大東流合気柔術 平成二八年三月稽古

 
b0005281_20305586.jpg


■柔術

今月の学び・気づきとして

◇三ヶ条 
  「岩石落」 相手両腕を担ぎに入る自腕
  「腕返」 突きを裁いた後、外から巻き込みとるときの自腕
  「拳返」 
  「七里引」
  いずれも、
   ・ぬたっと絡みつくように取ること
   ・脇をしめて取るにしても、密着感も意識すること
   ・皮膚も意識

◇一ヶ条 「四方投」
◇二ヶ条 「手刀詰」 「小手返」
  技は、正中線上で掛けること
  剣術で、刀を正中線上で扱うことと同じ

  手から動き始めるものも、手の力だけに依らぬこと


三ヶ条、これといった実感はないものの、
じわりじわり外堀が埋まってきている気はします(あくまで少しづつですが、、、)
おかげさまです

引き続き、
積みかさねる稽古(減らない稽古)を心がけていこうと思っています





==============================

◆ 今後の予定 ◆

2015. 5月 8日 (日)
宮本武蔵顕彰祭 371年祭

会場 武蔵塚公園(熊本市)

細川家伝 山東派兵法二天一流にて、
剣術演武の奉納にイマハシ参加します


 ↓↓↓

5月8日に熊本・武蔵塚公園で行われる予定でした
「宮本武蔵顕彰祭」は中止が決定されました。

今回の災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
また、不自由と不安のさなかにある当地の方々の生活が、
一刻も早く元通りに戻りますよう願っております。

来年にはふたたび顕彰祭が催されることを願っています。

イマハシリョヲタロウ




 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2016-03-31 20:35 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

<< 大東流合気柔術 平成二八年四月稽古 第二回 さくらいとしまつり(糸... >>