ドボクって (古賀ダム)

 
「最近ジワジワと盛り上がりつつある、趣味のジャンル」

なんだかわかりますか?


「ドボク」ですってよ
土木じゃなくって、ドボクと書くのがポイントらしい

具体的に言えば、ダム、水門、橋りょう、などなどであり、
定義は、いわゆる「土木建造物」もしくは「それに類する対象物」

嗜好者の呼び方は、ドボク好き・ドボクファンなど
(鉄道ファンでいう「テツ」「鉄ちゃん」「鉄子」等に相当)


ドボクのジャンルの中で言えば、「ダム」はメジャーですね
ダムカードなる、ファン向けの収集グッズも発行されているようだし、
すべてのダムを制覇してやるぜ!と意気込んで見物する人もいれば、
ダムの周りを散歩してノンビリするのが好きな人もいれば、
写真を撮りまくる、という人、
構造や強度などのスペックに思いを馳せる人、など、
これまた受け皿も広く、興味深いものではあります


というわけで、、、








 ============

◆2011年 4月下旬のある日◆


b0005281_1734143.jpg

すっかり春めいてポカポカしてきた今日この頃
古賀ダム(福岡)までやってきました
百聞は一見にしかず、イマハシは行動主義者である

あたりの様子をうかがうと、
ダム好き・ドボク好きと思しき方が1~2名ほど











b0005281_17342028.jpg

貯水池

水面がキラキラしています











b0005281_17342734.jpg

天端(てんば:ダムの最頂部)

車が行き交えるほどの幅があります










b0005281_17343363.jpg

天端から、下流側の直下を望む

採石工場と思しき施設が広がっています











b0005281_17344115.jpg

貯水池の横には、小道があります












b0005281_17344739.jpg

小道を進み、サイドから貯水池の様子を垣間見る

向こう側には、山が広がっています











b0005281_17345313.jpg

青空が爽やかだなあー


それにしても、
まともなダム見物は、初めてかもしれない
勝手が分からないまま、こうして現地までやってきましたが、
とにかく静かで落ち着いています

2回、3回と巡っていくほどに、だんだんと「ダム」の良さ、見どころが分かっていくのだろう
別にダムマニアになろうってわけではないが、1回だけではもったいない
また来よう!


今日はそんなことを思いながら、古賀ダムを後にするのでした










 ============

ps.

ついでに、近くの古賀リフレッシュパークを散歩



b0005281_173524.jpg

「ドボク」の1ジャンルである、「鉄塔」


「鉄塔」は、いくらなんでも 趣味の極北 すぎるのでは、、、と思っていたんですよ
しかし、こうやって つい鉄塔に目が行ってる自分に、フト気づいた

とうとう、イマハシも極北なのか、、、!? おそろしい、、、


でも、
鉄塔って言っても、どこを見るかっつったら、わかんないねえ?
トラス構造?
6600ボルトの高圧が流れる電線?
ねん架? がいし? アークホーン?


――ハっいかん!!
けっこう用語が口をついて出てきてしまっているぞ!
ウワーーーなんてこった! 逃げろーー!! ダダダーーー









(了)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-12-23 09:10 | ◇自然科学と僕ラ | Comments(0)  

<< ライブします★ 2012.12... 南国の列車 完結編 (下ノ江駅... >>