修験のやま (英彦山)

 
◆2014年 3月下旬のある日◆


am11:00 コニチハ


b0005281_20503782.jpg

筑豊は添田町、
はるばるやって来ました、英彦山!

英彦山神宮 奉幣殿
山の中ということもあり、あたりはシンと静かです









b0005281_20505472.jpg
神社のわきに、登山口があります
かつては修験者たちが、あまた行き来したそうな

まだ来たばかりの春と、過ぎてった冬とが交錯する陽気のなか、
英気を養わんがために、これより登山します!

いざ、しゅっぱつ!!










 ~  ~  ~  ~  ~ 







b0005281_2051531.jpg
登りはじめ、ゆるやかな山道がずっと続きます

土と木のにおいが濃くて、
身体のなかに、自然の空気が染みわたっていくようです


すれ違いに降りてくる登山者はチラホラ














b0005281_20511623.jpg
10分ちょっと歩くと、見上げるばかりの石段の道になりました
一段一段の高さが大きくて、なかなかしんどい
というか、結構きつい

フウフウ言いながら登っていると、
くだりの登山者さんが、「ガンバレーもう少し!」と

イマハシ 「ここって、今どれぐらいの地点なんでしょうか」

尋ねると、

くだりの登山者 「まだ10分の1ぐらい 」と、、、













b0005281_20512754.jpg
序盤でいきなり挫けかけるも、なんとか登り切ったー!!

しばらくは下り道になるみたいです(まだ頂上でもないのに)
最初の難関を越した、といったところか!

まだ雪が残る山道の、やわらかい地面を踏みしめながら、
軽やかに下ります













b0005281_2051388.jpg
しばらく、平坦な道がつづきます

土と落葉の入り混じった道は、
雪解け水でぬかるんでいて、すこし歩きにくい













b0005281_205279.jpg












b0005281_2114998.jpg
鎖場(くさりば)

岩をよいしょとよじ登ります
なかなかハードになってきた












b0005281_20555832.jpg
フウフウ、、、









 ~  ~  ~  ~  ~ 









b0005281_20525877.jpg
登山開始から1時間半も経過、
中宮(中津宮)を過ぎて、空気がひんやりしてきたようです
だいぶ汗ばんではいるけど

――と、空が開けてきた
頂上も間近か!?












b0005281_20531088.jpg

明らかに雰囲気は変わりました
落雷で焼けた木の幹が脇にあったり、ずいぶん雪も残ってたりして、
荒々しい景色になってきた

けれども、空はとても澄んで青くて、
なんだか天に吸い込まれるみたいにして、のぼっていくような感覚になってきます

ずーーーっと続く石段を、一つ一つ踏みしめるようにして歩を進めます












 ~  ~  ~  ~  ~ 







14時過ぎ






b0005281_20534397.jpg









b0005281_20535416.jpg
やったーーー!! やりました!
英彦山山頂に、ついにとうちゃく!!

標高1200メートル
高さはどうあれ、修験の一大地たる英彦山の頂上にたどりつけたこと
そのことが、じつにうれしい

足もフラフラ、息もフウフウだが、充実感サイコウだ!











b0005281_2054535.jpg
ベンチに腰かけて、お弁当でも食べよう

、、、30秒もしないうちに、強烈に身体が冷えてきた!
さ、さむい!!


まあ、そりゃそうだよな
まだ雪が解けずに残ってるぐらいの気温なんだからなあ









b0005281_20541512.jpg
腹ごしらえも済んだら、
身体を温めるため動き回ることを兼ねて、山頂ひろばを散策

あらためて、絶景の中にいて、とても気持ちがいいなあ!

山頂にいると、時間が止まっているみたいだ
風が山をかけていく音と、ときおり聞こえる鳥の声が、耳に身体に心地よいです


それで、
天に向かって歩いていくあの感覚は、ずっと残るだろうな
言葉ではうまく言い表せないような、神秘的な感じだ


修験者たちがこの山に幾度ものぼった理由が、
少しなりとも体感できた気がした、3月のひとときです














===============

b0005281_20542779.jpg

山頂ちかくにて

どこか異なる世界にアクセスしていくような、specialな感覚をおぼえます



 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-11-25 21:17 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 大東流、小野派一刀流(惣角伝)... 武雄にて (ゆめぎんが/馬場の... >>