いとしの最南端鉄道 6(くま川鉄道、ブルートレインたらぎ)

 
1:肥薩おれんじ鉄道2:指宿枕崎線/山川駅、指宿駅
  3:指宿枕崎線/西大山駅、枕崎駅4:日豊本線/鹿児島中央駅~都城駅
  5:吉都線、肥薩線 の続き◆



b0005281_19361284.jpg

JR人吉駅に隣接する、
くま川鉄道のゲストハウス「くまたび」
きっぷやグッズなど販売しています

その先に、くま川鉄道の乗り場へと至る階段








b0005281_19362155.jpg

そう! これから、くま川鉄道に挑みます!
今回が、初・乗車です

ここ、人吉温泉駅から颯爽と列車へ乗り込み、
17:27 いざしゅっぱつします!!
ガタン!








 ~ ~ ~






b0005281_1936363.jpg

ガタタタン ガタン

やや夕暮れてきた空の下、
畑を車窓に眺めながら、列車は走っていきます












b0005281_19364750.jpg

ゴォォオオーーと、川を渡ります














 ============


b0005281_1937081.jpg

17:50 早くも目的地にとうちゃく!

途中下車します
ここは、、、










b0005281_19453270.jpg

おかどめ幸福駅!!
これは、なんと縁起がよい駅名か!

駅舎の造りも、しめ縄といいガランガランといい、まるで神社そのもの


駅の向こうには、山と田んぼが広がっています
のどかだ












b0005281_19474838.jpg

おかどめ幸福駅を、遠くから見てみます
雰囲気よいなあ

駅前には、「キューピットが幸福を届けます☆」というポストが


さて、ここから隣駅まで歩いてみます










b0005281_1948247.jpg

線路沿いに、のどかな風景の中をてくてく

夕暮れて、しずかだ
空気がうまいなあ


30分ほどかけて、ノンビリ歩きます









 ~ ~ ~







b0005281_1948987.jpg

しだいに町らしくなってきたかと思うと、
目の前にデーンとあらわれた、あさぎり駅!!
着いたー!

これは立派な駅舎だなあ!
展望デッキがあるみたいなので、上ってみよう










b0005281_19482031.jpg

デッキから

おおーーなかなかの町並み!
遠くに山も見えて、よい具合だね

展望デッキを降りて、
駅の隣にあるスーパーで、2L水ボトルと食料を調達











b0005281_19482952.jpg

駅ホーム

む 何やら様子が、、、











b0005281_19483851.jpg

おおーーーー!!!
タブレット交換!!

これは、貴重な瞬間に立ち会えた!!
ちなみに、「タブレット交換」とはなにか、簡単に説明しますと、

・線路が単線の場合、「上り列車」と「下り列車」がすれちがう区間では、
 特定の通行票(タブレット)を持っている列車しか、その区間を走れない取り決めになってます
・そのため、別の区間に列車が入るときには、車掌さんや駅員さんが、
 そこを走ってきた列車と、タブレットを交換します
・なんのために、こういうことをするのかと言うと、
 単線の区間内で、列車同士がぶつかる事故を防ぐ、安全措置のためです



興奮に沸き立ちつつも、列車には乗らなければならない
19:04 乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
ガタン









 ~ ~ ~







b0005281_19485157.jpg

まっすぐに伸びたレールの上を、ガタンゴトン列車は走ります











b0005281_19485967.jpg

もう夕暮れだなあ

ガタン ガタン――














 ============


b0005281_1949822.jpg

19:10
本日、最後の駅にとうちゃくしました

ここは、、、!










b0005281_19491733.jpg

多良木駅(たらぎえき)!!
雲形の屋根がメルヘンチックな、不思議な雰囲気の駅舎だ

今日もずいぶん列車に乗ったなあ
さて、今宵の宿は、、、











b0005281_19492667.jpg

!? 駅のまん前に、ブ、ブルートレインが!!!

そう!! 今宵はココに泊まります
その名も、ブルートレインたらぎ!!











b0005281_19493632.jpg

ここは、かつての寝台特急「はやぶさ」の車両を使った、
簡易宿泊施設だということです
車体は、とてもキレイに手入れされています

さっそくオジャマします










b0005281_19494550.jpg

3車両中、真ん中にある公共スペース
ここに、受付や売店なども備えられています

オーナーの人と「どちらから」「博多から」「それはそれは」などの話をしつつ、
テーブルを借りて、さきほど調達したごはんを食べる


さすがに車両は、ある程度の改装はされていますが、
極力、雰囲気は残そうという努力が、いたるところで感じられます










b0005281_19495468.jpg

寝台車両を見学

おおーー! 開放B寝台!!!
なつかしい、、、!










b0005281_1950436.jpg

思えば寝台特急はやぶさ、
2009年1月、土下座くんと乗ったなあ
開放下段、あのときと同じだ

今でも覚えている
レールのきしむ音、目覚めて車窓から眺めた朝日、車内販売のコーヒーの匂い、、、

もちろん過去の話だ
もう、寝台特急はやぶさは走らない


なんだか寂しくなってきちゃったな













b0005281_19501239.jpg

交差点の斜め向かい、多良木町ふれあい交流センター「えびすの湯」

ブルートレインたらぎで、温泉入館サービス券をもらえるので、
ここで汗を流します

ふー












b0005281_19502360.jpg

サッパリとしたところで、ふたたびブルートレインたらぎ

今回、ソロ寝台に泊まります
これは下段だが、実際に泊まるのは上の段



荷物を整理して着替えるやいなや、
旅の疲れか、早々にまぶたが重くなってきた

かつてのブルートレインへ思いを馳せながら、オヤスイミン
このブルトレはもちろん走らないけれど、はやぶさ号がガタンゴトン走る夢は見られるかな?


ガタタタン ガタン――










(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-30 08:02 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

Commented by dogezashiro at 2013-04-04 00:09
いやぁ、懐かしい!あの日の事が走馬灯のようによみがえってきますわい!この季節は切なくなりますなぁ
Commented by dolmens at 2013-04-05 17:42
寝台特急はやぶさ旅、あれは本当に最高だったよねー
時間がゆっくりと流れててね

もう一度、ぜひとも、はやぶさで列車旅をしたいんだが
もう走らないのかね
時代の流れってのは、ざんこくだよなあ
 

<< いとしの最南端鉄道 7(くま川... いとしの最南端鉄道 5(吉都線... >>