いとしの最南端鉄道 5(吉都線、肥薩線)

 
1:肥薩おれんじ鉄道2:指宿枕崎線/山川駅、指宿駅
  3:指宿枕崎線/西大山駅、枕崎駅4:日豊本線/鹿児島中央駅~都城駅 の続き◆



b0005281_20325924.jpg

みやざきチキン南蛮カレーを堪能し、ふたたび都城駅ホーム
これより、超・重要区間に臨みます
どこなのか?

こたえよう――それは、吉都線(きっとせん)です
ここ都城駅と、鹿児島北部の吉松駅とを結ぶローカル路線であり、
そして、九州におけるJR路線中、イマハシの「最後の未乗区間」である!

ついに、、、ここまでやって来れた、、、
はやる気持ちを抑えつつも、列車に乗り込んだ!
12:06、いざしゅっぱつ!! ガタン!












b0005281_20331269.jpg

山と田んぼとが織り成す景色の中を、ガタンゴトン走っていきます













b0005281_20332995.jpg

小一時間ほどで、うっすらと霧島連山が見えてきました
ガタゴトン












b0005281_20334187.jpg

しばらくの間、列車は初夏の風景の中を走ります

のどかだなあ













b0005281_20335232.jpg

霧島連山をバックに、農風景がずっと続きます

ガタゴト――
















 ============

13:35

b0005281_2034297.jpg

ぼーーっと車窓の景色を眺めていたら、
あっという間に目的地へ着きました

ここは、、、









b0005281_20341138.jpg

吉松駅!!
吉都線の終点です

と同時に、吉都線・完乗!!!
これで、九州のJR路線をすべて乗りつぶすことができた
感無量、、、












b0005281_20341811.jpg

吉松駅の待合室

たたみ四畳半に、ちゃぶ台と座いす
なんだか所帯じみてるな

九州のJR全路線を完乗した喜びを噛みしめつつも、
現実問題、次の列車まで、2時間ちかくも待ち時間がある
しばしノンビリします











b0005281_20342545.jpg

駅のすぐそばにある広場
C55の静態保存が安置されています

駅や、外をブラブラしてたら、
なんやかんやで時間が経つのはあっという間
ホームに戻ってみよう











b0005281_20343478.jpg

おおーー特急「はやとの風」だ

ありゃ? 観光列車「指宿のたまて箱」とも書いてあるな?
どっちなんだ

この列車、あしゅら男爵みたいな外見してるから、
ますます分かりにくいな


もっとも、どちらにしてもこの列車には乗らない











b0005281_20344497.jpg

イマハシがこれから乗り込むのは、
もはやおなじみ「いさぶろう・しんぺい号」です

これより北上、肥薩線に臨みます!!
15:16 しゅっぱつ!
ガタン









 ~ ~ ~







b0005281_2034532.jpg

ガタタタン ガタン
いやーー相変わらず山深いとこ走るなあー

この「しんぺい号」も、肥薩線も、もう数回ほど乗っているので、
新鮮な感動はないにしても、そのぶん落ち着いて景色を楽しめるので、
よいです












b0005281_20351526.jpg

霧島連山を望む、絶景車窓
あいにくの曇りだけど

手前に見える、砂防堰堤が気になるな









b0005281_20352755.jpg

おおーー見事な透過型ダムだ

砂防堰堤ってのは、土砂災害などを軽減するためのバリアみたいなものなんだけど、
列車はそれよりも上を走っている、という事実が、
よくよく考えると恐ろしい

肥薩線が走るエリアが、いかに急峻な地形であるかを物語っています















b0005281_20353795.jpg

とちゅうの矢岳駅(やたけえき)

しんぺい号は観光列車であり、
見どころ駅では一定時間ほど停車してくれるので、ありがたいです













b0005281_20355161.jpg

ガタン ガタン

肥薩線名物、大畑ループ(おこばるーぷ)とスイッチバックを経て、
列車は、山をスイスイ降りて行きます――














 ============

16:35

b0005281_2036953.jpg

しんぺい号の終着駅、人吉駅にとうちゃく!!
おつかれさまでした

今朝は、鹿児島の南端部、枕崎にいたというのに、
今や熊本なんだなあ


ここで一時間ほど、ふたたび待ちます









b0005281_20362110.jpg

さすが人吉は、城下町の風情を色濃く残す町らしく、
駅舎がまるで、城そのものです

もうすぐ5時になるなあ――
ん?










b0005281_20363523.jpg

チャララララーーン
ハッッハッハッハー

おおーーー! 城から何か出てきた!!?
この城オブジェ、どうやらカラクリ時計のようです










b0005281_20364752.jpg

ストーリー展開を追ってみると、どうやら、
「殿様が家来たちの目をかいくぐって、
 きれいな町娘さんのところにソロリ忍びにいく」

という趣旨だった


うーーーむ

からくり時計の精緻さと、ストーリーの脱力具合との対比に混乱しつつ、
もうそろそろ、次なる列車に挑む時間がやってきた



さあ、お次はどこか?
どこなのか!!?











(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2013-03-28 18:32 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(2)  

Commented by 咲о at 2013-04-03 06:07 x
わぁо

景色がぉぃら好みですо

緑は安らぎます‥‥о

畳の待ち合い室とか素敵!!!!

いつかイマハシさんと囲炉裏を囲んで梅酒をお供に語りたいもんですо
(いつの時代だ)
Commented by dolmens at 2013-04-03 19:00
ありがとーー!
山の景色って、良いよねー◎

列車から眺める緑って、ほんとに安らぐんよ
ローカル線なので、車窓も開けて、風にそよがれながら、
ガタンガタンと揺られるのって、極上そのものですよ


こちらこそ、囲炉裏を囲み、温かい梅酒を飲みつつ語りたいですよ
しぶい感じでね
 

<< いとしの最南端鉄道 6(くま川... いとしの最南端鉄道 4(日豊本... >>