久留米ブラブラ

 
◆2012年 2月下旬のある日◆

am9:00 モハようございます


b0005281_19171761.jpg

ここは、新生 久留米駅 です
早春の、JRウォーキング(JR主催の自由参加型ウォーキング)へやって来ました
いつもの通り、駅でウォーキングマップを貰います

それにしても、駅舎より、むしろこのでかいタイヤに目が行くな
さすがはブリヂストンのおひざもとだ









b0005281_19172431.jpg

駅前にあった、からくりモニュメント

今回のウォーキング・テーマは、
「梅林寺の梅と植木まつり ~早春の久留米を訪ねて」!
だということです


10kmのコースです
行ってきまーす!










 ~ ~ ~





b0005281_19173222.jpg

駅東口からまっすぐ進んで曲がり、
けやき通り~ブリヂストン通りを、てくてく歩きます














b0005281_19173872.jpg

30分ほどで、久留米城跡 までたどり着きました













b0005281_191746100.jpg

石垣に、往時の様子が偲ばれます
久留米藩の代々藩主は有馬家ですな

まだまだ体は暖まらないなあ













b0005281_19175257.jpg

ふたたび街中を歩き、しばらくすると野球場が見えてきた

すこし雨がパラついてきたな












b0005281_19175877.jpg

陸上競技場のへりを抜け、
これより、久留米百年公園 へ入ります


――すると!!

「ここ、こ、これは!!」












b0005281_1918657.jpg

ストーンヘンジ!!??
こ、こんなことがあっていいのか!?
ここは日本(しかも久留米)ではなかったのか!!?

しかし、ここでひるんでいる時間はない
勇気を出して、その先へ行ってみよう!!


、、、その先にあったのは、なんと!!!!!












b0005281_19181650.jpg

くるめ植木まつり!!

なんとーーー!!











b0005281_19182886.jpg

しかし、植木まつりを侮ってはいけない

さまざまな植木が揃っていて、
なかには庭園を施した本格的な演出をしている所もある

全体的に見て、趣味がたいへん良いです
さすが












b0005281_19262487.jpg

あっ はにわさんだ


いろんな植木を眺めているうちに、気がつけば11時すぎ
そろそろしゅっぱつ










 ~ ~ ~






b0005281_19184684.jpg

筑後川ぞいのウォーキング・ロードをてくてく

早春とは言えど、まだまだ寒空の冬景色だなあ













b0005281_19185267.jpg

河川敷は、かなり広いです
てくてく















b0005281_19185994.jpg

おおきな橋が見えてきました
堤側には、樋管もたくさん見えるぞ
土木構造物ファンとしては、ウォーキングも楽しめて一挙両得だ


早春のヒンヤリした空気を吸いながら、
川べりの道をまだまだ歩いていきます――














 ~ ~ ~







b0005281_19191373.jpg

梅林寺

その名の通り、梅が何百本も咲き誇る名刹らしいです
有馬家の菩提寺でもあるそう













b0005281_19192244.jpg

白い梅が、ちらほら咲いています

でもまだ少し時期が早い感じです












b0005281_19193193.jpg

紅い梅も、ちらりちらりと咲いています

しばし、境内を散策














b0005281_19282188.jpg

梅林寺の山門
梅は、またいつかちゃんと観に来よう

さあゴールまでもうすこし、ラストスパートするぞ













 ~






b0005281_19195183.jpg

着いたー 久留米駅!
これにてゴール!! おつかれさまでした

空気がひきしまってて、まだ春の前夜といった風情の2月
でも、もう少ししたら、ほんとの春がやってくるからね


そんなことを感じながら、
久留米の寒空の下を徒然に歩いた、早春のひとときであります












 ========================

b0005281_1920051.jpg

ドボクファンもウォーキングファンも双方納得の、筑後川河川敷
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-10-24 19:15 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< いのちの旅の博物館 水族館劇場 「機械仕掛けの糸姫」 >>