~




約9kmのコースも、ゴールが近づいてきた

先ほどの河童が言っていた、
「九千坊軍団の親玉に、最後に会えるでしょう」という
謎めいたセリフが 脳裏をぐるぐる回っている



着いた

おつかれ様でした






「フハハハーーー!! よくぞ来たな!!」


!! 出やがったか!!
お前が、九州最強の河童族、九千坊軍団の親玉か!!

「いかにも、さよう!!」

むむ!! 正体を見せやがれーーーー!!

「フハハーーーーー!!」













b0005281_1634710.jpg






、、、、、、アヒル?





ということで、ゴール・田主丸駅の駅舎
ヘナヘナヘナとなった
この脱力感は、歩き疲れが原因なんだと信じたい



ワインたくさん試飲できたし、柿もたらふく食べたし、
コースは大満足でありました









PS.

まったくの余談だが
このあたり 筑後地方の河童は、
空中戦をするそうな

飛ぶのか カッパ、、、
[PR]

by dolmens | 2010-01-22 17:36 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

俵山~大寧寺~大嶺駅


◆2009年 11月中旬のある日◆


b0005281_10265136.jpg

長門市の、奥まった山間部
俵山温泉に来ています
落ち着いた風情だ

中心に、町の湯という公衆浴場がある

木屋川ぞいに旅館が並び、そのほとんどは内湯をもたない
ここ俵山、「長期滞在して、温泉は外湯(町の湯)に通う」という、
昔ながらの湯治場スタイルとして 古くから続いている温泉地








 ~



b0005281_112218.jpg

移動し、湯本温泉へ

大寧寺の参道








b0005281_1134933.jpg

紅葉だ








b0005281_114763.jpg













 ============


b0005281_1164439.jpg

美祢市立図書館前

かつて美祢線にあった駅・大嶺駅のホーム看板と、C58の静態保存








b0005281_1183624.jpg

SLの運転席


そいうえば 久しくSL乗ってない
冬のSLで旅
良いものだなあ




もうじき冬だ










b0005281_11132297.jpg


 
[PR]

by dolmens | 2010-01-21 17:14 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

赤間ブラブラ


◆2009年 11月上旬のある日◆


b0005281_9564616.jpg

モハようございます
朝です

ここは 鹿児島本線沿い、【教育大前】駅
去年に引き続き、JR九州主催のJRウォーキングに来ています


JRウォーキングとは、

・スタート駅からゴール駅まで、おおよそ8~20kmのウォーキングコースが設けられており、
 沿線の風景や町並み、名所などを訪ねながら歩く、というもの

・参加費は無料

・事前申しこみ不要

・スタート駅前の受付で、コースマップと参加ステッカーを渡され、
 おのおののペースで自由に歩ける
 つまり、
 
 「マップ渡すから、お前ら勝手に歩いてこい」
 ということだ








b0005281_10232845.jpg

赤間宿、と呼ばれる
旧街道筋の入り口

今回は、自然と歴史の薫る町、宗像
およそ12.5kmのコース

てくてくと歩いて行ってきます










 ============


b0005281_10244212.jpg

明天寺公園の入り口

晴天だなあ








b0005281_10271237.jpg

公園をそのまま、突っきって歩く
空が広いや








b0005281_10293087.jpg

刈り取りあとの田んぼ
コスモス畑が遠くに見える






 ~




b0005281_10305162.jpg

正助ふるさと村








b0005281_10331922.jpg

地元特産品や農産物の売店や、市民農園、茶店などがある








b0005281_1034206.jpg

茶屋の新そば
外のベンチに腰かけて食べる

うまい!!










b0005281_1044574.jpg

うわさの 正助さん
すごい歩き方してるなー

江戸時代、親孝行者として親しまれていた人物だそう

そんな正助さん、かわいらしい顔して
口調が「チョットまて」という このギャップ!!









b0005281_1048789.jpg

道沿いの花畑
キレイだなー








b0005281_10491927.jpg

山の中の景色を、てくてく歩く










b0005281_10502245.jpg

長福寺観音堂

お参り










b0005281_10524890.jpg

八所宮

紅葉が 色づき始めている







b0005281_10535740.jpg

道中の安全を祈願する










b0005281_10544198.jpg

こま犬が! オリの中に!!

過去に盗まれて、何年間も行方不明になったことがあるらしく
オリの中に入れられ、施錠されているそうだ

なんだか気の毒だ








b0005281_1056219.jpg

なぜか境内にある、すべり台

表情がこわい、、、








b0005281_10573752.jpg

八所宮は良いとこだなあ
パワーをたくさんいただいた

さあ、ウォーキングの続きだ






 ~





b0005281_10584690.jpg

秋だなー










b0005281_1059227.jpg

亀の尾酒造

! 酒蔵だ







b0005281_110536.jpg

おー 亀がいっぱいだ







b0005281_11125100.jpg

蔵仕込みの日本酒を、試飲し放題!!
まだまだコース途中なので 2~3杯ほどだけ いただく
んまい!!

おばあさんが、ムニャムニャ言いながら 酒をついでくれるんだが、
こちらがもってるオチョコに狙いが定まらず、手に勢いよくビショビショとこぼれる
豪快だな
おばあさんも酔ってるのか?







 ~




b0005281_115375.jpg

しばらく歩くと、ふたたび酒蔵!
勝屋酒造

ここでも試飲ができるそうなので、のむ
うまい!








b0005281_117862.jpg

いささか ほろよい気分になりながら、川沿いの土手道をてくてく歩く

天気いいなー








b0005281_1192636.jpg

歩道沿いに、彫刻のモニュメントが点在している








b0005281_11111360.jpg

、、、?

これは?
ラーメン食うとき使う、レンゲか?










b0005281_11123727.jpg

ゴールの赤間駅へとうちゃく!!

いやあー歩いた歩いた
ウォーキングは やっぱり良いものだなあ
何も考えずにひたすら歩く、というのは 楽しい

またウォーキング来よう










ps.





b0005281_11145335.jpg

コース途中で レンゲの彫刻を見た影響なのか、
ラーメンが食べたくなり キャナルのラーメンスタジアムにて
みそラーメンを食す

あの彫刻家、
よっぽどラーメン食べたかったんだろうか
[PR]

by dolmens | 2010-01-19 17:36 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

いとしの最西端鉄道 3


◆前回まで  (1) (2) の続き◆


b0005281_1904624.jpg

MR伊万里駅の入り口

JR伊万里駅の、道路を挟んで向かい側に位置する


さあ これから
MRこと、松浦鉄道 乗りつぶしにかかります








b0005281_1941496.jpg

松浦鉄道の気動車
しぶい

10:36 乗り込んで、いざ出発!
ガタン








 ~




b0005281_19101714.jpg

列車内はボックスシート










b0005281_19111991.jpg

ガタンゴトン

町なか、川をわたる列車










b0005281_19132021.jpg

ガタゴト










b0005281_1914588.jpg

この松浦鉄道、沿線に駅の数が多くて
1~5分間隔で 何度も停車・発車をくりかえす

そのぶん スピードもゆっくりで
のんびりガタゴト










b0005281_19171828.jpg

海が見えてきた

ガタゴトン










b0005281_19175787.jpg

松浦駅ホーム
数分停車

天気いいなー
いっときして発車










b0005281_1919056.jpg

このあたり 松浦には、でっかい発電所があるみたいだ










b0005281_19194468.jpg

グルリと半島を回って、勾配を登る
今しがた見ていた発電所が 確認できた












 ============


b0005281_19212827.jpg

11:46
【たびら平戸口】駅 に到着!!
ここで途中下車









b0005281_19231345.jpg

この たびら平戸口駅、
正真正銘、日本最西端の駅 だ!!
さいはて ってやつだ








b0005281_19245956.jpg

改札口にも!








b0005281_19252261.jpg

駅外の石碑にも!



「、、、、、、ここって、、、『日本最西端』って言ってるけど、本当の最西端って
 沖縄モノレールなのでは??」


と言ってくれるな 友よ!!


”日本全国の各駅とレールで繋がっているものでは、最西端の駅”
と言うことなんだそうだ










b0005281_19281572.jpg

駅舎の中に窓口があり、その一区画が鉄道資料館になっている

旧・国鉄松浦線と松浦鉄道の、
列車・駅などの写真、サボ、記念きっぷなどの展示がされている


フムフムと眺めていると、鉄子と思しき女性が、ガガーーと入ってきた

そのまま資料館窓口にツカツカ歩いていって
「訪問証明書をください!!」と、息巻いていた



ならって、こちらも購入
「日本最西端の駅 訪問証明書」と、日付入りで発行してくれた




さて、そろそろ次の列車が来るころだ
駅売店でコロッケパンを買って、ホームへ移動










b0005281_19393374.jpg

松浦鉄道ご自慢の新型車両、MR-600形!

さあ! 乗り込むか!!
その瞬間、どこからか



「待てーーい」


むっ? そう言うお前は何者か!

「おれは、松浦鉄道の看板娘ならぬ看板男、人呼んで 『マックス』 だ」

マックス! なぜにおれを呼び止めるのか!

「ムッフフ」

不適な笑みだ!?
そのツラ、おがませやがれーーー!!















b0005281_19502078.jpg

マーーーックス!!

松浦鉄道のマスコット・キャラクターだ








b0005281_19442847.jpg

マックス 「どうぞ、乗れ」
ありがとう


12:17
マックスと共に、たびら平戸口駅を出発!!
ガタ











 ============


b0005281_1953196.jpg

秋の山の中を、ガタゴト










b0005281_1954957.jpg

ゴトン ゴトン

のどかだなー










b0005281_19543793.jpg

ガタゴトン












 ============

13時半
終点、佐世保駅に到着!!
おつかれさまでした

じゃあなマックス
マックス 「おう」



そのまま 別ホームへ移動





b0005281_1958854.jpg

今度は ふたたびJRだ
東へ!!

すぐさま出発
ガタン










 ~




b0005281_2011048.jpg

大村線、佐世保線 と乗り継いで、
14時すぎに 目的地へとうちゃく








b0005281_2012016.jpg

有田駅

30分ほど時間があるので、
駅をでて、スーパーへ昼ごはんの弁当を買いに行く








b0005281_20144560.jpg

なにげない橋の上の飾りに、有田焼が!
さすが 焼き物の町だなあ









b0005281_20164049.jpg

ふたたび 有田駅のホーム

さあ! 松浦鉄道の後半だ!
MR600形に乗り込み、いざ出発!
ガタ









 ============


b0005281_20183396.jpg

蔵宿駅
木造の良さげな駅舎だ











b0005281_20195733.jpg

ガタガタン

もうすっかり秋の景色だなー












b0005281_20203686.jpg

ゴトゴト












 ~



15:13
終点、伊万里駅に到着!
これにて、松浦鉄道 完乗!!

いやあ 感慨深い




b0005281_20231450.jpg

ホームに入線していたラッピングトレイン、平戸オランダ年号










 ============

道路を渡って JR伊万里駅へ




b0005281_20244292.jpg

もはや戦友とでも言うべき、キハ125
ふたたび筑肥線だ!
東へ!!
ガタン










b0005281_20262927.jpg

ガタンガタン










b0005281_2027092.jpg

ガタゴトン

照りつける太陽が まぶしいな










b0005281_20273292.jpg

ガタ ゴト









 ~




b0005281_20283164.jpg

16時
山本駅に到着!

ここで途中下車








b0005281_20313133.jpg

こちらも明治開業の木造駅舎

朝の肥前長野駅と比べて、かなりキレイな駅だ








b0005281_20325479.jpg

駅舎前には花が飾られている

うーむ えらい違いだ







 ~




b0005281_20342353.jpg

16時半
次なる列車がきたようだ

さて! いよいよ本日のラスト・ミッション
唐津線 だ!!

心待ちにしていたぜ、、、、と車内に入ろうとするが、
ものすごい人の多さ!!


「!! 唐津線は、ローカル線だと聞いていたが、そうではないのか!?」


なんとか乗り込めたが、
様子を伺うと、
どうやら今日は、唐津くんちだけではなく バルーンフェスタも開催されているそうだ
佐賀3大イベントの2つが、同じ日に重なっているわけだ
そりゃ混むっての

しゅっぱつ
ガタン










b0005281_2039509.jpg

ガタガタン

山が良いなー










b0005281_2040268.jpg

厳木駅
「きゅうらぎ」と読む、難読駅

SLの給水塔跡が見える










b0005281_20412981.jpg

ガタガタン

唐津線、素朴な景色だ
日が 少し落ちてきたなあ









 ============

17時半、佐賀駅に到着!!
これにて唐津線も完乗!!
ミッション・コンプリだ





 ~



b0005281_20432297.jpg

夕暮れの長崎本線

「サラバ 最西端鉄道」と、つぶやいて
目からこぼれる熱いものを感じながら
博多への帰途を ガタゴト走るのであった












 ============

ということで
全3回にわたってお送りして参りました
最西端鉄道シリーズ
最後まで読んでくださり、どうもありがとうございます


最後にまとめを



・筑肥線

西半分の唐津~伊万里間は最強だ
駅舎がどんどん取り壊されていってるのが残念だけど、
景色も、キハ125がレールを走る音も、何から何までたまらん

肥前長野駅は いつまでも残ってほしいものだけど
あの手付かずの状態、もはや駅舎は風前のともし火だと見受けた
早めに訪れることを、強くお勧めいたします



・松浦鉄道

九州北部の西端にあるので、なかなかアクセスしづらいことは事実だが、
海と山の景色を楽しめる、素朴な3セク鉄道だ

ことし平成22年、2/27(土)には
「お客様感謝デー」で、乗車1回につき 運賃200円という
破格のイベントがあるそう

マックスくんも居るし、良いんじゃないでしょうか



・唐津線

山の中の景色が、これまた素晴らしい路線

今回は 人おおかったからなあ
ふだんはガラガラだと思うんだが




ということです
筑肥線は また近いうちに来よう

ではさらば








b0005281_20454631.jpg





「いとしの最西端鉄道 1」へジャンプ
[PR]

by dolmens | 2010-01-17 21:17 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

いとしの最西端鉄道 2


前回 のつづき◆

b0005281_1203540.jpg

AM 8:56
どうやら、列車は次の駅へ着いたもよう

ここで途中下車







b0005281_123315.jpg

単線1面 のホーム

やはり ほかに誰も降りない
しずかだなー


さてと、、、
と 駅舎を見ると















b0005281_1262329.jpg

、、、、、、 

や、屋根が
あきらかに 傾いているんだが、、、


ハッ いかん
つい硬直してしまった

そう! ここは 【肥前長野】駅 !!








b0005281_1212332.jpg

昭和10年開業の、木造・無人駅だ!

すばらしい!
ぼろい!!







b0005281_12134833.jpg

うーむ
今にも 崩れ落ちそうだ







b0005281_12152697.jpg

駅看板の字が、
達筆を通り越して ヘタ

てきとーな具合が、また良いね







b0005281_12171531.jpg

ふたたび ホーム側から駅舎を眺める

木のベンチが しっくり合うなあ







b0005281_12182096.jpg

駅舎を 横から
井戸の跡がある

しかし 改めて思うことは、
大丈夫なのか この駅は?

もはや 「かなり古い」を通り越して
「朽ちてる」










b0005281_12225083.jpg

駅構内に、石碑が









b0005281_12234471.jpg

「堀田政太郎翁 功労碑」と刻まれてある









b0005281_122583.jpg

碑文を読むが、
何をした人なのか よく分からず



次の列車が来るまでに、1時間ほどあるので
駅の外にでて 散策してみる







 ~




 

b0005281_12264310.jpg

数分あるくと、土手があった









b0005281_1228253.jpg

川べりを、すこしブラブラ







 ~

 



b0005281_12293910.jpg

ふたたび肥前長野駅

相変わらず インパクトありすぎだな この駅舎は







b0005281_1232296.jpg

ホームへ渡る







b0005281_12324818.jpg

ホームの向こう側は、田んぼだ







b0005281_12335120.jpg

まだ少し時間があるので
降りて あたりを歩く

空がひろいなー



いっときブラブラして、ホームに戻る
そろそろ列車が来るころだ









b0005281_12404464.jpg

カタン、、カタン、、と、
レールを走る かすかな音が、遠くから聞こえてくる

やってくるのは はたまたキハ125だ

到着するや否や、乗り込んだ


肥前長野駅、また来るぜ!!
それまで残っていてくれよ 駅舎


10:04、出発
ガタン









 ============


b0005281_12422924.jpg

青空の下、ガタンガタンと走るキハ125

単線非電化は、やっぱり良いもんだなあ








 ~







b0005281_1355253.jpg

10:20
ガタン プシュー

どうやら 終点のようだ









b0005281_136342.jpg

終点・伊万里駅へ到着!!
これにて筑肥線、完乗!!!
いやあーーー良かった
感無量です

筑肥線、後半がすさまじく素晴らしかったな




と、一息ついたのも束の間!!
ここで、列車乗り換えだ


どこに向かうのか?
さあ 次なる目的地は!!!!










(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2010-01-16 13:11 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

いとしの最西端鉄道 1


◆2009年 11月始めのある日◆

b0005281_13263190.jpg

AM6時
モハようございます
市営地下鉄を乗りとおし、ここは早朝の姪浜駅
まだまだ 空が暗いですね

本日、九州満喫きっぷを使って、西へ行ってきます

※九州満喫きっぷとは、
 九州県内のほぼすべての鉄道が
 普通・快速に限り なんと1日乗り降りし放題という スグレモノだ

ここからはJRで いざ出発!
ガタン








b0005281_13312524.jpg

まずは、筑肥線
空が白んできた
朝焼けだ

カタンカタン









b0005281_13324682.jpg

朝日が昇ってきた
カタ コトン










b0005281_13341118.jpg

海と 朝日のピンクと、空の青がきれいだなー

福岡県の最西端あたり
カタン カタン











 ============


b0005281_13381493.jpg


AM 6:53
最初の目的地にとうちゃく!!









b0005281_13392748.jpg

うーむ
ガランとしたホーム

ほかに誰も降りる人はおらず、列車は走り去っていった


静かだ









b0005281_13421223.jpg

ということで、やってきたのは 【鹿家】(しかか)駅 !!
福岡の最西端に位置する、木造無人駅だ










b0005281_1344538.jpg

こじんまりとした、味のある駅舎









b0005281_13465783.jpg

ホーム側から

古い小学校の教室みたいな雰囲気だ
はがれかけたペンキの跡も、時代を感じさせるなあ









b0005281_135009.jpg

にもかかわらず、
SUGOCAの端末機は しっかり設置されていた
違和感ありすぎ

次の列車が来るまで30分ほどあるので、
外を少し歩いてみる









b0005281_1355101.jpg

数分で、海に出た








b0005281_13554776.jpg

砂浜が広いなあ









b0005281_13571130.jpg

投げ釣りしている人がチラホラ

今日は、青空が広がりそうだなあ
天気よさそうだ










 ~





b0005281_13582690.jpg

鹿家駅にもどる








b0005281_13591559.jpg

7:30 列車きた
ふたたび 西へ向けて、しゅっぱつ!
ゴト







 ~





b0005281_1405154.jpg

佐賀県に突入

カタン カタンと、虹ノ松原を走る
このあたり、外はほんとに松だらけ








b0005281_1425948.jpg

大きい川の上を、ガタンゴトンと渡る





 ~



AM 7:50
唐津駅に到着
ふー

と、向こうのホームを眺めると


!!!??









b0005281_1454699.jpg

!?
ブルートレインが!!
なぜ!?







b0005281_1464748.jpg

近づいてみると、「列車ホテル」と書かれていた

本日、「唐津くんち」の開催日であり、
それにあわせて ブルトレ客車を利用した「列車ホテル」なるものを
準備したそうだ


ちょっとだけ 見学させてもらった









b0005281_1491776.jpg

おおー
ナツいですな

泊り客は、そこそこ入っていた模様









b0005281_14202564.jpg

さて、
こちらは おなじみキハ125で、再度しゅっぱつ
7:55 
ガタ







 ~





b0005281_1422688.jpg

5分で到着
西唐津駅だ






b0005281_1423229.jpg

さあ 筑肥線の後半線だ

今度は伊万里ゆきに乗って、すぐさま出発
8:17 ゴトン










 ============


b0005281_14253533.jpg

川面に映る、お日様の光がまぶしいぜ
ガタンゴトン










b0005281_14265613.jpg

いっとき走ると、山ぶかい田園地帯
ガタン ガタン









b0005281_14275794.jpg

【西相知】駅

演歌歌手の村田秀雄が幼少のころ育った町
かつて炭鉱があったらしく、
最盛期には、商店街、旅館、劇場などで とてもにぎわっていたと聞く

それが今や、駅舎どころか 建物ひとつなく
往年のにぎわいは、みじんも感じられない
「時代はかわる」 だ


西相知駅では降りず、そのまま通過










b0005281_1431516.jpg

ガタン ガタン









b0005281_14321598.jpg

ガタゴトン










b0005281_14332890.jpg

【駒鳴】駅

筑肥線の西半分にあたる この筑肥西線、
風景はすばらしいものの、駅舎がない駅が多い

ちょっと前までは、木造の味わい深い駅舎が多かったんだろうけど
古くなって取り壊されたり、台風で大破したりして
どんどんなくなってしまったそうだ











b0005281_1436052.jpg

ガタン ゴトン
天気もいいし、風景は最高だなあ

18きっぷオフシーズンだから、鉄ちゃんは少ないし
ガラガラのキハ125は、ボックスシートでゆったりできるし
いやあ たまらん




と ボンヤリしていた、その刹那!!
青天の霹靂!!!


ななななな、なんだこれはーー!!
こんなことがあっていいのかーーー!?
ぬををーーー!?









(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2010-01-14 17:20 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

阿蘇リプライズ


◆2009年 9月下旬のある日◆


b0005281_9571356.jpg

熊本城の、武者がえし

熊本に来ています







 ============


b0005281_9575998.jpg

南阿蘇

刈り取りが終わった田んぼ







b0005281_9591638.jpg

田楽料理屋さん








b0005281_9594762.jpg

コスモス








b0005281_1013533.jpg

田楽と、阿蘇山の溶岩で焼いた赤牛肉
竹筒の中は、「かっぽ酒」という 熱かん








 ============


b0005281_10124029.jpg

赤水駅








b0005281_10134099.jpg

ホームから阿蘇山を望む

阿蘇駅へ向かう







b0005281_10143565.jpg

阿蘇駅から、バスへと乗り換え

車窓から見える、米塚と呼ばれる噴火跡








b0005281_1016610.jpg

阿蘇山頂ちかく








b0005281_10171617.jpg

中岳火口









b0005281_10181845.jpg

温度は1,000℃以上もあるという








b0005281_10202736.jpg

どこか別の星に来てるみたいだ









b0005281_10214096.jpg

赤牛肉のカレー








b0005281_10243489.jpg

草千里ヶ浜








b0005281_10245956.jpg











 ============


b0005281_10274931.jpg

移動して、宮地駅







b0005281_10283921.jpg

いま乗ってきた、キハ40







b0005281_1029267.jpg

ホームに停車してた、あそ1962







b0005281_1030263.jpg

SLの転車台跡

駅を出て トコトコ歩く










b0005281_10315097.jpg

門前町に着いた








b0005281_10322045.jpg

何が「日本一」なのか よく分からないポスト

どう見ても 普通のポストにしか見えんが、、、







b0005281_10335132.jpg

阿蘇神社でお参り








b0005281_10341061.jpg










b0005281_10354929.jpg

ふたたび 門前町通り










b0005281_1035127.jpg

コンセプトのよく分からないカカシ










b0005281_10361439.jpg

これもだ








b0005281_10365467.jpg

通りのいたるところに設置されてる、「水基」といわれる湧き水









b0005281_10385161.jpg

阿蘇は、天然水王国








b0005281_10391122.jpg

「とり宮」
お肉屋さん







b0005281_10403167.jpg

コロッケならぬ「馬ロッケ」
牛肉の代わりに、馬肉が入っている









 ============


b0005281_1042169.jpg

ふたたび宮地駅
キハ200







b0005281_10433229.jpg

さようならーー阿蘇



さて
いよいよ秋だ
 
 
[PR]

by dolmens | 2010-01-12 17:54 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

出雲の鉄道と僕ラ 2


前回 のつづき◆

12時半

b0005281_1257337.jpg

ここは【出雲三成】駅
セミの声がすごいなあ
去年の9月につづき、やってきました

そう!
ローカル線、西の横綱こと 木次線 だ!

奥出雲と呼ばれるこのあたり
まわりはすっかり山の中









b0005281_1355026.jpg

プシューーーー

きたきた
われらが、キハ120!
乗り込んで、いざ出発
ガタン










 ============


b0005281_1384783.jpg

山の中を、ガタン ゴトンと走る










b0005281_13104857.jpg

ガタン ゴォォオオーー

9月といえど、景色はまだまだ夏だなあ










b0005281_13122596.jpg














 ============


b0005281_13132478.jpg

13時前、出雲横田駅に到着

出雲大社を模した、特徴的な木造駅舎
しゃれちょる









b0005281_1316188.jpg

列車きりはなし作業のため、数分ほど停車
ここからは 1両編成だ










b0005281_13172656.jpg

13:00ちょうどに、出雲横田駅を出発!!
ゴト








 ~






b0005281_13303137.jpg

山の中や、田園の風景をガタゴト進む

JR西で一番の標高だという、勾配を
よいしょよいしょと上っていく






 ~


13:20
出雲坂根駅へ到着



b0005281_13335679.jpg

三段式スイッチバック!!
きたきたーー!








b0005281_13344423.jpg

ヌヲーーーー!!!!






 ~



ふたたび 勾配をガタンゴトンと上っていく
標高は、さらに増していくばかり


車窓を眺めていた
その刹那!!
こ これは!!!









b0005281_13372392.jpg

木次線名物、おろちループ!!
すごいとこ走る国道だ








b0005281_13381117.jpg

橋も、すごい高い

ガタゴト











 ============


b0005281_1339553.jpg

14時
終点、【備後落合】駅に到着!!
おつかれさまでした








b0005281_1341490.jpg

この備後落合駅、
木次線の終点にして、芸備線との接続駅だ

陰陽、島根~広島を結ぶ いわばジャンクション駅だ!








b0005281_13434174.jpg

で、駅舎の前!

主要ジャンクション駅なはずなんだが、
木しかない、、、、









b0005281_13452453.jpg

あっちのホームが、芸備線側だ
人わりかし多いなーーー と思っていたら
よく見ると ほとんどが鉄ちゃん








b0005281_13464453.jpg

こちらは、もと来た列車にのって
14:15 折り返し出発!!
ガタ











 ============


b0005281_13481415.jpg

ガタゴト ゴォォオオオーーと、橋の上を走る!!










b0005281_13493026.jpg

ガタゴトン










b0005281_13501673.jpg

ガタン ゴトン











b0005281_13504014.jpg

ひたすらに 山! 山! 山!
ガタン ガタン











b0005281_13505992.jpg













b0005281_13513212.jpg

ふたたび、出雲坂根のスイッチバックだ








b0005281_13531796.jpg

スイッチバック!!
ヒャホーーウ










b0005281_1355946.jpg

15時 出雲坂根駅に到着

ここで下車
おつかれさまでした









b0005281_13553419.jpg

ホームにある湧き水、延命水
暑くてノドがカラカラなので、ゴクゴク飲む
うまい!

文字通り、長寿の効能があるそう










b0005281_13585735.jpg















 ============


b0005281_1404918.jpg

出雲大社の境内

木々の緑は、まだまだ夏の盛りだ









b0005281_142481.jpg










 ============


b0005281_1422220.jpg

島根ワイナリー

ワインが試飲し放題











 ============

◆最終日◆

この日は もう帰るだけ

b0005281_1442998.jpg

山陰本線
あいかわらず 海がズバーーンと、車窓に広がる








b0005281_1453764.jpg

出雲そば弁当

ものすごく久しぶりの「駅弁」









b0005281_1464718.jpg

その名の通り、蕎麦をメインにすえた弁当

んまい!!







b0005281_1483987.jpg

海がきれいだなー








b0005281_1491766.jpg










b0005281_149273.jpg










b0005281_1494120.jpg












 ============


b0005281_14112630.jpg

15時半
長門市駅に到着

いやあ いい旅でありました







 ~


ということで、9月
夏の終わりの鉄道旅、ぶじに終わりました
これでしばらく大丈夫だ

山陰本線は、去年の出雲のときは
天気よくなくて、海もすごい色だったが
今回は 透き通る海の色で、心洗われるようでありました

大社駅も良かったし、木次線も最高だったなあ

また来よう 島根
それまで いざさらば









 ~



ps.

自分用のおみやげとして、出雲三成駅の物産館で買った、
大和しじみ



b0005281_14191259.jpg

「俺達自慢」と デカデカ書いてある

ウヘーー!?と思ったが、
その実、大粒でめちゃ旨かった

これ以降、しばらく しじみにはまる
おそるべし出雲
[PR]

by dolmens | 2010-01-10 14:34 | ◇木次線、一畑電鉄 | Comments(0)