真夏の中国地方ローカル線4 (因美線・知和駅)

 
◆前回まで (1) (2) (3) の続き◆

岡山県の奥座敷・津山に、みたび戻ってきました

津山といえば、「美人の多い町」と言われています
色白く、目元が涼しい、しっかりした顔立ちで、
「作州美人」と言われます


――む!? 気配!
もしや作州美人か!?





b0005281_22361417.jpg

と思ったら、列車でした
目元が涼しく、しっかりした顔立ちしてるので間違えた

津山駅のホーム
後ろ髪を引かれる思いで、名残惜しく出発します
(別に浮いた話があったわけでもないんだが)

、、、もとい!
これから臨むのは、因美線!!
名ローカル線との呼び声高き、魅惑の路線です

11:35 さっそうと列車に乗り込んだ
北(鳥取方面)へ向かって、いってきます! ガタン








 ~










b0005281_2229293.jpg

田んぼが連なる丘を越えて、
列車はガタンゴトン走っていきます














b0005281_22291155.jpg

因美線の風景は、わりとひらけており、
民家も点在しています

しばらく川に沿って走ります――



















 ============


b0005281_22292093.jpg

12:10
早くも、最初の目的地にとうちゃくしたもよう
ここは、どこか?

駅舎   「チワ 」

イマハシ 「あっこんにちは」

駅舎   「いえ!!」

おっ!?










b0005281_22292981.jpg

知和駅(ちわえき)!!!
チワ駅!!!

山々を背にたたずむさまが、じつにオシャレツな木造駅舎だ













b0005281_22293766.jpg

雰囲気がじつに良いなあ

しばらく駅舎をたんのうしよう













b0005281_22294537.jpg

手入れがよく行き届いていて、
居心地がよいです













b0005281_22295416.jpg

駅ノートの箱
フタを開けると、そこにはたくさんのノートが

「また来ます!」
「すてきな駅舎ですね」
思いのこもったメッセージの数々に、こちらも嬉しくなってくるなあ













b0005281_2230781.jpg

柱に取り付けられている建物財産標によると、昭和6年とあります
80年以上も昔から、鎮座まします駅だというのは、
いやはや恐れいります












b0005281_22302165.jpg

ホーム

ミーンミンミンミンミンとセミの声が鳴り渡ります
空が曇っているので、そこまで暑くはありません











b0005281_22303167.jpg

ホーム待合室

ひとっ気はなし


駅のまわりも周ってみよう








 ~







駅を出て、まっすぐあるいていくと、
左右に横切る大きな道路にあたります





b0005281_22314765.jpg

目の前には、でっかい山がドーン











b0005281_22315846.jpg

車がほとんど通らない道路にそって、しばしトコトコ

道沿いに、ひまわりの花が咲き誇ります
8月、夏まっさかりだなア
ミーンミンミンミン












b0005281_22321078.jpg

鉄道橋りょう、その名も太郎渕橋梁
他人とは思えませんな

川の水が澄んでてきれい
下まで降りれんかな












b0005281_22322132.jpg

降りれた降りれた

川に手を浸してみる
ヒンヤリしていて、きもちE











b0005281_22324284.jpg

ふたたび放浪

それにしても、山だなあ











b0005281_22332278.jpg

真夏の山里の中を、テコテコ歩きます
じつに落ち着くなあ

山だ山だ、と言ってますが、まわりに何もないわけでもない
もっとも、ちょっとした工場がひとつ山ぎわにあったものの、
ほかは数件の民家がチラホラ、といったところ


とかなんとか言ってるうちに、気づけば1時間ほどブラブラしてた
そろそろ駅にもどります









 ~







b0005281_22343864.jpg

おおーー知和駅!

これだけでも、もう映画になりそうなりそうなロケーション!
この名駅っぷり!!














b0005281_22344893.jpg

それにしても、この列車本数の少なさよ、、、

1日5~6本というのもアレだが、
北方面へ向かう便の始発が、昼の12時10分とは、なんたる、、、

















b0005281_22345822.jpg

ホームでぼーーっと列車を待っていると、、、
お 来ました

津山方面へもどる列車です
本数の少なさを逆手にとって、「行きつ戻りつ」作戦にて、
因美線の名駅をもうひとつ訪れようとおもいます

13:26 乗り込んだ!
プシューガタン
















b0005281_22351096.jpg

ガタン、、、ガタン、、ガタタタン

知和駅よ、ありがとう!!
また訪れるその日まで、元気でたのむぜ














b0005281_22352342.jpg

あっちゅう間に山ん中

ガタタタン ガタン













b0005281_2235355.jpg

木々の中を、ガタンゴトン列車は走ります

さて、次なる駅とは、いったいぜんたい何なのか
それは!!!!!















(つづきます) 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-26 22:52 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 真夏の中国地方ローカル線5 (... 真夏の中国地方ローカル線3 (... >>