春の京都へ向かう 3(京阪電車/圓徳院/ほか)

 
前回前々回 の続き◆


b0005281_1946187.jpg
12:00
京阪電車 黄檗駅(おうばくえき)

坐禅を終えてリフレッシュできたところで、
京都市内へ戻ります

向かうは、北だ!









b0005281_19463064.jpg
京阪電車の、とてもオシャレツな車両
京都らしい、雅なカラーリングだな!

乗り込んで、いざしゅっぱつ!
プシューーーーガタン











b0005281_1946385.jpg
カタタタタン カタン
市街地や緑のあいだを縫うようにして、京阪電車は走ります

線路は、わりかし直線が多い印象です







 ~ ~ ~ 








b0005281_19464789.jpg
とちゅうの中書島駅で乗り換え

列車はさらに走り、しばらくすると地下へもぐりながらも、
12:30 目的駅・清水五条駅へとうちゃく!


階段を上がり、地上へ


さて、何があるかというと、、、













b0005281_19465931.jpg
駅から小一時間、坂道をフウフウ言いながら歩いて、
着いたのは、その名も高き 清水寺!!

真っ赤な門と、紅梅と白梅がキレイだなー!











b0005281_19471176.jpg
境内、散策路の途中にて
いわゆる、清水の舞台

空はちょこっと曇ってきたけど、なんだかよい意味での「侘しさ」が漂っていて、
むしろいい雰囲気です
なにより静かで、心が洗われるようです

遠くを見やると、京都の街並みがよく見わたせます


  





 ~ ~ ~ 






b0005281_19472211.jpg
二年坂~参寧坂を下って、遅めの昼ごはんタイム
「あこや茶屋」!

お茶漬けと漬物バイキングのお店であります
さっそくいただきます モグ、、、

――うまい!
さすがは本場!!
ゆず漬! 山芋のわさび漬! 壬生菜(みぶな)漬! あらゆる漬物がじつにうまい!!
ゴハンがおいしく食べられるよう、つけ加減・塩加減が、絶妙に計算しつくされている!
もぐもぐうめうめ










===============

17時過ぎ ちかくの高台寺で庭園拝観

そのまま、向かいの圓徳院へ





b0005281_19473564.jpg
方丈拝観 おじゃまします

建物の中には、庭園が見られるポイントがいくつかあるようです
腰かけて、しばしゆっくりさせて頂くことにします

18時をまわり、夕暮れの空気がだんだんと濃くなってきています
ライトアップ企画をやってるそうで、照明がきれいに光りだしました

雨が、ポツポツと降ってきた





 ~ ~ ~ 

さて、建物のなかを順路通り歩いていくと、
現代アートとのコラボ企画 をやっているようです

ほのかに暗いお寺の中、
いたるところに、でっかい写真のパネルが置かれています

被写体は、土方巽大野一雄 といった暗黒舞踏家や、
草間彌生というセレクション

なぜだ





――しかし!!
そんな流れの果てに、最後に現れたのは、、、!











b0005281_19474526.jpg
!!
じつに見事な、庭園!









b0005281_19475241.jpg











b0005281_1948046.jpg
幻想的なライトアップと、雨がしとしとと降る音とあいまって、
おもわず時がたつのを忘れてしまうような、静かな空間です













b0005281_1948887.jpg
満たされた気分で、圓徳院をあとにします

雨の路地も、京都ならではこその落ち着いた風情で、
なかなか良いものです













b0005281_19481878.jpg
夜も更けにけり、そろそろ夜ごはんタイム
四条の「まんざら亭nisiki」
古民家~町家を改装した、あたたかい雰囲気の居酒屋さん
いただきます、、、もぐ

――うまい!
くみあげ湯葉が、まろやか!
ホルモンの陶板焼き、九条ネギの出汁巻き、あらゆるものが!ウマー


京都の料理と酒を友に、
まったりと更けていく、雨の京都のしずかな夜です













(つづきます 次回このシリーズの最終回)
[PR]

by dolmens | 2015-01-14 20:11 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 春の京都へ向かう 完結編(京都... 大東流、兵法二天一流 平成二七... >>