南国の列車 8 (日豊本線)

 
1:霧島2:鹿児島本線/宮崎県庁3:日南線
 4:日南線つづき/宮崎空港線5:青島6:鵜戸神宮7:油津 の続き◆

14:20


b0005281_212576.jpg

南宮崎駅ホーム

真っ赤な列車、これぞ太陽の国の列車にふさわしい
これに乗って、1駅だけ南へ戻ります

しゅっぱつ! プシューーーガタン











b0005281_2133516.jpg

まるで、特急クラス の豪華なシート
快適だな












b0005281_2134634.jpg

が、もう着いた
14:30 戻ってきました、、、












b0005281_2135690.jpg

田吉駅!!
ううむ、ちっちゃい!!

ここには昨日も来たんですが、
昨日はあまり見れなかったからね












b0005281_214326.jpg

相変わらずの、狭いホーム、、、とか思っていたら、
お 列車きました!

ふたたび情熱の赤い列車に、今度はたっぷり乗ります
これから一気に、北上 します!!

さらば日南線、、、と田吉駅に言い残し、
14:40 いざしゅっぱつ!!!
ガタン











 ============


b0005281_2141341.jpg

ガタンゴトトン
列車は宮崎駅を北上、日豊本線を走っていきます
時刻は15時をまわっています

日向灘の青い水平線が、壮大でキレイです












b0005281_2142466.jpg

日向灘から少しはなれ、内陸をガタンゴトン
この列車、けっこう速いなー

などと思っていると、、、

!?












b0005281_2143223.jpg

これは、、、なんだ!?











b0005281_2143949.jpg

日豊本線のレールにそって、ずーーっと続いているこの高架橋は、一体なにか!?

もしや、ここ宮崎に、新幹線が開通 するとでもいうのか?
いや、そんなはずはない
(失礼だな)













b0005281_215324.jpg

それにしても、えっらい長いぞ
水田の景色とミスマッチだ
なんだこれ












b0005281_2151091.jpg

よく見ると、なんだか 乗り場の階段 のようなものが

手持ちの「鉄道地図帳」を広げて調べてみると、
これ、リニアモーターカー宮崎実験線 の高架橋なんだそう












b0005281_2153322.jpg

今では、すでに役目を終えているものではありますが、
かつてここを、高速車両がビュンビュン走ってたかと思うと、
感慨深いものがあります

これも、鉄道遺産のひとつだなあ
ガタンゴトン
















 ============

16:18


b0005281_2154325.jpg

どうやら、次なる駅へと着いたもよう
おつかれさまでした

雨降ってきたなあ
ここは、、、










b0005281_2155224.jpg

南延岡駅!!
宮崎県の北のほうです
だいぶ移動したなあ

しばし構内をブラブラしたのち、ふたたびホームへ











b0005281_2164100.jpg

久大本線でおなじみ200系だ
安心感はあるが、しかし武者震いが止まらない
なぜか、、、?

なにせ、次に挑むのは 難度、超ド級 の区間
各駅停車の列車で挑む場合、列車本数が 1日わずか3本 しかないのです
すなわち、朝7時台と、夕方16時台、夜19時台 の3本

朝の便を逃すと、夕方まで列車がないという、、、

特急だと数駅先まですっ飛ばして行くので、
途中の駅に用がある人は、もう大変なんじゃないか


その貴重な便のひとつ、
16:43南延岡発で、いざしゅっぱつします!!!
乗客はわずか数人ぽっちだが、気にするな!
ガタン!










 ~ ~ ~










b0005281_2161443.jpg

ご当地企業、旭化成の工場に沿って、ガタゴトン











b0005281_2162548.jpg

延岡の町中
川をゴォォオオーと渡ります

列車の本数の割には、景色はまともです












b0005281_216338.jpg

と考えていたら、
雰囲気が急に変わった

ガタゴト










b0005281_2164197.jpg

山と川とが織りなす、のどかな風景の中を、ガタゴトン

雨やんだなー
それにしても、、、













b0005281_2164843.jpg

停車するたびに、一人、また一人と乗客が降りていく

市棚駅
中から眺めるだけ












b0005281_2165629.jpg

とうとう、乗客はイマハシ一人だけになってしまった

ガタタタン ガタン











b0005281_217421.jpg

おまけに、
あたりは、すんごい山ン中になってきた












b0005281_2171337.jpg

とうに17時をまわり、いささか日が陰ってきました
ゴトンゴトン

さあ、目的の駅が近づいてきた
不安感と、、、しかし!強烈な期待感で心臓バクンバクンだ!
これだよな鉄道は!
この高揚感!!!


一体どこに着くのか?
答えよう それはーーー!!











(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-12-15 08:00 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 南国の列車 9 (宗太郎駅) 南国の列車 7 (油津) >>