武雄にて (ゆめぎんが/馬場の山桜/ほか)

 
◆2014年 3月下旬のある日◆


だんだんと風が暖かくなってきて、もう春かと感じ始めたこの頃
佐賀県は、武雄にきています

――と!!




b0005281_2072967.jpg

すわ!? あれはなんだ!??
まさか宇宙基地か?
まさか佐賀に!?

と息巻いて近づいてみたら、どうも違うような
でも、あながちハズレということもなく、、、


佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」!!
おじゃまします!













b0005281_2074564.jpg
ここは、何の建物かというと!
「宇宙、地球、佐賀」の3つのコンセプトのもと、
いろんな科学技術を楽しく学べる施設なんだそうです

で、これは「地球発見ゾーン」にある、リニアモーターカー!
実際に体験乗車ができるそうで、すごいな!













b0005281_2075670.jpg
こちらは、竜巻発生装置

たしかに渦巻いている! ちっちゃい竜巻が!












b0005281_208849.jpg
この部屋は、マイナス20度の部屋なんだそうです
-20℃とは、いかに!?











b0005281_208199.jpg
入ってみたら、、、たしかに寒い!
しかし、耐えられぬ程ではない
業務用冷凍庫の中に入ったような感覚

なんと南極の氷が置いてあって、触れてOKらしいので、タッチしてみる
感激だな!

感触としては、
氷と言っても、-20℃の中にあっては「つるつるした石」のようだなというところです














b0005281_2083096.jpg
「佐賀発見ゾーン」
佐賀コンセプトのゾーンです
有明海を再現したという、ミニ干潟の水槽

エビがたくさん泳いでます

ムツゴロウもいるらしいが、見つけられなかった











 ~  ~  ~  ~  ~ 












b0005281_208422.jpg

ここでいったん、ゆめぎんが屋外へ

近くにある小川~沼地での野外観察ワークショップに参加!
カスミサンショウウオの産卵地を観察します

チューブ状に連なった卵の中に、
2~3mmほどのちっちゃいサンショウウオたちが、ピチピチ泳いでるのが見られた
かわいいものだなー!
(苦手な向きもあろうかと思われるので、拡大写真はないです)
















b0005281_2085289.jpg
小川に移動
網を持って、川の生物を採取します

川辺にはツクシも生えてて、春の息吹を感じます












b0005281_209279.jpg
ハヤの稚魚、ヤゴ、カワニナ、エビなど、、、
ちょっと川底をさらっただけで、たくさんの生き物がいました

観察したあとは、放流
びっくりさせてゴメンネ













 ~  ~  ~  ~  ~  ~ 






ふたたび館内










b0005281_2093176.jpg
1階広場スペースの、「ビーコロ2014」なる企画展示

ビー玉を装置上の投入口から入れたら、転がってっていろんな仕掛けが働く装置
コレおもしろいな!











b0005281_2094181.jpg

こっちは、いろんな文具(実物)を組み合わせて作られた装置
ちゃんと、コロコロ転がっていく
よく設計されてて、大したものだな!

カラフルでたのしい!












b0005281_2095463.jpg
極めつけは、全長15メートルの大型コロコロ装置!
これはまた、大掛かりなものをこしらえたなー!

「実験スタート!」の声で、転がりだす大きなビー玉
手に汗にぎりながら、行く末を見守る一同、、、

結果――――大成功!!
ワッと歓声があがる
すごいなー!

こういう手作り品は、作り手の熱意も感じられて、好感が持てます
ビバ、人力!!









 ~  ~  ~  ~  ~  ~ 












b0005281_2010676.jpg

移動して、鉱物ギャラリー
こちらは静かだ


どんどん移動して、、、
















b0005281_20101742.jpg
宇宙発見ゾーン

これはすごいぞ!
ISSを意識したかのような、本格的な意匠!
















b0005281_20103063.jpg
宇宙トレーナー!

宇宙空間での姿勢制御シミュレーションをする、あれだ!
すごい速さで回ってるな!
体験してるの想像するだけで酔いそうだ、、、


ほかにも、プラネタリウムや本格的な天体望遠鏡もあって、
設備の充実ぶりに感銘をうけました
すごいなここ











b0005281_20104114.jpg
野外スペース

ゆめぎんが、自然の中にあって、科学に触れられるとは、とてもいいなあ
チュンチュンチチチチと小鳥もさえずり、風もあたたかくて心が和みます

そもそも、科学と自然は不可分であってしかるべきものだろと、やはり思うのです
表現を換えれば、「自然とリンクしない科学は、もはや価値があるとは言えない」のではなかろうか?と

そうでなければ、
科学は、自然も生けとし生けるものもみんな置いていって、
どんどん科学のための科学になっていってしまう


そんなことを考えながら、武雄の春のにおいや風は身体にここちよく、
気持ちは満たされて、ゆめぎんがを後にします
4~5時間は滞在したかな















===============

17時半



b0005281_2010532.jpg
町はずれ、竹古場キルンの森公園

「世界一の上り窯」だと自らうたう、飛龍窯











b0005281_20111582.jpg
飛龍釜とは、めずらしいな

とても綺麗に手入れが行き届いています










b0005281_20114785.jpg





















b0005281_2012845.jpg
で、これが焼きあがった陶器か!

惑星?
これをせっせと焼いていたのですね!

まったく知らなかったが、
さっきのゆめぎんがと言い、武雄は宇宙の町なのでしょうか?














 ~  ~  ~  ~  ~  ~ 






移動







b0005281_20121878.jpg
飛龍釜から、さらに山道を登っていきます

黄色い菜の花畑が広がってきました











b0005281_20122974.jpg
菜の花が、夕日に映えてきれいだ







b0005281_20124151.jpg












b0005281_20125193.jpg
で、やっと着きました
桜の名所、馬場の山桜!

、、、といっても桜は咲いてない
訪れた時期が早かったな


でも、菜の花がとてもきれいだな












b0005281_2013166.jpg

陽がだいぶ落ちてきました

まどろんでしまいそうな、春の夕暮れだ



これより帰途につきます
が、その前に、、、

















b0005281_20131290.jpg
武雄と言えばやはり!
名湯、武雄温泉!

見事な楼門をくぐりぬけ、1300年以上もの歴史を持つという湯へ入りに行きます
初めてだな


癒しの湯、いにしえの名湯につかりながら、
ほのかに静かに始まった春を感じた、あたたかな武雄でのひとときです










(了)






===============

b0005281_20133058.jpg

ゆめぎんが館外、本館へいたる道沿いにあった桜
こちらはわりと咲いてた

桜の季節がやってくるなあ
 
 
 
 
 
 
 
   
[PR]

by dolmens | 2015-11-19 20:06 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 修験のやま (英彦山) 早春の北九州 2(風師山/旧大... >>