冬の北九州 (京築神楽公演/喫茶 放浪記)

 
◆2013年 2月上旬のある日◆

b0005281_19334476.jpg

16:00 おおーー小倉城!
小倉城は、でかいなあ!

ということで、北九州に来ています
上から小倉城を見下ろしているイマハシですが、見よこの不可思議なアングル!
けっして、浮いているわけではありません(フィジカルな意味ではね!)

ここはどこかというと、、、











b0005281_19335055.jpg

北九州芸術劇場!
京築神楽(けいちくかぐら)の公演を観に来ています

神楽での舞踏の動きって、古武術とおなじく順体を遣っています
体さばきなど、とても勉強になるなあ

お囃子のような音楽も、ひたすらかっこよい


神楽のつくりだす「場」って、独特だよねえ
高揚感のうちに現世と向こう側とがいつの間にかリンクしてる、その様はとても興味深いものです

あいにく神楽自体を、観られる機会が博多ではあんまりない
なので、こうやってじっくり観られる機会は、とても貴重だなあと思います
屋内で神楽やったって別にいいじゃないか















===============

b0005281_19335722.jpg

小倉から、今度は門司港へ

めかりから関門海峡を眺める
海から山から吹いてくる風が、肌を刺すように冷たくて痛い

でも、青く澄んだ冬の空は、凛としていて気持ちが引き締まります












b0005281_1934640.jpg

門司港は栄町商店街の路地裏にある、「喫茶 放浪記」

このたたずまい、昭和の風情にあふれていて、とてもよい雰囲気です











b0005281_19341374.jpg

おおーーこりゃまるで、ほんとに昭和
いろんなアンティーク家具や小物、レトログッズでいっぱい

ちなみに、お店の名前「放浪記」と聞いて、ピンと来たかもしれないけど、
門司生まれの作家「林芙美子」が、店のテーマのひとつであるそうです


 ~  ~  ~ 

さて、2階があるので、2階にあがります
こちらがメインの目的なので、、、


2階の小部屋に入ると、、、む!













b0005281_1934217.jpg

――――!!

猫カフェ です、このお店じつは(2階が)
イマハシ初です 猫カフェは

いやあ、インパクトありますな
お初がコレ ですか


まわりを見渡すと、猫もれなくみんな寝てる
なにも起こらない ただ、寝てるのみ

これが、猫カフェなのか、、、!!











b0005281_19343034.jpg

しょーがないので、ふたたび1階へ戻って、ゴハンいただきます

ここの名物、林ライス(林芙美子だけに)
フルーティで、うまそうだ









b0005281_19343913.jpg

生ウニ丼!!
ぬおう!
迫力に押されそうだが、いただきます モグ、、、


――うまい!!
さすが関門のお膝元、新鮮で、潮の香りとウニの芳醇な味わいが、すてきにうまい!
林ライスもうまい! 
モグモグうめうめ


お店のひとも、素朴でいい人だなー
ほどよくほっといてくれて



2月でまだまだ外は寒いけれど、
昭和の暖かな雰囲気に心がほっとする、北九州でのひとときです
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-09-22 20:19 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< ライブに出ます☆ '1... 冬の角島 >>