大相撲、九州場所!!

 
◆2011年 11月上旬のある日◆


b0005281_22253214.jpg

am11:00 コンニチハ

おすもうさん の後ろを付いていって、福岡国際センターまでやって来ました
おすもうさんはデカイなあ!


ここで行われているのは、、、







b0005281_22262750.jpg

大相撲十一月場所、いわゆる九州場所 です
相撲には前々から興味を持っていたところ、縁あって、ついに来ました

ほんものの大相撲は初めて観ます
さっそく入ってみますよ










b0005281_22263554.jpg

おおーーこれが本物か!!
感激だな

立会い、はっけよいのこった!で、バチーンとぶつかる音!!
さすが迫力があります










b0005281_22352032.jpg

、、、しかし、ガラガラだなあ
これからどんどん席が埋まっていくのだろうけども

まだ幕下「三段目」の取り組みであり、全体の取り組み進行のうち、3分の1にも達していません
力士の数はかなり多く、どんどん取り組みが進んでいきます
入れ替わり立ち替わりで、めまぐるしいほどです

入り口でもらった取組表を見ると、
どうも「幕内力士」の割合というのは、全体のうちで、わずか2割弱 ぐらいです
なんて厳しい世界か










 ~ ~ ~


ちょっと失礼して、席を立ちます




b0005281_22353138.jpg

通路では、取り組みを待つ力士たちが順番を待っています
勝負の前の、心の静けさ
じゃまをせぬよう、こちらも静かに横を通り抜けていきます

それにしても、みんな身体がデカイです











b0005281_22353996.jpg

売店で、お弁当を買ってきました

昼どきで腹へったのでね
幕の内弁当です
いただきます モグ、、、

――うまい!!
これはしっかりした弁当だなあ

こういう場所で食べるというのがまた、いいものだなあ












b0005281_22354836.jpg

取り組みも、順調に進んできています

午前から、夕方の結びの一番まで、
一日じゅうたっぷり相撲が観れるというのは、ぜいたくで良いものだなあ











b0005281_22355640.jpg

大露羅(オーロラ)関
こりゃまた、とんでもない巨漢だ!
角界一の体重を誇るそうで、250kg以上あるそうだ


刹那!――行事 「はっけよい、のこった!」






b0005281_2236176.jpg

バチーン! 大露羅! オーロラーーーー!!
けっして「機敏な動き」だとは言いがたいが、押されてもビクともしないぞ
がんばれ! がんばれーーー!?


行事 「よりきりーー!」

おおーーー勝った!
これは迫力だ!
















b0005281_2237916.jpg

15時をまわっており、十両の取り組みも順調に進んでいます
力士の体つきも、だんだんと「らしく」なっていきます


お相撲さんって、じつは体脂肪率は相当ひくいらしいんですが、
それよりも刮目すべきは、
足腰の強靭さ、身体の柔らかさ、土俵から落下しても難なく受身を取る身軽さ

日々のきびしい稽古の賜物なのでしょう
頭が下がります



気がつけば、観客もずいぶん増えてきました









 ~ ~ ~


ふたたび通路へ



b0005281_2237225.jpg

おーー! 先場所で引退をされた、魁皇関!
おつとめ中です

パイプでお顔がよく見えないが、
うしろ姿がりりしいです









b0005281_22373057.jpg

今から、幕内土俵入りです
通路が、がぜん賑わってきました!

幕内力士たちを間近に見ます
力人(りきびと)が力人たるゆえん、この体つきは、さすがの一言に尽きます











b0005281_22374012.jpg

そのあと、横綱土俵入り
白鵬関! ォォオオオオオ!


遠くてあまりよく見えないが、あれは確かに白鵬関だ


人が、とてつもなく多くなってきたな











b0005281_22374830.jpg

とにかく幕内同士の取り組みは、すさまじい迫力だ

のこったーー! のこったのこったーー!!
バチーーーンン!!
遠くにいても、かちあいの音が響いてくる!


いやあ、今日は来て良かったよ
またとない経験をした



興奮と熱狂、初相撲観戦に奮い立った、
すこし肌寒い秋のひとときであります










b0005281_2237566.jpg


 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-09-26 18:40 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 瀬高ブラブラ 秋月にて >>