<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

山口の鉄道は山陰本線だけにあらず 2


前回 の続き◆

16時すぎ


b0005281_12413561.jpg

岩国駅から山陽本線にのり、
【宇部】駅へ到着


前回のレール火事のドタバタで、けっきょく昼ごはんを食べそびれ
かなり腹へった

駅を出て、近くのスーパーに弁当を買いに行く

ホームで食べる
遅めの昼ごはん




 ~




16:38
ごはん食べて、充電完了したところで!!




b0005281_0282237.jpg

列車きた!
これから南下します

しゅっぱつ! ガタン








 ~



b0005281_12475659.jpg

宇部~小野田の町なかを、ガタゴト走る










b0005281_1252117.jpg

10分ほど走ったところで、ジャンクション駅【居能】へ到着








さて!!



b0005281_12524842.jpg

これから行くのは、
山口のいぶし銀ローカル線、小野田線 だ!!

全区間で15kmにも満たない、こじんまりとした路線だが
非常に楽しみにしていた
なぜなら、


「プァアーーーン」 お 発車するみたい
ひとまず乗車、しゅっぱつ!!

17:02 
ゴトン








b0005281_1256465.jpg

川の向こうに、工場の煙突がたくさん見える

ガタンゴトン




 ~


数分で、【雀田】駅へ到着

3分で別方面行き列車に乗りかえ、ふたたび出発!!
17:14 ゴト





 ~






b0005281_1301112.jpg

田園の風景
夕方の、夏の光がまぶしい

カタンカタン











 ============

17:19


b0005281_1332332.jpg

雀田駅から、わずか5分で終点に到着
つ ついた、、








b0005281_14131578.jpg

【長門本山】駅だ!

正真正銘、終着駅だ









b0005281_14142212.jpg

このスカスカダイヤ!!
朝2本、夕方3本!
見てるだけで、こうフツフツと燃えてくるぜ

難易度たかい、このダイヤで 無事に終着駅までたどり着けたことが
非常にうれしい











b0005281_14164650.jpg

終着駅にふさわしい、ひなびた風情

夏の夕暮れ、ひときわ濃くなった青空が
白い列車に よく合うなあ




おなじ列車にまた乗って、これから折りかえし戻ることになるわけだけど
まだ25分ほどあるので、
あたりをブラブラ









b0005281_14224233.jpg

公民館の広場のようなものがあり、
祭りの準備をしていた










b0005281_14235461.jpg

その先には海が広がってる

空がだいぶん濃くなってきたな
そろそろ、列車の出発時間だ









b0005281_1425520.jpg

ふたたび長門本山駅

17:45 出発!!
ゴト






 ~




b0005281_14271624.jpg

また5分ほどで、すぐに雀田駅へ到着
本日2回目









b0005281_14282549.jpg

今度は少し時間があるので、ぶらぶらしてみる










b0005281_14293473.jpg

この雀田駅、ホームはめずらしい三角構造だ









b0005281_14302541.jpg

三角ホームの先に立ち、反対側から
見れば見るほど、奥が深いホーム構造だ



そんなこんなしてるうちに、出発時刻になったみたいだ

18:09 しゅっぱつ!
ガタ






 ~




b0005281_14323891.jpg

すっかり夕方だ
カタンコトン









b0005281_14331767.jpg

18時半
【小野田】駅にとうちゃく!!

これにて小野田線、完乗!!
感慨深いものだ



今回の旅は、なんだか あっと言う間だったなあ

ゆったり観光路線であるはずの錦川清流線が レール火事騒動で賑やかしくて
工場地帯を走る小野田線が、意外とノスタルジックで感傷的な風景だったのが
なんとも不思議だった

いろんなことが あるもんだなあ











 ============



ということで
ドルメンズ 『銀河鉄道キハ』シリーズ
2009年の部は、本日でup納めです
ありがとうございました


このホムペは、ネオ文系ロックバンド・ドルメンズを
側面から知るためのお役立ち情報サイトなわけで
(断じて鉄道サイトではないので、誤解なきよう)
本業、ドルメンズの音楽活動のほうは、
今年いっぱい色々できたおかげで、ようやく活動の基盤を作ることができました

来年は、その活動が いろいろ広がっていくことになるので
忙しくなりそうだが、そのじつ楽しみで楽しみでしかたないです
来年もいろいろありそうだな


2010年の年明けは、いきなりスタートダッシュだ!!





 ~


●1月9日(土)●
ドルメンズpresents 『ドッキンポエム8』
cafe and bar gigi  
 福岡市中央区渡辺通り1-8-3 アーバン渡辺通り202
・投げ銭+1メニューオーダー制
・19:30開場/20:00スタート

<出演>

桝本航太(広島)
1984年愛媛県出身。瀬戸内発のモダンフォークロア。季節感~温度等を内包する歌。日本中を放浪したのち、自身のルーツである瀬戸内の原風景を求めて19歳で沖縄の離島から尾道へ移住。2008年にはQUICKJAPAN選出による次代を担う100人に選出され、毎月に及ぶ国内ツアーはもとより、日本最大のインターナショナル即興音楽フェスFESTIVAL BEYOND INNOCENCE などに参加。イースタンユース主宰の極東最前線参加などオルタナティブな動きはさらに加速を続け、 柔軟な変化を続けている。

切り取った耳
ギター、鐘、笛、弓弾き鉄琴、謎の金属などを奏で、童謡めいた不思議なメロディにのせて、どこかいびつな物語を歌う。ときに、誰も知らない言葉で歌うが、これは異国の岸辺、異国の葬列でいつか歌われた歌の断片であろう。壊れた楽器を弾くための秘密の運指法を夢の中で探している。少年の声、溺れ死んだ船長の声、魔女の声、パタリロの声、絶滅した獣の声、隕石の声で歌う。

イマハシリョヲタロウ
錯綜するメランコリアとアバンギャルド、破壊とロマンチシズム。グランジ~サイケ・ロック~フォーク路線を爆走するネオ文系ロックバンド「ドルメンズ」車掌。
過ぎ去っていった黄金時代、往ってしまったあの子、そしてやがて失われる全てのものごとにまつわる新しいブルースを歌う。ナイフのように切れ味鋭い言葉とギターで、全ての迷いを、思春期を、地球幼年期を鮮やかに切り裂く!


<ドッキンポエムとは?>
血走った弾き語りと詩の朗読!心臓バクバクのネオ文系イベント!
出演者に課せられた条件は、30分の持ち時間の中で必ずひとつは詩の朗読をすること。
お代は「投げ銭制」なので、お店で飲み物をひとつ注文した後は、出し物が気に入ったらおひねりを下さい。つまらなかったら、思いっきり無視しちゃってOKよ。




●1月23日(土)●
墓場戯太郎企画
白金ELIZABETH COLLAR
 港区高輪1-27-47 2F
・16:00 open/ 17:00 start
・料金:前売1,500円/当日2,000円(要1ドリンク注文)
【出演】
 ドルメンズ(from福岡)
 墓場戯太郎ORCHESTRA
 MATTHEW,THOMPSON&BURTON
 ほか1バンド



●1月24日(日)●
山口土下座企画 『レッツ★チャンポンナイト vol.1』
@八王子パパビート (八王子市三崎町2-7 ヨーロービル 2F)
・18:30 open/ 19:00 start
・料金: 1,500円+要1ドリンク注文

出演
【むさしの】
ストレートなギターロックサウンドの中に隠された、とんちの効いた歌詞と、物悲しい歌声。
ブルースを感じさせる男の生き様と、古きフォークロックを感じさせる安心感、心地よさ。
とても20代の若者がやっているとは思えない老成された音楽です。
でもパンクロックです。
酒にまぶされた少年の泪が、お化け達の宴へとご招待いたします。

【あべたかしGOLD】
ピースフル&ソウルフルフォーキーバンド(しかし1人)、あべたかしGOLD。
まるで陽なたぼっこをしているかの如く、芯までポカポカ温まる歌&ステージ。
そのつど、ピアノやカホン、ギター、ドラム等、サポートミュージシャンを加えて楽しくお届けしております。
「明日仕事に行くのが嫌だったけど、なんだかやる気がわいてきたわぁ」との婦女子の声多し。
疲れた方の心の温暖化に、あべたかしはご協力いたします。

【ドルメンズ(from福岡)】
「錯綜するメランコリアとアバンギャルド、破壊とロマンス」
グランジ~サイケデリック~フォーク路線を爆走するネオ文系ロックバンド。
異様な臨場感で、会場を歌世界に連れ去る。
凄まじい音の熱量と、一瞬たりとも目が離せない衝撃的なステージは必見。
・2008年6月、現メンバー編成で福岡を拠点に活動開始。
・自主企画シリーズ 「シューゲイザーくんとスターゲイザーちゃん」(ライブイベント)、
 「ドッキンポエム」(自作詩の朗読、弾き語り、etc.)主宰。

【山口土下座バンド】
「まるで人生はお酒を飲むためできている」をスローガンに掲げる、酔狂酔いどれシンガー。
ジョッキを片手に、楽しく酩酊の宇宙へとお供いたします。
時に絶叫系、時にトラッドフォーク、時にメロウな泣きのバラッドと、レンジの広い音楽性は広く評価されている。
2009年8月に待望のファーストミニアルバム「山口土下座の登場」をリリース。今後の活動に期待がかかる。
今回は、ピアノ:木内友軌、ベース:原田光(from 唐草猫)、ドラム:沖田優輔(from 馬浪マラカス団)…と
豪華面子でバンドで演奏。



●2月7日(日)●
@king bee (福岡市中央区天神)
【出演】ドルメンズ/ゲイリーゲラー/and more?
※ 詳細後日






来年は、ドルメンズ 『銀河鉄道キハ2010』になって戻ってきます
それではまた

よいお年をーー☆








b0005281_15111778.jpg


[PR]

by dolmens | 2009-12-27 15:11 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

山口の鉄道は山陰本線だけにあらず 1


◆2009年 8月のある日◆

AM6:50 山口県は厚狭駅のホーム


b0005281_2350535.jpg

モハようございます
早朝といえど、真夏の照りつける日差しが すでにまぶしいのであります

夏の18きっぷ、まだ2日分のこってるので
本日、山口で気になる路線を いくつか乗りつぶしてきます


山陽本線に乗り換え、東へ向かって出発!!
ガタ









 ============


9時半すぎ
【岩国】駅 到着




b0005281_23542387.jpg

錦川鉄道
通称、錦川清流線

山口県内で屈指の渓流、錦川に沿って走る三セク線だ
単線・非電化のローカル線☆


今回お世話になるのは 「ひだまり号」という、
錦川清流線の新型車両だ
桜をあしらった、ピンク色の鮮やかな車体がしゃれちょるの

むろん気動車








b0005281_23592296.jpg

列車内はクロスシート
ちょっとしたテーブルも付いてる
豪華だ

9:47 出発!!
ガタン






 ~



b0005281_022635.jpg

まずは 田園地帯をガタゴト

夏の空の、抜けるような青が あざやかだ
セミの声が ミーーンミンミンミーンと鳴りひびく

単線を、ノンビリ走る








b0005281_035910.jpg

【北河内】駅
錦川清流線ゆいいつの離合駅だ

すれ違うのは、ホタルをあしらった「きらめき号」
田園の風景に合うなあ


10:21 出発
ゴト








 ~



b0005281_073296.jpg

錦川が、寄り添うように現れてきた







b0005281_09239.jpg

エメラルドとブルーに透き通った、きれいな川だ
川底もハッキリ見える







b0005281_0111476.jpg

渓流が付かず離れず サラサラと流れる

山の風景とあいまって、のんびりするなあ
ガタゴトン








 ~



b0005281_0122352.jpg

終着駅についたみたい










b0005281_013157.jpg

11時 【錦川】駅にとうちゃく
錦川線、コンプリート◎









b0005281_0154434.jpg

のんびりしようかとも思ったが
今しがた乗ってきた列車に、ふたたび乗り込み 折り返す

向こうに並んで見えるのは 「こもれび号」
カワセミか何かの鳥をあしらった列車
カラフルで良いね


11:07 出発!
ガタン







 ~



b0005281_0183863.jpg

今度は 反対の左手側が渓流になる
透き通ってるなあ









b0005281_0195181.jpg

ゆっくり走ってくれるので、のんびり川を眺められる
カタコト







b0005281_0211140.jpg

川下りも気持ちいいだろうなあ











 ============


11時半



b0005281_0243025.jpg

再び、離合駅の北河内

数分とまるみたいだ






b0005281_0262824.jpg

1000万人も乗ったんだなあ
錦川清流線、人気あるみたいだ
知らなかった


、、、それにしても
ぜんぜん出発する気配がないんだが

いったん列車の中に戻ってみる
すると、車内アナウンス


「えーーーーとですね
 ちょっとしばらく動きませんよ」




はい?






「途中で、レールの枕木が燃えてます
 復旧のメドが立ってません
 すまん」



なんとーーーーーー!!?








b0005281_0304284.jpg

枕木が燃えてるて、そんなアホな

こないだの四国旅ラストの豪雨といい、
びっくりイベント続きだなあ


運転手さんに聞いてみたら
枕木が燃えてるのは どうやら終点、岩国駅の手前ということだ
消防車と警察が来てて、なんだかえらい騒ぎになってるらしい

もう1時間は少なくとも動けない、とのことだ
単線なので、復旧するまでは終点まで行けない

足止めくらった








b0005281_034177.jpg

まあ これも何かの機会なんだろうから
駅をじっくり味わうことにした









b0005281_0352861.jpg

駅舎を外から眺める

もちろん無人駅







b0005281_0373498.jpg

あざやかな青空と、ピンクのカラフルな列車
ミーーンミンミンミンと蝉の声

いやあーー夏だ





 ~


「復旧しました」



昼の12時をだいぶまわって、ようやく出発!!
ガタン








b0005281_0404883.jpg

かなりの遅れで運行しているものの、
あいかわらずノンビリと走る 錦川鉄道
見上げたもんだ
ガタゴトン


お昼時で、さすがに腹が減ってきた
さいわい、非常食のビスケットを持ってきてるので
モグモグ食べる







 ============


13時半


b0005281_043496.jpg

終点、岩国駅へ到着

予定をだいぶんオーバーしてしまった
というのも、このあと もう何箇所か列車でまわろうと思っていたから


まあ いくらでもダイヤは組みなおすことは可能だ
四国旅で、時刻表を繰るレベルが かなり上がった
そのおかげで、すばやく次の予定を修正しなおせた







 ~



b0005281_0464113.jpg

おなじみ、キハ40だ
これから 岩徳線 行ってきます◎

岩国と徳山を、内陸山間部でつなぐ 43.7kmのローカル線だ
むろん単線、非電化

13:41 いざ出発!!
ゴト








 ~



b0005281_0503064.jpg

山の濃い緑の風景を、ガタンゴトンと力強く走る!!









b0005281_0514494.jpg

田んぼの稲が、青々としてるなあ

ガタンゴトン










b0005281_0525234.jpg

夏の日差しが まぶしい

山が多いだけあって、幾度となくトンネルをもぐる
ゴトンゴトン










b0005281_0542617.jpg

それにしても、ひたすら山だ
ストイックな路線だなー 岩徳線

ガタガタン










 ~




b0005281_056822.jpg

終点、徳山駅へ到着!!
これにて岩徳線、コンプリート!

錦川清流線を「柔」とするなら、こちらの岩徳線は「剛」だ
それぞれ違ったカラーで たのしい



さて、時刻は15時 まだまだ日は高い
もうひとつ行ける


レールが燃えてますには さすがに驚いたが、
ベストを尽くし 今日の締めと行きましょう



向かう先は!!








(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2009-12-26 01:22 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

四国の鉄道 6


◆前回まで (1) (2) (3) (4) (5) の続き◆


AM7時すぎ


b0005281_23243842.jpg

【大歩危】(おおぼけ)駅に到着

列車行き違いのために、10分ほど停車









b0005281_2327595.jpg

雨は パラパラ程度
傘なしで、余裕で外に出られるほどだ









b0005281_23281211.jpg


霧が深いなあ









b0005281_23302375.jpg

駅舎の前にチョコンと座ってる、謎の木彫り犬

「ど根性もみじ」ってなんだ?









b0005281_23324236.jpg

駅舎を外から

看板娘がいらっしゃるようだ










b0005281_2333156.jpg

ふたたびホーム

遊歩道があるようなので、ちょこっと行ってみることにした









b0005281_23345991.jpg

岩壁と濃い緑にはさまれて、川が勢いよく流れてる

しかし、「大歩危」というのは なんとも変わった地名だ
となりには 「小歩危(こぼけ)」もある

大股で歩いても小股で歩いても危ないほどの絶壁
というのが由来だという




そうこうするうちに ふたたび発車
7:24 出発
ガタ







 ~




b0005281_2340543.jpg

7:51 【阿波池田】駅に到着
ここで列車を乗り換え

7:57 出発
そして!
次は いよいよ本日のメインイベントにして
今回の四国旅における、最大級の目玉!!

期待で胸の鼓動が早くなる!
ガタンドキン













 ============


8時すぎ



b0005281_23432855.jpg

つ ついに着いた、、、











b0005281_2346080.jpg

【坪尻】(つぼじり)駅
年期の入った、木造駅舎

そう!
四国が世界に向けてほこる、超Aクラスの秘境駅だ

周りは 山!山!山!!
セミの声の大合唱
ムッとたちこめる水蒸気











b0005281_23472337.jpg

ホーム後方!!










b0005281_23482911.jpg

ホーム進行方向!!
山しかない!










b0005281_23491466.jpg

駅を出た、真正面!

道らしきものが あるにはあるが
どう見ても、けもの道!!










b0005281_23495518.jpg

しかも、「マムシ注意」!!












b0005281_23504560.jpg

「おつかれさまでした」と言われても、
この駅から 外に通じる道が 見当たらないんだが、、、










b0005281_0553937.jpg

駅舎前にいた、よく分からない人形

不気味だ










b0005281_2353548.jpg

いやあ 感激した
四国に来たかいがあった
うわさに聞いていた坪尻駅、ここまでのポテンシャルを持っていたとは、、、

あえて言おう!!!
誰が使うんだ? この駅、、、



感涙した



ちなみに 行き違いのため、
ホームはスイッチバック構造になっている










b0005281_23555470.jpg

もうしばらく、この駅にたたずんでいたい!との衝動にかられるが
かねてからの 「九州が豪雨でやばい」 との噂
今日中に帰り着かなければならないため、
後ろ髪をひかれつつも、帰還優先ダイヤで予定を進めることにした

8:30 しゅっぱつ
坪尻駅、また来るぜ!!
今回の四国旅、これにて全目的をコンプリート!!!
ガタン












 ============


b0005281_005426.jpg

土讃線の終わり近く、山の中をガタンゴトンと走る

雨は パラパラ程度で 降ったり止んだり









b0005281_022354.jpg

9時
こんぴらさんで有名な 【琴平】駅

駅舎は洋風だなあ


数分で乗り換え!
もうここからは、ダッシュの嵐だ
走れ!走れーーー!!

四国の玄関口、坂出駅いきの列車に乗り込む
ガタン 出発









 ~




b0005281_061440.jpg

すっかりあたりは町の中だ
土讃線も、これにて完乗!!
四国の3分の2ほどを、ぐるりと回ってきたわけだ






 ~



b0005281_08379.jpg

9時半
坂出駅 到着!!

4分で乗り換え またまたダッシュ!!
瀬戸内マリンライナーだ
すばやく乗り込んだ!!

さらば四国!!
ガタン!









b0005281_0101643.jpg

瀬戸大橋の上を、ビュンビュン走る!!
マリンライナー速すぎ!

四国がどんどん遠ざかっていく
目から、熱いものがこぼれた












 ============



b0005281_012376.jpg

岡山で列車を乗り換え、山陽本線
あとはひたすら西に向かうだけだ

11時過ぎ
岡山・広島の県境をこえたあたり

ガタンガタン





 ~



b0005281_01548.jpg

11時半すぎ
尾道のあたり

雲行きがあやしくなってきた
ガタンゴトン







b0005281_016191.jpg

11:52
乗り換えの 【糸崎】駅

どうやら 次に乗る予定の列車が遅れているらしく、
まだホームに到着していない

ついに 影響が出たか、、、


言っても始まらないので
この間に駅を出て 近くのスーパーに行き
昼の弁当を買う



30分ほど遅れて、列車がとうちゃく
乗り込んで出発!
ガタン







 ~



b0005281_0251890.jpg

広島をすぎて、山口へ突入
岩国駅で、ふたたび30分ほど列車遅れが出たものの、
四国を早めに出たおかげで、なんとか夜には九州にたどり着けそうだ

雨もほとんど降ってない
降ったとしても、通り雨程度だ



15時ごろ
とつぜん鳴り出す車内アナウンス



「たびかさなる大雨の影響で、ダイヤに相当の乱れが出ています
 線路上の安全確認をしながら 徐行運転しますので
 ここからは、時速30キロ で運行します
 すまん」





なんとーーーーーーーー!!!!





 


 ~



b0005281_0293835.jpg

17時半
山口県の大半を、30キロでのろのろ走る
お 遅い、、、!





 ~


中間点、新山口駅に着いたのは 18時すぎ
この先、厚狭駅までの線路が、冠水してるか何かで
列車が走れないようだ

止まったか、、、、







b0005281_0344919.jpg

いや
代替手段で、JRが準備した臨時バスが 駅前から出るようだ

18きっぷで行けるので、これでふたたび西を目指す









 ~




b0005281_036150.jpg

19時半
バスでうとうとしてたら、厚狭駅に到着

バスはここまで 
ここからは再び列車だ

すっかり夕暮れた









b0005281_0373794.jpg

とは言うものの
列車 こない、、、、、

駅員さんに聞いたら
「1時間は こないと思います」

もうこうなったら、腹をくくるしかない
駅を出て、少し歩いてホカ弁を買いに行く


駅に戻り、列車が一本も停まっていないホームで 
買った弁当を食べる






 ~


20時半
まだ列車こない、、、
もうやばいか? と思っていたら






b0005281_0415045.jpg

列車きたーーーーー!!
ヘッドライトが、希望の光のようだ!

さあ、もうじき下関だ!!




 ~


21時前、下関駅に到着
数分で乗り換え



 ~

21時すぎ、小倉駅に到着!!

快速に乗るつもりだったが、
鹿児島本線、どうやら大雨の影響を直に食らっているようで
ホームに停まっているのは 普通列車が一両コッキリ

選択の余地はない
乗り込んだ!
21時20分、出発!



 ~


21時40分、黒崎駅!!
ガタン
停まった!?

車内アナウンス
「大雨の影響で、ダイヤめちゃくちゃです すまん
 この先、すべての駅ごとに列車が停まって つかえてる状態です
 どうしようもないです」


もう動じない
無心で待つ



1時間まって、ようやく発車
22:39出発



 ~


なんとか深夜0時前に 博多へ着いたのであった
パタリ








 ============


ということで
四国激旅 コンプリートしました
このシリーズ 最後まで読んでくださった方、ありがとうございます

生還できたことを、うれしく思います
おかげさまで、最初から最後まで あまり雨には降られず
その辺は幸運でありました



だが最終日、
始発から最後まで 19時間列車 てのは
さすがに発狂しかけた



収穫は 大きかった

四国そのものは もう最高だったんだけど、
山陽本線~鹿児島本線のグジャグジャダイヤも
まんざら捨てたものではなく


・45Lザック背負いながら
 幾度もの階段上り降りダッシュ・ホームダッシュによる 脚力増強

・ダイヤ乱れに対する
 緊急で乗り継ぎダイヤ作成をするための計算能力・判断力・直観力 養成

・いつ次の列車が来るか分からない状態で
 待ち時間で耐える 忍耐力

・「ダイヤ復旧のメドが立っていません!!」の構内アナウンスが流れても
 動じず最善をつくす思考力養成と 平常心

・最後は 無の境地




代償も大きい

翌日は 一日 アンデッド化していた
腰が そうとう痛かった



しかし、断言する
四国は最高だ
おれは、また四国に行く

それまで いざさらば




(でも 今度は晴れてネ)







b0005281_0595063.jpg






「四国の鉄道 1」へジャンプ
[PR]

by dolmens | 2009-12-24 01:18 | ◇四国の鉄道 | Comments(0)  

四国の鉄道 5


◆前回まで (1) (2) (3) (4) の続き◆

18:44 窪川駅を出発!


b0005281_1040371.jpg

土讃線 乗りつぶしの起点だ
否が応でも胸が高鳴る

さあ走り出した!
ガタン








b0005281_10431295.jpg

車内はガラガラ、、、









 ~




b0005281_10441069.jpg

20分ほどで 周りはすっかり田園風景
カタンカタン







 ~




b0005281_10454310.jpg

もう20分も走ると、今度は海が見えてきた

日が少し かげってきた
ガタン ゴト









b0005281_1047315.jpg

夕暮れてきた太平洋









b0005281_1048931.jpg

ふたたび田園風景の中を走る
カタンコトン

町が見えてきた









b0005281_10503414.jpg

19時半 【吾桑】駅
列車行き違いのために、ここで数分停車

あれよあれよと言う間に 日が暮れた







b0005281_10515427.jpg

ホームも真っ暗だ

ひぐらしの鳴く声、カナカナカナカナとあたりに響き渡る
夏の夜だなあ











 ============

20:46



b0005281_1057487.jpg

終点、【高知】駅へ到着!!
初、高知!!!

言うまでもないことが 幕末の英雄、坂本龍馬の故郷だ
心なしか、幕末の風を感じるぜ


改札を抜けようとすると、、、
むっ!!?






b0005281_110645.jpg

大きく白い字で「誠」と書かれた、黒いTシャツを着てるおじさんが
のっしのっしと歩いているじゃないか!!
ううむ! さすがは土佐!!
(背中には、なぜかオレンジ色のリュックサック)

意表をつかれ、呆然としていると
ゆうゆうと歩き去っていった



こちらも、駅を出て テコテコ歩く









b0005281_11494.jpg

かの有名な、はりまや橋

ううむ、小さい、、、、

世に言う、日本三大ガッカリ名所(失礼な言い方だ)のひとつとして数えられるのも
さもありなん



いっとき歩いて、本日の宿へ
宿といっても ふたたびネットカフェ

野宿よりは100倍マシだ
シャワールームもあるんで

22時 この日はこれで終了、、、



 








 ============



◆あくる日◆


AM5時


b0005281_11143191.jpg

モハようございます!!
またまた来ました、高知駅!!

早朝は、やはり気持ちがいいもんだ
空気が澄んでる






b0005281_11164528.jpg

さあ、四国旅の最終日だ
土讃線の後半戦、行ってきます
ゴトン







 ============


「ごめん!」

「すみません!!」

「ほんと、申し訳ない!!」

おっ!
乗客がなにやら騒ぎ出した


「ごめん!」

はっきり言いやがれコンチクショー!








b0005281_1121242.jpg

なんだ 【後免】駅か
びっくりしたぜ ウフフフアハハ


列車行き違いのため、ここでは一瞬だけ停車








b0005281_1122264.jpg

来たのは、アンパンマン列車

「なんで四国の鉄道には、こんなにアンパンマンが多いのか」と、
初日から いぶかしく思っていたんだが
ここ高知は アンパンマンの生みの親・やなせたかし氏の生まれ故郷だそう

そのゆかりで、コラボしてるそうだ




そうこうするうちに 発車
ガタン









 ============

AM6時すぎ


b0005281_11322137.jpg

ううむ 雨が降ってきた

うわさによると
九州は、記録的な豪雨に襲われているそうだ
四国は大丈夫なのだろうか?

自分で言うのもなんだが
列車に乗って、ガタゴトアハハと言ってる場合なんだろうか










b0005281_1135985.jpg

6時半 【繁藤】駅にとうちゃく
山の中の無人駅だ

数分まちあわせ
雨はあっけなく止んだ









b0005281_11371418.jpg

今回の列車旅
雨がち、とは言うものの
山間部だと水蒸気がたちこめてて、神秘的で これはこれで良いもんだ










b0005281_11383436.jpg

すぐ横には 川が流れているみたいだ

ふたたび出発
ガタン












 ============

6:40




b0005281_11412717.jpg

【土佐北川】駅
川にかかる橋の上にホームがあるという、一風かわった駅だ

毎度、列車行き違いのため数分停車









b0005281_11424362.jpg

この地域、川が氾濫しやすく
危険防止のために こういう駅の構造になってるらしい

ふーんと考えながらホームをぶらぶらしてたら、
ザーーーーーーっと雨が降ってきやがった!!

車内へ退避ーー!









b0005281_11443120.jpg

これまで運良く、悪天候をかいくぐってきたが
快進撃もこれまでなのか!?

えらい降ってきたぞ!?
だいじょうぶなのかーーーーー!!











(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2009-12-22 11:59 | ◇四国の鉄道 | Comments(0)  

四国の鉄道 4


前々々回前々回前回 の続き◆

14時半


b0005281_11173577.jpg

四国は予讃線の終着駅、【宇和島】駅だ
漁で名高い町








b0005281_11192896.jpg

駅の構内に祀られている、妖怪・牛鬼
主に海辺に現れて、人や家畜を襲ったと言われる

おそろしい









b0005281_11203549.jpg

ホームには、牛鬼の首から上だけが祀られていた
怖いっつーーーの

せっかくの 「列車で行こうどこまでも」 のポスターが、もはや台無し



駅の外にも出てみる








b0005281_11222225.jpg

かまぼこ屋さんだ
愛媛のソウルフード、じゃこ天を買って食べる

じゃこ天とは、魚のすり身の揚げたやつ

揚げたてをくれた◎
じゃりじゃりしてウマイ








 ============

15時半

旅の続きだ
プシューーー
ふたたび列車に乗り込む
ガタン





b0005281_11254631.jpg

予土線 だ!!
四国随一のローカル線
まずは山の中を走る!!
ゴトゴト








b0005281_11282857.jpg

山を抜けて、田園地帯

周りの風景、家々や建物の数が激減してる

この予土線、列車は2~3時間に一本
だのに 車両は一両ぽっち









 ~



16時半すぎ


b0005281_11331100.jpg

【江川崎】駅に到着
ここで、列車行き違いのため 20分ほど停車

停車時間がわりと長いので、あたりをブラブラしてみる









b0005281_11373316.jpg

山がすごいなあ








b0005281_11381123.jpg

駅舎 

バスの形状も、都市部で走ってる真四角のやつとは違い、
レトロで 味があるね









b0005281_11402865.jpg

駅の外もブラブラ

山はいいものだね









b0005281_11415523.jpg

ホームへ戻る
そろそろ時間だ

ほどなくして、出発!
ゴト








 ============



b0005281_11432625.jpg

カタンカタンと走る列車に、
寄り添うように 四万十川が見えてきた!

そう!
先ほどの【江川崎】もそうだが、
高知県に突入してます









b0005281_1146059.jpg

山ん中を、ぐんぐん進む!!
うをーーー!
ガタンガタン









b0005281_11464340.jpg

四万十川を渡る、橋を通過している!!
トンネル!
やま!!

ガタンゴトン
ヒャッホーーーウ!!









b0005281_11492427.jpg

ゴォォオオーーーっとトンネルを抜けたら、ふたたび四万十川が右手に見えてきた
列車は、何度でも何度でも四万十川を渡る
ダイナミック!!

カタンカタン










 ============

17:44


b0005281_11542263.jpg

列車の終点、【窪川】駅に到着!!
予土線、すばらしかったなあ◎

さて、次の列車が出発するまで、一時間ある








b0005281_1158832.jpg

昨日に引き続き、列車に乗ってる時間
今日もすでに10時間以上をこえた

楽しくて良いんだけども、体中がいたいので
ホームでじっくり体操して、ほぐす

それでも時間まだあるので
少し早いけど 回りをウロウロして 夕ご飯の弁当を買う
ホームで食べる



そんなこんなで
さて! いよいよ本日の最終列車だ









(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2009-12-20 12:17 | ◇四国の鉄道 | Comments(0)  

四国の鉄道 3


前々回前回 の続き◆

AM8時半


b0005281_21254875.jpg

ザーーーっと降ってきた雨は、どうやら小雨になってきた








b0005281_21265551.jpg

【伊予長浜】駅

列車行き違いのため、ここでも10分ほど停車








b0005281_21283365.jpg

山がせまってくるなあ

ホームでブラブラしてたら、そうこうするうちに発車時刻
8:40 しゅっぱつ
ゴト





 ~





b0005281_21324882.jpg

9時
今回の四国旅での、主要目的地のひとつへ到着!!
雨はあがった
そして目の前は海だ!! そう!









b0005281_2135352.jpg

【下灘】(しもなだ)駅だ!
こじんまりとした、素朴な無人駅◎








b0005281_2139886.jpg

いやあ 海だ海だ


――話はさかのぼるが
きのうの夕方、予讃線をゴトゴト走行中 松山駅の手前辺りでのこと

車窓をボーーーっと眺めていると、
「18きっぷ旅ですか?」と車掌さんにたずねられた

おれ    「ええ」
車掌さん 「いろいろご案内をできると思います」
と、
予讃線外回り線、それから その先の予土線について
いろいろ豆知識を教えてくれた

一見、寡黙そうな車掌さんだが
きめこまかく親切に、四国の鉄道のことをレクチャーしてくれた


その中でも特に役立ったのが、
変な話だが トイレのことだ


「四国の列車には、大多数 トイレが付いていない」
という、有名な話があるんだけど
1時間も2時間も乗り続けて、しかもダッシュ乗り換えとかしてると、
わりとこれ 切実な問題になる

車掌さんが言うには、
それは心配いらない ・ 列車の行き違いで待ち合わせ停車時間がコンスタントにあるし、
車両にトイレがない代わり、ほとんどの駅には設けられている
ということらしい



終点・松山駅まで いろいろ気に掛けてくれ、
最後、「よい旅を」と見送ってくれた

いやあこれは嬉しかった











b0005281_21515545.jpg


「わたしはこの駅が大好きなんです」と車掌さんが言っていたのが、
この下灘駅だ

たしかにすばらしいなあ
名駅10選に、必ず上位でランクインしているのも なるほど うなずける

おやつ兼 非常食として持ってきたイリコを食べながら、
ボーーーーっと海を眺める








 ~





b0005281_21545951.jpg

まだまだ1時間以上、列車が来るまで時間があるので
駅を出て、坂道を降りて 海まで行ってみることにした









b0005281_21564631.jpg

5分ほどで着いた
いやーー海だ海だ








b0005281_21573868.jpg

テトラポットの下まで降りてみる
ドドーーーンと伊予灘だ


いっときブラブラして、駅にもどる









b0005281_2202620.jpg

10:26 下灘駅をしゅっぱつ
ガタン






 ~



しばらく 海沿いをガタゴトと走る










b0005281_2224983.jpg

山の中も走る
変化に富んでて、グッドグッドだ
たのしい


予讃線は、だんぜん外回りだ
朝の、内回り「内子線」は トンネル多かったからね










 ============


b0005281_225124.jpg

10:46 ここで下車







b0005281_226561.jpg

【向井原】駅
駅といっても、駅舎はない
高架の上に、待合ベンチがあるだけの駅だ

この駅への到着で、予讃線 分岐の外回り線を完乗!!
次の列車が来るまで、1時間以上

少し早いが、昼ごはんの弁当を買いに行くことにした



コンビニかスーパーないかな、とブラブラしていると
むむっ!!








b0005281_22115065.jpg

バナナ館!
バナナ館!?
バナナ屋? なんなんだここは

看板のバナナくん(勝手に名前つけた)のふきだしのセリフ
「しあわせになろうネ」
まったく意味がわからん!!!

巨大なバナナのオブジェが、ちと怖い








b0005281_2213468.jpg

もう少し向こうには、巨大な栗の看板
なんなんだこれは
あれか? 対抗しあってるのか?? 栗とバナナが


ガビーーーンとなったので、
普通のコンビニで弁当を買う







b0005281_22153753.jpg

駅に戻って、ベンチに腰掛け弁当をたべる
途中下車し放題の18きっぷは、ほんと便利だなあ

次に乗る列車、まだやってこないので
しばしボーーっと待つ








b0005281_22192792.jpg

おにぎりまんの列車がきた
またアンパンマン関係か

しかしこれは、あいにく向かう先とは逆方面行き列車なので
スルー








b0005281_22211213.jpg

きたきた 目的の列車
なんだかハイカラな色使いの列車だなあ カッコいい

12:07
しゅっぱつ!! ガタン







b0005281_22225017.jpg

久方ぶりのボックスシートだ
(四国の列車は、ほとんどがロングシート)










b0005281_22241965.jpg

さっき来た外回りルートを、そのままもどる
これでもう一度 海と山の風景を堪能できるわけだ


海 よいなあ








b0005281_22264597.jpg

おっ
朝来た下灘駅だ

今度は通過
だが、またいつか おれは来るぜ!!






 ~




b0005281_22291919.jpg

途中、列車の行き違い

今度は ドキンちゃん列車か









b0005281_22303286.jpg

しばらく 山の風景がつづく
ガタンゴト








b0005281_22312829.jpg

【千丈】駅
また数分停車

プレハブみたいな駅舎


13時半 ふたたび出発









b0005281_22325875.jpg

田園風景を進む
カタン カタン






 ~




b0005281_22351027.jpg

14時
【下宇和】駅
例のごとく、数分停車
ここもプレハブ駅舎だ

やがて出発
ガタ






 ~



14時半




b0005281_223832.jpg

プシューーーーーとドアの開く音
どうやら、予讃線の終点に到着したみたい
やーーーーー乗った乗った


と、一安心していたのも束の間!!






なななななななな、なんだお前はーーーー!!!!!















b0005281_22395183.jpg

ウワーーーーーー!!??









(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2009-12-16 22:59 | ◇四国の鉄道 | Comments(0)  

四国の鉄道 2


前回 の続き◆

18時半


b0005281_22582133.jpg

【浅海】(あさなみ)駅
愛媛、予讃線のちょうど中ほどあたりだろうか
ずいぶん移動したもんだなあ

ここでは列車行き違いのため、数分ほど停車
その間、駅の外に出てみる








b0005281_2312242.jpg

列車を陸橋の上から眺める

さて、ふたたび出発だ
目的地までもうちょい

ガタン







 ~




19時すぎ


b0005281_2334745.jpg

本日の最終目的地に着いた
そう!







b0005281_2341536.jpg

松山駅だ!!
温泉と文学の町だ


「フッ よく来たな」

むっ!? 後ろから呼んだのは誰か!










b0005281_2361377.jpg

アンパンの車掌だ
どうもどうも


さて 13時間超も列車に乗ってきたわけだが
さすがに体中がいたい

外は まっくらだ







b0005281_2391433.jpg

市内電車にのる
松山では、路面電車が走っている

向かう先は!









b0005281_23111577.jpg

道後温泉!!

夏の暑いさかりに入るのもどうか?と迷ったが、
3000年もの歴史を誇る、日本最古の温泉だっていうものだから
旅のつかれを癒したいのと、せっかくだからと思い いざ入浴








b0005281_2318973.jpg

100年以上も前に建てられたという、木造の温泉館
夏目漱石 『坊っちゃん』だ


いやあ いい湯だった



そのあと、もと来た温泉前通りをトコトコ歩き、ふたたび路面電車に乗車
駅から少し離れたネットカフェへ向かい、投宿


「、、、宿か?」と聞かれたら、まあ宿ではないんだが

それでも 去年夏の【餘部】での駅寝よりかは、はるかにマシだ
どうせ明日朝は、始発に乗る関係で 早い時間に出るからね


フラット席を借りて、泥のように眠る










 ============


◆2日目◆

AM6時 松山駅



b0005281_23443617.jpg

JR四国のイメージカラー、水色を車体にあしらった列車だ
しゃれちょるの

さあ 予讃線の後半だ
今日も乗るぜ!!
ドアが開くプシューーーーって音、ファンファーレよ! 鳴れよーー!

と 息巻いたが!!








b0005281_23455738.jpg

ドアが手動!!
ズコーーー!!!

鳥取とおんなじか、、、

やむなく、ガラガラガラと手で開ける
まるで、ふすま



で 出発
ガタガタン









 ~



b0005281_23484911.jpg

ガタゴト走る列車

少々 雨がパラついてきた










b0005281_2350260.jpg

6:50 【伊予市】駅
ここでも列車行き違いのため、数分停車








b0005281_23515749.jpg

ホームにて

行き違いの列車を眺める









b0005281_23522213.jpg












b0005281_23525112.jpg

アンパン、、、






 ~





b0005281_2354591.jpg

再び しゅっぱつ

予讃線、このあたりで2つに分岐
まずは、内陸側の「内子線」から攻める

山がちの風景の中を ガタゴト走る









b0005281_2357980.jpg

田園地帯を抜ける

空の色が、すごいことになってきた
雨は 降ったり止んだりしてる








 ============


7:49

b0005281_23593720.jpg

【伊予大洲】駅へ到着!!
内子線、コンプリート★









b0005281_01433.jpg

さあ今度は、折り返し 予讃線を海沿いまわりで北上だ









b0005281_022525.jpg

雨もあがった!
さてしゅっぱつ!! 7:58
ガタン







 ~



b0005281_034980.jpg

「五郎さーーーーん!!」








b0005281_042098.jpg

「はるかちゃーーーーーーん!!」

(雨えらい降ってきた)










(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2009-12-16 00:20 | ◇四国の鉄道 | Comments(0)  

四国の鉄道 1


◆2009年 7月のある日◆

b0005281_21511334.jpg

モハようございます
時刻は AM 4:30
夏がいよいよ始まりました

夏といえば、そう!!
18きっぷであります
一年のうちで、もっとも18きっぷが堪能できるSEASONですよアナタ!!

「プルルルルルルルル!」
お! 列車きた

ということで、東へ!!
行ってきまーーす








 ============

AM10時過ぎ

b0005281_21573154.jpg

博多~関門海峡~山口、と
山陽本線の列車をコンスタントに乗りついで、
ここは広島駅

降りずに、ひたすら先へと進む









b0005281_221433.jpg

11時過ぎ
【西条】を過ぎたあたり
広島県のちょうど真ん中ほど

このあたり、山陽本線のエアポケットだ 
山間部で景色がよい塩梅

山の中をぐんぐん走る
ガタンガタン






 ~




13時
岡山駅だ

ここで 
山陰本線から、瀬戸大橋をわたる列車に乗り換え

それがこれ

b0005281_2251430.jpg

快速マリンライナー!!
スペイシーな形の列車で、正直かっこいいぜ!!

すぐさま乗り込み、出発!!
ガタン








b0005281_2293571.jpg

瀬戸大橋を、走っちょる!!
列車で瀬戸大橋わたるのは、初めてだぜ!!
しかも
「ガタンガタン」
マリンライナー、むちゃくちゃ速いな!








b0005281_22114320.jpg

島がたくさんあるなあ

橋梁で、ちょっと眺めづらいけど









13時

b0005281_22132010.jpg

【坂出】駅、とうちゃく!!
ついに四国だ!
ヒャッホーーーウ!!









b0005281_22151552.jpg

9時間ぶりに、駅の外へ出た

ここ坂出は、四国の玄関口・香川県だ


香川といえば讃岐
讃岐といえば、そう アレだな
折りよく 腹もすいてきた






b0005281_22175817.jpg

駅構内にある、亀城庵という店
そう!!










b0005281_2219331.jpg

讃岐うどんだ!!
ドドーーーーン

麺に粘りがあって、もちもちしてて 実にうまい!!!
うめーーーーー!!


充電完了だ

さて、
左回りで、四国を行くか!!
右回りで、四国を行くか!!!

迷ったあげく、左回りで四国を行くことにした
予讃線だ!!

ふたたび列車に乗り込み、14時半
しゅっぱつ





 ~





b0005281_2252585.jpg

おだやかな風景の中を、列車は走る

考えてみると
四国に入ってから、1時間すこししか経っておらず
まだまだ緊張感はぬぐえない








b0005281_22552096.jpg

15時半
【観音寺】駅
ここで20分ほど一休み
乗り換えで、次の列車の発車を待つ










b0005281_22544331.jpg

ホームの中
色とりどりの提灯がさげられてて、縁日みたいだ










b0005281_2302871.jpg

アンパンだらけ








b0005281_231025.jpg

駅を出て、すぐ近くにある橋
「砂浜にでかい銭形があります」云々とあった
なんだそりゃ

見てみたいものだけど、そんな時間はないので
駅にふたたび戻る

15:50 しゅっぱつ








b0005281_233353.jpg

県境をこえて、愛媛県に突入!!
田園~畑の風景の中を走る

四国の鉄道=海沿い ってイメージを持ってたけど、
沿線の風景、市街地や畑も わりかし多いなー








b0005281_2361115.jpg

17時
【伊予西条】駅へ到着!
愛媛、初上陸だ!








b0005281_2381126.jpg

駅前、「うちぬき」と呼ばれる自噴井
給水所だ

このあたり、石鎚山の恩恵を受け、ゆたかな地下水脈があるそうだ
地面に「そうりゃ」とパイプを打ち込むと、自然に地下水が湧き出てくるらしい
西条市には、2000本ちかくもの「うちぬき」があるそうだ


ここで、空になった500mlペットボトルへ水を補給
しかし、この「うちぬき」
旨いことは旨いが、噴水量が一定しておらず こまった
とつぜん ドパーーーっ となったり チョロチョロ になったり
水を汲むのに一苦労

そんなこんなで苦戦していると、
まずい!! 発車時刻だ

7割ほど補充したところで、断念
いそげーーーーー!!!








(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2009-12-14 23:32 | ◇四国の鉄道 | Comments(0)  

夜行寝台列車 『かいもん』

◆2009年 6月のある日◆


b0005281_13505654.jpg

貝塚の交通公園にきてます


目的は

夜行列車の全盛期、
九州島内を 南は鹿児島から、北は北九州まで、
縦横無尽に掛けまわったという 急行かいもん

その往年の名列車が 静態保存されている、
ということを最近知ったので
見に来た





見えてきた







b0005281_13541012.jpg

出た!!
青い客車!!
ブルトレだ◎! 丸っこいボディが、おしゃれだ!

ヘッドマークこそ変えられてしまっているものの、
中はそのままの状態で残されてて
3段式寝台を眺めることができる
いやーー渋い!!


乗りたいなーーーとおもったが
中には入れないよう施錠がされてる
むねん





さて、夏がやってくるなあ
 
[PR]

by dolmens | 2009-12-05 14:01 | ◇ブルートレイン | Comments(0)  

角島の青


◆2009年 5月23~24日◆

山口県下関市豊北町の西北端、角島で行われた
県下随一の野外ロックフェス、『つのしまJAMMMIN !!』

(角島 ↓ 地図)

b0005281_21353538.jpg

ドルメンズのイマハシは、初日に出演をいたしました

ライブ自体のレポなどは 当時の何かの機会で書いていたので
今回は、その後日談






 ~ 出演明けの2日目 ~




b0005281_2140260.jpg

牧崎 風の公園

角島は海がきれいなんだけど
空も実によいです
青いし ひろい!!

周りに何もない、まさに島だからね


なお、わが生まれ故郷、長門は ここからすぐ








b0005281_2142555.jpg

道をゆくと 柵がみえてきた

潮風が心地いい










b0005281_21424657.jpg

ウシだ

ここ角島が所在している地名は、
全国でも屈指の難読地名、特牛 (こっとい)

やはり彼(彼女?)も特別なウシなのか!?と驚愕したが
「モーー」 お
マイペースであった











 ============


b0005281_21461892.jpg

しおかぜコバルトブルービーチ

角島も、ここ数年で だいぶ変わったなあ
ひらけた
むかしは 草むらだらけ(失礼だが)だったのにね

角島大橋が開通するまでは、船でしか行けなかったもの









b0005281_215165.jpg

海が透き通ってる
やっぱり海は いいもんだなあ

海の青と 空の青と
5月の、春と初夏の空気を混ぜたような風が さわやかだ










 ============

昼ごはん


b0005281_21524968.jpg

島の中央を横断する幹線道路を、すこし外れて
漁港エリアにある はまゆう食堂

むかし子供のころ、
連れられて食べに来たとこだと 記憶している









b0005281_21531163.jpg

10人も入ればギュウギュウになるであろう 店内
港町の食堂、の風情








b0005281_21532272.jpg

定食
サザエの炊き込みご飯や、地の魚など 出してもらった

さすが漁港近くの食堂!
うまくて ペロリとたいらげた
ごちそうさんでした

いやあ 角島 満喫した





 ~


しおかぜの里!角島は、
のんびり廻るのがよいね やはり
何にも考えんで廻ると いいなあ



いや ライブのことは考えちょりましたよ
フハハハ





b0005281_21513563.jpg


[PR]

by dolmens | 2009-12-03 22:17 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)