2013 夏の話3題 (マリンワールド・平尾台・海響館)

 
◆2013年 7月中旬のある日◆


b0005281_2113165.jpg
マリンワールド 海の中道(福岡市)に来ています

その名も、特別企画「夜の水族館」
イルカさんプールのうしろには、真夏の夜の博多湾が広がっています










b0005281_2113376.jpg
館内は、あえて暗くされています

くらい水槽のなかに、ぼんやりと浮かび上がるクラゲの群れ
音もなくゆらゆらと漂うさまは、幻想的でうつくしいです









b0005281_21135284.jpg
さて、階下中央の大水槽の前では、
真夏の夜のコンサートが催されています

メロウなピアノに併せた歌、なかなか雰囲気よいです

背後におよぐ小魚の群れは、ひかりを浴びてキラキラしています


キラキラしてはいますが――
ときどき、群れが不自然に急旋回するのはなぜだ










b0005281_21141298.jpg
どうも、サメが同居しているらしく、、、

サメが突っ込んでいって小魚の群れがひるがえるたんびに、
ギャラリーの間から「ザワッ」とどよめきが上がる

しかも、よくよく観察してみると(もう演奏を聴くどころではない)、
小魚、サメが突っ込むたびに減ってるな


「ざわざわ、、、」
それでも演奏はノンストップ、、、














===============

◆7月下旬のある日◆


ふたたび北九州



b0005281_21142776.jpg
平尾台自然観察センターに来ています










b0005281_21143870.jpg
日本三大カルストのひとつ、平尾台

カルストと言えば「秋吉台」が有名ですが、
平尾台もそれに劣らずよいものです
自然がいっぱいで、鳥や小動物がいっぱい住んでるそうなのです


館内では、平尾台に住む動物たち(野ウサギやリス☆など)の紹介や、
ジオラマの展示などがされています












b0005281_21152475.jpg
――で、今度は本物の平尾台の高台にのぼっています
カルスト!

季節はすっかり夏、
でも平尾台には風が爽やかに吹いて、けっこう涼しいです










b0005281_21153776.jpg
それにしても、ここ平尾台
三大カルスト台地にも関わらず、野菜つくってるな


高原野菜とまではいかないかもしれないが、
山をわたる風をいっぱいに浴びて、さわやかな野菜が育ちそうだ











===============

◆8月上旬のある日◆


下関の、海響館にきています
またまた水族館

水族館っていいよね







b0005281_21155384.jpg





b0005281_21161715.jpg





b0005281_2116583.jpg

まるでトランスしてしまいそうな、
小魚の群れが舞う景色

しばし、ときが経つのを忘れてしまいます



さて

海響館といえば「ふぐ!」の印象がつよいですが(実際いっぱいいる)、
じつは、もっとすごいのがあります











b0005281_21163513.jpg
ペンギンさーーーん!!!

超特大の水槽!
その名も、ペンギン村(ちがう)


水槽の下のほうにむかって通路が続いていて、そちらからは、
「よちよち歩きのイメージ」しかないペンギンさんが、
ダイナミックに泳いでる姿が見れます

びっくりしたのですが、水の中を泳ぐ速度が、
どいつもこいつも異常に速い
まるで、空を縦横無尽に滑空するツバメのように!
とにかくハイスピード

そうか、ペンギンさんて鳥の仲間だものな、ということを改めて思い知らされる
いやすごいものだ












b0005281_21164764.jpg
しかし、気になったんだが、、、

このペンギンさんは、なんでずっとうつぶせで寝てるんだ?
眠いのか、やる気がないのか、泳げないのか、、、






7月、そして8月

涼を求め、山と海(水族館だけど)を存分に満喫した、
真夏のひとときであります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-08-31 23:10 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 船のなるほど展 (北九州イノベ... 初夏の北九州 2(小倉北区・太... >>