南国の列車 9 (宗太郎駅)

 
1:霧島2:鹿児島本線/宮崎県庁3:日南線
 4:日南線つづき/宮崎空港線5:青島6:鵜戸神宮7:油津
 8:日豊本線 の続き◆

17:20 どうやら目的地に着いたもよう

ついに来てしまった
念願の地 に、、、



b0005281_17311540.jpg

宗太郎駅!!
いわずもがな、難易度ウルトラCの駅
感無量だ、、、
まさか本当に来れるとは

それにしても山深い
ここは、大分と宮崎の県境に位置します










b0005281_1731268.jpg

ホームには、ふつうに妖怪がいます












b0005281_17341537.jpg

宗太郎駅の全景
陸橋の上から

左の空き地部分には、おそらくかつて駅舎があったのであろう











b0005281_17342160.jpg

今は建物の跡形もなく、
錆びた運賃箱があるのみ

、、、よく見たら、箱の上に何か乗ってるな

「切符を拝見します」













b0005281_17342836.jpg

ここにも妖怪が

「九州満喫きっぷ」をお見せする










b0005281_17343416.jpg

それにつけても、つくづく恐ろしいダイヤだ

片道「1日わずか3本」もさることながら、
朝の列車のりすごしたら、夕方まで列車が来ないというシビアさ












b0005281_17344286.jpg

駅構内にあった、水汲み場
かつては名水が汲めたらしいが、、、

しかし止栓されており、水は出ないようになっています















b0005281_17345057.jpg

ちょっくら、駅の周りも散策してこよう

駅前の道沿いには、何件かの家があります
道を下っていくと、、、











b0005281_17345649.jpg

大きな道路に出ました

人も車も、ぜんぜん来ないな












b0005281_1735385.jpg

橋の上から

橋には「鎧川」と書かれています
川はきれいです


これ以上歩いても何もなさそうなので、
宗太郎駅に戻ります












b0005281_17351145.jpg

さっきと反対側のホーム
石碑があるなあ

石段と手すりらしきものが、あるにはあるが、
草が伸び放題に伸びていて、覆われつくされている

がんばって登ってみよう











b0005281_17352036.jpg

草をかきわけ、石碑に着くのも一苦労
フウフウ

なにやら、初代駅長の功績をたたえた石碑であるようです













b0005281_1735298.jpg

ふたたびホームへ
ちっちゃな池がある

宗太郎駅、、、
こんなに、うら寂しい駅は初めてだ
この活気のなさは、もはや特筆に価する












b0005281_17353894.jpg

待合ベンチにも、たくさんの妖怪が












b0005281_17354633.jpg

そうこうしてるうちに、列車きました
これに乗って、もときた線路を戻ります

18:09 しゅっぱつ!!
プシューーガタン











 ~ ~ ~








b0005281_1735556.jpg

ガタン ガタン

列車は山の中を、グングン走っていきます











b0005281_1736433.jpg

ガタタタン ガタン――













 ~ ~ ~








b0005281_17361687.jpg

18:40 とうちゃく
日が暮れてきたので、本日はここで下車
おつかれさまでした












b0005281_17362661.jpg

改札へ向かうため、ホーム階段を上がります

かわいらしい絵だなあ
お か え り な さ、、、












b0005281_17363878.jpg

い 、、、!?

「千人殺しの石垣」!!?
なななななんだ!?

ここは、、、











b0005281_17364864.jpg

延岡駅!!
宮崎県北部の中心地だ

本日は、ここで投宿



 ~


ビジネスホテルへ荷物を置き、ごはんを食べに外へ出ます
延岡といえば、あれですよ








b0005281_17365617.jpg

この地で有名なお店、「直ちゃん」











b0005281_1737679.jpg

チキン南蛮!!

延岡流の、タルタルソースを使わない、甘酢のみタイプ
腹減った! さっそくいただきます
モグ、、、


、、、、、、


店員さん 「お客さん、どうかしたんですか」

イマハシ 「ドントストップミーナウ」

店員さん 「はい?」


ハッ
あまりの旨さに、時が止まってしまった

シンプルだけども、芳醇な味わい
甘酢がいい仕事してるなー
こりゃ本当にうまい



舌鼓を打ちつつ、さらに更けゆく延岡の夜
明日は旅の最終日だ
有終の美を飾ります

明日は帰るだけ、、、ということは無論ない
なんせ、あそこに行くのだからね

一体どこか!? それは――










(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-12-17 18:55 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 南国の列車 10 (延岡) 南国の列車 8 (日豊本線) >>