真夏の北陸ローカル線6(新穂高ロープウェイ)

 
1:名門大洋フェリー2:ニュートラム/関西本線 、 3:関西本線
  4:高山本線 、 5:高山本線(奥穂高) の続き◆


am7:30


b0005281_19103687.jpg

濃飛バス「平湯温泉」バスターミナルに、戻ってきました
標高がたかく、夏の空気がとても澄んでいます

今日一日、移動手段はバスです
am7:40 さっそく乗り込んで、いざしゅっぱつ!
プシューーー ブロロロ










b0005281_19105415.jpg

ブロロローー

北アルプスの、壁のようにそびえ立つ山々を車窓に眺めながら、バスは走ります
夏の高原、空が青くて気持ちいいな












b0005281_19112912.jpg

am8:15 つきました

新穂高ロープウェイ!(しんほたかロープウェイ)
これから展望台へと登っていく、乗降口です

いざ乗らん!










b0005281_19115445.jpg

待合室で待っていると、
おおーーゴンドラきたきた!!
しかも、ほぼ真上から

乗り込みます
しゅっぱーーつ











b0005281_19121341.jpg

グーーンと高度をあげていくゴンドラ

つかの間の空中散歩を、たんのうします















b0005281_19122710.jpg

いったん中継地点でゴンドラを降りて、
ここ「しらかば平駅」から、次の第2ロープウェイに乗ります

それにしても、なんたる人の多さか!












b0005281_19123916.jpg

行列で20分も待っていると、
おーー巨大なゴンドラが来ました!

「日本唯一の2階建てゴンドラで
 標高2200メートルの雲上へ――」

のキャッチフレーズに、胸が高鳴ります

さっそく乗り込みます












b0005281_19125176.jpg

さらにグングン高度を上げていくゴンドラ

北アルプスのパノラマが、眼下にパアーーーンと広がります










 ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~ 






b0005281_1913432.jpg

10:00、展望台にとうちゃく!!
広いぞ!!
風が涼しくて、気持ちいいな

雲が、眼下から目の前に広がっている
感激だな









b0005281_19131964.jpg

標高2156メートルから眺める、穂高の山々
空気が凛としている

夏の深い青空と緑のコントラストが、とてもよいなあ











b0005281_19204518.jpg

こんな高いとこまで登ってきたのは、初めてだ

しかし、夏とはいえ、
高度があって、肌ざむくなってきた
長そで着よう











b0005281_1913325.jpg

ところで、展望台には、ポストもあります

通年で集配可能なポストとしては、
日本でもっとも高いところにあるそうです



さて、いつまでも絶景のなかに身を浸しておきたいところだが、
そろそろ戻ります









 ~  ~  ~  ~  ~  ~ 







b0005281_19134465.jpg

下りのロープウェイ、窓から穂高岳の山々を眺める

どこまでも広がっていくような眺望だ
ひろいなあ












b0005281_1914256.jpg

行き違いのロープウェイが、
ほぼ真下から上ってきた

あらてめて考えてみると、
とんでもない高さのロープを、行き来しているなあ
このゴンドラ










b0005281_19144111.jpg

だいぶ下ってきました

片道すべて通して、
30分ほどの空中散歩です――















b0005281_19145311.jpg

第1ロープウェイに乗り換え、
最初の、新穂高温泉駅ロープウェイのりばが見えてきました

なごりおしいな









 ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~ 







b0005281_2114821.jpg

10:30 さいしょのロープウェイ乗り場にとうちゃく!
おつかれさまでした

はるか上空に北アルプスの尾根が見えるが、
あんなとこまで行ってきたのか


ちなみに、ここの乗り場は、標高1117メートル
ということはだな、じつに「新穂高ロープウェイ」で、
1000メートルも上がって、戻ってきたわけだ

いやあーいい体験した



さて










b0005281_19152134.jpg

バスに乗って、きのうの高山駅まで戻ります

車窓に、太陽の光がまぶしく差し込んでくる
日がずいぶん昇ってきて、夏らしい青空が広がってきだした


さあ! 昼からは、「念願の地」へと向かいます
このときを、楽しみにしていました

今回の北陸旅における、ある意味メーンイベントだと言えます



一体どこに行くのか?
それは――――!!!













(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-05-21 21:21 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 真夏の北陸ローカル線7(白川郷) 真夏の北陸ローカル線5(高山本線) >>