大東流合気柔術 平成二七年一二月稽古

 
b0005281_1055825.jpg


■三ヶ条

今年一年、苦心しながら三ヶ条の稽古を続けてきた結果、
改めて分かったことがあります

すなわち、「力むとよくない」ということ
言葉にすると、何だかあっけない感じですが、、、

力まないことの利点は、
 ・居つかず動ける
 ・身体の支点が飛躍的に増える


とくに初動の速度、移動キョリが大きく変わるので、
「釣落(つりおとし)」の巻き込み崩しなどで違いが鮮明になりました

相手を引っ張らずに崩さず、体裁き的に崩す仕方が、
感覚的に(わずかながらも)理解できた気がします


来年は、精度をもっと高めていきたい


来年も、よろしくお願いいたします
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-12-29 18:45 | ◇古武術の稽古・身体操法 | Comments(0)  

<< 2016 賀正☆ 福岡ポエトリー (2015年12月) >>