潮の香り、紅葉、巨木の静かな声 (岐志カキ小屋/雷山千如寺大悲王院)

 
◆2013年 11月下旬のある日◆


b0005281_20394853.jpg


糸島の志摩地域にある、岐志(きし)漁港に来ています
海が近いだけあって、風が冷たい!

さて、このビニールハウスの群れは、
いったい何でしょう?










b0005281_20395937.jpg
そう! カキ小屋であります!!

店内には風が入って来ず、じつに快適!
灰よけのヤッケも貸し出してくれます

ちなみに、ヤッケは店ごとに色がちがってて、
ここ「恵比寿丸」の店内では、ビリジアン・カラー一色
まるで何かのスポーツチームみたいだ










b0005281_20401170.jpg
で、いざ焼きます!

うおーーーーージュウジュウ!!
立ち込める潮の匂いが、じつに香ばしい!

カキだけでなく、魚やイカなんかも焼けます










b0005281_2040209.jpg
焼けた焼けた

持ち込んだレモンのくし切りをジュッと絞って、
いただきます!
モグ、、、


――う、うまい!?
弾力、豊潤さ、味、すべてにおいてグッド!
なぜ人は、これほどカキに魅了されるのか?
食べれば答えは、おのずから見えてこようというもの! だってうまいもの

ハフハフモグモグ
こりゃ止まらん! モグ













===============

移動




b0005281_20403265.jpg
雷山 千如寺大悲王院
開創は178年とのことです

1800年以上もの歴史を持つお寺さんです










b0005281_2040417.jpg
境内、とてつもなく大きな楓の木

楓って、こんなに育つものなのか!
聞けば、なんと樹齢400年ということだから、驚きだ!









b0005281_2040528.jpg
紅葉の見ごろはやや過ぎているようだけど、
この圧倒的な存在感に触れられただけでも嬉しいものです

木は偉大ですよね











b0005281_2041333.jpg
庭園

風雅さと、いにしえの力強さをひしひしと感じます
紅にそまった葉っぱは、心が奪われるようにきれいです


風が葉っぱをサーーーっと揺らす音に、
しばし時が経つのを忘れます










 ~  ~  ~  ~ 







さらに雷山のふところへと向かって移動









b0005281_20412018.jpg
雷神社(いかづちじんじゃ)

あたりはシンとしており、
秋の冷んやりした空気と相まって、引きしまった雰囲気が漂っています











b0005281_20413134.jpg
――――!

境内には、これまた巨大な杉とクスノキが鎮座しています
静かに力強く!

葉っぱの擦れるかすかな音の中で、
偉大な声がひそやかに語りかけるのが聞こえてくるようです


しばし、境内をぶらぶら
いい空気をたくさん身体の中に吸い込んで、
特別な力(あるいはそのようなもの)をもらえたような気がしています
じっさい、元気が出てきたよ


人は、街や建物の中だけじゃ本来、生きていけないということなのだろう




秋もだんだんと深まって、灰色の空と紅葉、ヒンヤリとした空気に
季節のうつろいを知る、11月のひとときです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
[PR]

by dolmens | 2015-10-15 05:51 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 真冬の出雲 (出雲大社/日御碕) 風とカルスト高原をわたる (平尾台) >>