筥崎宮の夏越祭

 
◆2011年 7月下旬のある日◆

昼の暑さもやわらいだ夕暮れ時、
箱崎宮に来ています



b0005281_19374774.jpg

境内では、夏越祭が執りおこなわれています

まず、巫女さんからヒト形の紙をいただいて、身体をこすり、
最後に息を吹きかけ、厄除けになってもらいます

そのあと、茅でできた「茅の輪(ちのわ)」をくぐります


夏の神事です












b0005281_19361088.jpg

お参りをしたあと、
参道に行ってみると、屋台がたくさん出ています

焼ソバをつまみに、夏の野外晩酌タイム
いやあーーうまい!














b0005281_19362081.jpg

ふたたび境内

おっ!
空手の演武をやってますね












b0005281_19362861.jpg

どこの流派かよく分からなかったですが、
やっぱり空手は良いものだなあ! 燃えてきますね
イマハシは、武術(武道)の入り口は空手だったので、空手にはすこぶる愛着が湧きます


もっとも今は、自身は古武術を学んでいて、もう空手に戻らないとは思いますが、
それでも、懐かしさと嬉しさがこみ上げてきます

道は違えど、空手の道を末永く、邁進していってほしいです
演武を見守りつつ、そう胸のうちで呟いた、7月の夜でありました
押忍、、、!
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-12-30 08:34 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 夜のどうぶつえん、再び (福岡... 山陰ローカル線の番格6 (広島... >>