真夏の北陸ローカル線9(城端線/氷見線)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ
  7:白川郷 、 8:ひだ高山天照寺YH/高山本線 の続き◆


13:34 高岡駅ホーム

b0005281_1362153.jpg

ぬをを!? ハットリくん!?

「氷見線 全線開通100周年記念ヘッドマーク」付きのレア列車だ
が、それなのに何故かこの列車、逆方向の内陸側へむかいます
そう!! 城端線(じょうはなせん)に臨みます!

矛盾列車にいざ乗り込んで、しゅっぱつ!!
ガタン











b0005281_1364679.jpg

ガタタタン ガタン
車窓いっぱいに、田んぼの風景が広がります

城端線は、全長30km足らずの、いわゆる「盲腸線」です
しばし終着駅まで、ひさびさにユックリ列車の旅にひたることとします


ちなみに「盲腸線」とは、終着駅からその先につながる線路がない路線 のことです
九州の南阿蘇鉄道(旧・高森線)や、中国地方の可部線なども盲腸線
主にローカル線を指すことが多いです










b0005281_1365778.jpg

さて! さっき高岡駅構内でバタバタ調達した駅弁
かの有名な、ますのすし!

お昼には少し早いが、はらへつたので、、、









b0005281_137167.jpg

箱を開けてみると、、、おお豪華!!

竹の留め具をはずして、ふたを開けてみると、、、、









b0005281_1372952.jpg

笹だ!? 笹だ-ーー!!? 

まだか中身は!?
ふるえる手で笹をひらいてみると、、、!












b0005281_1374177.jpg

うをおおーーきたきたきた!!
ますのピンク色が、鮮やか!!
早速いただきます モグ、、、



――!? うまい!!!?
ますのジューシーさと、笹の香り、酢めしのすっぱさが、
絶妙なハーモニーを奏でている

うまいなあ モグモグ









 ~  ~  ~ 









b0005281_1375410.jpg

ますのすし食べ終わって、車窓を眺めていたら、
あっというまに終着駅にとうちゃく
おつかれさまでした

ここは、、、










b0005281_138672.jpg

城端駅!
で、城端線、完乗!! やりました、、、

感動の余韻にひたる間もなく、おなじ列車にのって再び戻ります
11時半、しゅっぱつ!
ゴト










b0005281_1381986.jpg

ゴトンゴトン
やあ 晴れ間が出てきたなあ












b0005281_1382954.jpg

!? 油田駅とな!?
こんなところに、油田が!?
城端線で富山を旅していたと思いきや、ここは中近東なのか!!?
ワーープしたのか!!?


ということもなく、、、











b0005281_1384437.jpg

夏の青空の下、畑と田んぼが広がるのどかな風景を車窓に、
列車は、城端線をガタゴトン走っていきます――――













 ~  ~  ~ 








b0005281_1385724.jpg

城端線を往復し、
12:20 ふたたび高岡駅とうちゃく!
モダンな駅舎だ

それにしても、すっかり晴れたなあ!!
夏の日差しが強烈で、目がくらむ
肌がジリジリ焼けそうだ


照りかえしが結構まぶしくて、タマランので、
ふたたびホームへ











b0005281_1391170.jpg

!? こ、このド派手な列車は!!
またもやハットリくん!!?
というわけで、これから氷見線に臨みます!

氷見線は、藤子・F・不二雄の出身地である高岡と、
藤子不二雄Aの出身地・氷見とをむすぶ路線(なのでハットリくん)、
20km足らずの盲腸線です

こんどは城端線とは逆方向、
能登半島の付け根、日本海側へ抜けます
いざ乗りこもう!









b0005281_139242.jpg

車内!
みんな飛んでるなーー

列車の内装自体はレトロ

12:50 しゅっぱつ!! ガタン!








 ~  ~  ~ 







b0005281_1393858.jpg

しばらくすると、車窓に海がパアーーーーンとひらけてきました
きれいだなーー!

ガタンガタン










b0005281_1395189.jpg

ガタタタンガタン
けっこう海すれすれを走ってるぞ













b0005281_131052.jpg

雨晴駅(あまはらしえき)
ここで降りたら、ちかくの海水浴場まで行けるみたいです

今回は車窓から眺めるだけだけどね












b0005281_13101989.jpg

13:20
終点、氷見駅とうちゃく!!
夏の青空と、真っ白な駅舎のコントラストが、じつにイイ

そして、これにて 氷見線、完乗!!
本日2回目の乗りつぶし という快挙! やりました、、、


感涙、目からこぼれ落ちる熱いものぬぐう間もなく、
おなじ列車にのって再び戻ります
11:24、しゅっぱつ! ゴト













b0005281_13103353.jpg

ふたたび雨晴のちかく
車窓を開け放ち、波の音とレールの音を聞きながら、列車は走ります
夏だからね!

ちなみに、この「雨晴」という地名、
義経一行が奥州平泉に向かうとちゅう、このあたりで にわか雨が降り出し、
弁慶が岩を持ち上げて、その陰で雨宿りをしたという伝説があって、
それに由来するのだそう










b0005281_13104524.jpg

潮風が気持ちいいな

ガタタタン ガタン――――














b0005281_1311178.jpg

13:50 高岡駅ホームとうちゃく!!
おつかれさまでした

氷見線を往復し、
本日は2本の盲腸線を、たっぷり堪能!
つくづくローカル線は良いものだなあ


しかし!!
ある意味ここからが本番!

これから向かう先は!!


それは――――!!!!!














(つづきます)

 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-08-03 08:00 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 真夏の北陸ローカル線10(七尾... 真夏の北陸ローカル線8(ひだ高... >>