大東流合気柔術 平成二八年一月稽古


b0005281_19175696.jpg

 
■合気の手(いわゆる合気上げ)

(自分メモ)
  ~ 相手をのけぞらせるのではなく、前のめらせるために ~

 初動、アサガオに肘を入れて、
 力がぶつかった時点で、さらに肘を入れる
 この際、おそらく、同時に、順体の足の抜きも連動しているものと思われる


「『合気の手』は、精神的なあれこれでなく、明確な『技術』です」と教えを受けており、
ひとつひとつの細かいところをつむぎつつ、
できないながらも、あれやこれや悩みつつ稽古をしています




■三ヶ条

・居捕 「手枕」 「切羽」

自分のもと居た場所に相手を呼び込んで崩す(自体をさばいてから)
「巻き込み崩し」が要諦の技であると認識してます

その巻き込み崩しの仕方をいろいろ試行錯誤していますが、これ、
 無理やり引っ張ったりして巻き込んでいるのではなく、
 むしろフッと呼び込んでいる
ということが、実感として少しずつ分かりはじめた気がします

さらに、
 相手の力を吸っている、、、
という感覚も(若干だけど)感じている
しかし、この感覚の方向性は正しいのかどうか、現時点では分かりかねます


 ~  ~  ~  

いずれにしても、床を蹴って動かない、、、ということは理解できてて、
おかげさまで接地面であるヒザのいたみも最早ないのですが、
どうにもまだ動きが遅れるのが悩みでありました
そんな中、わずかな一筋の光明が見えてきた思いです

相手からの当て身をさばいた際「自体のねじれ始め」を動作のキッカケとして
そこから巻き込み崩しにまで動けるようにする、身体の神経回路が
ちょっとずつ育っているのかも、と今月は感じました


 ~  ~  ~ 

それにつけても、こういう感覚を養うにあたって、
入門時からずっと取り組んでる「棒術」の稽古が活きてきているなという感想です

ねじらない、ためない、うねらない、蹴らない、、、、
型が、棒が、動き方を教えてくれます

ありがたいことです

 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2016-02-02 19:37 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

<< 潮風号でゆきませう (門司港レ... 春の出雲 (一畑電車/松江フォ... >>