南国の列車 完結編 (下ノ江駅、宇佐駅)

 
1:霧島2:鹿児島本線/宮崎県庁3:日南線
 4:日南線つづき/宮崎空港線5:青島6:鵜戸神宮7:油津
 8:日豊本線9:宗太郎駅10:延岡/佐伯駅 の続き◆

13:10

b0005281_2313574.jpg

佐伯駅(大分県)ホーム

長きに渡った南国の列車旅も、いよいよクライマックスを迎えようとしています

泣いても笑っても最後、有終の美を飾りたい
やってきた折り返し列車に飛び乗り、いざしゅっぱつします! ガタン






 ~





b0005281_2315043.jpg

佐伯湾~津久見湾を右手に、列車はグングン走っていきます












b0005281_2315865.jpg

内陸に入り、採石工場のバイプラインの下を、
ガタゴトンくぐりぬけていきます












b0005281_232727.jpg

臼杵湾の造船工場のへりを、ガタンゴトン――












 ============

13:50


b0005281_2321651.jpg

どうやら目的地へ、とうちゃくしたもよう
ここで、いったん下車

ここは、、、










b0005281_2322936.jpg

下ノ江駅(したのええき)!!

木造で、懐かしさ度バツグン、いい雰囲気の駅舎です
駅の開業は、大正であるとのこと

しばらく時間があるので、ぶらぶらします










b0005281_2323810.jpg

ガランとしている無人駅ですが、
とてもきれいに手入れされています











b0005281_2324895.jpg

ホーム側から見た駅舎
まわりは、けっこう山です










b0005281_2325995.jpg

ホーム内の陸橋から

いやー静かだなあ
四月の風も穏やかで、落ち着きます


駅の周辺も見てみよう











b0005281_233966.jpg

駅を出て、すぐ左手にあった下ノ江鳥越稲荷

かつて大正の初め、鉄道敷設の折、
このあたりの山狐とすったもんだがあり、
災厄を鎮めるために奉祀されたものなのだそうです










b0005281_2332010.jpg

駅から少し歩くと、菜の花が咲く小道が

小さな蝶々も飛んでおり、春のうららかさを感じさせてくれます










b0005281_2333082.jpg

ふたたび、下ノ江駅に戻ってきました

すこし曇りがちだけど、暖かいです











b0005281_2333867.jpg

もう少しこの駅でたたずんでいたかったが、
しゅっぱつの時間です
列車がやってきました

14:20、乗り込んで、これから帰途へつきます
北上! ガタン!










 ~ ~ ~










b0005281_2334745.jpg

ガタンガタン

佐賀関を過ぎて、大分工場地帯へと入ってきました











b0005281_2335588.jpg

15時を過ぎて、別府を通過ちゅう

別府タワーが見えます












b0005281_234560.jpg

別府湾が見えてきました
いつも思うんだが、道路と電線が何とかならないものか

カタタタン カタン












b0005281_2342721.jpg

国東半島へ入りました
16時をまわりました

すっかり山の景色になってきたよ
ガタン ガタン――













 ============

16:10


b0005281_2344083.jpg

ここで下車します
おつかれさまでした

これまたあたりが山深い、この駅は、、、











b0005281_234508.jpg

宇佐駅!!
USA駅だ!!
宇佐神宮への玄関駅でもあります










b0005281_23512.jpg

しめ縄も掛けられていて、
駅というより、もうほとんど神社











b0005281_2351212.jpg

駅舎の中は、じつにくつろげそうな雰囲気










b0005281_2353762.jpg

駅構内にあった、宇佐駅の特製看板
巫女さんが「安全運転しなさいよねっ」と言っている
オオオ心に留め置きます










b0005281_2355166.jpg

んなこと言ってたら、列車きました

16:50、しゅっぱつ!
ゴトン











 ~ ~ ~









b0005281_236751.jpg

カタタタン カタン

なんか、えっらい雨ふってきたな!











b0005281_2362468.jpg

17:16 中津駅ホームとうちゃく
2分で乗りかえ、ホーム対面の乗り継ぎ列車にて、さらに北上
ガタ












b0005281_2363518.jpg

だんだんと夕暮れてきました
周防灘を眺めつつ、カタンカタン

雨足は弱まってきました
そろそろ行橋(福岡)のあたりかな















b0005281_2364524.jpg

18時半、小倉を過ぎて、すでに八幡スペースワールドのあたり
すっかり北九州だ
あわい夕暮れ色の空が、きれいだな

カタンカタン――と、レールの音に耳を傾けつつ、
そっと目を閉じれば、今回の「南国の列車旅」のあらゆる景色が浮かんでくる


鬼の洗濯岩と呼ばれる"奇岩"に囲まれた島、熱帯樹の中に鎮座する青島神社
波しぶきが寄せてはかえす断崖絶壁、洞窟の中にたたずむ鵜戸神宮
青い海と神話の里の中をひた走る、日南線(鉄道)
そして、難易度Sクラスの秘境駅、宗太郎駅にも降り立つことができた

さすが海幸山幸の地だけあって、豊作の旅でありました


もうすぐこの旅は終わってしまいますが、しかしこれだけは言っておこう
まだまだ旅は、つづきます


太陽の国、宮崎!
また来る日まで、いざさらば









(完)






 ============

ps.


b0005281_237259.jpg

最終日、観光途中の延岡市役所のギャラリーにあった、
三十三代 木村庄之助の力強い書、「決断一瞬」
勝負をさばく者としての気迫が、熱意が伝わってきます

決断一瞬!
考えさせられる言葉だ 人生いたる場面において即決は重要な要素です
さらに、鉄道においても、
ダイヤが乱れたときの乗り継ぎなどで、即判断が求められる状況は多々あります

鉄道すなわち「鉄の道」でもあります (茶道、書道などのように)
心に響く言葉だったので、ここに書きおくことにします





「南国の列車 序」へジャンプ
 
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-12-21 22:42 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< ドボクって (古賀ダム) 南国の列車 10 (延岡) >>