春の京都へ向かう 完結編(京都御所/ラヴァチュール/ほか)

 
前回前々回前々々回 の続き◆


<旅の3日目 最終日>



b0005281_1935793.jpg
11:00 京都御所 に来ています

今回、御所敷地の中まで入れる参観申込をしており、
これから見学をします










b0005281_19354622.jpg
歩いて30分ほどの参観コース
朱門のむこうに垣間見えるのは、京都御所の象徴・紫宸殿(ししんでん)
さすが、見事、、、!

即位礼などの重要な儀式が行われる「正殿」とのこと











b0005281_19355557.jpg
ほかにも、おごそかな寝殿造・書院造の建物がたくさん
とても広く、しずかで、落ち着いた風情で良いです

それにしても今日は肌寒い、、、
聞くと、気温は10℃

うーむ、3月だというのに













b0005281_1936854.jpg
きれいな梅の花だなあ

いい時間を過ごすことができました

京都御所の中って、ふだんは見れないところなので、
貴重な体験をしました










 ~ ~ ~ 




12:30




b0005281_19361828.jpg
移動 お昼ごはんです
「麺家 高倉二条」










b0005281_19362837.jpg
京都ラーメンです
いただきます ズズズ

――!!? うまい!!
とんこつ魚介のスープに、全粒粉めんのヤサシイお味!!
しかし、ダシがしっかり効いてて、これぞまさに京都のラーメンよ!!
かつおごはんもウマイ

うめうめズズズ





 ~ ~ ~ 


13:30
おなかいっぱいになって、満たされたところで、
東の方面へ移動






b0005281_19365883.jpg
南禅寺
京都五山の上、禅寺の別格です

すこし肌寒いけど、落ち着いた空間で、ゆったりした気分になります
とても好きな場所です

そういえばかつて、このあたりで遭難しかけた記憶が、、、








 ~ ~ ~ 



ふたたび移動





b0005281_1937883.jpg
平安神宮ヨコの、「ラヴァチュール」
歴史あるお店で、コーヒータイムです









b0005281_19371882.jpg
その名も高き「タルトタタン」
スイーーーツ! いただきます
モグ

――うまい!?
しっとりとした上品な甘さで、とてもおいしいです


ふーー ごちそうさまでした
と、お店を去り際、入口ちかくのテーブル席で、
チョコンと座ってお茶を飲んでいたグランマ(オーナー)が、
にっこりと見送ってくれました

なんだかこういうのって、うれしくなりますよね








 ~ ~ ~ 


16:30 そろそろ夕方、
京都にいられる時間も、残りわずかとなりました






b0005281_19372861.jpg
京都の台所、「錦市場」
たくさんのお店が軒をつらね、活気に満ちています

軒先に「たる」を並べて、漬物をズラリ売ってるお店があり、
ここでお土産を買い求める
「かぶらと壬生菜づけ」「山芋のわさび漬け」試食すると、とてもおいしい!!
香りもよいなあ
まよわずコレを買う

日持ちはせず(数日間)、だからこそ新鮮で、とても美味です



さて、そろそろ帰途へつかねばなりません













===============

b0005281_19374048.jpg
17:10 JR京都駅から大阪駅へ

地下鉄、西梅田駅から住之江公園駅を経由し、
18:30 あっという間にフェリーターミナル駅とうちゃく
















b0005281_19374979.jpg
帰りも、名門大洋フェリーで帰ります!

乗り込んで、
19:50 出航!










b0005281_1938267.jpg
荷物を部屋に置き、おちついたところでゴハンタイム

名門大洋フェリーはメシがうまい!なんでもうまい!ということで、
アラカルト形式で、良さげなおかずを適当にチョイス
トマトソースのハンバーグ、かつおのたたき、いただきまーす モグ

――うま(以下略!










b0005281_19381019.jpg
21時を過ぎたあたり
フェリーが明石大橋の下をくぐる時間を見はからって、デッキへ

星空の下、カラフルにライトアップされている橋の下をくぐります
ワンダホーー!

風はつめたい、、、









b0005281_19381877.jpg
とおくを見れば、神戸~明石の街明かりが、きれいに光り輝いています

ザンザンザンと鳴りひびく機関の音と、海風の匂いが、
船旅の風情を一層かきたててくれます


ちょっと冷えて来たので、ふたたび船内へ


大浴場で汗をながし、売店で酒を買い求め、晩酌
旅の疲れが一気に出てきて、まぶたが重くなってきた

数時間前まで滞在していた、今は遠き京都へと思いをはせつつ、
今宵はオヤスイミン――












 ~ ~ ~ 







翌朝





b0005281_19382677.jpg
am7:20 おはよございます

デッキにて、朝日をながめます

どこまでも広がっていく海のその先、
水面が太陽に照らされて、光の道が延びています

潮風の匂いも心地よい
船旅は、時間がゆっくりと流れていって、とても素敵です












b0005281_19383390.jpg
大海原! 

さて、もうすぐ九州の地へとたどりつきます

京都
思えば、みじかい滞在時間でしたが、心あるひとときを過ごせました
梅もそこかしこに咲いていて、随所に春を感じることもできたしね

また来たいなあ




、、、さて
冬が終わって、やがて暖かい春がやってきます
この旅の最後というシチュエーションともあいまって、ただでさえこの季節
オセンチになってしまうのは無理からぬところ
春は別れの季節 感情がはげしくゆさぶられるようです

変わらないでいて欲しいものでも、変わってしまうものだからね


それでも、変わらないものはある
変わらないことだって、いくつかはあるんだ


言っておこう



「この旅はもうすぐ終わるけれど、旅はまだまだつづきます」





青い海、かがやける朝日、波をきって走る船
ふと、しょっぱさを感じたのは、はたして潮風か、それとも涙か?

目からこぼれ落ちる熱いものを感じつつ、つかの間、
イマハシは甲板にたたずむのであった――――

















(了)










===============

b0005281_19391692.jpg

「春の京都へ向かう 1」へジャンプ 
 
 
 
  
 
 
[PR]

by dolmens | 2015-01-18 20:08 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 大東流、兵法二天一流 平成二七... 春の京都へ向かう 3(京阪電車... >>