真夏の北陸ローカル線7(白川郷)


1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高)、 6:新穂高ロープウェイ の続き◆

12:40


b0005281_1728541.jpg

きのうの夕方ぶりに、高山駅へ戻ってきました

ふたたび濃飛バスに乗って、
今度は逆方面、西へ向かいます
しゅっぱつブロロロロ!






 ~  ~  ~  ~  ~ 





b0005281_17291362.jpg

ブロロローー
みどりの山をバックに、道路が縦横無尽に延びています

のんびりとバスは走ります
もうすぐ目的地だ ドキドキ










b0005281_17293589.jpg

13:50 ついに着きました
念願の地に!!

ここは、、、、













b0005281_1729519.jpg

白川郷!!
ついに、ここまで来ることができた、、、!

展望台から眺める合掌造りの屋根に、日本の原風景を感じます













b0005281_1730395.jpg

思わず、売店でかった「どぶろく」を購入
ひっそりとたたずむ日本の美に、乾杯を捧げる


さっそく、どぶろくをいただきます
ズズズ、、、うまい!!

濃いが、甘い!











b0005281_17302149.jpg

しばし景色を堪能したあと、田んぼのへりを、テクテク
シャシャシャシャシャーーとセミの声が鳴り響く
夏空だ

ジリジリくる日差しで汗ばんだ肌に、時折しずかに吹いてくる風が、
また心地よい











b0005281_17303462.jpg

近くでながめる合掌造り

建物によっては、中の見学ができるようです
行ってみよう












b0005281_17304543.jpg

おおーーー囲炉裏!









b0005281_17305850.jpg

長いハシゴを上って、二階へ
ひろい!

二階は「アマ」と呼ばれる空間で、
養蚕に使われていたそうです



さて
はらへたな













b0005281_1731949.jpg

ぶらり入った食事処にて

奥飛騨の郷土料理、朴葉のみそ焼き定食!
いただきます
モグ、、、


――うまい!!
朴葉の風味と、味噌の香りが豆腐に深く染み入り、
芳醇な味わい

このあたりで作られているという「赤かぶ漬け」も、旨い!
モグモグ











b0005281_17312199.jpg

腹ごしらえが済んで、ふたたび散策

まるで時が止まったかのような静かな空間で、
落ち着いた雰囲気がとても過ごしやすい












b0005281_17313268.jpg

日差しはなかなかに強く、
またまた立ち寄った売店で、どぶろくサイダーを飲みつつ小休憩
初めてだな、これ

でも飲んでみると、シュワーーっと爽快なのどごしだ
うまいなー


、、、なんか雲が出てきたな












b0005281_17314563.jpg

ぽつぽつ、、、と雨が降ってきた

と思ったら、ザアアアアー!!
いきなり豪雨!


ど、どこかで雨宿りを! 











b0005281_17315674.jpg

ちっちゃなお堂の軒下を借りて、しばし雨宿り
ものすごく降ってきた フウフウ

先客で座っていた西洋人の女性が、「コンニチワ」
コンニチハ、どこから来られましたか?と聞くと、日本語通じず
片言の英語で、しばし世間話

聞けばスペインから一人旅で来たそうな


それにしても、この雨は止みそうにないな












b0005281_1732938.jpg

時刻も17時を過ぎたことだし、雨もひどくなる一方みたいだから、
退却を決断
スペイン人旅行者にあいさつし、小走りでバス乗降所へ

そのまま帰りのバスに乗車、しゅっぱつ!! プシューー
ありがとう白川郷! また必ず来るよ!













b0005281_17321937.jpg

ブロロロローーー
バスの車窓から少し夕暮れてきた空を眺める

雨はだんだん収まってきている
さいごバタバタしたが、白川郷よかったな

山の天気は、思ってる以上に変わりやすいよね










 ~  ~  ~ 







b0005281_1732325.jpg

18:30 高山駅前のバスターミナルとうちゃく!
おつかれさまでした

雨はなんとか上がったよう

さてさて











b0005281_17324424.jpg

高山の古い町並みを通り抜け、本日の宿へと向かう











b0005281_17325770.jpg

!? なんだこれは!??

橋をわたる途中にいた、よく分からない妖怪
鬼かなにかかな?

手が長いな!!




、、、さて、そろそろ宿につく
今回の宿は、一味もふた味もちがうよ

一体なにか? それは――!!!!


















(つづきます)
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-07-27 17:51 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

Commented by dogezashiro at 2014-07-28 18:58
オォ!更新された!
いやぁ、高山のどこに泊まったのか、次回も気になるなぁ〜
Commented by dolmens at 2014-07-28 21:30
半年近く北陸の旅シリーズにかかりっきりなので、
いいかげん書き進めるぜ!
ありがと鵜!!

次回のぶんは、じつはすでに書き終わっているのだ
泊まった宿のことも書いたが、もしかしたらチミの参考に少しは役立つかもしれない

<< 真夏の北陸ローカル線8(ひだ高... 真夏の北陸ローカル線6(新穂高... >>