南国の列車 7 (油津)

 
1:霧島2:鹿児島本線/宮崎県庁3:日南線
 4:日南線つづき/宮崎空港線5:青島6:鵜戸神宮 の続き◆

am11時過ぎ


b0005281_1827433.jpg

宮崎交通「鵜戸神宮参道入口」バス停まで戻ってきました

ここから、さらに南下 します
やってきたバスに乗り込み、しゅっぱつ!!












b0005281_18282566.jpg

車窓に、海と空の青さが迫ってくるようです














b0005281_18283871.jpg

フェニックス・ロードを、ブロローとバスは走っていきます
















 ============

11:40


b0005281_18285123.jpg

油津駅前バスセンターとうちゃく

これにてバス旅はいったん終了
おつかれさまでした










b0005281_1829356.jpg

油津駅(あぶらつえき)!!
背後の山と、ヤシの木と、フェニックスのオブジェが印象的だ

、、、フェニックス、よく見たらカツオ丸飲みしてる

駅には、のちほど世話になりますが、
その前にちょっくら油津の町を観光します












b0005281_18291494.jpg

歩くこと十数分、駅の商店街を通り抜けて、
やって来ました
「四季の味 みどりや」さん

いいかげん腹が減ってきたので、ごはんの時間ということで、
おじゃまします













b0005281_18292486.jpg

づけ丼!
うをを旨そうだ! さっそくいただきます
モグ、、、

「ポロリ」

む、、やばい!! ほっぺたが落ちて、どこか転がっていった!!!
どこだーー!

店員さん「はいどうぞ」
お ありがとうございます
いやー危なかった


改めて言おう! うまい!













b0005281_18293638.jpg

お腹いっぱいになったところで、あたりを散策

堀川運河ぞいに、とことこ歩きます
かつてここは材木の町
良質の杉材である「飫肥杉」を日本各地へ供給するために、
造られたのがこの堀川運河なんだそうです











b0005281_18295810.jpg

堀川橋を渡った真横、川沿いに建つ「堀川資料館」

見学します












b0005281_18303658.jpg

中の階段をあがって二階へ

かつての油津の町並みが、ジオラマで表現されています
この家々、なんと飫肥杉で作られているそう











b0005281_18304827.jpg

かつて油津は、寅さんの映画の舞台にもなったらしく、
関連資料の展示もされています












b0005281_1831293.jpg

窓を開けると、すぐ外には運河がデーンと現れます

風情あるなあ
すこし潮の匂いがする穏やかな風を浴びつつ、しばしのんびり













 ============

12:50


b0005281_18311329.jpg

油津駅まで戻ってきました

さあ、ここから移動手段は、ふたたび 列車 に切り替わります












b0005281_18312524.jpg

もはやおなじみ、日南線の黄色ボディ列車に乗って、
一気に 北上 します

12:52 いざしゅっぱつ!
ガタン













b0005281_18313586.jpg

川に沿って、ガタンゴトン











b0005281_18314630.jpg

水田に映る山が、なんだかよい雰囲気だ

日南線、何度のっても良いものだなあー ほのぼのしてて
ガタタタン ガタン











 ~ ~ ~








b0005281_1831574.jpg

14:10 終点に着きました
あっという間だったな

ここは、、












b0005281_1832810.jpg

南宮崎駅!!
わりかし大きな駅だ

宮崎駅の1つ南の駅です












b0005281_18321922.jpg

駅に併設されている、「お食事処 ライオン」
うーむ 秀逸なネーミングだ

きっとキャッチフレーズは、お食事を「食うか!?食われるか!?」に違いない


なんてことを言っているうちに、お!
そろそろ次の列車がやってくる時間だ
いそげ!

さて次に向かうのは、、、!?













(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-12-12 20:33 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 南国の列車 8 (日豊本線) 南国の列車 6 (鵜戸神宮) >>