カテゴリ:◇古武術の稽古・身体操法( 46 )

 

大東流、小野派一刀流(惣角伝) 平成二七年七月稽古

 
b0005281_20391469.jpg



■柔術

<三ヶ条>

・居捕
 「拳返」(こぶしがえし)

今まで全くできなかったのですが、
知らないうちに(ささやかながら)技が掛かりだしてきた

これはうれしい

力むと掛からない、のは問題外として、
直線で押したり、かといって回ったりするとまったく掛からないことが、
実感として少し分かった

三ヶ条の「巻き込み崩し」たるや、おそろしい、、、
「拳返」かけられたときのアノ痛さは、なんともたとえようがないです
ウアーーというヤーな感じ、とでもいうのか、、、
これじゃわかんないな、、



■小野派一刀流

数年前、まだ小童神社の中で剣術の稽古してたころ、
一刀流はずいぶん熱心に稽古していました

いやそれはもう、何度も夢に見て、うなされて夜中起きあがるぐらいに、、、
(実話です)

ひさしぶりに一刀流の稽古をつけていただきましたが、
ううむ、、だいぶ忘れてしまっている、、

その後、何度か動きを探っているうちに、
なんとか最初の3~4本はまず思い出すことができました

で、一刀流の刀さばきといえば、
 「一ツ勝」
 「下段の付け」
そうだそうだ

このあたり、大東流の三ヶ条をすすめていくうちで、
楷書→行書の稽古になったあたりで活きてきそうな気がすごくしています


ともかく、
苦労して覚えた技は、身体の奥底がおぼろげながらも
覚えてるものなんだなあ
せっかくなので、さび付かぬよう、しっかり思い出してみよう


、、、払捨刀どんなんだったっけ、、、?
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-04 20:44 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年六月稽古

 
b0005281_22274463.jpg


■柔術(三ヶ条)

むずかしいむずかしい、と言いながらも
試行錯誤していろいろ動いてる結果、
(実感はあまりないものの)それなりに動けるようになってはきてるようです
ありがたいことに

・居捕
 「抱挫(かかえくじき)」

跪坐(きざ)からの沈身、
すなわち「居て沈まねば立ってはなお沈まず」の体現をきびしく要求してくる技ですが、
手順を切れ目なく終えるほどには動けるようにはなってきました

続けてれば、そのうち出来るようになるものだな、と改めて思った次第です
ギコちないのは、まあそのうちスムーズになるものだと、様子をみてみます
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-07-10 22:31 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年五月稽古

 
b0005281_1957831.jpg


■柔術・剣術

先月に引き続き、風邪の治りが良くないのと、
引っ越しなどのドタバタで、いまひとつ落ち着かない状態での稽古

目標としては「落ちない」稽古を・・・と言うと、
なんだか後ろ向きに聞こえるのかもしれないけれど、
そうではないんですよね、きっと

やらなければ落ちる、そのような稽古をするんではなくて、
少しずつでも積みかさねをする稽古をできていれば、
そう簡単に落ちることはないのでは、と考えます

具体的にいうと、
動きの「質的転換」を図る稽古を目指すべきなんだと思います


 ~ ~ ~

・三ヶ条

「質的転換を、、、」とは言うものの、実際は苦戦をしています
ある意味では、自分の中の「常識」を変える行為なのだから、
やはり容易にはいかないのかもしれません

三ヶ条の動きは、
もう少しで「取っかかり」のようなものが見えそうなんですが、
まだ見えない

蹴って動かない(地面を)、ということは理解できました
相手を呼び込んで、自分が消える(元いた場所から居なくなる)ということも

身体のひらき・アサガオ伝の使いどころ、というのも、
おぼろげながらも、ちょっとずつ試行錯誤の段階を進み始めた実感もあります


指導・誘導を受ければ、それなりに技はかかる
しかし、やはりまだ見えてこない、、、

もどかしいところではあります



===============

ライブのお知らせ

2015. 6. 20 (土)
@福岡市立青年センター

出演
●イマハシリョヲタロウ(ドルメンズ)
●火の馬
●寄せなべ一味
 

・18:00~ 開演

入場無料です
ぜひどうぞ!!

  
 
  
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-06-10 20:03 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

宮本武蔵顕彰祭 370年祭 (熊本/武蔵塚公園)


◆2015年 5月上旬のある日◆

b0005281_19493374.jpg
am10:00
初夏のみずみずしい空気にあふれる、熊本へ来ています

宮本武蔵翁のご命日にちかい今日、
武蔵塚公園にて「宮本武蔵顕彰祭」が行われます◎








b0005281_19504667.jpg


b0005281_19505561.jpg

吹奏楽演奏や、和太鼓演奏など、
いろいろな技芸奉納が行われます
いやじつに見事


イマハシは、山東派兵法二天一流(剣術)の演武奉納に参加出演します









b0005281_19512346.jpg
演武中


自身、3年ぶりの顕彰祭演武です
抜刀術と、二刀の型を奉納いたしました









 ~ ~ ~ ~ ~


b0005281_209999.jpg
演武のあと、公園近くの「武蔵茶屋」にて
武蔵うどんと、高菜ごはん

ズズズズ モグ、、、
ひとことで感想を述べると、「絶品」であります
高菜ごはんも、さすがは本場!
手ごね風の平べったいうどん麺もオイシイ


こちらも3年ぶりで、感激の味でした








 ~ ~ ~ ~ ~

ぶじに演武を終え、
このたびも自分の中でいろいろと得るものがあり、いい経験を積むことができました


それと、前回の記事のときにも気になっていたこと、
すなわち

・袈裟切りの斬撃後、刀に身体が持って行かれる

これは未だ課題です
今回の演武に間に合わせることができなかったのは心残り


しかし、「振り下ろした刀と逆側の身体のひらきが甘い」ことが見えました

認識できれば、修正もできようというものです
ありがたいことです



ところで、やはり武蔵塚公園は聖域の空気が濃く、
凛とした雰囲気に満ちていたのがとてもよかったです
おかげさまで、なんだか少し、りりしくなれたような心地がいたしました

今回の演武で感じたことや場の空気を、
今後の稽古に活かしていければよいなと思います



b0005281_19514438.jpg









 ~ ~ ~ ~ ~


ところで、来賓席を見渡したが、
今年もクマモンいなかった、、、
熊本市長はいらっしゃいましたが

クマモン、、、
  
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-05-24 19:57 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年四月稽古/博多どんたく港まつり

 
b0005281_19443421.jpg


■柔術・剣術

どんたく演武の稽古や、昇級・昇段審査の受を相務めたりなど、
4月はばたばたしていました

おまけに、月末にすさまじい大風邪をひいたこともあり(今も咳が止まらない)、
今に至るまで、とてもめまぐるしく時間が過ぎていったように感じます

稽古を続けていれば、こういう時期もありますよね


とにかく、「落ちない稽古」を心がけました
気がせいて、形がくずれてしまうといけないので
型崩れはやはり避けたいです


それでも、剣術の形が一部分やや怪しかったので、
とにかく動きの速度をおとして自己修正

具体的にいうと、斬撃の終わり際、刀に身体が持っていかれてしまってた
正中線がブレているのには気づいたので、
しばらくこれを整えることが自己テーマの一つになりそうです




===============


そんな中、さる5月4日、
演武で、かの「博多どんたく港まつり」に初参加をいたしました

大勢のお客さんの前で、平常心にて演武を披露することは、
この上ない心法の稽古になります
ありがとうございました

しかも、冒頭の写真のとおり、(意図あって)密集した状況での演武
そのうえ、ステージに上がって気づきましたが、足元がとても滑る
※じっさい一回すべりかけた

それでも、

 「いかなる状況においても、なんとかせよ」

 「あらゆることは、起こりうる」

稽古のとき、折に触れ、教えられていることです

その実践という意味合いにおいても、
今回のどんたく演武、たいへんな勉強になったと感じています






◆ 今後の予定 ◆

2015. 6. 20 (日)
ライブ 於 青年センター


・時間 夕方~夜


青年センター閉鎖にともなう、企画ライブです

詳細を追ってお知らせします
 

 

 
  
[PR]

by dolmens | 2015-05-13 20:03 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

『宮本武蔵顕彰祭(370年祭)』に参加しますよ


2015. 5月 10日 (日) 午前10時~
宮本武蔵顕彰祭 370年祭

b0005281_19141838.jpg

開催場所 / 武蔵塚公園
(熊本市北区龍田町弓削1丁目1232)


<内容> 式典、奉納(吹奏楽部演奏、太鼓演技、二天一流の演武、吟詠、野点)

5月19日は剣聖宮本武蔵の命日にあたります

龍田・楠・武蔵・弓削・楡木の各校区の方々で運営する宮本武蔵顕彰会では、
武蔵の遺徳を偲び、その偉業を永く顕彰するため、
毎年、命日に近い日曜日に「宮本武蔵顕彰祭」を開催されています。

歴史と武術に接し、宮本武蔵を身近に感じてみませんか?
(熊本市北区HPより)




===============

イマハシは、山東派兵法二天一流の奉納演武 に参加いたします

3年ぶりの顕彰祭なので、とても楽しみにしています

3年前から自分がどのように変わったのか、同じ場所で己を見据えるべく、
また、のびやかに、しなやかに動けるよう、それを個人テーマに据えて臨みます


5月10日の日曜です
みなさまにおかれましても、
お近くにお越しの方は、ご都合つかれましたら是非お出かけ下さい◎ 



b0005281_19145251.jpg

  
 

熊本市北区 公式インフォメーション
 
 
 
 
  
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-05-09 19:22 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年三月第四週稽古


b0005281_1948275.jpg


■柔術

今週も、二ヶ条を中心に稽古しました

二ヶ条といえば、
「身体のひらきよう」に主眼がある、と理解しているのですが、


・立合 十本目「背挫」(せくじき)

 抜刀を稽古しているからよく分かるのですが、
 (上手くできるできないは別として)
 右半身と左半身、この両方をひらいてやらないと、刀の抜きつけはままならない

 右手だけで刀を抜くとすると、つまり左手が働かないと、
 手だけでの「手抜き」になってしまう
 そうすると、とうてい斬撃と呼べるほどの代物にはならない

 で、
 「両半身のひらきようを使う」ということって、
 二ヶ条「背挫」の初動や、一ヶ条後捕「両肩捻」の後半などで、
 ものすごく活きてくるように感じました

 さらに、もっと熟達したその先には、
 左半身・右半身という区分けではなく、
 身体の開きをもうすこし細分化して、
 もっとコマ切れにして使うことができるようにもなりそうだとも予感しました





◆ 今後の演武予定 ◆


2015. 5. 3 (日)
博多どんたく


・会場 西新ステージ(プラリバ近く)
・時間 昼ごろの出演予定

古武術の演武に、イマハシ参加します



2015. 5. 10 (日)
宮本武蔵顕彰祭 370年祭


・会場 武蔵塚公園(熊本市)
・時間 午前

山東派兵法二天一流にて、剣術の型の奉納に
イマハシ参加します




どちらも、お近くにお越しの際は
ぜひいらしてください◎
[PR]

by dolmens | 2015-03-31 19:53 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年三月第二週、第三週稽古


b0005281_19502631.jpg

春分の日の「さくらいとしまつり」奉納演武に向けて、
その稽古もしましたが、
ふだんどおりの稽古も、もちろん行っております

そんな中、
久しぶりに二ヶ条の稽古をつけていただきました

「逆襷」(ぎゃくだすき)
 入身のはいり方と、それに連動する体のひらき

「背挫」(せくじき)
 入身にはいるための、作用反作用の使いよう
 
「掬投」(すくいなげ)
 肘で押さずに、腕の返しを使うこと


これらの技について、
こまかいところで動きづらく、いままで悩んでいましたが、
精査し、多少なりと磨くことができたように思います


迷ったら、少しだけ戻ってみることはやはり
一見まわり道のようでも、結果、解決は早くなるように感じます





◆ 今後の演武予定 ◆

2015. 5. 3 (日)
博多どんたく


西新ステージにて行われる古武術の演武に、
イマハシ参加します


2015. 5. 10 (日)
宮本武蔵顕彰祭 370年祭


会場 武蔵塚公園(熊本市)

山東派兵法二天一流にて、剣術の型の奉納に
イマハシ参加します



どちらも、お近くにお越しの際は
ぜひいらしてください◎
[PR]

by dolmens | 2015-03-27 05:48 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年三月第一週稽古

 
b0005281_21194767.jpg


■柔術

三ヶ条「内腕返」
 相手の突きをさばき脇に抱えたところで、いきなり締めに入るのではなく、
 抜刀術の鞘引きの要領で、体が連動することで脇締め~抜き足となるようにする事


「柔を知りたきゃ剣をやれ」
と、師範代から折に触れて教えを受けていましたが、
抜刀で切り付けの刀を持っていない側の手、
左手の「鞘引き」までもが柔術に活きるとは、これは驚きでした

切る動きだけが柔に活きるのではない、ということです

鞘引きの左手に連動して、全体が動くと、
これは明らかに動きの「あそび」がなくなる感じがします


剣術はどうも最近、劇的な進化がなかったのですが、
地味なところでさえ改めて重要だなあと、
積みかさねになるような稽古を心がけようと思ったのです


「三年後のための、現在の稽古」
という言葉も聞きます




===============

お知らせです
b0005281_18394473.jpg

2015. 3. 21 (土・祝)
10:00~18:00


第一回 さくらいとしまつり

開催場所/桜井神社(糸島市)


<内容>

桜井神社としては初となる屋外イベントです!

桜の花がほころぶ春分の日、
糸島の個性的なお店が神社に集結!

春の1日、おでかけしてみませんか?


※ 神楽殿で行われる古武術の演武奉納に、
  イマハシ出演参加します


さくらを愛でるお祭りです
ぜひおこしください◎


 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-03-09 21:46 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

大東流、兵法二天一流 平成二七年二月第四週稽古

 
b0005281_18214686.jpg


■柔術

「脇を締める」動作について

柔術の動きの中で、しばしば出てくる要素です

先輩が何気なく言われてたことで、
手のひら小指がわ側面から初動させて、
肘~脇と連動することで、
脇の締めに入る動きがより速くなる、ということ

試してみると、なるほどこれは速いです
速いというか、動きのムダがひとつなくなって、
そのぶんラクになりそうな感じはします

けっきょく、全体一致させることが肝要なのだと考えました


雑にやると、身体の動きがばらばらになって、
そうなると技の内容がガラリ変わってしまうんと思います




===============

お知らせです
b0005281_18394473.jpg

2015. 3. 21 (土・祝)
10:00~18:00


第一回 さくらいとしまつり

開催場所/桜井神社(糸島市)


<内容>

桜井神社としては初となる屋外イベントです!

桜の花がほころぶ春分の日、
糸島の個性的なお店が神社に集結!

春の1日、おでかけしてみませんか?


※ 神楽殿で行われる古武術の演武奉納に、
  イマハシ出演参加します


さくらを愛でるお祭りです
ぜひおこしください◎


 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-03-04 20:21 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)