真夏の中国地方ローカル線3 (姫新線/津山線)

 
前々回前回 の続き◆

~2日目~


b0005281_2115829.jpg

am4時半 モハヨウございます
ふたたび、津山駅にもどってきました

改札で、18きっぷに本日分のスタンプを押してもらい、入構











b0005281_212885.jpg

本日は、姫新線の昨日の続き、すなわち残りの東半分に挑みます

am4:54
静まり返ったホームからおごそかに、いざしゅっぱつ!
ゴトン










 ~








b0005281_2121722.jpg

ガタン ゴトン
am5時をまわると、だいぶ空が明るくなってきました

















b0005281_2122686.jpg

am5:41 ここで列車のりつぎ

時間があるので、外にいったん出てみます












b0005281_2123837.jpg

上月駅!!

となりに物産館が併設されていますが、
早朝のためか、まだ開いていません















b0005281_2124724.jpg

駅前
中国山地のなかにあっても、駅の周りはそんなに山深いわけでもありません

このあたり、蛍の里だということです













b0005281_2125696.jpg

ふたたび上月駅ホーム
ちょっと上等な列車ですな














b0005281_213517.jpg

自然豊かな様をあらわしているのだと思しきトンボの絵と、
「KISHIN」=姫新のロゴが、オシャレツさを慎ましやかにかもし出しています

am5:58 乗り込んで、いざしゅっぱつ!!
















b0005281_2131475.jpg

ガタン ガタン
播磨の里を、さっそうと列車は駆け抜けていきます――


















 ============

am7:05


b0005281_2132428.jpg

姫路駅とうちゃく!
これにて、姫新線、完乗!!
思わず、目から熱いものがこみ上げてくるのを感じました
やりました、、、!

ハンケチで涙をぬぐいつつ、
しばし時間があるので、売店に朝食を調達しに行ってきます















b0005281_213353.jpg

――さて、山陽本線ホーム
岡山駅経由・新見ゆき列車に乗って、
こんどは一路、西を目指します!

7:32 しゅっぱつ!!
プシューー ガタン













 ~










b0005281_2134534.jpg

途中の上郡駅を、車窓から

この駅って、北へと延びる「智頭急行」が出てるんですよね
なつかしいなあ













b0005281_2135373.jpg

これだ、コレコレ

かつて、上郡から智頭急行を経由して、餘部に向かって旅をしたのが、
昨日のことのように思い出されます

あれは2008年のことだった













b0005281_214480.jpg

カタタタン カタン

懐かしき餘部に思いを馳せているうちに、
上郡を通り過ぎて、列車は三石、吉永と、西へ向けて走っていきます














b0005281_2141316.jpg

中国地方の大動脈たる山陽本線とは言え、このあたりはわりと静かな区間です
列車本数もやや少なめ

カタン カタン――

















 ============


9:08 岡山駅とうちゃく!!
ここで、列車をのりかえます




b0005281_2142319.jpg

お次は、岡山から北へと延びる、津山線に挑みます
9:11 すぐさましゅっぱつ!!
ガタ!
















b0005281_2143387.jpg

カタン カタタン

この津山線、群雄割拠する中国地方ローカル線の中にあって、
個人的に、やや控えめな印象を受けます











b0005281_2144447.jpg

とはいえ、あくまで相対的な期待値の話であり(つまり他の路線がすごすぎる)、
津山線に特別な不満があるわけではありません
景色なんかノンビリしてて、いいもんです


――ところで、津山線といえば、
ついこの間まで「急行つやま」が走っていたことは記憶に新しい

同区間を走る快速列車と比べても、ほとんど同じスピード・所要時間なのに、
急行つやまの運用列車は普通列車とおなじキハ48系、
なのに急行料金とられるという、、、















b0005281_2145556.jpg

ともかく

なかなか穏やかな風景で、心和みます
カタン カタン――




















 ============

10:24








b0005281_215870.jpg


!! ウワアーー!!?
なななななななんだなんだ!!!??













b0005281_2152448.jpg

駅舎から、得体の知れない怪物の首がとびだしてるぞ!?
思わず列車を降りてしまった
なんなんだ、これは!

「たまごかけごはん」の旗のほうも若干意味不明
いかん! 混乱している














b0005281_2153517.jpg

その名も、亀甲駅(かめのこうえき)!!

屋根がよくみたら、亀甲模様になっています
怪物じゃなくて、カメだったのか















b0005281_2154567.jpg

観れば観るほど、珍駅だこりゃ

こんな伏兵が潜んでいたとは、、、
津山線、おそるべし













b0005281_215554.jpg

駅入り口の前
親亀の上に子亀を乗せてーーのオブジェ












b0005281_216412.jpg

駅舎内にあったショーケース内には、
さまざまな亀グッズの数々が













b0005281_2161478.jpg

なんと、本物の亀も飼ってます
徹底してますなー おそれいった

亀づくしの亀甲駅、駅前の観光案内板によると、
近くに亀の甲羅のような岩(亀甲岩)があることに由来をしているらしいです



 ~

すっかり亀甲駅を堪能したあとは、ふたたび北へ!
津山に向けてしゅっぱつ
10:46 ガタン!



















b0005281_2162430.jpg

ガタタタン ガタン
山の中をひた走ります














b0005281_2163593.jpg

山を抜けきって降りてきたら、やがて津山の町です
なつかしい津山扇形機関車庫のへりを通ります――

















 ============

10:56

b0005281_2165077.jpg

終点、津山駅とうちゃく!!
これにて、津山駅、完乗!!
おつかれさまでした

一周して津山駅にもどってきた形ですね

それにしても、いやー亀甲駅がキョウレツだったなーー
津山線、あなどりがたし




しかし!
本日は、ある意味これからが本番!!
どこへ向かうのか? それはーーーーー!!!!














(つづきます)
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2012-01-22 21:39 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 真夏の中国地方ローカル線4 (... 真夏の中国地方ローカル線2 (... >>