南国の列車 6 (鵜戸神宮)

 
◆前回まで (1) (2) (3) (4) (5) の続き◆

am9時


b0005281_16243864.jpg

青島亜熱帯植物園の出口

宮崎交通の「青島」バス停です









b0005281_1624502.jpg

お 宮崎交通バスが来ました

これから、移動手段を 列車 から バス へと切り替えます
理由は、「バスでなければ行けない場所」へと向かうため
南下 します

さっそうと乗り込んで、
9:15 しゅっぱつ!






 ~






b0005281_1625140.jpg

ブロロー
10分もしないうちに、海が見えてきました












b0005281_16251295.jpg

けっこう海スレスレを、バスは走ります

太陽の光がまぶしいな












b0005281_16252796.jpg

海の色がきれいだなー

まったく日本離れした景色
南国だねえ


、、、と思っていたら

「おおい おおい」














b0005281_16254099.jpg

、、、、、、

ここ本当に、南国だったのか、、、
てか、何国?
なんでしょう、あれは












b0005281_16254922.jpg

モアイ像がそびえたつサンメッセ日南を通り過ぎて、
山の中をグングン進みます――















 ============

am10時


b0005281_1626335.jpg

「鵜戸神宮参道入口」バス停へ、とうちゃく
ここで下車

のんびりバスの旅も、なかなか良いよいものでした
さて










b0005281_16261587.jpg

眼下に、入江と港を眺めながら、
しばし歩きます















b0005281_16262575.jpg

で、10分ほど歩いて、やって来ました
鵜戸神宮!!

列車→バス→徒歩と乗り継いだが、
これからさらに、山の中へと突入します!













b0005281_16263651.jpg

苔むす石段、いわゆる「八丁坂」を登っていきます!












b0005281_16264765.jpg

フウフウ













b0005281_1626579.jpg

頂上から、一転して下り石段になりました

とおくに海が見える
さわやかだ!

わが身は、けっこう汗だくだ、、、












b0005281_16271038.jpg

そうこう言いながら歩いていくうちに、
神門へとたどり着きました

赤と、空の青とが、鮮やかで目にまぶしいな

参内します











b0005281_16272163.jpg

すぐ右手は、海です

ザザーンと、けっこう波しぶきが激しい












b0005281_16273036.jpg

本殿へ着きました

これは、すごい!
鵜戸神宮は、もちろん初めて訪れたのですが、
ここまで断崖絶壁なところにあるとは、、、!











b0005281_16274336.jpg

お宮は、岩の洞窟内にあります

旅の無事を祈願














b0005281_1628021.jpg

それにしても、凄い場所だ


いやあ、これて良かった

南国の強烈な日差しの下、
朱塗りの神殿と、紺碧の海と、寄せては返す白波とが織りなすコントラストのうつくしさに、
思わず時間の経つのを忘れてしまいます


さて、つぎは、、、









(つづきます)
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-12-10 19:12 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 南国の列車 7 (油津) 南国の列車 5 (青島) >>