真夏の北陸ローカル線4(高山本線)

 
前回前々回前々々回 の続き◆


b0005281_19391130.jpg
12:00 
先ほどの名古屋駅から、30分ほど列車に揺られて北上し
次なる駅へと着きました

ここは、、、








b0005281_19392321.jpg
岐阜駅!

降りるのは初めてです
ムーンライトながらで通り過ぎたことはあるが、
外の様子を知らないので、ホームから出てみました









b0005281_19393170.jpg
駅前ひろばには、金ピカの織田信長像
さすが、尾張名古屋の文化圏
ド派手だね

少年少女たちの心を、わしづかみにしています


ところで、腹へったな










b0005281_19394075.jpg
駅ナカの定食屋さんで、昼ごはんタイム

昨晩と今朝は、フェリーの中でカンタンな物しか食べてないので、
ここらでひとつ、ガッツリいただきます
海鮮定食です

奥にあるのは味噌カツ
芳醇なソースの匂い
もぐもぐ、、、




――うまい!! さすがは本場!
ジューシーでボリューミーで、感涙の味だ










b0005281_1940541.jpg
13:10 ふたたびホーム
次なる列車が、やってきました

さあ! 
これより、高山本線 に挑みます
(※正確には、さっきの名古屋駅からが高山本線の始まり)

念願も念願、どうしても乗りたかった路線です!
初の高山本線、緊張するが、
いざ乗り込んで、さあしゅっぱつ!
ガタン!








 ~ ~ ~ ~ ~ ~








b0005281_19401418.jpg
ガタン ガタン

小一時間もすると、沿線に飛騨川が見えてきました











b0005281_1940232.jpg
ガタタタン ガタン
だんだん山深くなってきました
よい感じだなあ

川と山とが織りなすこの景色、
われらが肥薩線の川線に似たものを感じます










b0005281_19403238.jpg
さらに高山本線を走ると、川が、急流の様相を呈してきました
ううむ、これが飛騨高山の風情というわけか!

このへんになると、肥薩線川線よりもだいぶ急峻です
ガタン ガタタタン――












 ============

15:15


b0005281_19404285.jpg
どうやらここで、一時停車するもよう
ここは、、、









b0005281_19405146.jpg
下呂駅です
言わずと知れた、名湯の里

まだ夏で汗ばむ気候だとは言え、
温泉に入ったら、サパーリするだろうな
ちょと入りたいが、、、

お!









b0005281_1941031.jpg
良いものがあった!
温泉が出てるじゃないか!
しかも、タダ!

まあ、手しか入れん

チャポンと手をつけてみると、、、
おおーー列車の冷房で冷えきったこの身体に、心地よき温かさ!
いやされるなあ


どっかの湯で全身も入りたいものですが、そろそろ出発時刻です
うしろ髪を引かれつつもホームに戻り、
ふたたびび列車に乗り込みます








 ~ ~ ~ ~ ~ ~






b0005281_1941968.jpg
ガタンガタン

飛騨の夏、山のなか、
田園風景をながめながら列車は走ります












b0005281_19412018.jpg
ゴォォオオオーーと川を渡ります

雲ゆきはあやしいが、日はジリジリと照りつけます










 ~ ~ ~ ~ ~ ~




15:40 ふたたび一時停車



b0005281_19413052.jpg
飛騨萩原駅
両脇の木がみずみずしくて、夏にうってつけの駅だ

ミーーーンミンミンミーーと、セミの声も活気に満ちてます


数分して、ふたたびしゅっぱつ!
先を目指します











b0005281_19414323.jpg
ガタンゴトン
列車は川をゴォオオオオーーと渡ります

山の景色とあいまって、よいものだなあ
高山本線!










b0005281_19415266.jpg
ガタンガタン
列車はスピードを上げて走ります

しばらく、川に沿って走ります











b0005281_1942181.jpg
ガタタタン ガタン
レールが描く、大きなカーブの向こうに、
町が見えてきた


そろそろ夕方、次なる目的地が近づいてきたようです
いよいよ来ました
念願の地! それは――――!!















(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2014-02-05 20:15 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 芝居に出ます ’14.2.11... 真夏の北陸ローカル線3(関西本線) >>